ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
サブリミナル 催眠術 洗脳 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”LOST+BRAIN ロストブレイン”と言う漫画 
2007.12.18.Tue / 02:38 
”ガキの使い”や 
12月17日の
”よしもと無限大ホール”
について書きたいのは山々なのだけれど 
気になった芸能ニュースを見つけたので 
書きたくなってしまった 

今、週刊少年サンデーで
”ロストブレイン” 
という漫画が連載されているのだそうです 
ところが、この漫画 
デスノートと類似する部分が多くネットで 
誹謗中傷かかき込まれていると言う 

詳しくは知らないのだが、
どうやら、催眠カウンセラーを目指す少年が殺人を起こすようだ(?)
ノートに書き込んで人が死ぬ 
催眠術で人が死ぬ 
主人公の設定は似ていても 
この辺りは随分違う様に感じてしまう 
ロストブレイン 
が何かの作品に似ているとしたら 
”催眠”や”自殺サークル”
と言う映画の方が似ているのではないのか?
と言うところだ 

ところで、ロストブレインのように 
催眠術ではなくても、最近では機械を使い 
人間をリモートコントロール出来るらしい 
http://www.forbes.com/personaltech/2005/08/04/technology-remote-control-humans_cx_lh_0804remotehuman.html

NTTが開発したそうなのだけれど 
パソコンのみならず人間迄 
リモート出来る機械を開発するなんて 
御もて沙汰にならないけれど、
日本の技術者は密かにもっと凄い研究しているんじゃないか?
とかんじてしまう   
 
ところで、この機械は人間本体に、
送信機をつけないと影響がないようだ  
けれど科学は今も進歩している 
数年前迄は、神経に電極針を刺さないと脳の電気信号に干渉 
出来なかった事が 
今は、肉体の外に機械を装着しただけで
脳に干渉出来るようになった  
その内、遠くから電気信号を照射しただけでも 
的となった人間をコントロール出来る様になりそうに感じてしまう 

はたして、近い将来そうなるのだろうか?

ところで、超音波、低周波は精神的に影響を与えるようで 
アメリカでは医療で使われている 
(振動音響療法)
また電磁波パルスによって、脳の一部分に刺激を与え 
疲労を軽減すると言う研究がされていると言う 
(逆もしかり)
人間の体調や神経は、権力者のてによって 
コントロールされてしまう時代が来るようで 
嫌な世の中だ 
スポンサーサイト
テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック
世にも奇怪な物語(?) 
2007.08.09.Thu / 20:37 
最初に前回の日記で 
四国犬が児童に怪我を負わせた事件が 
高知県で二件と書いていましたが 
香川県の間違いでした 
事件が起こった地域が 
高瀬市と高松市という地名だったので 
勘違いして書いていました 
(「サピオ」という雑誌も「サピカ」
 と書いていましたし)

このブログ、恥ずかしながら、誤字脱字や 
名称を間違えている部分が多々あるので 
こうした事がさらに、
集団、組織的ストーカー被害を
「思い込み」や「勘違い」「自意識過剰」
として言われてしまう
由縁となってしまっている気配です 
気をつけているつもりですが 
最近は漫画喫茶で書いている事もあり 
きちんと確認しないで投稿しているという現状が 
そうした事に、さらに拍車をかけていまして 
読まれている人には、ご迷惑おかけしています 
申し訳ない所存です  
(とはいっても読んでいる人は、
 そんなにいないと思うのだが)    

ところで、それ以外、
別段書くことはなかったのですが 
(いつもと変わらない
 現象を書いてもしょうがないので)
前日分の補足として、思った事があったので 
書いてみました 

集団、組織的ストーカーのいくつもある
手段のうち、電磁波や、マイクロ波、
超音波や低周波といった特殊音波を使った 
嫌がらせがあると感じています 
(総称して、「電波」と書いています)
そして、肉声を電波に変えて 
通常の機械では録音できない音声として 
放送することができ 
盗聴した音声や、第三者が意図的に吹き込んだ 
肉声をそれらで、流すことで  
ターゲットに意図的に幻聴を起こさせ  
ことが出来ると考えています 
(総称して「電波声」と書いています) 
また、おきている間中、電波声で 
誹謗中傷を聞かされていた場合 
どんな人間でも精神的に追い込まれるのは 
必至で、人間不信にもなり、
直接手を加えることなく、
社会から隔離しようとする働きかけが 
あるのではないのか?
と思ってします 
また、本人は聞こえているという認識がなくても 
体調の不調を起こさせたり 
(超音波や低周波では、過敏なひとは
 心拍数の増加、血圧の上昇、
 頭痛、めまい、うつ状態、
 人の気配を感じたりするという話です)
潜在意識下における感情に作用し
コントロールしたりという事も
出来るのではないのか?
と感じています
 
また、変な偶然が多く 
科学的には不可能と言われていますが  
それらの手段の一つとして言われている 
思考盗聴システム
(心を読み電波で放送する機械)による、偶然を装った 
嫌がらせも存在するのではないのか?
と感じてもいるのですが  
その思考盗聴システムについて、
ずいぶん前に、コメントで 
否定的な書き込みがありました 

というのも、
思考盗聴されているのではなく 
電波で潜在意識下で働きかけをされていて 
お互いが、その通りに動いているから 
変な偶然が起こるのだという 
逆の発想による意見がありました 

そこで、ちょっと試しに、
「創価学会の信者しね」 
「お笑いタレントしね」
と思ってみたり、誰もいないところで
独り言で言ってみたのですが  
(人材ネットワークの繋がりが幅広く 
 緻密で、技術者も多そうな 
 創価学会が関係していると思ってのことで)
すると、
「創価学会しね」
が、 
「放火ばっかり」
 
「お笑いタレントしね」

「オウムだけがしね」 
等、自分の発音した声に混ざって 
聞こえてきました 

また、どういう表現で書いていいのかわかりませんが 
そういう言葉を言ったときは、
なぜだか精神的にあまり乗る気じゃない 
というか、
自分が本当に思っていることではない 
という感覚にとらわれたりしました 

自分が、
「ここへ行こう」「何時でかけよう」
「何かしよう」
と精神的に乗る気の時は変な偶然が多く 
やはり、潜在意識下で 
”電波声で放送されている事を
 現実起こさせるように 
 仕向けられているのかも知れない” 

と感じたところです 

しかし、
感情をコントロールされているかも知れない 
と頭でわかっていても、
感情を
(怒りや悲しみ、イライラ、無気力感
 そわそわ落ち着かない等) 
コントロールするのは、なかなか難しいもので 
電波声の中でも
 ”聞こえていないのだが、
  感情に作用する電波声”
は特に厄介だと 
痛感してしまいます 

これが、電波によるマインドコントロールの
感覚なのだろうか?
と感じています 


それで、こうした感情は、一時のもので 
感情がなくなれば 
「のど元を過ぎれば熱さを忘れる」
という言葉どおり 
「ケロッ」
としていたりする 

私は、電波声によるものという認識から、
こうした事を気に留めているので 
覚えているように心がけていますが  
”電波声によって
 潜在意識に働きかけをされている”
という認識がない人は 
電波声の言うとおりに、
犯罪を犯したり、事故を起こしたりした後 
「何で、そういう事をしたのか解らない」
「覚えていない」
という状態を作り出すのではないのか?
と思ってしまうところです 

しかも、こうした犯罪を起こさないまでも 
そうした事から、
普通の日常生活の中で時間と行動が 
噛み合わなくなったり 
話の食い違いが出てくるなど 
そういう事が、認識していない 
大多数の一般人の中でも
多くなっているのではないのか? 
と思ってしまうところです 


まさに、浜崎あゆみの 
「Duty」
という歌の通りと思ってしまいます 

そういうわけで、今度、多分に 
こうした理由から、自殺する人間 
犯罪を起こす人間 
偶発的のような事件、事故が 
後を絶たなくなる可能性があると 
考えているところです 

今後、認識していない人も 
「そんな小さい事にこだわらないで」
とはいわず 
ぜひ、こういう事に気に留めてもらいたい 
と思っています 
すると、奇妙な感覚がうまれて来るかもしれません 
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
奇妙な偶然?転落して鉄筋に刺さる事故2件 
2007.08.08.Wed / 17:22 
5日に渋谷区でとび職の男性が転落し 
鉄筋に胸が刺さって死ぬ事件が起こりましたが 
7日にも世田谷区で、転落して腹部に鉄筋が 
刺さるという類似事件が起こっています 

この事件について、自分が感じたことを
書く前に、余談として、このブログの趣旨 
を説明すると 
このブログでは以前から 
集団、組織的ストーカーがあり  
その中で、いくつもある手段の一つに 
電磁波やマイクロ波、
超音波、低周波などの特殊音波をつかった 
エレクトロ二ック・ハラスメント
(Electronic Harassment ) 
という嫌がらせがあると書いています 
(総称して電波と書きます) 

体の不調を伴わせるものから 
(心拍数の増加、血圧上昇、打つ症状 
 倦怠感 嘔吐、頭痛、吐き気)
幻聴や幻覚を起こすものもあるようです 

私としては 
軽い体の不調と、幻聴が多いので 
その事を中心に書いています 

また、こうしたハイテク機器を使った武器を 
戦後すぐから、CIAが研究、開発に着手し 
(戦時中、すでに提唱している研究者がいたようで
 その資料から、プロジェクトが発足したという話です)
それら、電波を使った、マインドコントロール 
洗脳も行っていたという話です 

日本においても戦後のGHQ支配下のなか 
共産党打倒
のために日本に持ち込まれた可能性があり 
(旧ソ連の脅威があったので)
そうしたものを悪用している人間が 
存在しているように感じます 

そうしたものを踏まえたうえで 
以前から 単なる偶然とは思えない 
類似事件や事故が立て続けに
起こる現象がおこっています 

あまり気にしていない人に言わせてみれば 
たいしたことがないように見えることですが 
私にとっては、こうした事件、事故が 
電波による、マインドコントロール、洗脳 
の影響と思えてならないわけです 


10年程前には 
Xのhide自殺後、ねこじるという漫画家が
同じ死に方をしていたり 
飲酒運転による事故が立て続けに起こったり 
(最近と実に多いような気がしますし)
数年前には、茨城県内で家族を殺す事件が 
ほとんど同じ日に2件起こっていたり 
また、今年の初めには渋谷という同じ地域で 
ばらばら殺人事件が起こりもし   
そして、少し前には、高知県内の2箇所で 
(香川県の間違いでした)
ほとんど同じ時刻に  
四国犬が児童に怪我をさせるという事件が 
おこっています 

それで、今回の転落事故  
転落して怪我をしたり、なくなったりという 
のはよくある(?)話と思うのですが 
下に立っていた鉄筋に体が刺さるという 
(こんな事故今まで聞いたことない) 
この類似点が一ヶ月に2件起こるということが
奇妙でたまりません 
この偶然はどれぐらいの確率で起こるものなのか 
ほかの人は感じないのだろうか?
と思ってしまうところです 


また、私の周りでは、事件や事故とは関係なく 
奇妙な偶然が多く 
まるで、こちらの行動を見透かされているように 
気分悪くなることあります 
そういう中の一つで、父親とよく出会い 
(さっき、漫画喫茶に来る途中でも 
 なぜか道端で出会った、この確率も
 どれぐらいなものか?)  
洗面所やトイレを使っていると必ず 
使い出そうとするという事があり  
どうにも、
私が何かしたり、何かを使おうとすると 
”相手も同じことをしたくなる” 
という
電波によるマインドコントロールに
かかっているのではないのか?
と感じてしまいます 

そういう事を常に感じるので 
「トイレなど使おう」 
と思ったときは、
その後しばらく様子を見ていたり 
します 
すると案の定、使い出したりしまして 
こういう事から、
”思考盗聴システムによる嫌がらせ”
があるのではないのか?
とやはり思ってしまうところです 

この思考盗聴システムとは、
集団、組織的ストーカーの手段の一つとして
いわれているもので 
単純には心が読める機械のことで、 
それによって偶然を装った嫌がらせができる  
というものです 

父親がこうした機械による嫌がらせを 
自ら行っている可能性は少ないので 
多分に、第三者が心を読み、
それを音波に変えて 
電波として放送していて、本人には  
聞こえていないまでも、潜在意識に何らかの 
働きかけをしているのではないのか?
と考えています 

私は、そういう考えなので、
多少は我慢できますが 
そういう認識がなく、思春期の子供が
同じ目にあうと、
家族を生理的に受け付けなくなったり 
家族を殺害するという強硬手段にでたりと 
実質的な影響が出るのではないのか?
と思ってしまうところで 
最近、家族を殺傷する事件が多いのも 、
こうした技術によるものではないのだろうか?
と感じてしまうところです 

さて、電波による嫌がらせ、
また、それによる、マインドコントロールや洗脳 
あるのかないのかは 
人それぞれ感じ方が違うようですが 

ところで、この間”笑っていいとも”
つけると、ジャッキーチェンが出演していまして 
「鼻でかい」
と思った瞬間 
通訳と本人の顔つきが変わった気がします 
(ガレッジセールも
 顔引きつっていた気がしますが)

この電波声、騒音の音質そのままに 
聞こえるようなので 
もし、聞こえていたとしたら 
多分に、観客がそういうことを言っていると 
感じたのかもしれません 


さて、電波声、思考盗聴システムという技術は 
あると思いますか?
ないと思いますか?
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
電磁波や特殊音波による洗脳、マインドコントロール? 
2007.06.22.Fri / 17:38 
引っ越して、2週間がたちますが、
その間、変わったことと言えば 
夜中に必ずしていた左耳のポコポコ音が
がなくなった事、
その代りに、ビルとビルの間を反響するように
「キーン」という音が響いてくるという事 
道路側のほうから響いてくるので、
超音波や低周波、電磁波を流す機械を積み込んでいる 
車が通っているように思えた 

ほかにも、6月15日前後、道を歩いていると、
政治関係の活動をしているワゴン車が 
スピーカーで何やら放送してゆっくり走っていたのですが 
そのスピーカーの放送に雑音が入り 
また、2重音声なのか、ひとつの音声に、別の音声が 
重なっていて、何を話しているのかさっぱり、
わからないまま、放送していました 
私の姿を見て、いったん放送をとめた事から、
車からの特殊音波による攻撃のように思えました  
(録音されていないというのを確認して、また 
 放送を再開した気配がした)
(三菱から発売された超志向性音響システム「ここだけ」
 は140万あれば買えるものだし、パソコンと同じぐらいの 
 大きさなので、男の人だったら簡単に持ち運べ 
 特殊音波照射攻撃にはうってつけだ 
 ほかにも、モスキートという超音波の機械も、
 電気工学系を趣味でやっている人なら
 簡単に作れる代物だし) 

あと、以前から、「ブーン」という音とともに 
お経のような低い男性の声がすると何度か書いています 
また、拝むしぐさをしている悪戯書きをされてから 
頻繁に、一般人でも、芸能人でも、
同じ行動をする人が多くなり、
当てつけの目的で意図的に行っていると感じる反面、
3,4歳の子供が、こうした行動をした後、
不意に今までの記憶がないような表情をする時があったので、
洗脳、マインドコントロールされて行っている可能性も 
示唆して書いていました  

それに関係する事で、引っ越先から、
しばらく歩いた場所にある公園で、3,4歳の
男の子数人が遊んでいたのですが、
私が、しばらく公園のベンチで一服していると、
拝む仕草をしだし、
「なんまいだー」
と言いながら、少し高くなっている台から 
両手を合わせたまま飛び降りていました 
夜中、部屋の中にいても、「ブーン」という音と共に
お経のような声が聞こえていたので 
広範囲に、それが流れていて、
寝ているときに、こうした、特殊音波の影響をうけて
本人の気がつかないうちに、睡眠学習と同じ効果で 
そういう行動をとるように、洗脳されているように
思えました 
(ヘシミング効果に関することは以前から書いていますが)

私としては、他人の子供がそうした行動をとろうと 
他人事なので別に関係ないし 
拝む仕草をしながら、高い台から飛び降りようと 
関係ないことですが 
以前から書いていたことに類似する光景を、
ここでも見たので一応参考までに書いておきます 

あと、6月21日に放送されたダウンタウンDXでは、
芸能人が舌を出していたのですが  
2,3年ほど前から、道端を歩いていても、
不意に舌を出してくる人が多いので 
何かの嫌がらせが関係しているように感じてしまいます  
 

それと、少し前に
「今度は父親が殺されるのか?」
という題で話を書いていたことがありますが 
栃木のほうで父親を殺害する事件が起こりました
20日には秋葉原の万瀬端で自首したようですが 
まあ、そういう偶然があるのか 
それとも、電磁波や特殊音波によるマインドコントロール
があるのかは、呼んでいる人の判断にお任せします 

ところで、この事件の後 
このブログを読まれている人の中には 
「書いているだけにマインドコントロール否めない」 
と思っている人がいるようで 
そうした声が聞こえてきます 
ブログ閲覧している人も
声が盗聴されて、電磁波や特殊音波で広範囲に 
放送されるという被害を受けている
可能性を念頭に置いたほうがいいと思われます 

ほかにも、
渋谷の天然ガス爆発事故の後 
お笑いタレントら何人かで 
おならの事を”天然ガス”
といって茶化していたようで、
こうした事を言っていたから、事故が起こった 
と感じている人がいるようです   
私は、そうしたコントを見ていないので、
そのあたりの真意はわかりませんが、”エンタの神様”や
”よしもと無限大ホール”の収録で、それに関係する
話を聞いた人なら、その辺の真相は知っていると
思われます 

追記で 
「天空の城ラピュタ」
の放送について書きます 
この映画のテレビ放送では 
幻のエンディングがあるといわれています 
この話から、テレビ業界における、
サブリミナル映像の実験が関係しているとおもい 
何度か書いています
そうしたわけで、気になって見ていたのですが 
今回は、普通の終わり方でした 

幻のエンディングは、ただの幻覚だったのか 
それとも、サブリミナル映像だったのか?
都市伝説のようになっている気配です 

あと、ネット上では電磁波が、脳波に影響するので
(脳波も電気信号であるし) 
電磁波によって送信された映像を見せる事ができると 
という話もあります 
私は、幻覚は見えないのですが 
(兄弟には、そういう兆候があったようだが、
 今は落ち着いている)
こういうことが本当にあるのかは、
真相はわからずじまいだ 
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
6月7日 気が乗らなかったが  
2007.06.07.Thu / 23:23 
今日は引越の日でありました 
ところで、何でこの日になったのかと言うと 
43年ものの「大日蓮」
と言う雑誌の持ち主である父親が 
何を言っても、この日にすると
言い出して、聞かなかったからなのですが、
この日は、なんと、
テクノロジー犯罪被害者ネットワークで
電磁波シールド体験日でありました 

一度言い出すと聞かないので、あきらめているのですが 
そこまでして、何でこの日にこだわるのか 
さっぱり理解出来ません 
しかも、一人で勝手に役所行って話を
つけているから、何とも言えない 
あまりしつこく言うと
「もう役所に届け出出したんだ!」
の一点張り 

今年の占いの雑誌を読んでみたところ 
15日大安吉日、
21日大安吉日 
と言う事であったので、
この、2つのうちどちらかにしようと
母親と話していました 
そう言う事も、くどく、父親に行っていたのですが 
頑として人の話は聞かず 
全く、話になりませんでした 

私としては、21日が一番ベストの日で、
自分の勘でも、この日は順調に行く様な
気がしていました 
(ついでに、この日は私は大吉、
 父親はあまりよろしくなかったです)
(7日雨ふる気配がしていました )

父親が引越日を7日にしたかったのは 
マインドコンロトールの影響でもあったのではないのか?
と感じてしまう今日この頃です 
(電磁波シールド体験は行かなくても良いと思って
 いたけれど、私もマインドコントロールの策略に 
 はまっていたりして)

そんなこんなで 
ブログ書くのをどうしようか模索中ですが 
対して、代わり映えもしない内容なので 
切りがいい 
とも思ってしまうところです  

テーマ:なんとか生きてます - ジャンル:日記
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。