ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
超音波、電磁波、マイクロ波、人体や機器の影響 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競馬で稼げる方法  
2008.01.30.Wed / 23:48 
1988年、イギリスのアスコット競馬場での話   
望遠鏡の中に指向性の超音波を発する機械を取り付けて 
馬に照射したところ、驚いた馬が走るのを止め 
騎手が落馬すると言う事が起こったそうだ 

犯人達は、かなり高額な金額を当てたようなのだが 
裁判沙汰になり、結果その後どうなったのか分からない 
しかし 
望遠鏡にそんなもんが仕込まれているなんて 
よくわかったもんだ  

海外では、可聴域以外の音声をつかった 
催眠暗示や、精神錯乱等 
軍事的に開発研究していて 
警鐘を促す研究者もいるそうだ 
そんな事から、それらを悪用した犯罪については 
敏感と思われ、
そんな事から、犯人逮捕に繋がったんだろうか?

これ、日本でやったらどうだろう?
日本では、可聴域以外の音声の危険性について 
触れている機関が少ない 
そんな事から、イギリスと違って 
バレないんじゃないのか?
と思ってしまう  

でも超音波では、アスコット競馬場での事があるから、
バレたら、それ相応の刑罰に処されそうだ 
けれど、これ、
日本では、どんな違法行為に当たるんだろう?
違法電波に触れる程度のものなら 
(無線でもないのに、電波法に触れるのか?)
大した事にはならないと思うので、試す価値あるかも 
ただ・・・詐欺罪とかにあたるとなると  
ちょっと控えた方がいいかもしれない  

けれど前例がある超音波以外の物で 
試してみた場合どうかな?
と思ってしまう 
電磁波では一応、
地殻震動で起こる電磁波を動物が察知するとは 
言われているけれど  
馬が足を止めたり、驚いたり 
そう言うところまでの研究結果は出ていないはず 
(今はどうか知らないので自分で調べて見て下さい)
なので
同じ様に影響が出るとしたら 
まだ、確実にそうした影響が出る 
と言えない電磁波でやっても 
反論出来そうだ 
案外、上手い事出切るかもしれない  
と考えてしまう 

理工学系の頭のいい人達は、
ぜひやってみては如何でしょう? 
大学生活エンジョイ出来るかもしれないですよ?

スポンサーサイト
テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:株式・投資・マネー
浜崎あゆみ”突発性難聴” 
2008.01.12.Sat / 01:10 
浜崎あゆみの突発性難聴が話題ですが 

「2時チャオ」
を見ていたら 
この話をしていました 
何でも、この難聴 
片方の耳だけに症状が出る事が多く 
最初は蝉の鳴く様な耳鳴りが始まり  
徐々に症状が悪化して 
最終的には、水中で音を聞く様な 
こもった声に聞こえる様になっていくのだそうだ 
そして発病するのは 
女性のみで40代前後が多いらしく
その原因は 
ウィルス性、ストレス性、更年期障害説
等がいわれているらしいのだけれど
本当の原因は解らないようだ 
(20代で症状がでた浜崎あゆみは珍しいらしい)
病状の回復についても  
発病から一ヶ月以上経過すると治らないと 
言われているのに 
中には一ヶ月以上たち、治る見込みがないと 
言われている人でも 
職場を辞めた事で症状が消えた例もあるらしく 
何だか、よくわからない病気のようだ 

それで、原因不明の病気については 
何でもストレスが原因 
としておけば良いと言う雰囲気を垣間み  
(ウィルスも)
電波が身体的に与える影響もあるのでは?
と思っている私に取っては  
なんだか気に食わない 

本当にこれだけが原因なの?
と思ってしまう  

ところで、この番組を見ていて 
ふと思った 
その、症状って浜崎あゆみだけなんだろうか?
よく見ると  
他のアーティストも耳に同じ様な物を 
つけている人がいる 
去年の 
クリスマスにラルクのライブを放送していたのだけど 
見ていると  
ハイドも耳にイヤホンをつけていたし 
(浜崎あゆみの場合、イヤホンではなく 
 音を遮る為の耳栓だと”2時チャオ”で言っていた)
歌を聴いていると 
こんなに音痴だったっけ?
と言う歌いっぷり 
他にも、大晦日、紅白歌合戦で 
ミスチル、??田來美、他にも何人か 
イヤホンをつけている事が気になっていた 

これらイヤホンつけている人は全員、
難聴が原因?
(で音程を外す?)
なのだろうか?

ところで、こうした事をよく目につく様になったのは 
2年程前から
(2005年にブログを書き始めて少ししてから) 
アーチィストのみならず 
サスペンス番組を見ていた時に 
女優が黄色い耳栓していたのを見たこともある 
(メモしていなかったので、詳しい番組名は 
 解らないが)

以前から、
電磁波や、マイクロ波、低周波や超音波等の 
特殊な音波、電波が脳波に
影響して起こす作用があり 
それを使った嫌がらせがあると感じている私は 
こうした状態を見ると 
「電波の影響があるのではないのか?」
と感じて見てしまう 

そして
電磁波や低周波、超音波等の電波による耳の異常 
(難聴、幻聴、耳鳴り)
について
2006年10月号の
「ムー」
と言う雑誌の
”地震を予知する身体”
と言う記事の内容も関係しているのではないか?
と感じている 
(そればかりじゃないと思うけれど)

アメリカ西海岸に住む、スーザンと言う女性が 
5年程前から時たま、奇妙な偏頭痛、
「キーキー」と言う耳鳴り激しい内耳痛に
襲われる様になった
そして奇妙な事に、暫くすると近くで大きな地震や
噴火が発生し、その後けろりと治ってしまうのだそうだ 
(略)
アメリカオレゴン州マニングの民間地震波動研究機関 
(テラ・リサーチ)
を率いるエレクトロニクス科学技術者、ラリー・A・パーク
がまとめた最新のレポート 
「地震、その暴かれた禁断の秘密」
によると、大地震や火山活動に先立つこのような特異な 
症状に悩む”異常感覚者”(センシティブ)
たちが、じつは結構たくさんいるらしい 

アースシグナルという地底からの
電磁波を敏感に感じる人達についてのくだりから 
はじまった、この話の中盤には、
”未確認のスカラー波”
(スカラー波は白装束の妄想の産物ではなく
 ニコラ・ステラと言う研究者が研究していた電磁波です
 発見当初はテスラー波と言われていたそうです)
によると思われる 
”タオス・ハム現象”
(ブーンブーンという震動音(ハミング)
 と言う意味のハムを語尾につけたのだそうだ)
という 
”環境騒音公害”事件が起きた事も掲載されていました 

なんでも 
1990年代初め、ニューメキシコ州の 
タオスと言う地域の住民が 
「正体不明の怪音現象がしょっちゅう聞こえる」
と騒ぎだし 
政府や軍当局まで巻き込む騒動になり 
その為に有名になったらしいのだけれど 
実のところ、80年代後半から 
同じ州内のアルバカーキ、サンタフェ、ベレン等でも 
住民の一部が同じ被害を訴えていたらしい 

ディーゼルトラックが遠方でアイドリングする様な音 
あるいは高出力スピーカーでベースの音をしつこくならす様な 
超低周波の脈動性(みゃくどう性)重低音で 
被害者は一様に耳鳴りや、頭痛、急性疲労を訴え 
まれには、鼻血や息切れめまい、嘔吐感 
麻痺や歩行困難、不安症や不眠症まで様々な症状を 
呈すると言う
しかしながら、その割に、
聞こえる人と聞こえない人がいるらしく 
タオスと周辺地域、8000人のうち 
161人と言う、全体の2パーセントにとどまり 
年齢別で20歳以下はほとんどなく、
30代から50代に集中していたという 
そのため、当初は、集団幻聴やヒストリー説で
否定される事が多かったこの現象 
結局、未解決で、原因解らず 
その後、同じ被害を訴える様になったのは 
アメリカ国内にとどまらず、カナダ、オーストラリア 
イギリス等に広まっていると言う 

ところで、タオス・ハムの現象は 
個人によって様々で 
怪音が一方の耳だけに聞こえたり 
途中で反対側の耳に移動したり 
あるいは耳よりも、頭の中(特に何故か左側)
で聞こえたという証言の他に 
聴覚障害者が、
怪音をきいたという事も起こっているらしい 

日本では電磁波は脳波に影響がない
のが常識ですが 
アメリカ研究者の中には 
電磁波が脳波に影響を及ぼすのではないか?
と警鐘を促している人もいて 
(テラリサーチの研究者とともに活動するアマチュア研究家が 
 ”スカラー波放射器 スカラービーマー”というコイルを巻いた 
 簡単な装置を組み立てる途中で
「脳内にブンブンと言う怪音」が聞こえ 
 昏睡状態になった 
 作動実験を5分続けただけで装置に触れた手と胸が1時間も 
 完全に無感覚状態になった
 等の現象がおこっているという)
浜崎あゆみという人の 
難聴という病状がこれらに関係しているのでは?
と思ってしまう  
(タオス・ハムの怪音が、左側に影響があるというのも 
 気になるところで) 
 

ところで 
このブログを書き始める少し前から 
違法な電波による、
トラブルが一定周期おきにおこっている   
(千葉の方の航空局の無線が使えなくなったり 
 去年の終わり頃には、Dr.ヘリの無線が使えなくなったり
こうした現象をおこす違法電波は 
九州から北海道まで届くと言うし 
コンクリート作りの建物内にある 
オーディオが誤作動する事もあるらしい 
そんな強い電波を始め 
他にも沢山の電波が空気中に交錯して飛び交い 
しかも 
電化製品から大量の電磁波を放出している生活の中 
 (一つの電波を体に受けて無害でも  
  色々な周波数の電波が重なると影響が出てきそうだし) 
はたして、人間の脳波に影響が出ないものなのか?
ちょっと疑問に感じてしまうのは私だけだろうか?
皆さんは、どう思いますか?

それで、それらに影響を受けて、浜崎あゆみ以外の 
アーティストにも、少し影響しているのではないのか?
と思ってみてしまうのは、ただの、気にしすぎ?
考え過ぎ?

あと、こんな事書くと自意識過剰と言われそうですが 
盗聴した会話を、電磁波や超音波(モスキート)等 
録音出来ない音波や電波で
広範囲に放送する嫌がらせがあると書いているサイトがあります 
証明出来ないから統合失調症、幻聴と言われて 
いるのだけれど 
2001年の地雷ゼロ運動と言う番組を見ていたら 
芸能人がこっちの会話を聞いている様な 
うごきをした 
電波で放送されている音声が聞こえていたのではないか?
といまでも気になるところだ 
その前年に、浜崎あゆみが難聴と診断されたのも
なにか得体の知れない電波が関係しているのかな?
と強く感じてしまう 
テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース
最近欲情を抑えられない人が多いのか? 
2007.10.19.Fri / 22:01 
毎回書いていることでありますが 
組織的、集団ストーカーの手段の一つに 
電磁波を使った、エレクトロニック・ハラスメント 
とそれに伴う、電波声(電磁波や超音波などに変換した音声)
があるといわれています 
私の周りで、そうした嫌がらせがあったとしたら 
周辺の人の中にも聞こえる人が出てくるだろうと 
最近では、日本テレビ周辺にいます 

そういうことでありますが 
この電波声、卑猥な内容のものが 
放送されているらしく 
人気のない場所から遠巻きに、
(腹話術といわれたことがあるので 
 わざわざ、人ごみから少し離れて様子見ています 
 かなり不審者みたいですけれどね)
歩いている人を見ていると、
顔を赤くして歩いている人がいます 
また、お尻を今にも触りだしそうな動きをしながら 
歩いているサラリーマンもいます 

ちなみに、秋葉原では 
駅構内のカレーショップから 
改札口を通る人を見ていると 
小さい子供が通り過ぎたときにも、
突然顔を赤くする人がいました 
 
これと同じことが
日テレ受付ロビー内
の喫茶店で様子を見ている時にも起こり 
他にも 
ずっと鼻血を出している男性までおりました 
最初は、こうした内容をブログでかいているので 
知っていて、わざとやっているのかと思ったら 
本当に鼻血出していたから驚きです 

そういうわけで、ますます、電波声の影響を 
強く受けていると感じる  
日テレの受付ロビーであります 
ところで   
6時45分ごろから放送する、
木原という人の天気予報で 
小さい子供たちなど様子を見ていたりします  
その広場には、ガラス張りのレストランが 
あるのですが 
そこで通り過ぎる白人男性など 
小さい子供を見て顔を赤くする人などいました 

最近、アダルトビデオがエスカレートして 
児童ポルノも人気のようです 
また、SM、カニバニズム(人肉食趣)など
グロテスクな性的行為に興味を抱いている人も 
多いようで
”闇デレ”
といわれているそうです 

そういう傾向が反映している社会を見ると 
やはり電波声による卑猥な内容の音声が 
他の人にも聞こえていて、
影響しているのではないのか?
と思ってしまいます 

あと、このエレクトロニック・ハラスメント 
の嫌がらせの行為の中に 
うそか本当か 
”思考盗聴システム” 
という心を読み取る機械があると 
いう話もあります 

以前にも書きましたが  
2000年5月ごろから、 
(1999年から、その間
 デジタルハリウッドという 
 学校に通っていて家にいることが少なく 
 気がつかなかっただけのかもしれませんが)
八潮北小学校の 
アナウンス放送が自分が起きたと同時に途切れたり 
また、ノイズがかかったりということがありました 
そして、大きな黒い箱など、大人数人で 
台車に乗せて運んでいたこともあり 
気になって、構内はいって、2000年の9月ごろから 
ハンディカムをもって、撮影したりしていたときがあります 

まるで、こちらの行動をすべて 
知っているかのような行動に 
思考盗聴システムの存在を知らなかった 
その頃は、首をひねるばかりでした 
ネットで、そうした書き込みを見て 
本当にあるのではないのか?
と思ったしだいです  

その思考盗聴システムと関係があるのかないのか 
わかりませんが 
最近、警視庁で使われている、
テロ対策用品の展示会が行われたという  
ニュースがテレビで放送されていました 
(危機管理産業展2007)
(毎年行われているそうなのだが 
 今年は、一般人も参加できるとあって 
 話題にしたようだ) 
その中に、体内から放出される電磁波を測定し 
危険物の所持の有無を調べる機械の  
存在を話していたのを聞いて  
いまいち信用しがたい思考盗聴システムの存在
でありますが  
本当にあるのではないのか?
とますます思ってしまったところです
(体を動かす事ができるのは、脳から送られる 
 電気信号というのは有名な話ですが 
 体内から放出される電磁波を測定できるのならば 
 そこから、脳の電気信号を読み取って 
 感情も読み取れたり、逆に感情に作用させることが 
 できるのではないのか?
 と感じたしだいです)
(ついでに、入場料が5万円もしたという話だ)

ところで、八潮団地の地域自治会役員の創価学会 
信者の中には警察官と親密な人がいます 
そういう人が、 
もしかしたら、
これらの機械を持っているのではないのか?
とますます、疑いの目を向けてしまうところです 

また、他にも、 
八潮団地に住んでいた頃 
家の中に入られている気配を感じることがありました 
たぶんに、人がいるときに不法侵入をした 
仕返しとばかりやっている気配を感じたのですが 
証拠が取れず 
ただ、1号棟の集会室でお酒を飲んでいた人の中に 
「いつから盗撮したっけ?」
といってきた人がおり 
「2001年の6月からだよな」
と自信ありげに話してきた人がいます 
ハンディカムを購入したのは、2000年の9月なのですが 
当時付き合っていた人が電気店の店員だったので 
一年保障のところ保障証に版行を押さないで 
くれたのですが 
2001年7月に、 
下から誹謗中傷を叫んでくる人間を撮影しようと 
ベランダに脚立を立ててハンディカムを設置していたら 
強風にあおられて落として壊してしまいました 
そんな事から、保障証には2001年6月に購入したことに 
なっているのですが 
まるで、それを(保障証に書かれてある年月日)
見て、私が撮影しだした時期を 
話しているみたいに感じ、怪しく思ったところです 

私に対する誹謗中傷をテレビ業界関係者に 
広く流しているのも、こうした人たちのようで 
八潮団地内の創価学会信者が 
集団、組織的ストーカーおよび
エレクトロニック・ハラスメント等 
行っている気がしてなりません 

また、私が日テレ受付ロビーから  
出た瞬間、サイレンの音がしてきたりもし 
先ほど紹介したような機械で 
見張られている気配がするのですが 
さて真相はいかに?
(公安警察によるストーカー被害も言われているので 
 パトカーはじめ、緊急車両が 
 通り過ぎると、一応写真に収めていますが)
(そこまで見張っている割には 
 事件や事故が防げないというのも滑稽なのだが)
 
あと、こうした事を何度も書いているので 
まるで、それにあわせたように 
「市民の財布より事件を防ぐのが大事」
というせりふのある、
踊る捜査線”レインボーブリッジを封鎖せよ”
をテレビで放送しているのを見て 
よほど、自分たちは絶対に正しいんだと 
マスメディアを使っていいたいんだろう 
と感じたしだいだ 

とにもかくにも、良くも悪くも 
私に対して、どんな噂を振りまいているのか 
知らないけれど 
私としては、
とりあえず、何でもいいから、電波系の 
影響が出てくればいいと思っているだけなので  
あしからず 
しかも、私自身、
こうした技術をしている人たちについて  
知り合いいないし、こうした被害を
ネットで訴えているのを読んでも  
どこまで本当かわからず 
(専門家、科学者ではないし)
とりあえず、
自分の体験から、関連書籍を読んで憶測、
推測で書いている状態です 
私の誹謗中傷を言いふらしている人は 
いろいろと知っていて、
(それとも影響がないと思っているのか?)
嫌がらせや噂を振りまいているのだろうから 
真相を知っていると思われ  
そうした機械があるのか聞いてみてはいかがでしょう? 
テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体
共同通信記者の痴漢はスカラー波の影響?w 
2007.10.15.Mon / 21:39 
このブログは 
集団、組織的ストーカーのいくつもある 
手段の嫌がらせ行為をかいていますが 
その中でも特に 
電波を使った、エレクトロニクス・ハラスメント 
(エレクトロニック・ハラスメント)
について書いていることが多いです 
この電波を使ったものの中には 
「キーン」「ブーン」という音と 
ともに、身体的ダメージを与えるもの 
他にも 
第三者がマイクに吹き込んだ肉声や 
盗聴した会話などを  
電磁波や特殊音波に変換し 
特定の人間の周辺でこれらの音波を 
放送するというものがあるようです
(電波声) 

しかし、この音波は、普通の録音機で 
録音できないということで 
幻聴、精神分裂症(統合失調症)
といわれてしまうことなのですが 
最近、超音波での人体影響について放送していた 
テレビ番組など見て 
電波声による嫌がらせが本当にあるのではないのか?
と思っています  

証明ができないものの、
こうした事が本当に私の周辺で 
行われていた場合、電波の照射範囲に 
他の人が触れたら、同じ影響が出るのではないのか?
と街を散策していまして、 
最近では、テレビ局周辺で
影響が出るものなのか、様子を見ています 

とりあえず、前回、書き忘れたことのひとつで 
土曜日、日曜日は日本テレビの受付ロビーが 
しまっていました 
そんなことから、ゆりかもめにのって 
フジテレビにいってみたのですが 
日本テレビと違い、建物の構造が複雑で 
もし、エレクトロ二クス・ハラスメントが 
行われていたとしても、影響でにくい感じが 
していました 

ところが、日本テレビ同様、スタッフの中に 
顔があかくなる人が何人か 
現れてきます 
白装束の千及裕子という人も 
電波声が聞こえていたようで 
その中でも、いやらしい音声が聞こえているのか 
テレビで
「エロエロビーム」
と叫んでいるのが放送されていたのを 
見たことありますが 
自分の周りでも、卑猥ないやらしい音声が 
放送されているのを感じ 
それと同じことが、日テレ及び、フジテレビ 
スタッフの中にもいるのではないのか?
と感じてしまうところです 

また、フジテレビ、6ゲート近くの窓から 
関係者だけが利用できるエレベーター 
があり、その通路が見えます 
そこにたっていた、警備員も顔が赤く 
それらの声が、建物内にまで影響しているのではないのか?
と感じるところです 

しかし、日本テレビ内の受付ロビーで 
顔を赤くした警備員らに話を聞くと 
「制服が長袖で暑いから」 
という答えしか返ってこず 
(本当は聞こえているのに、 
 精神病と言われるのが嫌で言わない気配を受けたが) 
本当のところは、真相はわからずじまい 


そういう事をしていました 
ところで前回のブログを書いた後 
共同通信の記者が 
痴漢行為で逮捕されました 
本人は、
「覚えていない」 
といっているようです

共同通信社は日テレの横にありまして 
その辺のベンチでよく座っています 
何かしらの影響があったのではないのか?
と思ってしまうところです
 
ところで
JR新橋駅から、日本テレビ、 
ゆりかもめの汐留駅まで 
地下には通路があるのですが 
そこで、遠巻きに人を眺めていると 
明らかに、顔を赤くして 
手のひらを返し 
今にもお尻を触るのではないのか?
という手付きをして歩く 
サラリーマンがいます 

電波声は本人に聞こえているという自覚がなくても 
潜在意識に作用して、無意識に 
そうした行動をとらせることができる可能性も
思うことがあり 
共同通信社の記者の
「覚えていない」
という言葉は
あながち嘘ではないのではないのか?
と感じたところです 

何はともあれ、新橋地下通路、秋葉原、
東京駅構内においては 
同じ現象があり 
気になるところです 

さて、エレクトロ二クス・ハラスメント 
とそれにまつわる、電波声の影響は 
本当にあるのでしょうか・
とりあえず、信じていないのか、知らないのか 
それとも、電波の嫌がらせの実行犯だからなのか 
”腹話術” 
という噂を流している人もおり 
また、「オウム」「人殺し」「泥棒」
等の誹謗中傷、目に見えてのあてつけの嫌悪感が 
沸くジェスチャー、目に見えての嫌がらせを 
行ってくる人がいるので  
そうした人達が本当のところ知っている 
のだろうと考えています 


あと、他にも 
有楽町に新しくできた丸井に行ってきました 
2001年、6月から、大井町駅をよく使い 
丸井にも足を運んでいたのですが 
店に入ると防犯課の人や、大井警察の人を 
呼ぶアナウンス放送が必ずありました 
2000年の終わりごろから、
八潮団地内で、軽く不法侵入してまで 
証拠を取ろうとしたことあります 
(とはいっても、人がいた場所であったし  
 理由を言ったら逮捕されなかったのだが)
それから、緊急車両を自分の周りでよく見かけるように
なりました 
(その後、歌舞伎町にいる時に火事になったのだが 
 人を見張っていたくせに防げなかったのか?
 と今でも疑問だし、
 どうやら、それらを私のせいにしている噂もあるようだ)

そんな事が今でも尾を引いているのか 
新しく出来た丸井でも 
係員がやけに後をつけてきました 
そうした事から、丸井関係者は 
詳しく知っていると思うところです 
(写真を撮りたかったのですが 
 店内であるし、人も多く   
 ますます「オウム」といわれるので 
 あきらめましたが) 
 
また、有楽町に着く寸前 
電車から下を除くと消防車が
止まっているのが見え気になるところです
(しかもはしご車)
(電車の中だっただけに撮影できず残念だ) 
 
あと、エレクトロ二クス・ハラスメントに 
関係するのか 
海外ではテイザー銃なるものあり 
遠くから、皮膚に刺激を与えることが出来るようです 
 (針が発射され、その電極に触れると
 刺激があるものということで
 電波による攻撃とは違いますが)
そうしたものを海外から取り寄せて 
持っている人がいるのかもしれません 

あと、日テレロビーにある 
トイレを使うと 
何度も、便座に座っているのに 
勝手に水が流れ出したことがありました  
以前から、トイレのジェットタオルが 
誰も触れていないのに作動した事を書いていますが 
これも、電波による何かしらの 
影響と感じています 

また、日テレ地下のショップの入り口には 
猫よけの機械が上についているそうで 
「ビチビチ」
という電気ショックなようなものを感じます 
(他の人でも、聞こえる人には聞こえるようです) 
これと同じ感触が 
キムラヤの電子辞書を販売している辺りで感じ 
ねずみ除けや、猫除け機械が設置されているかどうか 
店員に聞いてみたりしました 
そうしたものは設置されていないということでしたが 
気になるところです 
私が敏感なだけなのでしょうか? 
テーマ:性犯罪・わいせつ事件 - ジャンル:ニュース
日テレに設置されている”猫よけ”電波感じる人いますか? 
2007.10.05.Fri / 19:27 
前回の日記で書き忘れたことですが 
日テレ、地下一階のショップの横には 
トイレと従業員出入り口があります 
その通路を通ると必ず 
左耳に強くビチビチビチという痺れと 
音が聞こえ 
気になっていました 
ちょうどスタッフが通り過ぎたので 
聞いてみると 
猫よけの機械が、自動ドアの上についていて 
キンキン音がするようです 
これほど、人にも感知できるものなのかは 
わかりませんが 
私にとっては、電流が走ったような感覚 
を受け、非常に強く不愉快に感じるものですが 
ほかの人はどうなのでしょうか?
ついでに、これと同じ感覚を 
八潮に住んでいるときに体に受けたことがあり 
深夜になると左耳に
「ポコポコ」
という怪音現象に悩まされていました  
今、住んでいるところでは左耳のこの音は 
しなくなりましたが 
相変わらず、しびれる感覚が床を張っていく感覚や 
キーンと言う音が、右耳に聞こえていたかと思うと 
左耳に移動したり 
空気圧を感じることがあります 
さて、電波を使った 
エレクトロニクス・ハラスメントによる攻撃は
本当にあるのかないのか? 
素人がいくら言っても、
気のせいで終わってしまうことですが 
日テレ、地下のショップの通路の自動ドア付近
(特に女子トイレがある壁側付近)
で 
この痺れを体験すれば 
私が常に受けている感覚がわかると思います 
どんなものなのか気になる人は是非どうぞ 
テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。