ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年07月の記事一覧
≪06month
This 2007.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿ビックカメラで注意されちゃった  
2007.07.30.Mon / 17:32 
集団、組織的ストーカーによる 
色々な手段の嫌がらせを受けています 
その中では、
人を監視し、その内容を 
電磁波や特殊音波に変換した
録音できない、証拠の取れない音声として 
放送するというものがあると見ています 

そうしたわけで 
何かしら影響があるかと思って 
電気店に行くと 
女性の裸婦像を描いていたりします 

引っ越してから日記を書き込む
回数が減り、そのつど更新していませんが
数週間前に秋葉原のヨドバシで 
児童にわいせつする人間がでるかもと
試しに、海辺で遊んでいるというコンセプトの  
少女のパンツ姿の絵を描いてみたりしました 
すると、警察官が小学生のスカートの中を
盗撮する事件が起こりました 
この警察官が、私が書いた絵を見た可能性は少なく 
それによる影響は考えられにくいので  
こうした偶然をみていると 
私の描いている絵の内容を
電波声で放送している輩がおり、
その影響ではないのか?
と思ってしまうところです 

そういうわけで、土曜日 
新宿ビックカメラにいき 
同じように女性の裸婦像を
描いてみたりしました 
すると、店員に
「不快な思いをされるお客様がいるので 
 女性の裸婦像はご遠慮ください」
なんて言われる 

このビックカメラ 
タブレットの配置が換わったりして 
よほど裸婦像が描かれるのが気に
入らなかったらしく、知っていて 
「しめた」
とばかりに言い寄ってきた勘がありました 
とはいっても、 
ただの女性の裸婦像であるし 
町を歩けば、女性の裸の彫刻だって 
あったりします 
そういうわけで、それを言ってみると 
言い返せなくなって 
「不快に思うお客様がいるので」
と繰り返してきました 

こういう事を注意して  
迷惑防止条例などで逮捕されたら 
表現の自由とかなくなるわけだし 
池袋にある、裸で大股広げた彫刻も 
取り外さなくてはいけなくなる 
美術の教科書にも、もってのほかになるし  
番組でヨーロッパの裸の彫刻を放送するときや 
ダヴィンチの人体解体図絵を放送するにもの
股間にモザイクが入れなくては 
いけなくなったりする  
もっともらしく、勝ち誇ったように 
注意してきたけれど 
そういう事をわかっているのかな?
と思ってしまう 
ところで、
こうした注意をしてくるのが好きなのは 
創価学会なので、信者でしょうか?

とりあえず、女性の裸婦像を描かないように 
注意されたので 
今度は、男性の裸婦雑に兆戦といったところだ 

今後、このビックカメラでの様子が楽しみであります 

あとこの日、
隅田川の花火大会に行きました 
花火大会が終わり 
帰りに、警察官が 
「蔵前方面はあちらになります」
というスピカーの音声に 
「蔵前オウムはあそこです」
と警察官の声とは別に 
50前後と思しき低くて重みのある男性の声で 
割って入ってきました 
私は、その両方が聞こえ 
また電波声が 
と思っていたのですが 
近く歩いていた女性2人が、その放送が流れた 
瞬間に
「ビクッ」
と顔を引きつらせ始めました 

様子を見ていると 
私のように、もともとの警察官の放送ではなく 
低くいて重みのある男の声だけが聞こえていたように
見受けられ、電波声が聞こえてるんじゃないのか?
と思ってしまったしだいです 

しかし、こっちは
オウムではないとどれだけ書いても 
言ってみても 
ハイテク機器を使った嫌がらせをしてくる連中は 
執拗にそうしたことを言ってくるので 
何の意図があるのか、本当に知りたいところでありますが 


私が思うに 
スピカという雑誌で 
公安警察、公安調査庁について書いている
雑誌がありました 
それによると、公安警察と違い公安調査庁は 
捜査権がないので、弱みのある人間を雇って 
2万で情報を収集したり、
使い走りにしているそうです 
”2ちゃんねる”と言う掲示板の
集団、組織的ストーカーのスレッドで 
数年前にこうした書き込みがあり 
「まさか」
とは思っていましたが 
本当にあるとはびっくりでした 

それで、この公安について 
この雑誌にはかかれてませんが
1990年代に経費削減でその権威を消失しかけた
事があるということです  
丁度その時に都合よく 
オウムの事件が起こり、公安は潰される事無く 
その権威を無事に残せたと言う
事があるそうです 

そういう絡みで 
公安が公安としてその威信を保つためには 
「オウム」と言う存在はなくてはならないもので 
いまだに、麻原の実景が確定せずに 
そのまま放置されているのは、そうした裏があるようです 

そんなわけで、考えようによっては 
この公安調査庁に
「オウム」ではない人間も「オウム」
として売り込めば情報量として2万が手に入るわけです 
しかも、自分のその情報が正しいとされないと 
詐欺に当たるわけで 
必ず、ターゲットになった人には 
犯罪を引き起こさせなくては情報屋としての 
自分の面子が保てなくなるわけで 
そういう事から、どんな手を使っても
執拗に言ってくるのだろうと感じたしだいですが 
真相はいかがなものでしょうか?
スポンサーサイト
テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済
川田龍平と丸山和夫 
2007.07.30.Mon / 17:31 
金曜日、新橋を歩いていたら 
川田と言う人が 
街頭演説していました 
この人、目の前を通ったときに
私と絶対に目をあわそうとせず 
気になるところです 

5,6年前に放送した 
地雷ゼロ運動の 
番組から特に 
(その前からも、そういう感じはしたのだが 
 謙虚に現れだしたのはそのあたりから)
芸能人がこちらの動きを 
わかっているかのように 
話したり、カメラを見てきたり 
するようで非常にきになっていました 

そうしたわけで 
盗聴された音声を
電磁波や超音波や低周波と言う 
特殊音波に変換し、放送している組織が 
あるのではないのか?
と感じるようになりました 
しかも、こんな事を書くと非科学的なことですが 
ネット上では思考(心)を盗聴する機械
があると言う事で非常に気になるところです 

とにもかくにも、今まで、いくつかの 
生放送番組で芸能人が口に出したことが  
家の中でしている事をほのめかす内容だったと 
具体的に書いている日記もありますが 
そういう事から、芸能人も電波声について 
知っていて黙認しているのではないのか?
と感じています 

そういう事から川田という人が 
一向に目をあわそうとしない素振りをみて 
この人も、私にまつわる
噂を知っているのではないのか?
と感じたしだいです 

ほかにも、有楽町へ行くと 
丸山弁護士が街頭演説していまして 
集団、組織的ストーカーと 
ハイテク機器をつかった、
こうした嫌がらせを 
してくる組織は創価学会で 
政治的にも色々とあくどい事を
していそうなので 
通りすがりに  
「創価学会ばかりなのに」
と試しにいってみたりしました  
すると、丸山弁護士の隣で 
黒渕めがねぽっちゃりとしている 
30半ばと思しき、係員が 
顔を引きつらせて、
「いうな」
と言っているのを見て 
こうした人達も色々と、集団、組織的ストーカー
とそれに絡む電波声の噂を知っていると 
感じたところです 

あと、
演説の放送に混ざって 
電波声が重なり 
卑猥な話し声や、私に対する誹謗中傷に 
聞こえてきたりします 
いくつもの周波数で、音声放送をされていた場合 
電波声は体感、聞こえる周波数が個人個人で違うようなので 
ほかの人にはどう聞こえているのかわかりませんが
(もちろん電波声が聞こえていない人のいる)
卑猥な話し声や、私に対する 
誹謗中傷が聞こえた場合 
電波声だと思ってくれれば幸いです
テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済
四国犬が児童に噛み付く事件2件 
2007.07.27.Fri / 15:56 
24日に香川県の高松市と高瀬氏で
四国犬が児童に噛み付くという事件が 
起こりました 
時間帯も、午前6時代と共通点がある 
この事件 
本当にただの事件なのでしょうか?

以前から、このブログでは 
組織的、集団ストーカーをする組織があり 
いくつもある手段の一つに、
電磁波や超音波や低周波という特殊音波を使った 
嫌がらせも行われていると書いています 

自分の家では、
「キーン」「シュー」「ブーン」
という耳障りでもあり、頭に重くのしかかるような 
音がしていてこうした攻撃を受けていると
思っています 
また、電磁波による、フレイ効果(実験)では 
電磁波も音として認識できるという事でありまして 
それら、電波に変換した音声を
CIAが軍事的に実験、研究していたという話があります 
そして、それが人体的に使われたという例として
ジョンレノン暗殺事件があげられ、
MKウルトラ(ブルーバードプロジェクトなるものがある)
という名で有名のようです 
暗殺された理由として、胆略的に書くと
軍事大国としてその存在をアピールしている
アメリカにおいて、平和活動というのは、
政治的に目の上のたんこぶ的存在だったようです 

また、こうした電波声は時として 
催眠暗示のような効果も促せるということで 
1940年代に警告を発している学者もいたようです 

さて、そんなことが起こりうる電波声、電波サウンド 
でありますが 
本来そうした電波に敏感なのは動物のほうで 
以前にも書きましたが、
イギリスのアスコット競馬場において 
双眼鏡に超音波銃を仕込こみ 
競走馬に照射し馬を転倒させるという八百長があったと
いうことでありますし 
超音波による害獣駆除機械も有名であります 

今回の事件の四国犬においても
そういうことから   
超音波を使った犬笛等で 
誘導されたのではないのか?
と感じてしまいました 
大体、同じ日同じような時間帯でしかも 
同じ県内で同じ事件が起こる確率は 
どれぐらいなのか
そうしたことを考えると、ただの偶然だろうか?
と思ってしまうところです 

後もうひとつ 
数日前に、水道メーターを見に来た職員がいました 
玄関のドアを開けていたので 
廊下を歩いていく様子が見えたのですが 
その時に、左耳を気にしならが歩いていきました 
左耳の怪音現象、不快感に
ついては一つ前の日記に書いたので 
書きませんが、こういう人を見ると、
私のように音声として聞こえていなくても、 
耳に変調をきたすような電波が流れているのではないのか? 
と思ってしまうところです  

ところで、ハイテク機器を使った嫌がらせを
行っている組織は 
日本の企業や政治、司法を裏で牛耳っていて
海外との交流を謳い文句に各国首脳人とも 
親密な、(特にアメリカにも信者が多い)
創価学会と見ています
以前住んでいた八潮団地では創価学会信者が 
かなり多かったのですが 

選挙カーのスピーカー放送の音声に 
こだまするように
卑猥な声に聞こえてくるときがあります 
また、八潮団地内の数人の人の話し声が 
重なって聞こえてくるときがあります 

そこに住んでいた時に隣の創価学会員は 
アマチュア無線を持っていたのですが 
八潮団地内の聞き覚えのない人が
ブログを読んだらしく、不安になって、
創価学会の、
その人に盗聴器を探してもらっているようでした 
他にも、私がいないかと
あたりを伺っているようです 
また、反対のお隣さんは 
私の高校が書かれていたのを読んで 
私が書いていると認識したようです 
それで、電波声による被害が本当にあるものなのか 
実際に怖くなってきているような感じでした 
また、
ここ2ヶ月近く八潮に行っていないのにもかかわらず  
「あの人がいた」
という高校生風の女性の話し声がしてきました 
どうにも、私を八潮で見かけたと
言いふらしているようです 
何か自分たちに都合が悪くなると 
そういう噂を言いふらすようです 


ほかにも、本日、道路を歩いていると 
顔が認識できないような距離から 
小学生が自転車に乗って
「クソばば~!」と叫んでいました 
しばらく歩いていくと、顔が認識できるほどの
近くの駐輪場に自転車を止めたのですが 
そこでも、私のほうを見て
「クソばば~」と叫んでいました 

私のほうが顔を認識できないような距離で 
相手が分かるという現状を見ると 
ある一定の間隔で 
私が歩いているという情報を電波声で放送していて 
それが聞こえて反応したのではないのか?
と思ってしまいましたが 
なにぶん、創価学会の巨大な人とのつながりで 
私の顔写真とかも、会員制のサイトやパスワードをつけて
ネットなどで流している可能性もあるので 
そういうことから知ったのか?
とも思ってしまうところです 
創価学会の子供は、親によく調教されているものだと 
痛感するしだいでした 

ところで、
電磁波や、超音波、低周波をはじめとする 
特殊音波に関して 
私は専門家でないので詳しく解りません 
あくまで、関連書籍を読み 
自分の体験と重なったので書いているまでです 

詳しく知りたいというのであれば
マインドジャスティスとか
テクノロジー犯罪被害者ネットワーク
という会があります
私はテクノロジー犯罪被害者ネットワークに
何度か足を運んだことあります 
そんなわけで、ホームページを拝見すると  
7月29日には、東京で定例会が行われ 
8月6日には、フォーラムが開催される 
ということでした 

何度も足を運んでみても 
解決の糸口がないようだし 
私としては、解決するよりも 
逆手にとって同じ被害者を生み出す事が
できればいいという考えになったので、
(とりあえず同じ目にあえば 
 どれだけ不快か解るでしょうから)
今は会には参加していませんが 
興味がある人は行って見てはいかがでしょうか?

ところで、私がまだ会に参加していた時に
知り合った人の中には
これに便乗して、
儲け話をたくらんでいる人もいるようで 
私が書いた内容を真似してやろうと
いう話し声が聞こえてきますが 
そんな事をしても根本的解決に 
ならないのであしからず 

あと、テレビを見ていて 
聞こえてきた話し声と、テロップが違うと 
感じる人がいたら 
聞き間違いばかりではなく、
電波声の可能性もあると示唆しておきます 
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
創価学会の選挙活動ですか? 
2007.07.23.Mon / 18:02 
もうすぐ選挙でありますが 
例年7月に行われている 
八潮祭りが8月になっていました 
露店を出す自治会連中の大半は 
創価学会員なので、選挙活動で祭にまで
手がつかないという感じのようです 

とはいっても、
選挙投票日が延期する前の予定が 
どうだったのか、今となってはわからないので、
こんな事を書いても 
「考えすぎ」
「そんな事はあるわけがない」 
「以前から決められていたんだ」
「投票で学校の体育館を使うからしょうがない」
等、色々といわれそうです 

あと、このブログでは
盗聴電波を、電磁波や超音波や低周波などの 
特殊音波に変換した音声を放送する 
嫌がらせをする組織があり 
そうしたものでも嫌がらせを受けていると書いています 
また、これらの音声は 
聞こえる聞こえないの差があるにしても 
肉体的にも精神的にも何らかの影響を
与えることができるものだと思っています 
  
こうした事を感じるようになった経緯について
今まで何度も書いているので省きますが  
CIAでは戦時中から、
こうしたものを使ってのマインドコントロール実験
を行っていたという話ですし 
第二次世界大戦後のGHQ支配下の元 
CIAと日本の財界人の何人かは、
関係していたという話があり創価学会の2代目会長も 
色々とつながりがあるようです
そういう事があり、また、
創価学会は、ちょっとしたことでも 
人に嫌がらせするのは噂で言われているし
技術的、資金的、政治的、
さまざまな企業や、国の公共機関の中枢部分に 
信者が多いことからも創価学会の可能が高いと 
思っています 
 
しかも、こうしたハイテク機器を使った 
嫌がらせの他にも、隠れた巨大人材ネットワーク
をたくみに利用して、いくつもの嫌がらせの手段を
行っていて、証拠が取れないように 
誹謗中傷を言いふらしたり、いやみやあてつけの
内容を遠まわしに、ほのめかす様に 
メディアを使って放送しているという現状があるようです 
(両手を合わせている芸能人が多いのも 
 それらに関係していると考えています)

そうした事をふまえたうえで 
私はこうした、組織的、集団ストーカー 
に関する2つのブログの他にも 
(インターネットストーカーを行っている 
 ハッカーによる嫌がらせなのか、
 ブログの調子がおかしくなるときがあったので 
 同じ内容のものを二つ持っています)
楽天にも趣味という建前で書いているブログ
があります 
そちらで、
”CO²削減といいながら
 オール電化はくだらない 
 原子力発電所からでる放射線産業廃棄物 
 等もっと危険だ ”
(ここでは、かなり胆略的にかきますが)
という内容のものを書きました 

すると、書き込んだないように対して
散々馬鹿にするような内容の 
電波声が聞こえてきました 

しかも、そのころから 
深夜番組で、
”24”というアメリカドラマ再放送が
テロリストが原子力をメルトダウンさせるという 
シリーズのものが放送されるというしまつ 

これが、ただの偶然といえるのかどうなのか 
明らかに、こちらの書いている事を 
チェックし、再放送枠など巧みに使って 
ほのめかしの嫌がらせをしている感じがしました 

しかも、創価学会の嫌がらせ集団の 
手段でターゲットを悪く見せるために 
やってもいない犯罪を起こしそうだという 
放送をする手段もあり 
(また、そうやって精神的に追い詰めることで 
 実際にそうした犯罪を起こすようにも仕組んでいます)

そういう事から、私がブログに書いたから 
誰かが、(私がやるとでも思ったのか?)
原子力発電所を狙って攻撃を仕掛けてくる 
とでも言いたいようにあてつけでやっている 
勘もしました 

まったく、人の忠告を馬鹿にして 
しかも、天災以外で人為的な要因で 
放射能が漏れた場合、
ターゲットを悪者に仕立てようとして 
おめでたい人たちだ 
と思う反面 
今回の地震での被害をかなりほくそえんでいたり
するのですが 

メルトダウン起こさなくて残念に思ってしまう
メルトダウンを起こさないまでも、もう少し 
放射線量が多ければ、農作物に被害が出るし 
また、海流に乗れば青森のホタテ、マグロ 
そのた魚介類に多大な被害が出て 
漁業も成り立たなくなり 
松岡農林水産大臣の祟りとでも面白がって 
書いてやろうかと思ったところです 

ところで、何でこんな事を書くのかというと、 
近く虎ノ門病院があるのに創価学会の多い
信濃町にある慶応大学にわざわざ搬送したのは 、 
公明党に対して反論する人間に対しての
見せしめのように感じました 
あと、自殺と見える状態でも 
海外では一応、検死するらしいです
そういう事をしない日本に対して 
疑惑の目を向ける内容のものも週刊誌にあり 
(朝木明代市議の事もあるし) 
何か裏があるのかと思ったしだいです  
また池田大作氏は新潟の 
農業関係の高等学校卒業しているようなので
そういう事から放射能が大量に漏れて、
農業、漁業の経営が成り立たなくなったほうが  
面白いと思い 
人体に影響がない程度で残念に感じた次第です  


あとこの話とはまったく違いますが 
この間山手線に乗ったところ、品川駅で
「しねがわえき」
と聞こえました 
すると同じ車両に乗り合わせた乗客 
のうち、一番ドア側にいた、
老人と、40歳ぐらいの主婦が 
ビクつき、老人の方は顔を引きつらせて 
私のほうを見てきました 
40歳ぐらいの主婦は、創価学会信者が
言いふらしている
「電磁波の声はなくて、腹話術」 
という噂を知らないようで 
どこから聞こえてきたのかわからないという様子で 
少し、周りを見ていました 

とはいっても、私は、車両と車両の 
継ぎ目のところにいたので 
何か話をしていても、そんな所まで 
聞こえないはずで 
しかも、私が聞こえた声は、
かなりの男性の声 
同じ声を出すのは無理なわけですが  
この人たちも同じ声が聞こえたとしたら 
やはり、電磁波か特殊音波による 
誹謗中傷の内容の音声に違いないと感じてしまう 
噂を知っている人たちの中で 
そうした事を実際に体験すると  
馬鹿にしていたのが、突然おとなしくなったり 
うなだれたり、耳を気にして通り過ぎたり 
する人がいます 

しかも、普通の超音波の
「キーン」という音でも、気にしなければ 
聞こえないものが 
言われてみると、聞こえ出し、気になると
とまらなくなるということが誰にもあるようなので  
これから先も、そういうことを認識させるために
こうした事を逆手にとって  
色々と試して見たいと思っています  

最近では、小学生の中にも 
耳の変調を感じる子供がいるようで 
前日行われていた盆踊りでは 
左耳周辺を気にしだす子供が何人か出てきました 
ところで、
左耳の変調については以前にも書いていますが 
アメリカニューメキシコ州のタオスという町では 
ディーゼル車のエンジン音のような 
怪奇音を左耳に感じるという事に悩まされている
住民が増えたという事です
(サイドバー左に、その記事が乗っている 
「ムー」という雑誌を載せていますが) 
電磁波の影響と思われているのですが 
科学的な解明がされていないそうです 
しかも、こうしたことが世界中に広がりを見せていると
言うことで、日本でも、こうしたことが
多くなるのかもしれません 

ついでに、この記事が掲載される前から 
八潮団地内において 
夜中10時過ぎると、左耳に必ず 
「ぽこぽこ」
という耳の中に振動を感じ、
それに伴い音がしていました 
引っ越してから、電波声は相変わらずするものの 
左耳の、この不快な音だけがしなくなりました 
依然すんでいたところの近く、
1号棟の自治会室の真上の階では、
3人の変死者が出たということです 
そういう事からも 
何かしら、肉体的、精神的に影響する 
電磁波が流れていたのだろうと 
考えてしまうところです 
テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済
タモリ倶楽部 
2007.07.14.Sat / 19:54 
7月13日、深夜放送している 
タモリ倶楽部 
という番組で、秋葉原にある 
東洋計測器(計測器ランド)
で販売されている商品を使い 
ゲームをしていました 

そのゲーム内容はおいておいて 
気になったのは、その番組冒頭で 
低周波発生器なるものが、18000円程度で 
販売されていて 
山崎(山崎邦正という人とはまた別の)
という人が、
「こんなのなんに使うんですか?」
と突っ込みを入れていました 
それ見て、このぐらいの値段ならば 
一般人でも購入して嫌がらせ目的で 
使えるな 
と感じたところです 

ところで、このブログでは、
電磁波や、低周波、超音波をはじめとする
特殊音波を用い、
嫌がらせを行っている組織があると 
感じて書いています 

実際に、八潮に住んでいた時のこと 
自分の家の電気配電盤から
「ブーン」という音がする事がよくありました 
電気量によって、
中のメーターの回転速度が違うのですが 
同じように回っている時でも 
音がする時と、しない時の差があり、 
またほかの家の玄関口に言ってみると 
同じようにメーターが回っているのに 
まったく音がしない 
ということがよくありました 
それに、家の中にいるときに、突然鼓膜に膜が張ったような 
感じを受け、その後から、
「キーン」
という音が聞こえるようになったり 
ほかにも、変な空気の圧迫感を感じるという事もありました 

また、工科系の勉強をしている人なら 
誰でも知っていると思いますが 
電磁波によって、フレイ効果という 
意図的に、幻聴と同じ現象を起こすこともできるそうです 
この音声は、録音できないので、
どれほどの音量が聞こえたのかは数値化できず、 
被験者が体感した音により、大体の音量を 
想定して書かれてして 
人が普通に話している声よりも、やや大きく
頭に響くように聞こえた 
ということだそうです 

そういうものも使って嫌がらせをされているのか 
窓を閉めても、リアルに音の話し声が聞こえてきたり 
誰もいないのに、不意に人の話し声が聞こえたりと 
することが今でも続いています 

また、こうした声が、私の知り得ない 
現実に類似することがあり 
幻聴とは違うと思っています   

そんな事から、私自身そうした 
テクノロジーによる嫌がらせ行為を受けていると 
感じているのですが 
電磁波や、特殊音波は研究者の間で
人体に影響がないといわれているので 
こうした事を書いても、
「私の体や、精神状態に問題がある」
という偏見を受けています 

そのわりに、
こうした事を書くようになってから 
電話帳には探偵会社が、同じ症状を謳い文句に 
電磁波や、低周波測定を請け負う広告が
見られるようになりました 
人体には影響がないと言われ、こうした被害について 
否定的な人間が多中で、
民間業者が計測して結果を出したとしても
被害は、なかなか認められないのに、
お金になれば何でもしようとする
浅ましさが見て取れましたし 
本当のところ、そうした影響があるのをわかって
いるのだけれど、 
対策をとるのに、費用がかかるので
国がらみでわざと黙認しているのだろうか?
と考えています 
(国自体がそうした研究の実験を一般人から 
 選んで行っているという話もありますが)

また、
タモリ倶楽部を見ていると 
こうした販売者や  
テレビ業界関係者ならば、高額な商品でも無料で 
試せる事ができて 
(こうした機械は説明書で書かれていても 
 実際に使ってみないと、素人では 
 わからない事などあるので)
ハイテク機器を使って嫌がらせできるのは 
やはりこうした人達だろうと思うところです 

そして、今回、電磁波や特殊音波の計測など 
試してはいなかったものの、
こうした専門店に行けば、
変わった機械がたくさんあるわけで 
目に留まった機械について出演したタレントらが
色々と話で聞いていそうだ 
そんなわけで、
電磁波や、特殊音波による人体影響を
多少なりとも知っているのではないのか?
と感じましたがどうでしょうか?
嫌がらせに参加しないと・・・ 
2007.07.09.Mon / 19:03 
自分のパソコンで書き込みをしていたところ 
ページが開きませんというのが 
連発することが多かったのですが 
(MACでもももちろん、あとプロバイダーは
 Yahoo以外使っていました)
漫画喫茶で書くようになってから 
こちらでも、ページが開かなくなるという
事が起こりました 

係員が来て直してくれたのですが 
何が原因か聞いたところ
大本のノード(ハブ、ルーター)部分をはずして 
つなぎなおしたのだそうです 

あと、このブログはlivedoor、FC2で
書いているのですが、
(趣味として書いている楽天のブログでも)
家のパソコンでも、どの漫画喫茶でも 
投稿後、必ず一度は
「ページが開かなくなる」
という現象が起こります 
そういうことから、私が持っている 
ブログ全て、集団、組織的ストーカーの
手段の一つであるインターネットストーカー 
の被害にあっていそうです 

あと、以前自分のmacで書き込んでいたときに 
新宿歌舞伎町のビルにlivedoorの関係の 
事務所があるのか、そこのホストが検出されたりも 
していましたが、これが、正規のものなのか 
ちょっとわからず、そのまま放置していたりしていました 

とにもかくにも、
ページが開かなくなるという現象は 
私のブログページや管理画面にアクセスすると 
多くなるようです 

あと、
八潮の某自治会長に似た声で 
「ヤダが来たぞ」 
女性の声で 
「あんたの子供が悪いんでしょ」
それに反論したように 
「まだ子供なのに」
という話し声が聞こえてきました 

以前から、声を盗聴したり、第三者がマイクに意図的に
吹き込んだ話し声を電磁波や特殊音波に変換した 
録音できない音声で放送し、意図的に幻聴を起こさせる
嫌がらせを行う人間、組織があると思っています  

八潮から引っ越した後も 
この辺りの住人の声が空から
こだましてくる事があります 
この話し声は、盗聴されたものが放送されたのか 
意図的に放送したものなのか 
それとも、本当の幻聴なのか 
三択の中から
世間一般では常識的にみて 
幻聴という人が多いのだろうけれど 

私としては今迄の経験上 
聞こえて来た音声が現実と類似する事が稀にあるので
とにもかくにも、私としては 
幻聴ではなく、実際にこうした話をしていた
人がいるはずと思い、
また
この話し声を聞いて、
私がいなくなってから
ヤダという人が嫌がらせの標的になっているように
感じたのですが、
真相はたしかめられず 

あと、
引っ越した後も、建物から出たり、起きがけなどに、
救急車や消防車のサイレンがなることがよくあります 
そのタイミングのよさに、
引っ越した後も見張られている勘は
ぬぐえませんし、思考盗聴システムという
心を読む機械についても疑心難儀ながら 
本当にあるのではないのか?
と感じてしまうところです 

あと、テレビを見ていると 
品川庄司と藤井隆が出ていました 
藤井隆という人の品川を見る目が
さげすむような部分があると見受けられました 

何度かの、
ヨシモト無限大ホール閲覧で覚えているようです  
温厚な、品川という人は、
芸能人を巻き込んだ嫌がらせなど、
あまり快く思っていないようです 
そういう事があってか、
”裏切り者として” 
標的になっているようで 
この人の話し声も聞こえてくる事があります 

結局のところ、私に対して味方するほどではなく
「そんな事をしてどうするの?」
の一言でも、自分達(創価学会)に逆らって 
気に入らないと目に映るようです 

しかし、一見ひ弱に見える
藤井隆ですが 
先輩後輩、個々の能力関係なく 
人間関係で自分のほうが優位
(友達や見方が多い)
と感じる人間に対しては、かなり蔑んで見る
傾向があるように見受けられました 
(それでも、能力値が高い人に関しては 
 腰低くするのだろうけれど)

ヨシモト無限大ホールで見ていたときも、
庄司という人は、
感知せずという感じであったので 
標的になっていないようでしたが 

何はともあれ、創価学会は
気に入らない人間に対しては 
とことんまでやらないと気がすまないようですし 
証拠が取られないように 
遠まわしに、いやみったらしく、当てつけに 
誹謗中傷や、個人情報を振りまいている
のが見え見えで 
それでも、下手に言うと、
周りに口裏を合わせられる味方が多いので 
自意識過剰や偶然として言われかねなく 
なんとも動きようがないといったところです 

しかし、そういう事をしているくせに 
番組では 
tokioを出演させて、
いじめ問題などいっているから滑稽で 
番組で偉そうに言っている教授だって 
そのば、その時によって、加害者になりかねない人だ 
と痛烈に感じてしまう 


あと、NKHで円谷プロダクションが作成した
怪奇大作戦というドラマを放送していました 
マグネトロン砲というマイクロ波を使った機械で 
人体を発火させると言うものが出てきました 
其れが、人工衛星から標準をあわせて攻撃できるというから 
驚きでした 
ドラマの話ではあるけれど 
アメリカではそうした機械を作っていると
噂されているので将来できるかもしれないですね 

また、この番組終了後、チャンネルをかえたら 
サリーちゃんの、よし子ちゃんが出ていたり 
また、年金問題でも、この名前使われていて 
(しかも好感度ない人物として)
証明できないと踏んで、一部のテレビ関係者は、
ますます、面白がってやっている感じです  

あと、EMPROという電球を使っているのですが 
この電球は、
赤外線リモコンの近くで使うと支障をきたしたり、
ほかにも電波があると、騒音が出るそうです 
玄関やお風呂場などに使っていて音がしないのに 
自分の部屋のだけ
「ジー」
というひどい音がします 

近くにラジオなどがあると
反応するということであるけれど、
そういう物が周辺にないのに 
この雑音は何なのか?
気になるところです 
テーマ:日記 - ジャンル:日記
ザ・ちゃらんぽらん 
2007.07.06.Fri / 16:52 
久しぶりに”ヨシモト無限大ホール”
に行って来ました 
その前に、広島原爆ドームならぬ
シエスパドームにもついでに
立ち寄ったりもしました
そこで思ったことは  
一生懸命やっていても、神や仏に祈っていても 
何の因果かあっけなく死んでしまうものだと
考えてしまいます  
 
芸能人の中で、脈絡もなく
両手を合わせて拝む仕草をしている人達は 
どう思っているのか聞いてみたいところです  
また、この仕草は創価学会の嫌がらせの
一環のようですが、こうした人たちも  
同じ目に遭えばいいと感じいった次第です 
(その経緯については何度も書いているので省きますが)

そんな事で、”ヨシモト無限大ホール”に行くと 
また、システムが変わったようで 
今まで、第1、2部で分かれていたものが、
1部の時間が有料となり、第2部の時間帯が 
無料で観覧できる1,2部に分かれていました 
覗くと”ザ・ちゃらんぽらん”が出演していて 
中に入って見ることにしました 
最近、名前を入力しただけで、脳の中の 
心理を映し出すという占いがあるそうで 
井本という人が藤原という人の脳の占いを 
勝手にやったそうで 
その結果、脳の表層を悪いことを考えている 
”悪”という結果が出たそうです 
この時点で、なんとなく、
狙って作って言っていると感じる 

なんと言っても、今まで、芸能人らが
意図的に、作為的に、両手を合わせたり中指を 
立ててパネルをさしたりする行動を
組織的、集団ストーカーの嫌がらせの一環と 
思っていましたし 
実際に、このスタジオに初めて入ったときに 
私の顔を見て、両手を合わせるタレントがいたので 
この業界内で、何かしら私に対しての悪い噂があると 
感じ取りました 
そういう事で、無料で入れるこのスタジオで、
タレントの動向を見ているのですが 
今までの経緯があるし、10年以上前から
”オウム”や”人殺し” 
という噂をされていて、それに類似する事を
ここに出演したタレントが話し出したという事があるので 
こんな事されているのに笑えるはずもなく、
そんな事で拍手もせずに座って様子を見ていると 
言う状態でありました 
 
案の定、その話から 
「顔つきが殺人犯みたい」
だとか 
「死ね」
「こいつの顔を見たらみんな逃げろ」
などの言葉が次から次に出てきまして 
”やっぱり”
と思いもし 
タレントを引き合いに出して、当てつけに
言っていると感じたところでありました  

明らかに、私を意識して言っている様ですが、
確実な証拠がないので、
どうせ自意識過剰といわれてしまうのがオチで 
これが、創価学会による集団ストーカーや
組織的ストーカーの狙いで、人を貶めるのには 
証拠を残さずいい手段だと痛感そいてしまう 

ところで、その顔つきが殺人犯みたいという 
話についてですが 
ストレスがない時は、町を歩いていて 
ものを尋ねられたり、年寄りなどから
話しかけられたりしています 
殺人犯のような顔しているのならそういう事など
ないわけで 
「お前らがそういう事をしてくるから
 こっちが殺人犯みたいな顔になるんだろ」
と一言言ってやりたいところでした 
 
最後に井本という人が最近  
私生活で、ちょっとした
トラブルに見舞われているようでした 
物が落ちてきたり、車が原因不明の故障を起こしたりと 
いう話をしていましたが 
本当に、何でこの車で事故死しなかったのか 
残念でありません 
テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能
近隣トラブル?こんな偶然  
2007.07.05.Thu / 16:21 
先週の週刊誌で、縁切り寺が密かなブーム
と書かれていたのを読んだ 
カップルや夫婦間での問題はもちろんだけれど 
近隣住民との関係で、それを望んでいる人の
絵馬もあるという 
その中で気になったのが、近所の奥さんとよく会い
気持ち悪いので、縁切り寺の御利益にあやかりたいと 
いうものだった 

以前にも書きましたが、
八潮に引っ越した時は、まだ小学生でありました  
その頃から、下の階にすむ奥さんとよく顔をあわせていて
こんな偶然があるんだろうか?
と不思議に感じていました 
 
予告なく出かけても、下でばったり出会ったり
出かけようと、玄関口まで行くと、
下から、玄関のドアを閉める音がして  
外に出ると案の定、顔をあわせる  
そういう事が多く、母親は神経質になって 
玄関のドアを閉めるときはできるだけ音がしないように 
閉めたりと、八潮から出るまで、
こんな事がずっと続いていました 

引っ越しをすませ、何度か掃除をしに行った時でも 
いつの間にか隣の人の家にいたようで
そこの奥さんと2人で出かけていったり、
また、帰りに下で、後始末をしている父親を
母親と2人で待っていたときも 
夫婦で通り過ぎていきました 

物音がすると、ハイエナのように必ずかぎつけて 
そこにいるという感じで最後まで、
気味悪いほどに姿を見かけていました 
ついでに、この人は創価学会信者です 

こういうことがあって、母親は、引越しの挨拶回りを 
非常に嫌がり、最後まで、この人と顔あわせるの拒んでいまして 

この週刊誌に書かれたのを読んでいると 
同じようなことが他でもあり 
縁切りの御利益にまですがる人がいるものだ  
と感じ入ったのですが 
こんな事が本当に他の人でもあるんだろうか?

あと、私の体験で、今年に入ってからM小学生の同級生だった 
Kさんの母親とよく同じバスに乗ることが多くなりました 
相手は、仕事をしているので、同じ時間に出れば 
たいてい帰りの時間にあたり、必然的に 
顔を合わす機会が多くなるのは普通なのだけれど 
こちらが、それを考慮して、時間をずらしても 
何故か、ばったり出くわす 
この気味悪いほどの偶然を何度も体験していると 
本当に、こちらの行動を見透かしてやっているように 
感じてしまう 

インターネット上で、”集団””組織的ストーカー”
で検索をかけると、今の科学ではできないといわれている 
心を読み取る機械、”思考盗聴システム”なるものによる 
嫌がらせ行為を書いているサイトもある 
今の科学では人の心を読み取ることはできないと言われているけれど 
さすがに、子供の頃から、こうした事が多かったので 
疑わしいと感じながら、本当はあるのではないのか?
と考えてしまうところだ 


あと、この間、”笑っていいともスペシャル”放送していましたが 
ここでも、違和感があるように両手を合わせる人が 
多く見受けられました 

こうした事が目に留まるようになったのは
2002年に、カルチャースクールの玄関口と
その当時の仕事場近くに
拝んでいる悪戯書きをされてからだ 
(何度も書いていますが)
これも、この頃から、録画してとっておこうと 
録画ボタンを押すと、何故かしなくなり 
また、接客のバイトを始めると、
中指でメニューを指差す人が出てきて、
その頃から、パネルをさす時、同じようにする 
司会者、アナウンサーがおり 
これも、録画しようとすると、不思議と、
人差し指に戻るという現象が起こっています  
(みのもんた 2時ッチャオの小林豊、メグミなど
 その他色々)
何で、こういう事をするのか、まったく不思議ですが 
明らかに、嫌がらせ目的でやっているとしか
思えませんし 
生放送では、こちらの行動にあわせてやっているように
見えるこうした行動、動作をみて 
思考盗聴システム
が現実存在する可能性を思わせるものとなっています
(自分の中で)


しかし、こうした事を書いても自意識過剰 
や、精神的におかしい人 
といわれてしまう事ですが  
(証拠がないと余計に) 
他の人が、私と同じように、
近所で、同じ人と何度も顔を合わせる 
また、生放送中、出演者の行動、言動が、
自分の行動に類似したり、上記に書いたようなことが 
あった場合 
他の人は、気味悪く感じないのだろうか?
と思ってしまうところだ

こうした体験は、あってみないと、
精神的にどれだけ負担かは、他の人には
解らない事だと思うので 
ぜひとも、他の人にも体験してもらいたいところだ 


あと、もうひとつ、数年前に 
老夫婦のタンス貯金だった
2000万を盗まれるという事件が起こりました  
被害者は無事で、縛られていた間の様子を
話していたのがテレビで放送されていました 
何でも、実行犯がどれだけ、
探しても見つからなかったのに 
主犯格と思しき人物と電話で話した後、
隠していた2000万が見つかってしまったらしいです 
2000万を1000万ずつ分けて隠していたものを 
両方とも見つけられて、持ち逃げされた 
という話を聞いて  
私と同じように心を見透かされていたんじゃないのか?
と感じてしまう事件でした 

この事件前後、
本人が気がついていないだけで、結構な人が 
思考盗聴システムで心を読まれているのではないのか?
と感じてしまう事が多くあったのですが 
はたして、どうなのでしょう?

ついでに、資金的、技術的に見て、日本でこうした事が 
できそうなのは、創価学会と思っていますが
そういう事は無いと言っているようです 
(CIAとのつながりもありそうですし
 NASAも色々と関係ありそうですから 
 仮に心を読めなくても静止人工衛星で
 赤外線、X線投影で、平屋の中の人の動きぐらいは 
 解りそうだ 
 GOOGLEで人工衛星の映像が見れる、
 このご時世でありますので、
 人の監視も存分にできることでしょう 
 でも、世間一般で閲覧する分については、
 プライバシーの問題になるので 
 わざと解像度を下げているのだろうけれど 
 あと、こうした機械は、
 実用化されるまで、試作品は10年20年前には 
 すでに作られていたりするものだし)
テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ
| BLOG TOP |
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。