ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年09月の記事一覧
≪08month
This 2007.09 Month All
10month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日テレ”チン” その他・野球  
2007.09.29.Sat / 22:28 
最初に、集団、組織的ストーカー 
の手段の一つといわれる 
電磁波、超音波などを使って人を攻撃する
という物について 
これら電波に変換させることで音声として 
人に聞かせることが出来き  
普通の機械では録音できないことから 
幻聴とされてしまう 
現象が起こっていると書いています 

この電波声、第三者が意図的にマイクに
吹き込んだ肉声はもちろん 
人の会話を盗聴したものまで放送している 
という感じを受けます 

また、電波声で放送されている音声は 
そのまま聞こえるときと
騒音と重なって聞こえることの二つがあります 
騒音に混ざらず聞こえて来る電波声では 
さらに、違う周波数の電波声を重なって 
聞こえたり 
騒音にまぎれて聞こえて来る電波声では 
近くで話をしている人の声質そのままに 
電波声として放送されている内容のほうが 
聞こえるようになるという事があるようです 

この電波声、芸能人の中にも 
聞こえていると感じる人が何人もいまして 
今年はじめごろに、堂本光一という人が  
コンサート中
「観客席から”ハゲ”と聞こえてきた」
という体験談を首を傾げて話していて 
司会者のタモリという人が 、
「自分が言われるんだったらわかるけどね」
という切り返しをしていたのが 
印象的なことがありました 
もしかしたら、電波声が客席の声に重なって 
そう聞こえたのではないのか?
と思われるエピソードでした 
それ以外でも、ここ何年かのうちに 
イヤホンをつけてうたうアーティストが多くなり 
ますます気になるところです 

ところで、この電波声 
自分の会話が盗聴されて 
放送されているのではないのか? 
と感じることがあり 
26日に 
巨人戦と交互に、
ソフトバンクvsオリックス戦も見ていたのですが 
三瀬という選手が、登板した時のこと 
舌を出していたような感じだったので 
「この人、いやな感じだな」
なんて入ったら、出てきて、まだ 
バッターも変わらないうちに 
交代になるという現象が起こりました 

次の日のロッテ戦では、ソフトバンク攻撃の際  
ミットの位置をつぶやいていると 
小久保という選手がやけに打ち続け 
解説者が 
「普段、粘る事のない小久保選手が珍しい」
という話をしていました 
 


とはいっても、以前にも書きましたが 
私の話している上に 
違う話し声が口の中で重なっているのを 
感じることがあるので 
たぶんに自分が話している内容とは 
違う言葉がほかの人に聞こえる事があるのではないのか?
と思い 
これと同じように、電波声として、盗聴した音声が 
放送されているとしても、違う内容が 
流れているような気がして 
いまいち各章がつかめないのが現状であります 

さて、家の中の音声が盗聴されて 
電波で放送されているのでしょうか?
また、もし、そうであるなら 
私が話している内容をどの程度そのままに 
放送されているのだろうか? 
と感じてしまう 


また、こうした現象が本当にあるとしたら  
何か影響が出るだろうと 
最近、茶化しもいれながら 
”日本テレビ”
よく行っております 

スタッフがよく通るホールがあり 
エクスプレッソコーヒー 
がありまして
そこで様子を見ていると 
どうにも 
私が卑猥な電波声が聞こえたと感じると 
通り過ぎる男性スタッフも 
顔を赤くするという現象が起こり 
いかんせん聞こえているんだろうか?
と感じることが起こっています 
もちろん、そこに立っている警備員も 
そうであります 
他にも東京駅構内において 
外国人が通り過ぎるさい 
「バストトップ・ビーンズ」
「ピーチ・ヒップ」
など聞こえてきまして 
顔赤くしていきます 

ついでに、日本にいる外国人の何人かは 
創価学会の流す 
「腹話術」
という噂を信じて、疑心難儀のようであります 

さて、腹話術でしょうか?
電波声でしょうか?

ここ何日か 
日本テレビに行った際に 
”途中下車の旅” 
スタッフが打ち合わせしていて 
(何でも26日に予定組めるか? 
 と電話口で、話をしていました)
お店に出てすぐ 
その時にいた上司と思われる女性の声で 
「むごいな」
という話がきこえてきたので 
日本テレビスタッフの中には 
知っていながら、
(その人が機械を持っているのか 
 盗聴されたのかは知らないが)
内緒にしている人がいるんだろうか?
と感じたところです 

また、今まで信じなかったスタッフの中に 
危機感を感じ出した人もいるようで 
信じない人間と、口論になっているのも 
聞こえたりします 
(男同士のようでした)

あと、28日金曜日に 
行った際に 
有楽町でも影響があるものか 
ガード下を歩いていると 
有田芳夫 
という人が前から歩いて通り過ぎていきました  
ものすごく何かの策略、まわしもの的 
に見え気に入らず、 
通りすがりに、ためしに
「創価学会ばっかりだ」
と聞こえよがしに言ってみたのですが 
その時の、声が 
「放火学会(?)」
と聞こえたようで 

ずいぶんしてから、マックで一服していた際に 
女性と、
「放火学会といわれた」
「放火学会って何?」
というような会話がしているのが聞こえてきて 
気になるところですが 

私の幻聴ならいいですけれど 
さて、どうでしょう? 


あと、書こう、書こう 
と思っていたのですが 
八潮団地から、2,3週間たったころ 
女性の電波声で  
「あの女、飲み物もらっておいて」
等の話し声がしました 
確かに、飲物もらいましたが 
八潮の人は裏表があると 
わかっていたので、 
後で、言われた分のお金を、
ちゃん払っているんですけれど 
そういう事を話しているんだろうか?
と感じてしまうところです 

他に、
女性の声で
「あと、80億もないのに」
という話し声が、8月初頭に聞こえて来たことあります 
インターネットカフェで書くようになってから 
ついうっかり書き忘れていましたが 
”80億”
といえば、地方自治体レベルの財政の金額です 
どこかの公共機関で  
盗聴器が発見されていることから 
気になるところです 
さて、この
「80億もない」
という嘆きの電波声は、はたして 
空耳でしょうか?
幻聴でしょうか?
それとも、本当に役所の盗聴会話が 
電波声として聞こえたものでしょうか? 

さて、どう思いますか? 


ところで、別番組でありますが 
こうした事を 
アニメ 
”銀魂” 
スタッフも知っているようで 
嫌がらせのつもりなのか 
いろいろと、 
人を馬鹿にする内容を放送していまして 

そうした事をするのだから 
真相を知っているのだろうと感じるところです 
(また東京では人身事故ありましたし 
 洗脳させて人を殺したいんでしょうかねぇw)

私の場合、自分の体験から 
推測で書いているので  
真相はよくわかりませんが 
テレビ業界関係者は、
技術者とも知り合いが多いのだろうし 
色々と知っているように思えます 
しかも、ここまでやってきているのだから 
なおのことだと思うところです 


電波声について知りたい人がいたら 
テレビ関係者に聞いたほうがいいと思われます 
スポンサーサイト
テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ
東京ドームで巨人vs横浜戦  
2007.09.24.Mon / 21:42 
このブログは集団、組織的ストーカー(Sストーカー)
について書いていて 
いくつもある手段の一つに 
電磁波や、マイクロ波、超音波や低周波といった 
特殊音波によるエレクトロニクス・ハラスメント 
という嫌がらせの存在を感じています 
(総称して電波と書いています)
このエレクトロニクス・ハラスメント 
の中には、フレイ効果、またモスキート効果を 
うまく使って特定の対象者に幻聴を起こす事ができる 
可能性もあると見ています 

2000年ごろからインターネットをはじめ 
それらについて書かれているサイトを発見し  
履歴で、ずいぶん昔から 
こうした嫌がらせがあることに気がつきました 

ブログとして被害を書くようになったのは 
2年ほど前からなのですが 
嘘、偽り、自作自演、腹話術、被害妄想、 
精神異常者、など等、大半の人がこうした反応を 
示してきます
ところが、ブログを立ち上げる前に  
”2ちゃんねる”
にも書き込んでいたことがあるのですが  
そこで資料として、大学の研究者による 
ホームページなどを載せると 
たちどころに、サイトが閉鎖になったりするという 
現象が起こったりしました 
また、電磁波による幻聴の可能性を秘めた 
アラン・フレイという研究者のサイトも 
その当時(2000年代)はgoogleで 
”フレイ効果”で検索すると 
かなりの数がでてきたのですが  
最近では、
私のブログばかりが上位にランキングされているという 
始末です 
また、せっかく存在していた、関連サイトも 
閉鎖しており 
”嘘””偽り””自作自演”(その他もろもろ) 
というのであれば、そこまで過分に反応して 
サイトの閉鎖を行わなくていいのではないのか?
と感じてしまいます  

そんな電波声でありまして  
証拠はないにしても、自分の経験上 
第三者が意図的にマイクに吹き込んだ内容 
また、自分の話し声を盗聴し 
電波声で放送できるのではないのか?
と考えています 

さて、その影響が芸能人にもあるのか 
2000年代から、生放送番組を見ていると 
こちらの行動と連動した話をしだしたり 
また、ブログを書くようになってから 
サスペンスドラマの女優が耳栓していたり 
アーティストらも、イヤホンをつける人が多くなる 
という現象が起こっています 

芸能人の中には、
両手を合わせる、中指でパネルや人を指す 
あっかんべーをする 
など、明らかに違和感のある行動をとる人がいます 
こうした行動は街を歩いている一般人にも見られ 
また、無意識にやっているような人もいることから 
電波声が潜在意識に作用して 
そうした行動を取らせているのだろうか?
と感じています 
(CIAが研究していたそうですが)
NHKで音による脳波の影響が放送されていたのですが 
聞こえていると言う認識がなくても 
脳は動いて音を感知しているのだそうです 
そうした事から、素人目で見て
影響があるのではないのか? 
と考えてしまいます 

 
そういう行動を見ていて 
ここで違和感があるとかいても 
写真、ビデオなどを撮影して証拠として 
とっておかないと、それこそ  
気のせい
幻覚等いわれかねないことなのですが 

今回、相撲に乱入した人ニュースで
その人が持っていたビラに 
「芸能人が悪霊に取り付かれている」
と書かれていたと報道されていたので 
私以外にも、テレビを見ていて違和感を感じている人が 
いるんだろう 
と思うところです 

電波声による精神的影響を認識している人の 
数は少ないので 
(噂として存在を知っていても信じていない人も 
 多いし)
大半の人が、
「幽霊」「宇宙人」
という話になってしまうのだろう 
と思いました 

また、電波を使った嫌がらせは 
テレビ関係者が中心に行っていると感じているのですが 
実際に、こうしたことを書くと、
”幽霊””宇宙人” 
がやっているというように話を持っていくような 
番組をおこなったりするので 
エレクトロニック・ハラスメントの 
加害者が潜んでいるのは、間違いないだろうと 
思うところです 

さて、この電波声 
第三者が意図的にマイクに吹き込んでいる声はもちろん 
(こういうのは人の誹謗中傷が多い)
私の盗聴した声も放送していると 
感じることがあります 

もし、本当にこうした影響があるのならば 
他の人も影響を受けるだろうと 
街に出て散策しているのですが 
金曜日、切符を買って改札口を通ろうとした時に  
いきなりドアが閉まり、
また開くということが起こりました 
出るときともかく、入るときにこんな事が 
起こるなんて、電波の影響だろうか?
と感じるところです 
(今年一月には、
 磁気の異常で切符が使えなくなったことあります 
 駅員の話では、まれにあるのだそうですが) 
 
以前から、自動ドアが開かなくなったり 
ジェットタオルから離れた場所にいたのに 
急に作動したりする機械の誤作動が 
何度かあり、気になるところです 
(以前にも書いているので細かい話は省略します)
 

そんな事があった後 
この日は久しぶりに 
渋谷に行ったのですが 
ビックカメラの4階のテレビを販売している 
フロアで、
”巨人VS横浜戦” 
をやっているのを19時30分ごろから見ていました 
以前から、野球中継で 
インコースかアウトコースか、呟いていると 
キャッチャーが太ももを狭めてサインを 
見えずらくしたり、やけに考え込んだりする 
等、選手らの行動がおかしくなる時があり 
気になっていたのですが  
横浜の選手も影響を受けるものなのか  
ためしに同じことをやってみると 
横浜守備で、キャッチャーの動きがおかしくなりました 
ずーと考え込んで、なかなか投げなくなり 
寺原という人も困惑気味です 
やきもきして、20分ぐらいで見なくなったのですが 
電波声の影響があるのだろうか?
と感じてしまいます 

その後、”よしもと無限大ホール” 
に行ってみたのですが 
金曜日によく来る常連男性が 
座っているのが目に留まり 
顔を見ていると、
以前よりやせて、やつれている感じを受け 
この人も電波声の影響を受けるように 
なったのではないのか?
と思ってしまいます 
(その人が電波声の影響を受けている 
 と見受けられた話は以前書いているので 
 省略します)

他に、品川という人が 
こっちを指差してきたり 
気になる行動はあったものの 
野球のほうが電波声の影響を受けているようだったので 
またビックカメラに戻ってみると 
20時40分ごろには終わってしまったようで 
様子を見れず残念に思うところです 

次の日の土曜日には 
秋葉原に行き、
駅構内のカレーライス屋に居座り 
ガラス越しに様子を見ていましたが  
ここでは、電波声の卑猥な話し声が聞こえるのか 
男性人が顔を赤くして通り過ぎるという 
現象が起こっています 

そうした影響をさらに受けさせようと 
タブレットに女性の裸婦を書くのが 
日課となっているのですが 
はたして、どれほどの影響を受けるのか 
楽しみなところです 

ところで、この日、野球をここで見ていたところ 
野間口という選手がやけに上に目線を動かし 
笑っているのがきになりました 
ところで
ヨドバシはスポーツは禁止になっているらしく 
大きな画面でチャンネルを合わせていると 
チャンネル変えられてしまったりしました 
簡易テレビで見ていても、画面が小さく 
サインなど読み取れないので、見るのをあきらめ 
もう、終わるころだったのですが 
ためしに、東京ドームに行って、
野球観戦者の帰路で、電波声の影響があるのか 
様子を見てみました 
人の近くでは、また腹話術といわれかねないので 
遠巻きに、人気のない喫煙所で  
一服していたところ 
誰かが、警備員に何かいったのか 
警備員がやってきたりします 
きちんと喫煙所として設けられていた場所なので 
一服していたら、何をしているのか 
わかるものだろうと思うのですが   
こうした事をするのは、たぶんにSストーカーの 
手段の一つではないのか?
と感じるところです 

ところで、ここでも、遠巻きに見て 
何人か、顔を赤らめて通り過ぎる男性がいました 
気になるところです 

次の日、日曜日にも、土曜日と同じ行動をとり 
この日は、前日よりも、少し早い20時に 
ドーム周辺にいました 
私としては電波声があり影響を受けるとしたら 
巨人軍に影響を受けてもらいたいので 
ドームを一回りしたあとに  
警備員に巨人ベンチの場所を聞いたのですが 
家に帰って知ったのですが逆だったようです  
ところで、この時に、
巨人ベンチがあると言われていった 
31、2番ゲート 
ここには”たまごっち”のお店がありました 
ちょうどそのお店から下を見ると 
警備員でぶくぶくに太った体格の人が 
下を歩いていて 
「たまごっちのような体格の警備員が 
 歩いている」
なんて呟いたら 
上のほうから、男性の噴出す声が 
響いてきました 

他にも、女性の声で 
「何を言っているのか分からない」
等の話し声がきこえ 
もしかしたら、私以外の人で 
アナウンス放送に電波声が重なって聞こえ 
何を話しているのか、聞き取れないでいる 
人がいるのではないのか?
と感じたところです 

ついでに、こんな事を言っていたら 
それまで勝ち越しだった横浜が 
いきなり3点取られ逆転されてしまいました 
誰が、当番選手なのかも分からなかったのですが 
家に帰って、スポーツニュースを見たところ 
三浦という投手でした 
この選手も、2年ほど前、
私が家のテレビで野球観戦しているときに、
急に笑い出したりした選手で 
電波の影響を受けやすいタイプと 
見ていたので、気になるところです 

そんなこんなの電波声 
本当に聞こえたのかどうかは 
本人に聞いてみないと分からない事でありますので 
私が受けた感想を書いているのですが 
真相のほどはいかがなものでしょうか?

ところで、このブログに 
電波声の影響があるのならばと思って 
「ウィルス兵器での攻撃の
 アイディアを呟いている」 
書いてみたことあります  
(声を勝手に盗聴するほうが悪いし)
すると、木曜日 
”銀魂” 
というアニメをみていると 
ウィルスに関する内容で 
アニメ製作スタッフもやはり、 
Sストーカーの嫌がらせに 
大きく関係しているのだろうと 
感じたところです 
テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ
山口県 光母子殺人事件  
2007.09.21.Fri / 16:33 
集団、組織的ストーカーにまつわる 
話はおいておいて 
今回、前から気になっていた事を書いてみることにした 

ずっと前から書いていることですが 
日本の今のご時世 
理不尽なことばかりです 
特に、報道番組を見ていて 
見た目、創価学会信者と思しき人も多く 
創価学会信者が引き起こす事件事故については 
とても寛大な対応をとるのではないのか? 
と常々感じています 
 
以前にも書きましたが 
幼稚園児の列にに車が突っ込んだ事件では 
ブレーキ痕といわれるものが
白く残っているのが放送されていました  
タイヤはゴムでできているので、ブレーキ痕は 
黒くなるのでは?
と素人目に思ったのですが 
被害者家族も同じようなことを感じたらしく 
「後からつけられたものではないのか?」
と強く世間に訴えかけていました 

といっても、結局のところ 
危険運転致死罪にはならなかったこの事故 
わざわざ、後から証拠をつけたりする状況を見て 
こういうことで口裏を合わせられる
仲間がいないとできない事なわけで 
加害者は創価学会ではないのか?
と思っています  

最近、またテレビで見るようになった 
山口県光母子殺人事件についても
法廷での少年の証言をテレビで聞いていると 
あの自身ありげの、ふてぶてしさもさることながら 
それを弁護する弁護士が 
あそこまで必死に擁護する状態に 
加害者少年は創価学会ではないだろうか?
感じてしまうし 
弁護士団の中に 
創価学会というつながりを持った 
”なまか””仲間”
が何人もいる気配を感じてしまう 

しかも、差し戻し控訴審第10回公判終了後 
メガネかけた小太りの弁護士が泣き出して 
いかにも演技くさく、わざとらしさこの上なく感じ 
自分の保身を保つためにやっているだけに 
見えてしまう 

ところで、このわざとらしい
”涙”
について、少し余談になりますが 
2000年代に、大井町のお店で買い物をしていたら 
「自分は大学の教授で研究を手伝って 
もらいたいんだけれど」
と声をかけられ、お茶するだけなら  
とついて行った事があるのだが 
そこで、出た話が 
「人間の体内の脈がやっている時と 
 通常でどう変わるのか調べるのに協力してほしい」
と、いうただ、お前がやりたいだけだろうという 
話をされる 
断ると、突然泣き出して 
「明日、海外の公演に呼ばれていて
 出発しないといけない君が頼りだ」 
みたいな話になり 
喫茶店から出た後も、
「証明書を持ってくれば信用するのか?」
なんて執拗に言ってきて 
それでも、断っていると、
急に顔つきが目つきが変わって 
(今までの温和そうな顔とは別人みたいで) 
足早に去っていったおっさんがいました 
(分かれた後、試しにどんな証明書持ってくるのか 
 持ってこさせて、どんな反応するのか
 交番に連れて行ってみたりすればよかったと
 ちょっと後悔したりする)  
 
そういう経験があり、その時から  
こうした体格のやつは、最後に泣き落としで 
人から慈悲をかって何かやろうという魂胆が 
あるのだろうという目で見るようになったのですが
 
この時のおっさんと、この弁護士の 
体格と雰囲気が似ていて 
同じタイプだと直感で感じ 
信用できない涙と確信している 

こういう事をする輩に 
何を言っても無駄で 
この裁判もたぶんに極刑にはならなそうだ 

私としては、だったら、
再犯しないかどうか 
早めに留置所から出してみればいいのでは?
と思ってしまう 
酒鬼薔薇の時はあれだけ再犯を起こす可能性の
危険性を謡っていたマスコミも、創価学会が影で 
支援しているのか、今回は、それほど騒がないし 
そういう状態の中 
次に犠牲者が出ても別にいいのでは?
という雰囲気を感じ取れるし 
私も、別に関係ない人間が殺されても 
なんとも思わないので 
10年ちょっとで、釈放してみれば  
被害者の言い分が正しいかったのか 
加害者とその弁護士団の人間が正しかったのか 
いずれわかることなので 
別に極刑でなくてもいいんじゃない?
と思ってしまう  
 
ただ、もし、再犯した場合、
この弁護士団はどう釈明して 
その責任を負うのか見ものだ 
(たいして責任はとらないと思うし 
 本人たちも言い逃れをして責任を感じない 
 と思うけれど) 

できれば、そうした時に、
やるなら、仲間内の人間だけを標的にしてくれ 
と思うばかりだ 


あと、このブログでは、ずいぶん前に 
年金について 
創価学会員の公務員が多いので 
パソコンをいじって、人の年金記録を書き換えて 
自分たちの仲間内に、
その分を割り当てているのではないのか?
という内容を書いていますが 
東京で、公務員と”仲間”の17人に、
年金を横流ししていたという事例があるという話だ 
私は、これを行った役人が創価学会かどうかを 
知るすべはないけれど 
多分に、そういう事だろうと思ってしまう 

何せ、創価学会の嫌がらせで 
NTTの社員と結託して 
分かれた彼女の携帯履歴を流していた 
という事件も起こっていることだし 
(3人、逮捕されていますが)
なきにしもあらずだろうと考えている 

こんな事は氷山の一角で 
ほかにも、公的機関や企業についている 
創価学会員が、ばれない様に色々と悪事を 
働いているに違いない 
と思うばかりだ 

あと、以前から、創価学会員は 
ミクシィーなどの会員制で、
本人にわかりにくいサイトで 
誹謗中傷を書き込んでいるのでは?
と書いていますが 
神戸市須磨区の私立高校の自殺の一件では 
やはり、そうしたサイトを嫌がらせで 
作っていたというから驚きだ 
ここでも、加害者の学生は多分に 
創価学会員だろうとおもってしまう 


ところで、最近、企業提携のニュースが 
多いのだけれど 
ここでも、創価学会による、企業のっとり 
の勘が伺えられ 
日本の大手企業の重役は創価学会にのっとられ 
好き勝手にされる世の中になっていくと  
ちょっと気味悪さを感じる今日この頃 

企業提携という形ならともかく 
下の人間が不祥事を起こした上での 
重役の入れ替えについては 
裏がありそうな気がしてならない   
特にミートホープはともかく 
不二家の一件では、社長は重役に言われるままに 
やっていた雰囲気を受け 
後に就任した櫻井という社長が見るからに 
学会の雰囲気をかもし出していて 
のっとられたのでは?
と思ってしまう 
しかも、不祥事の後の 
不二家のキャラクターを変えようという動きが 
創価学会独特の、
「自分たちの思っているものに変えたい」
という考えがにじみ出ているで 
作為的に行われた勘がしてたまらない  

最近、本田も狙われているのか 
なんだか、かなりやばそうだ 

大体 
社長職といっても、会社が大きくなると 
下の役員、管轄まで、目も手も回らなくなり  
商品管理、経理を任せっぱなしだろうと
思うのだが、
何かが起これば、結局、社長だけが 
責任をとる形となるのだろうけれど  

こうした事を逆手にとって 
色々と裏で策略を立てているのがいると考えてしまう 
もちろん、こうした事は、大手企業 
のみならず、政治家、一人の議員も 
同じ事と思うのだが 
秘書や、SP、重役は慎重に選ばないと 
”明日はわが身”
という事になりえないのでは?
と思ってしまう 

とはいっても、なるようにしかならないし 
そういう事を問題視しないと 
いずれ自分たちのみにも降りかかって 
来る事だろうから 
創価学会に勝手にさせておいていいんじゃない(?)
と冷めた目でみていて 
それが嘘といわれても別段いいか 
ぐらいに思っている

けれど、もしそうなった時に 
散々、私に対して嫌がらせしていた人間や 
理不尽なことを他人事として黙認してきた人間に 
「自分は何も悪いことをしていないのに」
なんて、泣き言は絶対に言わせたくないので 
こんな事かいてみました 
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
9.11テロはアメリカの陰謀? 
2007.09.19.Wed / 22:31 
随分、間があいてしまいましたが 
前回の日記で書き間違っていたので 
ここで訂正します 

9.11テロについて書かれた雑誌として 
フラッシュと書いていたのですが 
フライデーの間違いでした 

ところで、その時の内容について 
集団、組織的ストーカーにまつわる 
手段の一つとして 
エレクトロ二クス・ハラスメント 
といわれる 
電磁波やマイクロ波、超音波や低周波などの 
特殊音波を使った嫌がらせがあり
(総称して電波) 
CIAがそれらの技術を応用して、
洗脳、マインドコントロールの研究がされていたと 
言われていまして 
その症状の一つに幻聴を起こさせることが 
できるそうです
(総称して電波声) 
また、本人に聞こえているという認識がないままに 
潜在意識下に働きかけ、催眠暗示がかかっている状態になり 
暗殺者やスパイとして人間を動かそうという 
試みがされていたようです  

ところで、そうしたことができるのならば 
世界が平和になるのではないのか?
という話になりますが 
軍事産業で生計を立てているアメリカにとって 
戦争というのは、軍事用品を浪費して 
需要を生み、企業が成り立っていくには 
なくてはならないものと考えます 
(そう見えます) 

平和活動を行っていたジョン・レノンが 
暗殺された背景に、国として利権に絡むこともあるにしても
こうした事も一因としてあったのではないのか?
と感じるところです 
実際に、CIAが行っていたマインドコントロール技術により 
暗殺されたという噂もあるということから 
軍事産業が裏で意図を引いている間が伺えます 

9.11テロについて、
フライデーによると 
軍事関係者が使う爆薬成分が瓦礫から
見つかったということで 
ますます怪しいところです 
 
前回こうした事を書いたのですが
これを書いた後、しきりに 
電波声で
「私たちも平和活動しているのに暗殺されないし」
という女性の話し声や、男性の 
「あいつ嘘ばっかりだからさ」 
等の話し声が聞こえてきました 

この話し声を聞いて、
大多数がこうした意見だろうな 
と思ったので 
ジョン・レノン暗殺ついて自分の考えを書くと 
ジョン・レノンのような影響が強い人間が 
個人で、しかも下心も金銭的欲求もなく
無償で活動を行いだすと下手な反勢力になりかねない 
そうした事を恐れた結果ではないのか 
と感じています 
それでは、テレビなどで行っている活動については 
どうなのかというと 
少しはなしが外れて 
募金などで集まったお金は、多少寄付にまわせば 
大半を利益として利用することができるのだそうです 
ほかにも、芸能人が出演もし 
ついでにCD、DVD等も発売される 
そうしたわけで 
テレビ局が行っているような 
平和に貢献するようなボランティア活動は、
巨大なお金が動き、経済的に利点とされているから 
テレビが大々的に行っている活動については 
戦争に反対する人間に対しての 
嫌がらせを受けず
逆に、無償で、純粋に反戦を詠っている人間は 
ジョン・レノン同様、攻撃対象となりうるのでは 
ないのか?
と考えてしまいます 
 
実際に、反戦ビラをまいた人間が 
公安警察のストーカーにあい、拘束された
という現実を見ると
(ビラをポストに入れてはいけないと 
 書いてあったことから 
 不法侵入とされたとしても)
 
平和ボケをしているといわれる日本でも、
たぶんに、そうした背景があると感じてなりません 

まあ、テロ行為が軍事産業と政治的に絡む 
アメリカの陰謀だったにしても 
死ぬのは赤の他人であるのでるし 
日本においても、
そうした政治的つながりから 
公安局まで躍起になっているのは 
関係ないことなのですが 
自分としては、軍事研究、開発に伴う 
無作為に選んだ一般人の中から
エレクトロニクスによる 
実験を行っているという話があり 
そうした事をされているのではないのか?
と感じる節がありまして 
本当にいい迷惑と感じ 
また、ほかの人間も同じ目に会えばいいのに 
と感じるしだいだ  

あと、1、2ヶ月ほど前に 
「今度は父親が殺される事件が起こるかも?」
だったか、そのような題で日記を書いていますが 
それを書いて何日かごに 
栃木のほうで父親の体を20箇所以上刺し殺して 
秋葉原の万世橋警察署に自首してきた 
30代の男性がいますが 
また、父親を殺す事件が起こりました 

誰が殺されてもかまわないけれど 
一応、書いたことに類似する事件があったので 
書いときます 

あと、8月31日に歌舞伎町にいって来た際 
火事があった場所に献花台が設けられていました 
電波声で
「オウム」「人殺し」に始まり
この火事あってから 
「放火犯」とまでいって来る始末 
私が街を歩くと警察官もわらわら 
店を歩くと、警備員が後つけたようにやってくる 
そんな状況でありますが 
9月の、6日ごろに、
9月1日に遺族が目を話した隙に 
遺品をいれたバックを盗まれたという
ニュースをやっていた

この火事怒る前から 
八潮団地内でハンディカムで証拠を取ろうと 
していたのをみて、
気にが悪かったのか 
誰が通報しているのかは知らないが
消防車や警察官がウロウロしていたくせに 
火事の時も、男が逃げたとか 
騒いでいたのに、捕まえられず 
いざとなると本当に役に立たない 

お店の売り上げが取られたときも 
私がいる時は、1時間に何度もパトカーが通り 
過ぎたのに、私がいない時に 
そんな事が起こったりして捕まえられない 
警察官みていると、自分たちのポイントが 
あがれば、犯罪者でない人間を 
一日監視し、また本当の犯罪が起ころうと 
あまり、成績の上がらないようなことは 
しないようだ 

現実問題 
先週か先々週かに 
NHKで
”えん罪事件”
によるドキュメントが放送されていた 
犯罪者でもない人間に、精神的圧力や 
暴力などで自白させ犯罪者と認めさせる 
経緯が克明に書かれていたが 

えん罪だったと解った後の警察官の対応も 
まるで 
自分たちは悪くない 
という反応で、言い訳ばかりしていた 
そういうことからも、 
今の世の中に、真実とか言う言葉はなく  
業務成績を上げるのが先決のようだ 
遺族も、それが本当の犯人でなくても 
つかまった時点で喜んで 
「死んだも人も、あの世で喜んでいると思います」
なんていって 
ほかに犯人がいて 
ほくそえんで普通に生活しているのも 
知らないで、いるのかと思うと 
滑稽でたまらないし
日本の司法は、こんなもんだろう 
と思ってしまう 
  
集団、組織的ストーカーで、散々 
私のことを悪く言っているのだから 
逆に、そういう事があると 
ザマーミロと感じてしまう  

ところで、
電波声で聞こえてくる内容と 
警察官らが、無理やり自白させる時の 
セリフとまったく同じだったし 
街を歩いていると 
面識ない人間であるのに、こっちを見て 
こぶしを作り軽く震えていて今にも 
殴ってきそうなやつがいる 
ところで、このえん罪事件の被害にあった柳原という人は 
3日で自白させられたのだが 
警察官が今にも殴ってきそうな感じで取調べ 
発言をしても
「嘘をつくな」
とさんざんいわれていたという 
「es」という映画にもなった
アメリカで実際に行われた監獄実験では、
学生が看守と囚人に別れて役をこなしていたのだが 
3日ほどで、演技ではなく 
それぞれが、そのもののようになっていったと 
いわれている
犯罪者でなくても、状況下の中 
強固な圧力の下で、犯罪者と同じ 
扱いをすると、犯罪者のようになってくるらしい 
CIAでもマインドコントロール技術を使って  
こういう状況を作りだす実験をしていたらしいので 
電波声で
「白状しなさいよ」「自白しろ」
と老若男女聞こえてくるのを感じると 
そういうものを使って、公安、警察の検挙率 
あげるために犯罪者を意図的に作っている背景が 
あるのではないのか?
と思ってしまう

ついでに、去年の2月に 
コメントでもめた人間も 
「犯人に自白させて、
 えん罪事件になったではないか」 
というわけ解らないコメントで
「自白は有効」
という感じのニュアンスで書き込んできたのだが  
これを書いた人は 
テクノロジー犯罪被害者ネットワークの 
参加者だったのだけれど 

この番組見て、警察官が拘束した人に
自白を迫る様子と類似点を感じて 
コメントに書き込んできた人間は 
集団、組織的ストーカーの実行犯の一員 
じゃないのか?
と感じたりした 
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
吉田茂氏と創価学会? 
2007.09.07.Fri / 20:45 
集団、組織的ストーカーにおいて 
いくつもある手段のうち 
今回も、電磁波やマイクロ波動、超音波や低周波と 
いった特殊音波による嫌がらせや  
マインドコントロールの影響と関係 
しているのではないのか?
と思われる  
殺人願望を持った人間による殺人事件が 
起こりました 

このブログに 
「人を狩れ」
と書いた矢先のことだけに 
タイムリーな事件でした 

他にも、
このブログでは、Sストーカーにおける 
電波系の嫌がらせは 
CIAの技術を真似して行われているのではないだろうか?
と書いています 
私もはじめは信じられなかったCIAと
日本との絡みについて 
調べてみたところ 
戦後、GHQ支配下の中、CIAと正力という人の 
繋がりがあり、また、岸内閣、鳩山内閣でも
技術省、公安といった部署に配属し 
多大な業績を上げていたようです 
また、岸元首相は正力氏と
創価学会戸田二代目会長の両名とも 
深い繋がりがあったという事で 
創価学会もCIAとの関係があったのではないのか?
と感じるしだいです 

その前に余談として 
CIAは日本の情報網にマイクロ波を取り入れた
通信設備の設置を強く求めていたらしいのですが 
怪文書により、その計画が潰えたという事があります  
そして、その怪文書を書いたのは 
吉田茂元首相ではないか?
という憶測があるそうです  
それが事実かどうかはわかりませんが 
少なくとも吉田茂氏はCIAに対しても
CIAと裏で手を組んでいる 
日本の政治家に対しても 
快くは思っていなかった様です   

それを踏まえたうえで 

先週発売されていた週刊新潮には 
最近、創価学会が聖教新聞において  
吉田茂氏との親密な関係を紹介したのだそうです 
しかし、関係者すべて、
戸田会長と吉田茂が親密な関係だったという事に 
首をかしげているということであります 
そうした事から、吉田茂氏と戸田会長との 
親密な関係を謳い文句にあげることで 
CIAとの関係はないというアピールのように 
見受けられてしまうところです 

そうした事から、
実際はどうだか知りませんが、
ますます、創価学会と政治的なCIAとの
関係がありそうな印象をますます受けてしまいました 

さて、どうでしょうか? 


他にも、このCIAの電波を使った 
マインドコンロトール技術は 
平和活動をしていたジョン・レノン暗殺で 
使われたのではないのか?
という噂があります 
軍事産業で潤っているアメリカにおいて 
強い影響のある平和活動は政治的に見て 
邪魔だった様です 

フラッシュには9.11のテロについての 
疑惑、陰謀が掲載されていまして 
ブッシュ政権が関係しているように 
書かれていますが 
最近の
ブッシュ大統領のの表情を見ていると  
裏で策略を立てている人間に手の内用がなく 
手のひらで泳がされているというように 
見受けられてしまうところです 

もしかしたら、政治家よりも 
本当のところ怖い存在は他にいるのではないのか?
と感じる今日この頃です 

 
見受けられてしまうところです 
テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
”ガキの使い” 猿蟹合戦紙芝居 
2007.09.03.Mon / 15:33 
このブログは
集団、組織的ストーカー(Sストーカー) 
について書いているものですが 
このSストーカーはどうやらテレビ関係者も 
一役買って行われているようです 
以前、このブログでは、
とある人とコメントでもめたことが 
あるのですが 
ちょうど、そんな時  
「ガキの使い」
という番組で
へいぽう謝罪文という企画が 
行われ、私が、そのコメントに対して 
当てて書いた文章の 
文法で語っているのが印象的でした 
 
「ガキの使い」
といえば、1996、7年頃に 
喫茶店でオーダーを通す際 
わざと、違う言葉を言って 
ウエイターがどこまで聞き取れるのか?
という企画をやっていました 

その頃から、「オウム」や「人殺し」
といううわさに悩まされていましたが 
まだ、Sストーカーというものがあり 
テレビ関係者も関係しているという  
認識がなく、そうした事を  
気に留めていなかったのですが   
今思うと、その企画が自分が経験している 
Sストーカーの嫌がらせと同じで 
そうした事から 
番組から、嫌がらせの方法を 
伝達しているように思えてならないところです 


さて、その
「ガキの使い」
先々週に、
猿蟹合戦の紙芝居をやっていました 
やたら、血なまぐさい話の内容に付け加え 
同じ事を何度も繰り返しているという
内容でしたが 
何か、あてつけでやっていると思える節が 
あり、気になるところです 

その前に余談として、
芸能人による嫌がらせを受けていると
感じていたので 
ヨシモト無限大ホールに何度も足を運び  
様子を見ています 
リニューアルオープンをする以前 
金曜日の企画として 
ほっしゃんひきいるゲスト人が 
アドリブ芝居を行うというものがありました 
そこで、必ずといっていいほど 
「殺人事件」
にまつわる話が登場してきました 

「オウム」や「人殺し」と
言われていると感じている私としては 
あてつけのように思え 
やっぱり、芸能人らもSストーカーに
手を貸していると痛感しました 

そうしたやり取りがあるので 
ヨシモトタレントのそうした話が
出てくるときは、 
必ず何かしら意図してやっていると 
感じてしまうわけです 

こうした事を踏まえたうえで 
「ガキの使い」
における猿蟹合戦の紙芝居を見ると 
このブログに対しての評価のようなものまで 
含まれているように感じてしまうところです 

というのも、
このブログでは、
「はじめに」
を書いていても、それを読んでいる人はおらず 
コメントに反論を書き込んでくる人がいました 

そうしたわけで、基本的に、
ブログを読んでいる人は 
その時に書いた内容のものしか読んでいないという 
認識をうけて、
簡略的に毎回同じような 
説明をかいているのですが 
たいてい長文になり、
その話で終わってしまうことが 
多くなっています  

そうした事を受けてのことか 
「ガキの使い」
紙芝居で何度も繰り返される内容に 
あてつけでやっているような気配を感じました 

また、Sぅトーカーの手段の一つなのか 
自分の話した事や行動、 
書いた内容に類似して事件を起こさせている 
人間がいるようなので 
殺人を促すようなことを書いています 
もちろんターゲットでヨシモトタレントの 
名前も書いています  
紙芝居の血なまぐさい話を見ている中で
「そんな事書いたらあかんで」
と私がターゲットとして名前を書きこんだ一人が、
そんな事を言っているのを見ても 
気になっているのように感じてしまうところです  

とはいっても、このブログを読んでいる人は 
ほとんどいないし 
そこに、本当に作為的なものがあったかどうか 
という事も、わかりにくいので  
結局のところ、
そんな事で騒いで自意識過剰として 
扱われるのが目に見えて明らかで 
なんとも、昔から、 
関係ない第三者には、
それが日本の中のどこかにいる 
Sストーカーのターゲットに対する 
嫌がらせ 
と気づかれないようにやっている現状に 
打つ手はないと感じてしまいます 

ところで 
このSストーカーのいくつもある 
手段の一つに 
Sストーカーを行っている人間がマイクに吹き込んだ 
話やいろいろな人の盗聴会話を 
録音機では録音できない 
電磁波やマイクロ波、超音波や低周波という特殊音波
(電波と総称しています) 
に変換して肉声を放送する嫌がらせがあると見ています
(電波声と総称しています) 

そうしたわけで、もし 
自分の会話が盗聴されて 
電波声で放送されていた場合 
何かしら影響があるだろうと 
殺人、自殺、猥褻行為を促すことを 
人の少ないところや  
家で言っていたりします 

もし影響があったとしても 
盗聴して電波声で放送する方が悪いわけで 
私には一切罪悪感もなく 
先々週書いたものには 
人間狩をしよう 
銃で人を殺そう 
という事を言っていたと書いています 

ブログで書いた次の日に 
ヤクザが射殺事件を起こし 
また、警察官も女性を射殺するという 
事が起こりました 

ブログに書いたすぐあとに 
タイミングよく起こっていることから 
盗聴した会話を電波声で放送しているのではなく 
ブログに書いた事をさせているのではないのか?
と感じたところです 

しかし、このブログ 
楽天ブログと違い更新履歴が自分で設定できるので 
事件が起こった後に書き直しているのではないのか?
といわれてしまえば、それまでであるので 
こうした事を書くのも、どうかと思いましたが  
(実際に、後で読みなおして、
 文法がおかしいと感じたところや 
 誤字脱字、固有名詞の間違いなど 
 訂正しているし)
 
とりあえず、そうした事があったので 
書いてみることにしました 

あと、
趣味という名目で楽天でかいているブログ 
があるのですが 
7月9日に 
原子力発電所や放射線産業廃棄物 
から放射能が漏れたらどうなるんだ?
という内容のものを書いています 

すると
北海道の建設中の原子力発電所を 
放火する事件がおこりました 

Sストーカーの連中のなかで 
この話を読んで面白がってやってみたのがいるのか 
それとも、電波声でマインドコントロールされて 
そうした行動を無意識にやったやつがいるのかは 
知りませんが 
奇妙な偶然を感じてしまうところです 


この2週間で 
ほかにも歌舞伎町のビル火災などについても 
書きたいことがあるのですが 
なにぶん、インターネットストーカー 
による嫌がらせを受けるのがいやで 
ネットカフェでブログ書いている状態で 
時間とお金がもったいないから 
このあたりでやめておきます 
 
テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ
| BLOG TOP |
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。