ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年01月の記事一覧
≪12month
This 2008.01 Month All
02month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競馬で稼げる方法  
2008.01.30.Wed / 23:48 
1988年、イギリスのアスコット競馬場での話   
望遠鏡の中に指向性の超音波を発する機械を取り付けて 
馬に照射したところ、驚いた馬が走るのを止め 
騎手が落馬すると言う事が起こったそうだ 

犯人達は、かなり高額な金額を当てたようなのだが 
裁判沙汰になり、結果その後どうなったのか分からない 
しかし 
望遠鏡にそんなもんが仕込まれているなんて 
よくわかったもんだ  

海外では、可聴域以外の音声をつかった 
催眠暗示や、精神錯乱等 
軍事的に開発研究していて 
警鐘を促す研究者もいるそうだ 
そんな事から、それらを悪用した犯罪については 
敏感と思われ、
そんな事から、犯人逮捕に繋がったんだろうか?

これ、日本でやったらどうだろう?
日本では、可聴域以外の音声の危険性について 
触れている機関が少ない 
そんな事から、イギリスと違って 
バレないんじゃないのか?
と思ってしまう  

でも超音波では、アスコット競馬場での事があるから、
バレたら、それ相応の刑罰に処されそうだ 
けれど、これ、
日本では、どんな違法行為に当たるんだろう?
違法電波に触れる程度のものなら 
(無線でもないのに、電波法に触れるのか?)
大した事にはならないと思うので、試す価値あるかも 
ただ・・・詐欺罪とかにあたるとなると  
ちょっと控えた方がいいかもしれない  

けれど前例がある超音波以外の物で 
試してみた場合どうかな?
と思ってしまう 
電磁波では一応、
地殻震動で起こる電磁波を動物が察知するとは 
言われているけれど  
馬が足を止めたり、驚いたり 
そう言うところまでの研究結果は出ていないはず 
(今はどうか知らないので自分で調べて見て下さい)
なので
同じ様に影響が出るとしたら 
まだ、確実にそうした影響が出る 
と言えない電磁波でやっても 
反論出来そうだ 
案外、上手い事出切るかもしれない  
と考えてしまう 

理工学系の頭のいい人達は、
ぜひやってみては如何でしょう? 
大学生活エンジョイ出来るかもしれないですよ?

スポンサーサイト
テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:株式・投資・マネー
創価学会にCIAと同じ組織があるの? 
2008.01.27.Sun / 23:34 
CIAの洗脳技術と同じ物で、
「人間革命」
ってのが、簡単に出来そうだ 

何時頃からこうした話がネットの掲示板で書かれるように 
なったのかは知らないけれど 
履歴たどると、少なくとも、2000年頃から 
こうした話がいくつか出てくる

自分の体験では、1995年以降 
「オウム」や「人殺し」
という誹謗中傷を囁かれはじめ 
一人暮らししだしても 
何かにずっと後つけられている感じしていて 
自分がパーマ掛けると、指名手配写真の
菊池直子もパーマをかけたモンタージュになったり 
した事から、警察官がそうした事をしているのかとも 
思ったが、
「まさか其処まで」 
と気にしない様にしていた 

4年程して実家に戻って更に酷くなったので 
学生時代の同級生らが言いふらしていると
思いきや 
八潮団地内の創価学会の地域自治会役員らが 
どうもこそこそしている 
そんな事から、創価学会絡みとわかったのだが 
ここまでとは、驚きだ 

そうした体験があるから 
ネット上の創価学会にまつわる 
嘘か本当か分からない 
こんな話も、自分に取っては真実味があったりする 

それで、最近、突然、拝みだすひとがいるのは  
こうした背景があっての事でしょうか?
(マリックも不自然に両手をあわせていたし) 
 
それで、
創価学会の嫌がらせについての内容は、
他のサイトから、そのまま抜粋して来てしまいました  
テレビ業界関係者は、
もう、とっくの昔に知っているとは思いますが 
ところで、こうした事をいうと 
創価学会関係者の中には
「そんな事はない」
「知らない」
という人がいるのだけれど 
これは、演技か?
それとも、本当に、そうした事を知らないんだろうか?
(でも八潮の創価学会みていると、明らかに 
 どこかコソコソしてたんだよな
 内輪でひそひそ話とか 
 結局証拠とれなかったけれど)

<略>
◆政治面より◆

●批判的な国会議員・ジャーナリスト等に対しての尾行・監視・隠し撮りに関しては、
 96年4月の衆議院予算委員会で白川勝彦議員により質問された事実がある。

●嫌がらせについては、関晴正衆院議員により93年の国会で取り上げられた事もある。

●敵対視されている共産党への選挙妨害は露骨に行われ、
 品性のカケラも無い中傷は有名であり、
 党内では「集団ストーカー」的な行動も知られている。

●以前 民主党元委員長管氏への選挙戦での妨害が取り上げられたが、
 2004年民主党内に、対創価プロジェクトチームが結成された。
 (主に公明党の政教分離関連)

●創価学会批判をした政治家や著名人は、殆どの方が嫌がらせを経験しており、
 失脚するケースも多い。 問題を指摘した代議士が落選等で議席を失う事を、
 創価学会内では「滅びる」と言う。
(白川勝彦氏・塚本三郎氏・村上正邦氏・自見庄三郎氏・
 小林興起氏・西村慎吾氏・永田寿康氏・他)

●政治家を巻き込んだ、言論弾圧・出版妨害事件も複数起こしている。
 この際、民社党 塚本三郎氏が嫌がらせや脅迫を受けながらも、
 池田大作会長(当時)喚問を要求したが退けられた。(1970年)
(ジャーナリストの藤原弘達氏・内藤国夫氏・遠藤欣之助氏等による、
 創価学会糾弾も行われた)

●同じ1970年、民社党 春日一幸氏は「質問主意書」を三回も提出するなど、
 公明党の政教分離問題に関して非常に熱意ある取り組みをし、
 民主主義政治への警鐘を鳴らした。
 ここでの指摘は的確で素晴らしいが、残念ながら懸念は見事に的中しつつある。

●公明党は、参院「法務委員長」のポストを40年間独占している。
また東京都議会の「警察・消防委員会」のポストも40年以上に渡り独占している。

                

◆反社会行為の数々と国内での状況◆
●反社会行為の例として、盗聴(内部告発では盗聴教団という呼び名も使われる)・
 写真偽造・公務員によるプライバシー侵害・住居不法侵入・尾行・デマの流布・
 脅し・いたずら電話・車のタイヤやブレーキの破壊・買収・
 動物や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。

これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。
24時間連日、民家を監視するなどの行為も知られている。

●SCIAという、米国のCIAを真似た組織を作っている。
●海外でも数年に渡り、尾行や嫌がらせ行為を受けた例が報告されている。
 (ジャーナリストに対しても)

●日常的に地域の一般家庭の家族構成・親族関係・職業・家計の状態・
 支持政党等のあらゆるプライベートデータを集めファイル化する行為を、
 末端の学会員までが古くから行っており、そのプライベートデータは学会員内で共有される。
 なお学会員のデータは「カード」に記載され、転居先へと受け継がれるという。

●組織の中に、末端の学会員にはあまり知られない「広宣部」
 (ヴィクトリーグループ・嫌がらせ部隊を含む)、
 「伸一会」「第一警備」などの秘密組織があり、
 主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集、そして攻撃を請け負う。

その他にも、「パトリオットミサイルチーム」(郵便物の回収作業班)
「特攻野郎Sチーム」(男子部の特殊潜行活動班)
「FOCUSチーム」(批判者の悪行を暴くネタ取材班)
「十羅刹女チーム」(婦人部の電話抗議チーム)、他多数のグループが存在する。

●古くから学会員による犯罪は非常に多く発生しているが、
 自分達の大きな犯罪が暴かれ不利な立場になると裁判の証拠捏造や、
 担当の警察官・裁判関係者を自分達の仲間でかためる行為に及び、
 真実が解明されないままの裁判例も多々出てきている。
(例として、東村山市市議の怪死事件等複数あり。)

また創価学会や公明党議員が嫌疑をかけられた重大事件も複数報告されている。

●以前から創価学会員による犯罪は、とても数多く報告されている。
 最近では「NTTドコモ」「ヤフーBB」等の情報流出事件も、
 複数の創価学会関係者が関与したものであるが
 踏み込んだ解明や報道がなされていない。

●学会員を、政治・司法・警察・自衛隊・宮内庁・公務員・マスコミ・
 大手企業・自治体・など、あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、
 最終的には日本を支配するという計画を「総体革命」と呼び実行している。
 だが独裁者池田氏を祭り上げた後の、政治的な施策は皆無に等しい。
 しかし笑い事ではなく、この計画は着実に進んでいると思われる。
(書籍によっては現在警察官の約3割が学会支持者であるという記載もある。
 外務省への浸透も深刻であるという。)

なお2007年現在、創価大学卒業生の教員採用試験合格者が累計で
5000人を超えたという、非常に憂慮すべき情報もある。

●マスコミへの圧力も相当なものがあり、
 NHKでさえ批判番組の直前取り消しが行われたという話もある。
 フランスやイギリス等ではTV放送で、
 この宗教団体をセクト集団として特集までしているのに、
 肝心な日本では、その番組を放送する事さえできずにいる。
(業界では「鶴のタブー」と言われ 、特に毎日新聞・TBSは結び付きが強いという。)

●1991年日蓮正宗から破門された経緯があり、
 その後日顕法主へ続く嫌がらせは凄まじいものである。

●意見の対立する団体や個人に対する訴訟数が極めて多い。(8割が敗訴)
訴訟数の多さは、カルトの条件の一つにも挙げられている。

◆海外では◆

●フランスでは、はっきりセクト(カルト)指定されている集団である。
 その条件は、反社会的な教説・公秩序の撹乱・裁判沙汰の多さ・
 公権力への浸透の試み・子供の囲い込み、などである。
(他にはオーストリア・チリ・ベルギー)

●海外組織として「創価学会インターナショナル」(SGI)がある。
 (公称百数十カ国)

●パリに本部を持つ「国際ジャーナリスト団体」の2003年度報告の告発にも
「創価学会セクト」関連の記載がある。(日本のジャーナリスト等に対しての行為)

●フランス・イギリス・韓国では、深刻な問題を指摘したTV番組が放送された。

◆その他◆

●一般人を勧誘する際に「創価学会」という組織名を出さずに、
 タレントの話題で興味を引いたり、
 コンサートに誘ったりという手口も多く聞かれる。

また学会員のタレントは「芸術部」に所属しており、
メディアへの出演頻度が他のタレントに比べて、
際立って高いという印象が持たれる。

(久本雅美・柴田理恵・長井秀和・滝沢秀明・上戸彩・石原さとみ・はなわ・山田花子・Def Tech・三船 美佳・高橋ジョージ・岸本加世子・彦摩呂・氷川きよし・パパイヤ鈴木・泉ピン子・原日出子・AI・相田翔子・研ナオコ・ 山本リンダ・中居正広・香取慎吾・浜崎あゆみ・加藤茶・原口あきまさ・エレキコミック・モンキッキー・オーランドブルーム<英>・等。

サッカー界では、中村俊輔・羽生直剛・瀬戸春樹・森本貴幸・川口伸男・長谷川健太・福田健二・中村北斗・大久保裕樹・ロベルト・バッジオ・等。
野球では、岩隈久志・矢野輝弘・野間口貴彦・内海哲也・佐藤宏志・中村隼人・等 。
角界では、水戸泉<現 錦戸親方>・等。
「2005年 週刊現代・週刊文春他より抜粋」)


「池田大作 金脈の研究」(野田峯雄著)によると、警視庁の場合、4万人のうちの7?8%=約3000人が学会員だといいます。全国の警察官約25万人にこの7?8%をあてはめると、学会員警察官は約1万9千人にのぼります。今から6年前のデータです。自らは絶対善。批判者は悪。批判に対するに言論ではなく封殺・圧殺をもってする。自らの組織にとって好ましからざる人物を尾行し、追いかけ回し、嫌がらせをする。「本当は全体主義が一番理想の形態」であることを公言して憚らない宗教団体が、深く静かに日本の中枢へ潜行していたのです。

諜報・謀略活動について、以下「シンジケートとしての創価学会=公明党」(古川利明著)より簡単に要約してみます。学会版秘密警察・SCIAの仕事は二つ。スパイ潜入・盗聴・裏工作といった非合法活動で外敵をターゲットとするもの。組織の内部を引き締めて学会内部の治安を維持するもの。この二つの機能が絡み合う形でSCIAが機能しているといいます。以下、学会内情報機関の過去の経緯を簡単にみてみます。

オモテとウラの情報を一手にコントロールするために1954年3月に情報部を設置。これを同年12月に渉外部へ吸収。表向きの仕事はマスコミ対策だった。池田の第三代会長就任に伴って、1960年9月に渉外部を渉外局へ格上げ。渉外一局・同二局が表向きの広報の仕事を担当。渉外三局が水面下の諜報活動。言論出版妨害事件を機に、広報室の下に渉外局を再編成。渉外三局は組織内の草として、問題発生時にチームを編成。60年の渉外局設置と同時にこの裏方として連絡局を設置。当初は諜報機関としスタートしたものだが、言論出版妨害事件を機に内部の学会員に関する情報管理へシフトしていく。いわゆる監察室の機能。内部のスキャンダルはここで処理されるそうです。
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
創価学会にCIAtoonajisosikiga  
2008.01.27.Sun / 23:33 
CIAの洗脳技術と同じ物で、
「人間革命」
ってのが、簡単に出来そうだ 

何時頃からこうした話がネットの掲示板で書かれるように 
なったのかは知らないけれど 
履歴たどると、少なくとも、2000年頃から 
こうした話がいくつか出てくる

自分の体験では、1995年以降 
「オウム」や「人殺し」
という誹謗中傷を囁かれはじめ 
一人暮らししだしても 
何かにずっと後つけられている感じしていて 
自分がパーマ掛けると、指名手配写真の
菊池直子もパーマをかけたモンタージュになったり 
した事から、警察官がそうした事をしているのかとも 
思ったが、
「まさか其処まで」 
と気にしない様にしていた 

4年程して実家に戻って更に酷くなったので 
学生時代の同級生らが言いふらしていると
思いきや 
八潮団地内の創価学会の地域自治会役員らが 
どうもこそこそしている 
そんな事から、創価学会絡みとわかったのだが 
ここまでとは、驚きだ 

そうした体験があるから 
ネット上の創価学会にまつわる 
嘘か本当か分からない 
こんな話も、自分に取っては真実味があったりする 

それで、最近、突然、拝みだすひとがいるのは  
こうした背景があっての事でしょうか?
(マリックも不自然に両手をあわせていたし) 
 
それで、
創価学会の嫌がらせについての内容は、
他のサイトから、そのまま抜粋して来てしまいました  
テレビ業界関係者は、
もう、とっくの昔に知っているとは思いますが 
ところで、こうした事をいうと 
創価学会関係者の中には
「そんな事はない」
「知らない」
という人がいるのだけれど 
これは、演技か?
それとも、本当に、そうした事を知らないんだろうか?
(でも八潮の創価学会みていると、明らかに 
 どこかコソコソしてたんだよな
 内輪でひそひそ話とか 
 結局証拠とれなかったけれど)

<略>
◆政治面より◆

●批判的な国会議員・ジャーナリスト等に対しての尾行・監視・隠し撮りに関しては、
 96年4月の衆議院予算委員会で白川勝彦議員により質問された事実がある。

●嫌がらせについては、関晴正衆院議員により93年の国会で取り上げられた事もある。

●敵対視されている共産党への選挙妨害は露骨に行われ、
 品性のカケラも無い中傷は有名であり、
 党内では「集団ストーカー」的な行動も知られている。

●以前 民主党元委員長管氏への選挙戦での妨害が取り上げられたが、
 2004年民主党内に、対創価プロジェクトチームが結成された。
 (主に公明党の政教分離関連)

●創価学会批判をした政治家や著名人は、殆どの方が嫌がらせを経験しており、
 失脚するケースも多い。 問題を指摘した代議士が落選等で議席を失う事を、
 創価学会内では「滅びる」と言う。
(白川勝彦氏・塚本三郎氏・村上正邦氏・自見庄三郎氏・
 小林興起氏・西村慎吾氏・永田寿康氏・他)

●政治家を巻き込んだ、言論弾圧・出版妨害事件も複数起こしている。
 この際、民社党 塚本三郎氏が嫌がらせや脅迫を受けながらも、
 池田大作会長(当時)喚問を要求したが退けられた。(1970年)
(ジャーナリストの藤原弘達氏・内藤国夫氏・遠藤欣之助氏等による、
 創価学会糾弾も行われた)

●同じ1970年、民社党 春日一幸氏は「質問主意書」を三回も提出するなど、
 公明党の政教分離問題に関して非常に熱意ある取り組みをし、
 民主主義政治への警鐘を鳴らした。
 ここでの指摘は的確で素晴らしいが、残念ながら懸念は見事に的中しつつある。

●公明党は、参院「法務委員長」のポストを40年間独占している。
また東京都議会の「警察・消防委員会」のポストも40年以上に渡り独占している。

                

◆反社会行為の数々と国内での状況◆
●反社会行為の例として、盗聴(内部告発では盗聴教団という呼び名も使われる)・
 写真偽造・公務員によるプライバシー侵害・住居不法侵入・尾行・デマの流布・
 脅し・いたずら電話・車のタイヤやブレーキの破壊・買収・
 動物や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。

これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。
24時間連日、民家を監視するなどの行為も知られている。

●SCIAという、米国のCIAを真似た組織を作っている。
●海外でも数年に渡り、尾行や嫌がらせ行為を受けた例が報告されている。
 (ジャーナリストに対しても)

●日常的に地域の一般家庭の家族構成・親族関係・職業・家計の状態・
 支持政党等のあらゆるプライベートデータを集めファイル化する行為を、
 末端の学会員までが古くから行っており、そのプライベートデータは学会員内で共有される。
 なお学会員のデータは「カード」に記載され、転居先へと受け継がれるという。

●組織の中に、末端の学会員にはあまり知られない「広宣部」
 (ヴィクトリーグループ・嫌がらせ部隊を含む)、
 「伸一会」「第一警備」などの秘密組織があり、
 主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集、そして攻撃を請け負う。

その他にも、「パトリオットミサイルチーム」(郵便物の回収作業班)
「特攻野郎Sチーム」(男子部の特殊潜行活動班)
「FOCUSチーム」(批判者の悪行を暴くネタ取材班)
「十羅刹女チーム」(婦人部の電話抗議チーム)、他多数のグループが存在する。

●古くから学会員による犯罪は非常に多く発生しているが、
 自分達の大きな犯罪が暴かれ不利な立場になると裁判の証拠捏造や、
 担当の警察官・裁判関係者を自分達の仲間でかためる行為に及び、
 真実が解明されないままの裁判例も多々出てきている。
(例として、東村山市市議の怪死事件等複数あり。)

また創価学会や公明党議員が嫌疑をかけられた重大事件も複数報告されている。

●以前から創価学会員による犯罪は、とても数多く報告されている。
 最近では「NTTドコモ」「ヤフーBB」等の情報流出事件も、
 複数の創価学会関係者が関与したものであるが
 踏み込んだ解明や報道がなされていない。

●学会員を、政治・司法・警察・自衛隊・宮内庁・公務員・マスコミ・
 大手企業・自治体・など、あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、
 最終的には日本を支配するという計画を「総体革命」と呼び実行している。
 だが独裁者池田氏を祭り上げた後の、政治的な施策は皆無に等しい。
 しかし笑い事ではなく、この計画は着実に進んでいると思われる。
(書籍によっては現在警察官の約3割が学会支持者であるという記載もある。
 外務省への浸透も深刻であるという。)

なお2007年現在、創価大学卒業生の教員採用試験合格者が累計で
5000人を超えたという、非常に憂慮すべき情報もある。

●マスコミへの圧力も相当なものがあり、
 NHKでさえ批判番組の直前取り消しが行われたという話もある。
 フランスやイギリス等ではTV放送で、
 この宗教団体をセクト集団として特集までしているのに、
 肝心な日本では、その番組を放送する事さえできずにいる。
(業界では「鶴のタブー」と言われ 、特に毎日新聞・TBSは結び付きが強いという。)

●1991年日蓮正宗から破門された経緯があり、
 その後日顕法主へ続く嫌がらせは凄まじいものである。

●意見の対立する団体や個人に対する訴訟数が極めて多い。(8割が敗訴)
訴訟数の多さは、カルトの条件の一つにも挙げられている。

◆海外では◆

●フランスでは、はっきりセクト(カルト)指定されている集団である。
 その条件は、反社会的な教説・公秩序の撹乱・裁判沙汰の多さ・
 公権力への浸透の試み・子供の囲い込み、などである。
(他にはオーストリア・チリ・ベルギー)

●海外組織として「創価学会インターナショナル」(SGI)がある。
 (公称百数十カ国)

●パリに本部を持つ「国際ジャーナリスト団体」の2003年度報告の告発にも
「創価学会セクト」関連の記載がある。(日本のジャーナリスト等に対しての行為)

●フランス・イギリス・韓国では、深刻な問題を指摘したTV番組が放送された。

◆その他◆

●一般人を勧誘する際に「創価学会」という組織名を出さずに、
 タレントの話題で興味を引いたり、
 コンサートに誘ったりという手口も多く聞かれる。

また学会員のタレントは「芸術部」に所属しており、
メディアへの出演頻度が他のタレントに比べて、
際立って高いという印象が持たれる。

(久本雅美・柴田理恵・長井秀和・滝沢秀明・上戸彩・石原さとみ・はなわ・山田花子・Def Tech・三船 美佳・高橋ジョージ・岸本加世子・彦摩呂・氷川きよし・パパイヤ鈴木・泉ピン子・原日出子・AI・相田翔子・研ナオコ・ 山本リンダ・中居正広・香取慎吾・浜崎あゆみ・加藤茶・原口あきまさ・エレキコミック・モンキッキー・オーランドブルーム<英>・等。

サッカー界では、中村俊輔・羽生直剛・瀬戸春樹・森本貴幸・川口伸男・長谷川健太・福田健二・中村北斗・大久保裕樹・ロベルト・バッジオ・等。
野球では、岩隈久志・矢野輝弘・野間口貴彦・内海哲也・佐藤宏志・中村隼人・等 。
角界では、水戸泉<現 錦戸親方>・等。
「2005年 週刊現代・週刊文春他より抜粋」)


「池田大作 金脈の研究」(野田峯雄著)によると、警視庁の場合、4万人のうちの7?8%=約3000人が学会員だといいます。全国の警察官約25万人にこの7?8%をあてはめると、学会員警察官は約1万9千人にのぼります。今から6年前のデータです。自らは絶対善。批判者は悪。批判に対するに言論ではなく封殺・圧殺をもってする。自らの組織にとって好ましからざる人物を尾行し、追いかけ回し、嫌がらせをする。「本当は全体主義が一番理想の形態」であることを公言して憚らない宗教団体が、深く静かに日本の中枢へ潜行していたのです。

諜報・謀略活動について、以下「シンジケートとしての創価学会=公明党」(古川利明著)より簡単に要約してみます。学会版秘密警察・SCIAの仕事は二つ。スパイ潜入・盗聴・裏工作といった非合法活動で外敵をターゲットとするもの。組織の内部を引き締めて学会内部の治安を維持するもの。この二つの機能が絡み合う形でSCIAが機能しているといいます。以下、学会内情報機関の過去の経緯を簡単にみてみます。

オモテとウラの情報を一手にコントロールするために1954年3月に情報部を設置。これを同年12月に渉外部へ吸収。表向きの仕事はマスコミ対策だった。池田の第三代会長就任に伴って、1960年9月に渉外部を渉外局へ格上げ。渉外一局・同二局が表向きの広報の仕事を担当。渉外三局が水面下の諜報活動。言論出版妨害事件を機に、広報室の下に渉外局を再編成。渉外三局は組織内の草として、問題発生時にチームを編成。60年の渉外局設置と同時にこの裏方として連絡局を設置。当初は諜報機関としスタートしたものだが、言論出版妨害事件を機に内部の学会員に関する情報管理へシフトしていく。いわゆる監察室の機能。内部のスキャンダルはここで処理されるそうです。
イチローは、そんなにお金持っていないと思う 
2008.01.22.Tue / 23:20 
「一日独裁者になって、苦しむ人を救いたい」
「苦しむ人救う「一日独裁者」 主婦(宮城県柴田町52歳)
と言う投稿が 
朝日新聞の「声」の欄で掲載されたと言う話だ  

その文中に、
苦しむ人の救済に、異論を唱える 
側近が、「国庫にゆとりがない」と抵抗する 
すると独裁者はにこり
「友人のビル・ゲイツとイチロー、松坂、
 トヨタ自動車の渡辺社長に連絡してください。
 みなさん困っている人の役に立ちたくて 
うずうずしています」・・・
という物がある  

この文章読むと、
「金持ちは資金支援しろ」 
と言わんがばかり 

でも・・・
ちょっと待って
と思ってしまう 
ビルゲイツ、総資産6兆7800万円
イチロー、4億円
(4億円とは、マリナーズの資産総額4億ドル 
 約530億円と間違って書いてしまいました 
 イチロー選手の総資産は分からなかったのですが 
 とりあえず
 マリナーズの5年契約の100億8000万円
 をとりあえず、総資産として書きます)
(他は調べるのが面倒だった)

確かにイチローは、
私たちの目から見て、庶民よりはお金持ちだけれど、
世界的規模から見ると 
そんなに対して資産を持っているとは思えない  
そんな人にたかるの? 
と感じた  

イチローにたかるのだったら 
宗教法人から税をとったらどうなんだろう?
と思ってしまう 
特に、創価学会池田会長はスイスに
一兆円の隠し資産があると言う話で 
(株を動かす為の運用資金と言う話もある)
創価学会全体としてみると、
資産10兆円はくだらないという事だ 

創価学会全体で見たら 
ビルゲイツより資産ある 

なんで、ここに池田大作氏の名前が出なかったのか 
不思議に感じてしまう 
そこから 
この言葉を掲載した朝日新聞社の人も、
投稿した主婦も創価学会なのだろうか?
と思ってしまう 
もし、そうだったとしたら 
創価学会母体の公明党と言う政権を持ちながら 
その責任は問わず 
創価学会以外の人に、
国庫の赤字を全部責任押し付けようとしてる 
雰囲気がある様に感じ、代も末だ 
と思ってしまう 

これからの、全世界は、本当にこうなりそうだ 

池田の元側近だったLisa Jonesと言う人の
 学会批判のウェブサイト「SokaCult.com」にかかれた言葉
 信者といえば
「自分自身の夢ではなく、(池田の)夢を実現しなければならない」
「彼の夢は広宣流布であり、または学会員が言う“世界平和”であり、
 これは世界の3分の1が経を唱え、3分の1が池田を祝福し、
 3分の1が無関心という時に実現するだろう。」 

近い将来これが現実の物になりそうだ
(なっているか)
 
あと、これが朝日新聞に掲載された文章です

「一日独裁者になって、苦しむ人を救いたい」
「苦しむ人救う「一日独裁者」 
主婦(宮城県柴田町52歳)
「独裁者になりたいよ?」 テレビでニュースを見ていると、
つい叫んでしまう。
そんな私が2008年、
ついに念願の「一日独裁者」になりました。
仕事場をのぞいてみましょう。
「薬害肝炎は一律救済の芽はでてきましたが、
原爆症の方々にも同様の措置をとりなさい」
「中国残留孤児の方々は誤った国策の犠牲者。
裁判なしで、急いで救済しなさい」
「おにぎりが食べたいという遺書は哀れすぎる。
生活苦から保護を求める人には給付しなさい」
「年金記録照合に何年もかかる?フリーターを 
たくさん雇い手伝ってもらいなさい」
「拉致被害者ご家族の辛い思いが長すぎる。
独裁者会談をして、私が全員連れ帰る。
日本の強制連行の賠償が先だって言われる?
じゃ、お金をたくさん用意して」

 側近たちは「国庫にゆとりがありません」と抵抗します。
でも独裁者はにこり、
「友人のビル・ゲイツとイチロー、松坂、
トヨタ自動車の渡辺社長に連絡してください。
みなさん困っている人の役に立ちたくてうずうずしています」
 さて2008年、
苦しむ人を見捨てない政治家が現れることを願っています。
(一部略)
 ※2008.01.01朝日新聞「声」欄より

ところで、
”宗教法人からも税を取るべき”
と主張した 
朝木県議員は、創価学会の攻撃にあい 
自殺しています 
(殺されたと言う話もある)
そう言うところから、自民も、民主も、その事だけは 
絶対に口に出さない 
また、公明党の議院も 
「田中角栄尊敬している」
  (尊敬しているではありませんでした 
  池田氏がいるのに
 「自分の師匠は小沢一郎である」
 と発言した新進党内部の公明党系議員
 東洋三がいて非難されたらしい  
 高木議員?も
 田中角栄を師と仰いだ事なかったっけ?) 

そんな事いっても 
撒かれる物には撒かれろ 
郷にいらずんば豪に従え 
と言う言葉通り 
当たり障りなくつき合ってけば、それ相当の 
信者の人材ネットワークの恩恵にあやかって 
自分も得すると言う構図が出来ていたりするようだ 

それでも、やっぱり、創価学会信者でない人は 
いつかどこかで 
捨て駒的 
扱いをされる事は念頭に置いておいた方がいいと思われます 
テーマ:経済ニュース - ジャンル:ニュース
戸越銀座の通り魔の少年  
2008.01.20.Sun / 02:12 
かなり、間を飛ばしますが 
1月19日の帰りに
”アエラ” 
と言う雑誌を立ち読みすると 
”品川の通り魔事件”
について書かれていて、
読むと私立中学校に受かり優秀だったらしい 

いじめが原因で、折角入った私立中学校を退学し 
公立中学校に転校 
其処でもなじめず、孤立していったと言う話だ 

ところで、余談になりますが
以前のバイト先では 
こんな話を聞いた事がある 
30過ぎの主婦の昔話で 
何でも、中学校時代に、カッコいい 
野球少年がいたそうだ 
それで
人より優れていた為に、同級生から嫉妬されて、
いじめられ、野球部も辞めてしまい、
半年位で、
「こんなになっちゃうの?」
と言う位、暗くジメッとした別人になってしまった 
そうだ 

何処にでもある、こんな話 
最近、どうにも、こうした話を聞くと 
創価学会ではない人間がターゲットにされている 
と感じてしまう 

戸越銀座の通り魔事件の少年も 
多分、創価学会じゃないと感じるところだ 

ところで、この事件の背景では  
少年がいじめが原因として語っているのに  
”いじめはなかった”
と言う周囲の人の反応ばかり書かれている  
けれど、yahoo、産經新聞の 
このニュースの見出しには 
”無表情、薄気味悪い少年”
と書かれていて、
この事件の時に、そうした、印象を受けたのなら 
実生活の中でも、同じ様に感じた人がいると思われ、 
陰口叩かれていたのではないか?
と推測されて 
周辺住人が口裏あわせて隠しているんじゃないの?
と思ってしまう 

ところで、私も、10年以上前から 
「オウム」や「人殺し」等の誹謗中傷に悩んでいます 
こうした誹謗中傷を言いふらしている人間ってのは 
大抵、名誉毀損等で訴えられるのが嫌で 
本当の事なんか言ったりしない 
人間って奇麗事をどんなに言っても、こんなもん 
しかも、自分たちに関わりない人間であればある程 
面白くてたまらないらしい 
自分は自分も含めてだから、奇麗事は言わないけれど   
奇麗事を正論の様に言う奴程、
当たり前のように言う奴程 
こうした傾向が強いので 
厄介だ 

そんなわけで、しらばっくれるのは目に見えていたので、
誰にも相談しないで、先に証拠を取っておこうと 
かなり無理したことがある 
(文句や相談なんてしたら、証拠が取られない様に 
 構えられ、警戒されて、
 ますます取り難くなるので、そうなる前に 
 先に取っておきたかったのだが 
 何でか、こちらの動きがよくわかるらしく 
 決定的証拠が取れなかった 今もだ)
ところが証拠取る前にバレちゃって 
警察官まで呼ばれる始末 (2000の話)
それでも、弁護士会に行ったり 
水上警察に行ったり 
人権擁護団体に行っても、軽くあしらわれるので 
これは、誰も聞く耳持たないんだろうと痛感し
街で騒いでみた事とかある
(それだけが理由じゃないのだが)

それで、こうした行動をすれば
絶対に、変な噂が流れるはずで、
酒の肴になるような話をたくさん提供していて
噂が確実にある 
という状態を作ったのに  
去年、八潮団地の祭りに行った時に聞いてみても  
口を割らない 
それどころか、こうした事をブログに書いている 
のを意識してか 
やけに、親しげに手を振られたり 
飲み物貰ったりする 
”ただより怖い物はない” 
と言うけれど 
本当に、また何言われるのかわからない  
後で、別の人に言われた分のお金払ったけれど 
それでも、影で何言っているのか解りゃしない 
特に、八潮団地は、創価学会が多いので 
信者で繋がっているから、余計だ 
そう言う事を見ていると 
「噂はない」
という言葉が信じられないし 
10年以上前から私に対する誹謗中傷が 
絶対あったに違いない 
と確信してしまう 

それでも、口裏あわせて言いふらす人間が多い程 
多勢に無勢で、こちらの言い分は通るはずもなく 
そんなもんだと痛感した

自分の、こうした体験があるので 
戸越銀座の通り魔事件の少年も同じ様な 
状態だったに違いないと思ってしまうところだ 

それに、2006年に何度か戸越銀座に行った際 
消防車が赤灯つけてウロウロしていたり 
自転車に乗っている人間の中に 
カメラで撮影してきたのもいるので 
この辺り周辺でも創価学会の嫌がらせがあると感じていた 
今回の一件で、創価学会に以外の奴は 
優劣関係なく、標的になる  
と言う事が、よくわかった 

この少年も、創価学会に入っていれば 
多分そんな事にならなかったのに、 
と感じる次第だ 

ところで、2006年に戸越銀座を散策した件について
書いた日記は  
googleで 
「戸越銀座 消防車 ブログ 八潮団地」
と検索すれば出てくるのだが 
キャッシュを見ると、題名部分は表示されるのに 
日記の文字だけが全部消されて表示された 
2007年12月の12日14日29日にキャッシュされた様なのだが 
何で文字が消された状態でキャッシュされていのか  
意味不明 
こんな事、他の人にもあるんだろうか? 
誰がキャッシュで残しているんだ? 
これが分かれば、嫌がらせしている人間に一歩 
近づきそうなのだが 
ネット上での、不正アクセスなんて 
解決する事ほとんどない 
と言うので 
キャッシュを誰が残したか? 
なんて、もっとわからなさそうだ 
諦めもモード 
しかし 
創価学会による嫌がらせについての真実味を消したい奴らは 
日記に、嫌がらせの内容を書いていて  
類似する事件が起こったりすると 
事件が起こった後に、
便乗して書いている様に見せたいようで 
すぐにキャッシュを更新したりする 
検索出来ない様にしたりする  
ところが 
事件が起こる前にキャッシュされている物なのに 
文字が出てこないので(写真は出てくる) 
よほど、嫌がらせをしてくる連中の、立場を悪くなる様な 
日記を書いていたらしい 
(それとも写真だけが欲しいのだろうか?
 テクノロジー犯罪被害者ネットワークの中に、公安警察が 
 犯人と言う奴がいて、そう言うのほしがっていそうだったし 
 怪しいところだ)

あと、先ほど書いている通り 
このブログで、こうした事を書くと、  
すぐに、情報が消されてしまうので 
こんな事かいたら  
この検索で表示されている見出し自体も消されそうだ 

あと、このブログでは以前から 
創価学会の嫌がらせの中に 
電磁波や、マイクロ波、超音波や低周波 
を照射して精神的に苦しめる嫌がらせがあると 
書いています 
嘘くさいと思われても 
2003年のアメリカの研究によると 
超低周波については、突然、悲しくなったり、
泣きたくなったりと鬱になるらしい 
一応科学的裏付けはあるもののようだ 

それで、それを使っての嫌がらせを実際にできるのか?
と言うと
一般人がそんな機械持つのに、
いくらかかるか分からないし 
下手をすれば自分に照射してしまう事にもなる 
玄人に頼めばよいのだが 
といけば、早々見つかるわけなく、
協力してくれるかどうかも分からない
(闇サイトに頼めばいいのか?)

そうした、玄人を知っているのと言えば 
テレビ関係者は人の繋がりと情報が命の仕事だろうから 
詳しそうで、
さらに創価学会と言う繋がりだったら 
余計手っ取り早く協力者得られそうだ 
しかも、創価学会と言えば 
警察官とも繋がりがあり(神崎代表が検察官だったし)
更に、こうした事をしてもバレずに出来そう 

今回の
”戸越銀座の通り魔事件”
が起こった後の 、
深夜番組で、
ハリセンボンとギャル曽根が戸越銀座商店街で食料を 
調達している物が放送された 
(その時に、集団、組織的ストーカーの噂を知っているようで 
 店員の中に顔を引きつらせているのがいた) 
そんな事から 
テレビ関係者に、電磁波やマイクロ波、
超音波や低周波の精神に作用する電波や音波を 
放送する機械でもつけられたんじゃないの?
と思って
この事件意図的に起こされたように
感じてしまう 


あと、もう一つ最後に書くと 
”アエラ” 
と言う雑誌に書かれた、
この事件の締めくくりに 
少年が最後に 
「助けて」
と叫んでいたと言う事が書かれている 
明らかに、悲壮感を漂わす様に 
少年を擁護するかの様にかかれた、この言葉でありますが 
常々、マスコミが話題が無くなったら 
電波照射で人を精神的に追い込んで事件を起こさせていると 
感じている私に取っては 
少年が
「助けて」
なんて叫んでいたって、マスコミは 
面白がっていたんじゃないのか? 
(もしくは”そう思っているんでしょ?”)
と思ってしまう 

よっぽど、
”いい金づるだった”
”他人が殺されなくてまあまあ、話題性のある 
 面白い事件だった”
とでも書いたらどうかな?
と思ってしまう 
何れが本音でしょうし 

その後、通り魔事件が青森でも起こったけれど 
”家族だけが犠牲になってくれて、いい事件だ”
とでも本当は思っているんじゃないの?
って感じるし 
去年もそうだったけれど、 
こう、類似事件が立て続けに起こると 
やっぱり、電波でマインドコントロールされて 
事件は起こる 
としか考えられないところだ 

あと、
去年の11月下旬から、12月頭にかけて 
東京メトロでやけに人身事故が多くなった 
地下鉄で、人身事故なんてあまり聞いた事が 
なかったのに、私が使いだしてから、
立て続けに起こったので 
自分の周辺に電波照射の嫌がらせが行われている私としては 
この電波の照射範囲に入った人が影響を受けて 
自殺したのだろうか? 
と思ったが、自分が使わない路線でも 
人身事故を起こしていた 
そうした事が、ちょっと気になっていたら  
タモリクラブで 
”東京メトロ” 
の特集を2夜にわたって放送していた 
(2007年の12月7日に後編が放送されている)

そんな事から、東京メトロにも
創価学会と、お友達の、テレビ業界関係者が 
特殊な音波や電波照射して精神錯乱させる様な 
機械を設置したのでは 
と感じたのだけれど 
この線使っている人の中で 
去年の終わり頃から 
(11月下旬から放送だから10月下旬から 
11月初旬には撮影していたんだろうか)
何となく気分が鬱になったり、体調がおかしくなった 
(心拍数、血圧の増加 嘔吐、偏頭痛等)
と言う人とかいるんだろうか? 
気になるところだ 
ヤッターマン主題歌でもめたらしいね  
2008.01.16.Wed / 01:30 
NHKの
”おじゃるまる”
の原案者の自殺のときに 
多分書いていると思いますが 

最近のクリエーティブの人達には 
創価学会員が多く、自分達の思った通りにしないと 
絶対に気が済まないと言う風潮があるのではないのか?
そんな事を、もう、随分昔から思っています 
(今思うと、キューティハニーFが放送した辺りから 
 こうした雰囲気が合ったのではないか?
 と見てしまう)

それで、それに反対しようものなら 
たくさんいる信者を使い軽い嫌がらせを執拗にして来て
精神的に追いつめられる方向にいかされる 
という構図も出来ている様な気配を感じています 

西遊記にしても、あれも全く話し違うし 
内容的にも、ちょっと軽いなぁ 
と思うのだけれど 
あれはあれで、創価学会の視聴者の信者が褒める物だから 
もの凄く対策みたいな雰囲気が世間一般に出来ていたりする 
ように思ってしまう 

海外に置いても、
ダイハード4では突然、脚本が変わり 
主人公が重要参考人と偶然出会い、車に乗り合わす 
という内容に変更になったとかで 
脚本が変わった割には 
あまり評価受けていない気配(日本人以外?) 
ラッシュアワー2 
でもそうした事が行われて本当は違う俳優が 
出演する予定だったのが 
真田広之が抜擢されて 
あまり良い評価受けていないみたいな雰囲気 
(真田広之の実力云々ではなく、何でフランスで  
 日本人マフィア?みたいな) 

巨大な資金力をもっているので 
色々なところにスプンサートして 
顔を出しているのだろうけれど
最近、頼みから創価学会は口出ししないでほしいなぁ 
とつくづく思ってしまう 
(そういや、銀魂と言うアニメで、スポンサーの
 言う通りにしないとまずいからと言うつぶやきが 
 ある回があった まあ、その回DVD化しないのだろうけれど)
世界規模でそうした事が行われている様な気がしてならない 

そう言う事が目につく様になって 
やたらつまらなく感じるのだけれど 
ヤッターマンも 
多分そんな事が起こるだろうと思っていた 

もし、ヤッターマンのリメークが 
創価学会が作った作品だったとしたら  
昔と違い、人間味がどこか欠落していて 
話のやり取りに違和感をうけるような 
そうした物になって行くはずで多いに滑ってくると
おもうので 
(思ったより視聴率が取れない) 
そうなるのか楽しみであります  
(案外、話の節々に、創価学会が気に入らない人間の 
誹謗中傷とか入っていたりして
サブリミナル映像もついでに入っていたら怖いね)

追記 
ところで、こういう事があって 
ハリウット関係者は 
こびた様に両手を合わせて拝む仕草をするんだろうか?
それとも、何かの当てつけや嫌がらせの意味があるのかな?  

あと、去年の12月31日、
”冬コミックマーケット72”
に行った際に
「ゲゲゲの鬼太郎が機械的で、よくわからないよな」
という会話を耳にした 
オタクどもの間でも、最近のリメークでは
話の急な展開や人間味を感じない  
と思っている人がいるのに 
創価学会信者のオタクは、そう言うところ目をつむって 
”創価学会が納得し楽しめればいい” 
という風潮があるようにに受け止められてしまう  
「今風だから」
っていうけれど 
”今風”という言葉の裏に、そうした事があったりして  
 
それほど、マニアでもないし
見なきゃいいだけの事なので、
自分の生活には支障がないから 
別にいいけれどさ  
けれど、本当のところ、今の状況を見て 
それで、本当に納得している人いるの?
テーマ:ヤッターマン - ジャンル:アニメ・コミック
秋葉原ヨドバシで見たSPがテレビに出ている  
2008.01.15.Tue / 19:24 
去年の12月24日に 
秋葉原ヨドバシにいたSPがテレビに出ていました 
ヨドバシであったsp

ヨドバシであったsp
 










(おばさんが通り過ぎた為に 
 もう一人のSPは顔を白く塗りつぶした下の方に 
 手しか映っていませんが)
写真に撮ったときは、白いイヤホンつけているけれど 
写真取る前は黒いイヤホンをつけていて 
私が気がつくと黒いものを外していた 

自意識過剰と言われるかもしれないが 
それ見た時に、
「何を外しているんだろう?」
「もしかして、私を見張っているの?」
と感じたが 
後で 
白いコートの女性を囲む様にいたので 
「気のせいか」
この人をボディガードしているのか 
と思ったのだが 
もしかしたら、これ演技だったんだろうか?

テレビで放送しているのを見て 
秋葉原ヨドバシで最初に見た時そのままの姿に 
もしかしたら、黒いCCDカメラつけていて 
それを外したんじゃないのか?
と思い 
やっぱり、私見張っていたのかなぁ?
と考えてしまう 
(とは言っても、証拠写真ではイヤホンが白い物なので 
 私の見間違いと言われたらそれまでだけれど)
ヨドバシにいたsp

ヨドバシにいたsp










ヨドバシにいたsp

ヨドバシにいたsp








”店頭タブレットに裸婦像描いて店員と喧嘩してみin秋葉原”
の日記でも書いている通り 
写真を撮ったりすると、店員に注意されてしまったりする 
そんなわけで、中々証拠写真を撮っておく 
というのも難しい状態でありますが  
それでも、そうした人の目を気にしないで、
SPが黒いイヤホンをつけていた時に 
撮影しておけば、
黒いイヤホンが本当のところなんだったのか
(多分CCDカメラだろ)
確認出来たのに
と後悔した 

テレビで黒い車も映っていたのだけれど 
同じタイプの車を、ヨドバシを出たところの信号で見かけていて 
この車にテレビ朝日の、テレビクルーが乗っていて 
隠し撮りしていたのか? 
と今になって思う 
(ナンバー覚えておけば良かった)
(まさかと思うがタカアンドトシも乗っていて 
面白がってやっていないよな?)


ついでに、こうした事をするのは、
創価学会と見ています  
 (幅広い人材ネットワーク、信者と言う繋がりを使って 
 バレない様に嫌がらせ、誹謗中傷を広める 
 付きまとい、監視等々色々と) 
旧テレビ朝日の入っていた壁の側面に 
創価学会のシンボル色 
3色が書かれていたのも気になるところで 
テレビ朝日系列って、創価学会なの?
と思ってしまう 
テーマ:テレビ朝日 - ジャンル:テレビ・ラジオ
芸能人はじめテレビ関係者はこのブログ知ってる? 
2008.01.14.Mon / 22:44 
このブログ 
集団、組織的ストーカーの被害の中でも  
特に電波照射による嫌がらせについて 
書いている事が多いです 

この電波照射による嫌がらせでは 
「キーン」「ウィーン」「シュー」
という音がけたたましく聞こえる様になり 
また、エレベーターに乗っているときの様な 
耳に膜が張った感じが突然したり 
音が自分の周辺を回っているような感覚  
どの方向から音が聞こえているのか解らないと言う状態 
(八潮に住んでいたときの事、隣の人が時々ベランダで 
 ペットボトルを潰していたのだけれど 
 そのパキッパキッと言う音が 
 ベランダの真反対にある共有廊下側の台所に行っても、
 音が止まず 
 逆に廊下から音がしている様に聞こえたりした)
内耳の鈍痛、頭の側面に何時も何かがへばりついている様な 
圧迫感、後頭部やこめかみ等の鈍痛、 
オーディオから流れる低周波振動なものが 
一定方向から床を張って、体を貫通して行く様な感覚 
等、身体的影響もさることながら 
電波声と言う録音出来ない特殊な電波、音波によって 
意図的に幻聴を起こさせると言う嫌がらせが 
あると言われています

この電波声、嫌がらせを行っている人間が 
マイクに吹き込んだターゲットに対する誹謗中傷と 
ターゲットの会話を盗聴した肉声など 
色々混ざり合って聞こえてきます 

芸能人の中にもターゲットになった人がいるのか 
似た声がするときがあり気になるところです 

この電波声、静かなところで誰もいないのに 
突然耳元で話しかけられた様なクリアな話し声が聞こえてくる 
他にも、騒音に重なって聞こえる事が多く 
また、騒音の高い、低い等の音域によって 
声が入れ替わったりするので、一部分、所々しか 
聞こえない事が多いので何を言っているのか解り難く 
困惑している状態です 
(そうした事から人の話声も
 テレビラジオの放送、アナウンス放送等では 
 何を言っているのかわからない言葉に聞こえる事がある)

とにもかくにも、そんな電波声でありますが 
少し前に、このブログに
”浜崎あゆみの突発性難聴” 
について書いた後で、本人に似た声や、見ず知らずの大人びた 
ちょっと低いしっとりした女性の声で 
”タオス・ハム現象”や電磁波による影響なのか 
疑う話声が聞こえてきました 
他にも、
「だから音響機材がおかしくなるんだよ」
と言う話声もちらほら 
そんな話声が聞こえた後にネットのニュースで、
”浜崎あゆみのクリスマスコンサートで機材の故障があった” 
という内容の話が登場しました 
機材の故障としか書かれておらず
詳しい事はよくわかりませんが、電波声での情報から 
これ、誤作動だったんじゃないのか?
と感じるところです 

あと、お笑いタレントについても 
気になる事がいくつかありまして 
よく渋谷の無限大ホールに行って観察しています 
先週金曜日、無限大ホールにいくと常連の男性がいました 
タレントのみならず、
この男性も電波声が聞こえている様な 
そぶりを見せた事があるので
「黒ぶちメガネの常連」
というネームで何度かブログに書いているのですが 
ブログに、その名前を書き始めた頃から 
メガネ外して来る様になっていました  
月曜日に行った時にもメガネを掛けていなかったのですが、
黒ぶちメガネをかけている印象が強く  
間違えて、
「黒ぶちメガネを掛けている常連男性」
と書き込んでいました 
すると、今回、メガネをかけて無限大ホールに来ていたので 
このブログを意識している感じを受け、気になるところです 

あと、お笑いタレントもSストーカー  
と手を組んでいると感じている私に取っては 
(その理由は何度も書いているので省きますが)
話聞いても笑えず、拍手もしません 

そうした事が気に触ったのか 
ここの出演している、タレントの声に似た声で 
「殴ってやりたい」
「文句行ってやろうか?」
「無限大ホール嫌い」
「もうあの人入れないでくれ」
「入れないでと言われても何もしてないから言えないじゃん」
等の話声が聞こえてくる様になりました 

金曜日も、犬の心の人が 
 (”じゃらん”でした、特に植村と言う人が起こっていた気配) 
相当、頭にきたらしく、この人達がステージ降りた後から
「殴ってやりたくなった」
と言う様な話声が聞こえてきました 

ところが、22時頃だったか 
カリカの人等が、
「このブログ本物?」
「こんな事あるか」
「怖すぎる」
「文句言いたくても言えない」
(ちょっと言葉尻が違いますが、そんな内容)
と言う話声が聞こえて来ました 

この声が本当かどうかは解りませんし 
(パソコンで音声を合成出来るので 
 合成した声を電波で放送しているかもしれないし) 
私の幻聴かもしれないので 
何とも言えないところですが 
もし、この声が、本人達の者だったら 
電波声について知らなかった犬の心のコンビも 
気がついたんだろうと思っています 
(勿論カリカも)


とにもかくにも、こうした行動が功を制して(?)
なのかとかく、よしもとタレントでテレビに出演している 
人間のほとんどは気にしているようです  

特に、如実に現れたのが 
東京MXテレビで放送している 
”水野キングダム”
で、警察官の武器を一般から応募したはがきを 
紹介していていたときの事、 
その時に、
”犯人を超音波の音声で蹴散らす”
(言葉尻が違いますが、そんな武器)
武器が登場したのですが 
ケンドー小林も、会場の雰囲気があまりにも 
悪かったのか困惑している様子で 
かなり、滑ってました 

相当、テレビ局スタッフでも、その噂を知っているようです 
これらの人達が、本当に影響を受けているのかは 
私には解らないところですが 
何分、精神病院のお医者のすべてが 
”電磁波による脳波や聴覚の影響はない”
と言う見解で 
統合失調症という精神分裂症扱いをしている事なので 
本当に電波声の被害を受けていたとしても 
口裏を合わせて、本当の事は言わない事の様に思います 

とにもかくにも 
私としては、事の真相云々よりも 
もし、自分の周りで電波の照射による嫌がらせが 
あったとしたら、その照射範囲に入った人達に 
何かしらの影響が出れば良いと思っているので 
当たり障りなく、無難に観察を続けて行こうかと思っています 

もし、これらの人の中に 
本当に危機感を感じる人間がいたら、自分の足で  
エレクトロニック・ハラスメント 
マインドジャスティス 
等の、海外に置ける電波照射被害者団体に 
(日本ではNPOテクノロジー犯罪被害者ネットワーク 
 と言う組織があるけれど)
被害を訴えるだろうから、静かに動向みていようと
言ったところです 
 
とは言っても、何処の団体でも 
証明がとれないでいるので 結局のところ 
○白装束の様なカルト集団としてみられるのがオチだったり 
○最終的には精神病院いかされたり 
○最悪の場合、電波声による軋轢から、周辺の人といざこざ起こし 
 殺されたり
(テクノロジー犯罪被害者に参加していたIさんは幻聴聞こえだして 
 半年足らずで、そうなってしまった)
 自殺
(同会で、そうなった人がいる)
 や殺人に及ぶと言う 
3択の中の結末しかなさそうであります 

ところで、渋谷の無限大ホールに行く様になってから 
中田カオスの話題が出て  
よしもと関係者  
どうも、内部事情が筒抜けなんじゃないか?
と感じるときがある 
まさか、思考盗聴システムなんていう機械で
頭の中で考えている事が電波声で放送されるなんて 
嫌がらせはあるわけがないだろうから 
スタッフ関係者が盗聴しているのかな? 
多分、盗聴電波も出てこないと思うけれどさ 
(私としては、ある可能性も否めないと思っているけれど) 

あと、よしもと無限大ホールで無料で飲める  
オロナミンCの原価って30円ってほんとう?
21時30分、品川駅ついたら 
女性と男性の声で話しているのが聞こえて来た 
あと、私がオロナミンC貰いに来ているのかって 
思っているらしい 

これらが本当の事だったとしたら 
私が盗聴しているんじゃないか?
って疑うのだろうけれど 
だったら、周辺よく見張ってみれば?w
と思ってしまう 
(今でも、相当、つきまとわれて、携帯で取られたりして 
 見張られているんだけれどさ)
テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能
店頭タブレットに裸婦像描いて店員と喧嘩してみるin秋葉原  
2008.01.13.Sun / 05:45 
店頭のタブレットに裸婦像かくと 
猥褻事件が起こる 
こんな私のジンクス 

それ以上に 
店頭タブレットに裸婦像を描く様になった 
経緯は随分昔からあって 
まあ、長い話になりますが 

というのも、
自分は組織的、集団ストーカー
(Sストーカー)
に遭っている 
と感じているもので 
2001年6月から一年あまり 
最寄り駅として大井町をよく使っていました 
駅の横には、今は山田電機になっているビルがあり、
当時は、丸井がそのビルに入っていました 
店に入る度に大井警察の人を呼ぶアナウンスが放送され 
10年以上前から、通りすがりに
「オウム」や
「人殺し」
という囁き声を聞いていた私に取っては 
とても気になる物でした 
何度も録音しようと試みたのですが 
ラジカセが回っている時には放送が入らず 
「カチッ」
とテープが終わった音がした瞬間に 
また大井警察の人を呼ぶアナウンスが放送されたりして 
どうにも、こちらの動きを全て解っているかの様な 
放送に、気味悪く感じていました 
(Sストーカー被害の一つに
 思考盗聴システムによって考えている言葉を 
 音声にして放送する機械があり 
 それを使って嫌がらせ行為を行っている 
 と言う話があるのだけれど 
 こうした体験を何度もしていると 
 それが本当にあるんじゃないのか?
 と思ってしまう) 
 
それで、ただのアナウンスだけかと思ったら 
やたら警備員が自分の周辺をウロウロし 
勘に障る様な目で見て来たりしていました 

この頃は、今の様に、
こすれた汚いブーツを履いているわけではなく 
地味だけれど普通の格好をしてました 
それでも、警備員がウロウロしだして  
不審者扱いしている空気がプンプン匂ってくる 
また、
「不審物を見つけたら係員にもうしでください」
なんて放送も入ったりして 
これは、完全に私をオウム信者と決めつけて 
地下鉄オウムサリン事件を意識して放送しているに 
違いないと、腹ただしい気持ちで一杯でした 


少し、余談になりますが、このブーツ
2003年にスクーターのブレーキレバーを折られ
(あの金属部分が曲げられたのではなく、スパッとまっぷたつに)
転倒し、この時に表面がこすれたもの 
(しかも決まって、購入店が休みの前の日で天候が悪くなると
 言われている日に、こうした嫌がらせを受ける
 他にも立てかけるスプリングを切られたりした) 
そんなわけで、当てつけではいているのだけれど 
逆に
「こんな物をはいているから不審者と言われるんだ」
的な目で見てくる奴らがいる 
このブーツ履く前から、誹謗中傷を言いふらしていたくせに 
と言う感じだ 

そんな事がありました  
あと、このブログ、2005年から書いているのだけれど 
ブログを書き始める様になってから 
とかくパソコンの調子が悪い 
ウィルスが原因かと、スキャンを試みても 
何も出てこない 
その前の2002年頃から、ネットをすると
ノートンアンチウィルスが侵入シグネクチャ 
を感知したり
ノートンの表示がスクリプトエラーを
起こしたりしていたのだけれど  
それにプラスして  
Sストーカーについてのブログを書いたので 
ますますハッキングの攻撃が酷くなったのが原因かと考え  
(インターネットストーカーと言われている)
他のパソコンと共有出来る設定を  
レジストリを書き換えて根本からなくしてみた 
それでも、ネットにつないで  
2、3日すると必ず調子がおかしくなる 

そのたぐいの書籍を読むと 
メモリーに残るウィルスがあり 
それに感染していると、買い替えるしか方法はない
と言う事でした 
盛っていたパソコンは自作の物だったので 
マザーボードと 
CPU、メモリーを交換しようと
ヨドバシやビックカメラによく足を運んでいました 

すると、ここでもやはり必ず警備員がやってくる 
しかも、常識的に見て 
広い売り場なのに 
ずっと私の周辺 
棚一つまたいだ辺りをグルグルしている 

他にも2003年に
通っていたカルチャースクールと 
仕事場に拝んでいる悪戯書きをされてから 
普通に街を歩いていて、拝みながら通り過ぎる人や 
芸能人の中にも違和感がある様に両手を合わす人が
出て来た 

ヨドバシ、ビックカメラの店員の中にも何人か 
同じ行動をして通り過ぎる人がいた 
それに、カラープリンターの売り場等に行くと 
メーカーとか関係なく、あからさまに 
”鸚鵡”
の写真が至る所展示してあったりした事があり 
そう言う事を当てつけでやって来ている奴がいる  
こういう、お店でも、Sストーカーの工作員がいると 
確信した

他にも秋葉原ヨドバシでも2階のパソコン部品の売り場で  
マザーボードが陳列してあるガラスケースの棚越しに 
(自分がいる通路の反対側とか) 
警備員がウロウロ巡回し 
明らかにこちらを意識しているのが解る 

そんなわけで 
自分の近くを通り過ぎる警備員が 
ムラムラくるのを狙って
悪戯書きをする様になった展示品タブレット 
勿論最初に書き出したのは 
秋葉原ヨドバシで 
パソコン部品を販売している2階に展示してあった 
2006年の冬場頃から多分書き始めているのだけれど 
(詳しい日時はブログを読み返さないと思い出さない)
第一頭目は、面白がって 
ヤッターマンのおだて豚描いて反応みてみたりした 
これは逆に、相手に面白がられてしまった様なので 
試しに裸婦像を描いてみる 
するとてきめん 
自分の後ろを通り過ぎると 
顔を赤くして通り過ぎる警備員がでてきて 
そう言う事をしだしてから 
今度は逆に近づかなくなった 
もう、あからさまに見て取れる 

また面白い事に、裸婦像の第一頭目を描いた
次の日かに 
(11月から描き始めているので?が月後位でした)
仙台のヨドバシで猥褻事件を起こして
逮捕された奴が出た 
(山形職員が女性のスカート盗撮と言う事でした 
 この人今は無事に職場復帰しているそうです)

以前から、
自分が何か言い出したり、やり始めたりすると 
それに類似した事件や事故が起こったり 
有名人が話題にだす事が多く 
「またか」
と思ったと同時に 
社会的に何かしらの影響が出るなら、
これは面白いな 
と 
続けてやろうと考えたわけです 

そうした事から、裸婦像をかくようになると 
電化製品店では、
タブレットの場所が頻繁に変わるようになり  
店員が嫌がっているのは見て取れたが  
何せ、今までのお礼とばかり 
裸婦像をかきまくる 

すると、今度は
マスコミ関係者にそうした話をした奴がいたのか 
クリエーターにも影響が出たようで 
KinKi Kidsのビデオクリップで 
タブレットで線がきをしたような映像の物が 
テレビで放送される 
火曜日の夕方に放送されていた
”プロジェクトARMS"
なるアニメにおいても 
エンディングで女性が寝ている絵が 
いかにもタブレットで線がきした様な絵になり 
また、他にも 
美術展のポスターで 
ルノワールの女性の裸婦像が展示されだし 
(ルノアールは裸婦像以外にも描いているのに) 
深夜番組で美術を扱うバラエティ番組や 
裸婦像や、オカルト系等の美術を 
日本に浸透させた、澁澤という人の特集番組 
等放送され  
また、ガンダムと言うアニメに登場する、
ララァと言うキャラクターの裸婦像を描いてみたら 
(ビックカメラ有楽町と秋葉原ヨドバシ2階ソフト売り場)
一ヶ月位経って発売された  
ガンダムエースの、11月号だったかに 
そのキャラクターが表紙で描かれていたりして 
マニアな奴がこういうのを見て、
関係者に言いふらしているのは確かだろうと
手応え感じてしまう 
(スケールは小さいが)

しかも、最近では 
ビィーナス展の裸婦像のポスターがデカデカと 
駅構内に展示される様になった 

そんなこんなの 
電気製品店タブレットでありますが 
随分前から見張られて 
店員がタブレット周辺うろついて
描いた絵を消す様になっていました 

秋葉原ヨドバシでは
WACOMの白い上着を羽織った 
黒ぶちメガネの外国なまりの男性が立っていて 
私が立ち去るとすぐに消していた 
 
そんな状況下 
こりずに12月15日描いていると 
「長時間使っているので」 
とちょこっと注意される 
別のタブレットが開いていたので 
そちらに移動してみたら 
舌打ちして、後ろで文句行って来た 
私としては 
今までの、店員や警備員の当てつけ嫌がらせ行為を 
根に持ってやっているので 
(この店員が嫌がらせ行為に加担したかどうかは 
 問題ではなく、とかく、仕返としてやっているので 
 そうした事を言われると、ムカつく)
「なにぉ」
とかなり勘に障る 
そんなわけで、
「長時間使っているって言ったって空いてるし、
 他の客が隣に来たら、どいているし邪魔って程 
 邪魔じゃないだろ」
と文句言って喧嘩になった 
すると、3級販売士というIと言う店員を連れて来で 
説得される 
最初は、
「マッサージチェアでも長時間の使用は 
控えさせてもらってますから」
「店の使用物ですから」
「お客様から買い難いと言うクレームがきまして」
と言っていた 
それでも、
色々と理由つけて文句いっていたら 
「じゃあ、描いていても良いです 
 描く内容を変えて下さい」
なんて言いだし始める 
これ言っちゃったら  
長時間描いている事よりも
結局のところ裸婦像が問題だった 
と言う事をいっているのと同じで 
「やっぱり」
と思い、
「これが本音だろ」
と感じた  

他にも、メガネの店員から  
「保存していたでしょ?」
と言う事もいわれ 
その言葉に続く様に店員Iが、  
「店の沽券に関わる問題ですから」
という話も出た  
そんな話を聞くと、
保存していた物をわざわざ開いて調べて 
店の人間が描いている様なクレームを
付けた奴がいるんだろか?
と考えてしまった 

普通、お客で、描いたファイルを、
そのままにしておくか、保存したりはするだろうけれど、 
開いているソフトのデーターを消せばそれですむものを  
保存場所を調べてファイルを開いて執拗に 
チェックするのはいないだろ? 
と思うし、
(それは店員の仕事と感じる)
そんな事しているのがいたら  
明らかに、その存在を知っていて排除し、
なにかしら制裁を加えたい  
という執念深い人間に違いないと思った 

ところで、こういう苦情を煩く言うのは大抵 
創価学会だ  
今までも何度も私の事を監視しているらしく 
変わった行動をとると、すぐに反応してくる 
 (手相占いの勧誘は有名ですが、去年
 試しに一日だけ真似してやってみた事があった
 すると、案の定 
 私が、駅に着くと、
 「手相の勧誘があるので気をつけて下さい」
 と言うアナウンスが流れる様になった  
 勧誘の人達とは全く関係なく独自に真似をして 
 やってみただけだったのだが 
 すぐに、それが伝わっているかのようだ 
 それで、このブログに、その事を書いたら、 
 今でも手相の勧誘がいるのに(2002年1月現在) 
 放送を聞かなくなる 
 そんな事から、創価学会が私だけをターゲットにして 
 警戒している様に見受けられた 
 他にも色々と、こうした事がある)

大体、私の下手な絵よりも  
池袋の両足広げていブリッジみたいな格好している 
彫刻なんて卑猥だし  
ルノアールの裸婦像ポスターも公衆の面前に
張ってあって 
これは非難の対象にならないんだろうか?
と思ってしまう 
なんて言ったって、このポスターを見て
顔を赤くしていた男性だっているのに  
非難されないと言うのもおかしな話だ 
素人でも、玄人でも、有名絵画でも何でも 
裸婦像には変わりないわけで、絵を見て精神的に  
肉欲をそそる様なものであれば、
それはそれで問題と思うのに 
何とも、矛盾していると感じてしまう 

それにタブレットの落書きなんて  
壁にペンキで描いた落書きと違い 
簡単に上書きして消せるものだし 
それに店員が見張っていて、すぐに消していたわけで   
店の品位を疑われる様な、どんなクレームがきたんだ?
と興味津々 

そんなわけで 
ヨドバシにクレームを付けた人間は 
多分に、裸婦像どうこうというクレームだけではなく 
(裸婦像が問題ではなく私が気に入らないからだと思う)
何かしら、誹謗中傷まじり、個人情報等が入っている 
つまりは
「2ちゃんねる」
並のクレームがきたのではないか?
と感じ、執拗に 
どんなクレームだったのか聞いてみた 
すると 
「信用問題に関わるので」
と詳しくは教えてくれない  
詳しい部分について口を割らないものか 
長引かせて話をしてみたが 
本来、口べたな自分なので、誘導なんて無理で 
逆に 
「こうやって話しているのも営業妨害なんですよ?」
なんて言われてしまった 

絶対に、クレームを付けて来た奴ら 
私を監視していて 
「オウム」とか「人殺し」とか「盗人」とか
言いふらしている奴らと同じ人間に違いないと思い 
それに、店員の中にも、そう言う事を知っていて 
面白がってやって来ている奴もいるはずなのだが 
証拠がない分 
まさか「仕返です」なんて言えないし 
世間一般から見て店員の言う事が正論で  
こっちが単純に悪くなるのは目に見えて明らかで 
言い返す言葉もなくなったので  
話すのをあきらめた 
それに、この店員ら、Sストーカーについて 
全く知らなかった気配もしたし 
何はともあれ、これが切っ掛けで 
自分の印象がついたので 
ここから、Sストーカーと、いままで気に留めていなかった 
それの嫌がらせが気になる様になればいいか 
と思って 
その場を立ち去った 

その次の週、23日、24日、25日 
続けていって様子を見てみる 
クリスマス商戦のさなか 
店に入ると、私の周りだけ客が減る 
こんな事も、昔っからで慣れっこでありますが 
多分にその原因は、何時も書いている通り 
Sストーカーの嫌がらせで 
私に対しての誹謗中傷を言いふらしているのがいて  
私の事を知っていて嫌がって人が避ける 
もしくは
電磁波や、マイクロ波、超音波、低周波等の 
特殊な電波、音波を照射するという嫌がらせがあり 
私の回りにくると、それらの照射範囲に入るので  
他の人にも、その影響を受けて 
内耳が痛くなる、めまい、嘔吐、頭痛、眠気、体のだるさ 
耳に膜が張った様な(エレベーターでの空気圧の変動の時うけるような)
感じをうけたり  
他にも  
アナウンス放送の音声が何を言っているのか
解らなくなったり  
アナウンスの声質そのままに、卑猥な言葉や、罵声等の
(電波声と言われていますが)
幻聴が起こったりするからではないか?
と見ています 
私としてはどちらか解りませんが 
とりあえず、様子を見てみました 
 
タブレット近くに、デジカメプリンターのコーナーがあり 
椅子が置かれているので 
其処に座ってみていると・・・
(暫くすると、どんくさそうな店員がやって来て 
 覗きこんでくる、今度は警備員じゃなくて、使えない店員に 
 見張らせているのか?と思った) 

「私が描いていると買い難い」
と言うクレームが入っていたわりには、
私が描いていなくても客が寄り付かず 
30分置き位に何人かきてタブレットで落書きしている 
感じだった 
そんな様子を見て 
だから、私が絵を描こうが描くまいが 
私がいると言うだけで、嫌なんでしょうよ 
と思ったし、直接そう言う話をしてやろうかと思った 
どういう人の流れなのか 
写真に撮っておこうとしたら 
「店内撮影禁止です」
と注意される 
これじゃあ、証明できやしない
22日は、そんなで、タブレットに何も描かないで 
ウロウロして、どんな風に客が流れるのか観察してみる 
私が移動すると 
必ず、人が少なくなる 
これは、もう明らか 
誰の目から見ても、そうだろうと感じる 
(本当の事は言わないと思うけどね) 

そんなわけで、店を出る間際  
メガネの店員に、それとなく、
「私がいると客がいなくなるんですよね」
なんて話をして店を出た 
どんな反応するのか楽しみだ 

23日も同じ様な感じで店内散策していると 
EMOBILEの製品をメーカーの上着を着た男性店員が 
(もしかしたら、KOHJINSHA 工人舎かも)
マイクで宣伝していて 
「○○製品
(型番忘れた 工人舎SHモバイル? )
サンキュパ、黒は残り6台」
なんて言っている 
ところが、何度か聞いていると、その男性の声質のまま
「黒はモッコリ6台」
に聞こえて来た 
すると、目の前のカウンターにいた店員が 
フフッと笑っている 
しかも、私が「モッコリ」
という言葉に聞こえる様になってから 
少しして 
「残り6台」が「わずか6台」
に言葉が変わった 
こうした事を見ていると 
「モッコリ」
と聞こえていたのは私以外にいるんじゃないのか?
と感じてしまうし 
秋葉原ヨドバシ店員のかなりの数が、
Sストーカーと、それにまつわる電波照射の嫌がらせ
知っているんじゃないのか?
と感じた 

そのあと、17時30分頃だったか、店出る間際に 
少しだけ、タブレットで落書きしてみる 

裸婦像を描いてはいけないと言う事だったので 
今度は、ドクロの絵、腕、足がもげた少女の絵でも描いてみた 
勿論、社会に何かしら影響が出てくれるのを狙っての事 
(そうした絵を描いた割には、
 今現在、そうした凄惨な事件が起こっていないので 
 秋葉ヨドバシで裸婦像を描いて仙台ヨドバシで
 猥褻事件が起こったのは 
 ただの偶然か?
 猥褻事件と違い、人間が起こし難い事柄であるけれど) 
近くで描いていたカップルの女性が気に触ったらしく 
色々と、文句みたいなのを描いていたが 
私としては、何か影響が出ればよいと 
言うだけでやっているので 
悪く見られ様が何だろうがおかまいなし 
とにもかくにもそうした事やってみた 

そんな絵を描いて、ヨドバシを出て電気街口にでると 
けたたましい、救急車の音が鳴り響く 
追いかけていって、ヨドバシとなりのビルに止まった 
これは、
タブレットにゴス系の残忍な絵を描いたばかりで
事件、事故が起こったのか?
と、ちょっと胸をわくわくさせたが 
ただの急病患者で 
大した事なく 
そうした事件を狙って描いたわけじゃない時の方が 
影響でるのかな?
(影響が出るのも怪しいところだが)
と思ってしまう 

24日も同様でありましたが 
タブレットにメガネの店員がいなかった 
前日にマイクで、
「モッコリ6台」
と宣伝していた商品が1台になっていて 
同じ人が放送している 
この日も、
「残り」が「モッコリ」
に聞こえるものなのか 
まじまじ聞いてしまったが 
今回はあまり、モッコリと聞こえないみたいだった 

そんな様子を見ながら、ウロウロしていると 
いかにも、体育会系で体格よく 
マッチョだろと言う感じの人が 
黒いスーツ着て、耳にイヤホンをつけている 
”SP”と言うドラマがフジテレビで放送しているけれど 
体格はともかく、服装はそのまんまで 
あと、ドラマではイヤホンの色が透明なのに対して黒だった 
これが本物の、SPか
と、まぎれもなく、けんか売りたくない感じ 
店員に聞くと、ヨドバシが雇ったのではないのだそうだ 
店内撮影禁止だけれど 
ヨドバシと関係ないなら撮影しても良いですよね 
なんて店員に話してみたら 
いいんじゃないですか?
なんて言われたので、何枚か撮影してみる 
撮影していたら、一人の男性が気がついて 
指差される 
文句言われるかと思ったら 
そのまま、エスカレーターに乗って
2階へ上がっていってしまった 
よく見ると、白いコートを着た女性を 
3人で囲む様にしていて 
この人のボディガードなのか?
と思った 
後ろ姿だったので、誰だったのか解らず 
そうした事があって 
ちょっと、自分を印象つけておこう
(其処から影響がでるといいのだが)
と思って 
からかいがてら、警備員何人かにわざと 
誰か著名人でも着ているんですか?
なんて聞いてみたが関心なさそうだった 
しかも、私が話しかけた事も忘れそうな感じだった 

そんなこんなの 
去年 
秋葉原ヨドバシ 
タブレットに絵を描くのも、電波による影響も 
影響がありそうでなさそうな 
中途半端な反応にやきもきしてしまうところですが 

年明け、2週目にして行ってみると 
微妙に、いままでSストーカーによる電波声照射の 
嫌がらせを知らなかった店員も、少しだけ気にしている
雰囲気感じる 

何故か、マイクや拡張器で宣伝しようとしていて 
使わなくなったり 
自分が卑猥な言葉がきこえると、男性店員が顔赤くする 

去年の連続3日で、電波の影響を受ける様になったのか 
気に留めてなかった嫌がらせが目につく様になったのか
おれとも、そう言う事は全くなく私の気のせいなのか?
本人のみぞ知るってことでありますが 
 (聞いても答えないだろうし)
もし、本当に電波の影響があったとしたら 
それ、将来続く様になったら大変だと思うよ 

何はともあれ、タブレットに裸婦像の悪戯書きをするよりも 
店内散策した方が、影響を受けるみたいなので 
別にそれでもいいかと思っているんだけれど 
でも、それだけじゃつまらないので 
さて、どうするかな 
テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報
浜崎あゆみ”突発性難聴” 
2008.01.12.Sat / 01:10 
浜崎あゆみの突発性難聴が話題ですが 

「2時チャオ」
を見ていたら 
この話をしていました 
何でも、この難聴 
片方の耳だけに症状が出る事が多く 
最初は蝉の鳴く様な耳鳴りが始まり  
徐々に症状が悪化して 
最終的には、水中で音を聞く様な 
こもった声に聞こえる様になっていくのだそうだ 
そして発病するのは 
女性のみで40代前後が多いらしく
その原因は 
ウィルス性、ストレス性、更年期障害説
等がいわれているらしいのだけれど
本当の原因は解らないようだ 
(20代で症状がでた浜崎あゆみは珍しいらしい)
病状の回復についても  
発病から一ヶ月以上経過すると治らないと 
言われているのに 
中には一ヶ月以上たち、治る見込みがないと 
言われている人でも 
職場を辞めた事で症状が消えた例もあるらしく 
何だか、よくわからない病気のようだ 

それで、原因不明の病気については 
何でもストレスが原因 
としておけば良いと言う雰囲気を垣間み  
(ウィルスも)
電波が身体的に与える影響もあるのでは?
と思っている私に取っては  
なんだか気に食わない 

本当にこれだけが原因なの?
と思ってしまう  

ところで、この番組を見ていて 
ふと思った 
その、症状って浜崎あゆみだけなんだろうか?
よく見ると  
他のアーティストも耳に同じ様な物を 
つけている人がいる 
去年の 
クリスマスにラルクのライブを放送していたのだけど 
見ていると  
ハイドも耳にイヤホンをつけていたし 
(浜崎あゆみの場合、イヤホンではなく 
 音を遮る為の耳栓だと”2時チャオ”で言っていた)
歌を聴いていると 
こんなに音痴だったっけ?
と言う歌いっぷり 
他にも、大晦日、紅白歌合戦で 
ミスチル、??田來美、他にも何人か 
イヤホンをつけている事が気になっていた 

これらイヤホンつけている人は全員、
難聴が原因?
(で音程を外す?)
なのだろうか?

ところで、こうした事をよく目につく様になったのは 
2年程前から
(2005年にブログを書き始めて少ししてから) 
アーチィストのみならず 
サスペンス番組を見ていた時に 
女優が黄色い耳栓していたのを見たこともある 
(メモしていなかったので、詳しい番組名は 
 解らないが)

以前から、
電磁波や、マイクロ波、低周波や超音波等の 
特殊な音波、電波が脳波に
影響して起こす作用があり 
それを使った嫌がらせがあると感じている私は 
こうした状態を見ると 
「電波の影響があるのではないのか?」
と感じて見てしまう 

そして
電磁波や低周波、超音波等の電波による耳の異常 
(難聴、幻聴、耳鳴り)
について
2006年10月号の
「ムー」
と言う雑誌の
”地震を予知する身体”
と言う記事の内容も関係しているのではないか?
と感じている 
(そればかりじゃないと思うけれど)

アメリカ西海岸に住む、スーザンと言う女性が 
5年程前から時たま、奇妙な偏頭痛、
「キーキー」と言う耳鳴り激しい内耳痛に
襲われる様になった
そして奇妙な事に、暫くすると近くで大きな地震や
噴火が発生し、その後けろりと治ってしまうのだそうだ 
(略)
アメリカオレゴン州マニングの民間地震波動研究機関 
(テラ・リサーチ)
を率いるエレクトロニクス科学技術者、ラリー・A・パーク
がまとめた最新のレポート 
「地震、その暴かれた禁断の秘密」
によると、大地震や火山活動に先立つこのような特異な 
症状に悩む”異常感覚者”(センシティブ)
たちが、じつは結構たくさんいるらしい 

アースシグナルという地底からの
電磁波を敏感に感じる人達についてのくだりから 
はじまった、この話の中盤には、
”未確認のスカラー波”
(スカラー波は白装束の妄想の産物ではなく
 ニコラ・ステラと言う研究者が研究していた電磁波です
 発見当初はテスラー波と言われていたそうです)
によると思われる 
”タオス・ハム現象”
(ブーンブーンという震動音(ハミング)
 と言う意味のハムを語尾につけたのだそうだ)
という 
”環境騒音公害”事件が起きた事も掲載されていました 

なんでも 
1990年代初め、ニューメキシコ州の 
タオスと言う地域の住民が 
「正体不明の怪音現象がしょっちゅう聞こえる」
と騒ぎだし 
政府や軍当局まで巻き込む騒動になり 
その為に有名になったらしいのだけれど 
実のところ、80年代後半から 
同じ州内のアルバカーキ、サンタフェ、ベレン等でも 
住民の一部が同じ被害を訴えていたらしい 

ディーゼルトラックが遠方でアイドリングする様な音 
あるいは高出力スピーカーでベースの音をしつこくならす様な 
超低周波の脈動性(みゃくどう性)重低音で 
被害者は一様に耳鳴りや、頭痛、急性疲労を訴え 
まれには、鼻血や息切れめまい、嘔吐感 
麻痺や歩行困難、不安症や不眠症まで様々な症状を 
呈すると言う
しかしながら、その割に、
聞こえる人と聞こえない人がいるらしく 
タオスと周辺地域、8000人のうち 
161人と言う、全体の2パーセントにとどまり 
年齢別で20歳以下はほとんどなく、
30代から50代に集中していたという 
そのため、当初は、集団幻聴やヒストリー説で
否定される事が多かったこの現象 
結局、未解決で、原因解らず 
その後、同じ被害を訴える様になったのは 
アメリカ国内にとどまらず、カナダ、オーストラリア 
イギリス等に広まっていると言う 

ところで、タオス・ハムの現象は 
個人によって様々で 
怪音が一方の耳だけに聞こえたり 
途中で反対側の耳に移動したり 
あるいは耳よりも、頭の中(特に何故か左側)
で聞こえたという証言の他に 
聴覚障害者が、
怪音をきいたという事も起こっているらしい 

日本では電磁波は脳波に影響がない
のが常識ですが 
アメリカ研究者の中には 
電磁波が脳波に影響を及ぼすのではないか?
と警鐘を促している人もいて 
(テラリサーチの研究者とともに活動するアマチュア研究家が 
 ”スカラー波放射器 スカラービーマー”というコイルを巻いた 
 簡単な装置を組み立てる途中で
「脳内にブンブンと言う怪音」が聞こえ 
 昏睡状態になった 
 作動実験を5分続けただけで装置に触れた手と胸が1時間も 
 完全に無感覚状態になった
 等の現象がおこっているという)
浜崎あゆみという人の 
難聴という病状がこれらに関係しているのでは?
と思ってしまう  
(タオス・ハムの怪音が、左側に影響があるというのも 
 気になるところで) 
 

ところで 
このブログを書き始める少し前から 
違法な電波による、
トラブルが一定周期おきにおこっている   
(千葉の方の航空局の無線が使えなくなったり 
 去年の終わり頃には、Dr.ヘリの無線が使えなくなったり
こうした現象をおこす違法電波は 
九州から北海道まで届くと言うし 
コンクリート作りの建物内にある 
オーディオが誤作動する事もあるらしい 
そんな強い電波を始め 
他にも沢山の電波が空気中に交錯して飛び交い 
しかも 
電化製品から大量の電磁波を放出している生活の中 
 (一つの電波を体に受けて無害でも  
  色々な周波数の電波が重なると影響が出てきそうだし) 
はたして、人間の脳波に影響が出ないものなのか?
ちょっと疑問に感じてしまうのは私だけだろうか?
皆さんは、どう思いますか?

それで、それらに影響を受けて、浜崎あゆみ以外の 
アーティストにも、少し影響しているのではないのか?
と思ってみてしまうのは、ただの、気にしすぎ?
考え過ぎ?

あと、こんな事書くと自意識過剰と言われそうですが 
盗聴した会話を、電磁波や超音波(モスキート)等 
録音出来ない音波や電波で
広範囲に放送する嫌がらせがあると書いているサイトがあります 
証明出来ないから統合失調症、幻聴と言われて 
いるのだけれど 
2001年の地雷ゼロ運動と言う番組を見ていたら 
芸能人がこっちの会話を聞いている様な 
うごきをした 
電波で放送されている音声が聞こえていたのではないか?
といまでも気になるところだ 
その前年に、浜崎あゆみが難聴と診断されたのも
なにか得体の知れない電波が関係しているのかな?
と強く感じてしまう 
テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース
オウム残党教団”光の輪” 
2008.01.07.Mon / 00:19 
このブログは組織的、集団ストーカー
(Sストーカー)に関するブログです 
前回に 
公安警察は突発的に起こった未解決事件を 
解決すると言う事に労力を使う事よりも、
CIAが開発研究していた電磁波 
超音波、低周波、マイクロ波等を用いた 
催眠暗示、マインドコントロール、洗脳の技術を 
用いて意図的に事件や事故を誘発させて 
その利権を保てる様にしていると言う事と
マスコミや日陰の心理学者、精神分析医が
その恩恵にあやかっていると思われる背景や  
それら全般について、
信者と言う繋がりから、
総合的に操って、影でうまい汁をすすっているのが 
創価学会とみている 
と書いています 

公安警察とCIA、創価学会の繋がりは前回書いたので 
省きますが 
戦後の混乱期に権力者同士、色々なところで繋がりが
あるようです 

ところで、この公安警察 
1990年代に経費削減で存亡に危機にさらされていた  
丁度そんなおり、地下鉄サリン事件が起こったおかげで 
権威が保たれ生き残ってきたわけですが 
未だに残る危険分子によって 
その立場は今や、必要不可欠となっております 
破防法を適用させずに、そうした人間を残しておいたのは 
こうした背景があって、明らかに計算と見受けられる
国家の抑止力 
こうした権力を使って 
人を差別化し、無難な人間に対しては 
冤罪である人間も何とも思わず 
逮捕、付きまとい等行っている現状があるようです  
(冤罪でも逮捕すれば5万の報償があると言う話だ)

公安警察が、そうした事をするのは勝手ではありますが 
巻き込まれた方はたまらないわけで 
自分も地下鉄サリン事件以後、身に覚えないところで 
「オウム」や「人殺し」
という囁きごえや、目に見える形
(中指立てる、あっかんべー、拝んでいる等のジェスチャー
 悪戯書き、パトカーやヘリコプターがウロウロする)
での嫌がらせに悩まされてきました 

こうした事は私だけかと思いきや 
2000年代からネットを始め 
2ちゃんねる”創価学会、公明党”
の項目に”集団、組織的ストーカー”
と言うスレットを発見し 
自分と同じ境遇で悩んでいる書き込みを見つけ 
また其処から、怪文書と言うサイトを発見して 
読んでみると 
「化学系の大学を卒業してから”オウム”と
 言われる様になった」
「友達が色々な人から「オウム」と言われ悩んでいる」
等の書き込みを見つけ 
自分一人だけではないと確信した次第でありますが 
なにせ、一対大勢で行っている嫌がらせだけに 
証拠が取り難く 
”自意識過剰””精神異常者”
と言う様な返事が返って来ていました 
”人の噂も75日”
と言われていますが 
一人の創価学会信者を敵に回すと 
その周辺の信者全員的にまわす事と同じと言う噂があり  
執拗に嫌がらせ行為をしてくるのは有名ですので 
解決出来ない事、必至であります 
心理学で、サクラを使い心理実験をした物がありますが 
3人証人がいると嘘でも本当になると言う結果が
でているので 
もう打ち手なしです 

そんな状況の世の中でありますが 

1月3日に
ネット上で 
上祐一派が新設した”光の輪”の信者が 
浅草寺、増上寺等に出没したというニュースが 
掲載されました 

オウムと噂されている私ではありますが 
たまたま、三が日の初詣に 
浅草寺か増上寺に使用かどうしようか話をして 
(結局浅草寺に行ったのだが)
帰って来たら、そうしたニュースが放送されていたので 
ただの偶然とは思えないところです 

以前から、家の中の会話を盗聴されていて   
その話題から、お笑いタレントやクリエイターの 
アイディアに使われている 
と感じていると書いています 
やはり誰かが、そう言う様に 
仕向けている感じがしてならないところです 

また、このニュース 
一週間も立っていないのに 
YAHOOニュースでは、見出しが残っていたので 
ページを開いてみると削除されていたり 
GOOGLEのニュース検索でも出てきませんでした 

12月分の 
オウム残党、”光の輪”についてのニュースは 
3、4個出てくるのに 
1月3日の 
ニュースが何で消されているのか?
検索で表示されないのか?
この、あまりにも早すぎるネットからの消滅に 
やはり、意図的な、作為的な物を感じてならないのですが 
相手が、創価学会だけに 
私ごときが何を言ってみても無駄なところで 
それでも、とりあえずブログに書いたのは 
”創価学会信者と、喧嘩すると、こういう事になる” 
という警鐘として書いておこうかと思った次第です 

さて、信者でない一般人は、どう思いでしょうか?

前回にも書きましたが 
せいぜい私の様に人身御供にならない様に 
気をつけた方が良いと思われます 
(議院、司法、警察官等の上層部、 
 権力者がわんさか裏についていますし)

オウム残党”光の輪”も創価学会のストレス発散の道具 
もしくは、汚れ仕事をさせるため等 
いざと言う時に責任を押し付けられる無難な捨て駒   
と言う感じで、かろうじて存在しているようですし  
テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース
新年早々マスコミはウハウハですね 
2008.01.05.Sat / 23:46 
いままで何度か書いていますが 
私のジンクス 
フジテレビに行くと必ず凄惨な事件が起こる 

事の発端は 
集団、組織的ストーカーが自分を監視していて 
動向を電波声で放送し 
それに影響を受けた人間が、
思った通りの類似事件を起こすのではないか?
と言う事から 
(他にもsストーカーについて色々とありますが 
 以前書いているので省きます 
 電波声についてはいままで何度も説明しているので 
 省きますが)

カテゴリー”はじめに”
に書いている通り 
2003年代にフジテレビ前で 
小学生を相手に 
「やな奴殺せ」
と首を切る真似をして言い回った事あります 

すると、2004年に長崎で小学生が同級生を刺殺する 
事件が起こり 
致命傷は首の傷  
私が街で、直接 
「やな奴殺せ」
と言ったところで 
反感を持つ子供ばかりだった 
私が言った言葉で洗脳、マインドコントロールするのは 
到底無理な話だ 
それなのに、
そうした事件を起こす子供が現れたのは  
誰かが電波声を使ってマインドコントロール 
洗脳が影響したに違いないと思った次第だ  


2006年の東京湾花火大会にいったついで 
2003年代の騒ぎで顔見知りになった
フジテレビの警備員がいたので、
様子を見に行ってみたところ居らず  
仕方ないので、他の警備員に、
その警備員がいたら伝えてほしいと
「また首切り事件おきますよ」
と言伝頼んだことがあるのだが 
その2、3ヶ月して、首を切る事件が何件かおこったりした 
(またブログを読み返して詳細を確認するのが面倒なので 
 詳しく書かないけれど)
そのあと、クリスマスにもフジテレビへいったのだけれど 
すると、渋谷でバラバラ殺人事件が起こる  

何度か、フジテレビへ行ったけれど 
その都度、そうした事件が起こり続けている現状 
ただの偶然ともちょっと思えない  

それで、去年、12月31日に 
フジテレビに行ったのだけれど  
アイドリングのライブが行われていたりして 
大にぎわい  

ところで 
自分の周りでは 
このライブの音声の中に 
電波声で放送されている音声が重なって 
聞こえて来たのだけれど 
他の人にも同じ様に聞こえる人がいるのか 
怪訝そうな顔をして立ち去っていく人おりました 

そう言う事があり 
ますます、電波声に影響を受けて、
新年早々
何かやらかす奴がいるだろうとは思っていたけれど 
戸越商店街で 
?6歳の少年が通り魔事件起こした 

去年のバラバラ事件に比べれば幾分ましか?
この事件 

ところで、電波声を放送し 
潜在意識に作用させて 
マインドコントロール、洗脳行っているのは、
創価学会と睨んでいる 
この電波を使ったマインドコントロールの研究開発は 
冷戦時代に何処の国でも試みられていたらしいのだが 
その中でも、アメリカのCIAがおこなっていた研究 
は有名だ 
戦後、CIAのスパイであった  
正力氏と岸信介氏、戸田二代目会長が 
親密な関係にあったと言う事もあり 
今現在、聖職者、大手企業、マスコミ関係 
海外にも、ありとあらゆるところに信者が存在し 
研究者、学者らにも多い事だろうから 
そうした事が可能ではないのか?
と見てしまう 

そうした創価学会の中で、警察官にとっては  
人が事件事故を起こして検挙すれば給料上がり 
また、立場的にもアピール出来る 
特に公安警察は1990年代に、経費削減で 
その存亡が危ぶまれた経緯もあり 
(そんなおりオウム事件が運良く起こったので 
 潰されずにすんだと言う事だ
 それに破防法で潰さなかったと言うのも 
 こうした裏がありそうだ)
権威を見せつけるには、事件事故をわざと起こさせて 
「自分たちは社会に取って必要不可欠」
と見せつけたほうが利権と言う立場から得に違いない 
また、正力氏が過去に、国家公安委員会会長であったのも 
面白い事実で、これら全てをつかって 
多いに稼いでいる事だろう 
 
そうした意図があるのか
去年、類似事件がいくつも起こっていたが 
(四国犬が同じ日の同じ時間に人を襲ったり 
 猟銃事故で2歳児が死んだ事件と同じ日、
 時間に隣人が隣人を狙って猟銃で射殺した事件 
 そのあと、スイミングスクールでの猟銃事件)
 他にも小さな事件や事故が一回起こると 
 立て続けに起こっている9
今年
新年早々、?6歳少年が町中で人を切り付ける事件は 
これらに関連しているようにみえてしまう 
他にも  
3日には
オウムの残党の集団が色々な神社仏閣に出現したと言うのも 
なんだが、作られすぎている様に感じてしまう 

しかも、丁度同じ日に、
増上寺にしようか浅草の浅草寺に行こうか 
家で話をしていた矢先 
そのどちらにも出現していると言うのが引っかかり 
家の中の会話を盗聴されて、電波声で上祐ら初め 
オウムの残党が聞いていたのではないのか?
と思ってしまうし 
普段からよくパトカーを見かけ、
見張られている感じがしていたが 
家の中の会話を盗聴しているのは警察官で 
そう言う情報から、犯罪者でもない人間を犯罪者に 
仕向けたがっている気配感じてしまう 
なんて言ったって、冤罪でも逮捕すれば5万円また別に 
支給されると言うのだから、さぞや”おいしい”のだろう 

他にも、マスコミだって 
他人がどうなろうと自分の生活が大切なわけで 
金を稼げれば何でもやりそうだ  
そして、とりあえず事件や事故が起これば 
それだけ視聴率が上がり、週刊誌、スポーツ紙が売れる 
そんなわけで、こうした機関一丸になって 
電波声によるマインドコントロールの事件事故を 
起こしていそうな気配感じる  

ところで正力氏は読売新聞の創設者でもあったりして 
アメリカで原子力を推進するキャンペーンをやっている最中 
ビキニ環礁水爆実験で日本人が被害にあい 
原子力に反対する人間が多かった最中 
読売新聞だけ原子力の安全性を強くアピールし 
民衆に理解を促し 
アメリカから賞賛されたと言う経緯もある 

そんな事から、
マスコミを使った情報操作による 
マインドコントロールはお手の物だろうから 
何でも出来そうだ 
これが、創価学会と繋がっているらしいから 
ますます、日本の中で信者以外は、
電波声によるマインドコントロール、洗脳、
などで事件事故おこすだろうし 
また、その度にマスコミは自分たちの都合のいい様に 
事実関係塗り替えていきそうだ 

あと他にも、こうした事件が起こると 
今迄日陰にいた心理学社、警察関係者、
聖職者らが名乗りを上げて、 
奇麗事の議論をしだすのも、またお決まりな事で、
こうした人間らに金がまわるんだなぁ 
とつくづく思ってしまう  

正月早々、ウハウハでしょ
一般人は
せいぜい人身御供にならないように気をつけないとね 
テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース
| BLOG TOP |
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。