ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻聴を扱ったホームページ 
2005.11.04.Fri / 22:40 
幻聴を扱ったホームページ
ここは以前から知ってはいたけど
未だあったんだ
検索して一回で見つかるとは思わなかったけど
私が気になっていたのは
この記事
似てるな・・・自分と

読売新聞が、2001年10月2日に「シリーズ精神医療(2)」という特集を組んだ。
その記事はバブル後にうつ病・精神病が急増したという記事である。
その中に注目すべき記事がある。
「幻聴に促されて作曲活動をするある男性」の症状である。
■2001年10月2日 読売新聞 (24)
切り抜き


モーツァルトの声じゃないでしょ
この人が日本語話せるわけないじゃん
CDからの曲を抽出して電磁波で放送しているだけだったりして・・・
しかも、それを聞いた人間が、どう反応するのか
面白がって、モーツァルトの振りして語りかけているだけとかね

「電磁波でこんな事ができる!」
と思っていない人は
「死んだモーツァルトが自分に語りかけているんだ!」
なんてわけのわからん解釈して
自分の才能ではないのに自分の才能と思ったりして
というより思わされたりしてね
まあ、でも皆思っちゃうよね、こんな事が不意に聞こえたらさ

ついでにこのホームページの口頭はこんなことから始まる
1970年代にアメリカで発生した連続殺人事件
「サムの息子」事件では、その犯人David Berkowitz が、
異常な「幻聴」を事件前に聞いていた事が知られている。

ここでは、同じような「幻聴」等の異常現象の
ネットでの報告を集積している。
http://homepage2.nifty.com/dennjiha/contents/hallucination.html

興味のある人は見てみては
でも、2001年以降書き込みないけどどうしたのでしょう?
あり得ないって世間の目が怖いのかな?
トップページから呼んでいると
他のページはオカルトじみてますからね、ここ
でも、このページで書いてある事は嘘ではないでしょう


所で、ずいぶん昔に
ミイラが生き返ると信じて死体を放置し
ライフワーク?だっけ?
変な宗教団体が逮捕された事があるわけですが
その後、どこかの主婦も同じことして捕まっているよね

茨城県内で、家族を視察する事件がほとんど同じ日に続けて起こったり
古館一郎が、
「この事件は一本の線で繋がっているように感じますけどね
どうでしょう?」
なんて発言していましたが
どうでしょう?

まあ、同じような事件が続くのは、
「ただの偶然」
これが専門家の意見でしょうけど?

誰も、人間の意識下に働きかけ、誘導する何かがあるのは認めませんから
これらの事件を起こしていない人間の中に
これらの事件と同時期に、
同じ感情、衝動に駆られた人間は他に沢山いると思うんだけどね


ところで、今日も寝ていて、夢の中で、歌声がきこえ
有線では聞いたことがない曲だったから、どうも誰かの新曲みたい

しかし、これ聞いて自分は、夢の中でも、
「電磁波で、誰かの歌う曲流されて聞こえるんだ」
なんて思っている
普通に、他の人が聞いたら、いい曲と思うような曲だったんだけど
お聞かせできないのが残念です
夢から覚めて、忘れているし・・・
むう・・・
催眠学習させられているような感じ

街を歩いていたりすると、たまに、テープが早送りする時の
ような声も聞こえる
速聴まで聞かせているのか?
でも、ここで「フッ」と思ったのだが

もし、人間の思考を読み取る技術があったとする
夢を見ているときは、たった5分ぐらいしかねていないのに
夢の中で何時間もいろいろなことを体験しているものを見る
無意識の時の人間の脳の中の思考の処理速度はかなりの高スピードで
はないのだろうか?
もし、それが放送されていたら、テープの早送りのように聞こえる可能性がある

まあ、人間の思考を読み取る技術はないというから
こんな事はないか

今の科学力で理論的にできるのは
電磁波で肉声を放送できるということぐらいだろうけど
それも否定する人がいるし
犠牲者が増える一方?


明日、バイトが朝から入っている

そういえば、1月ほど前に見た夢で
相当やめたい「オーラ」
を出しているのはマネージャー知っているらしく

私に「死ね」といってきたバイトの男子に
「言うなよ」と
事務所のタイムカードがある場所で軽く叱責している
誰もいない時にこそっとね
私が、明日バイト、急所休む気配感じているらしい

明日私が行くと
その男子
「ほらきたじゃん、何だよ、やめる気配ないじゃん」
とか、思っている光景

楽しみだ
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト幻聴を扱ったホームページのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。