ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家にいると、キーンと言う音が耳につく 
2006.01.18.Wed / 22:54 
今日は休みで一日家でゴロゴロ
しかし、家の中にいると、ずーと
「キーン」「シュー」「ウィーン」
という音が聞こえてくる

小学生の頃、両親が
「モーター音がうるさい」
と物凄く気にしていたときがあったけれど
その頃は私の方は全然気にならなかった
冷蔵庫のモーター音が響いてうるさいとかで
ティシュを引いたりしていたけれど
それ見ていて、何やっているのだか?
と思っていたぐらいだ

今では、逆の立場になってしまったなぁ

まあ、ティシュぐらいじゃ効果ないとわかっているので
そんな事はしないけれど

一度電磁波被害者の会に母親連れて行ったときがあるけど
関心がなったみたいだし
昔のその話をすると

「団地に住んでいると、隣近所から、響いて音とか聞こえてくる
のだからしょうがない程度」

しかしねぇ、バイトの帰りに玄関口で
「ウィーン」「ブーン」という音がすごかったので
隣の長谷Gさんの玄関にも言ったりしてみた事がある
去年の話だ
すると、何にも聞こえなくなるんだよね
自分の家のところだけ音が大きいという事だった

そうした現象を体験すると、電磁波や超音波で悪戯をしてくる人間は
実際にいるのではないかと思う

うーん、今書いているときも、キーボード
を撃つたびに、その「カチャカチャッ」という音が
何かの「キンキン」恩に混ざって
物凄く、耳のそこを圧迫するような感じになる

この感じを言葉でうまく表現できないのが口惜しい

そんな事が原因なのか
随分前から、頭の耳の後ろらへんの頭部に
軽い鈍痛がある

医者ではないので良くは解らないが
インターネットで、この辺の脳の働きは何か調べると
視聴細胞がある場所という事

あと、首の付け根の部分から、後頭部一体にかけて
表面ではなく内部が圧迫されているような感じもある
この、脳の奥の方は脳幹が通っているんだね
脳幹は、人間の生理機能、運動機能、ホルモンバランスを
調整する場所という事だ

TVで放送していた、ヘミシングという音声は
「ウィーン」というモーター音のような音を聞かせる事で
幽体離脱を促すという事
マクモニーグルが超能力研究で聞かされた音らしいけれど
そういうと、この話は胡散臭く感じるね
TV局が作っているネタ的話にしか聞こえない

しかし、福知山線脱線事故において
宝町という駅でだったか、事故直前に電車に乗ろうとした高校生に
「電車に乗ってはいけない」
と言って引き止めた、80歳ぐらいで、背の低いおばあさんがいたという
ニュースでも少し話題になったけれど

もし、世界中にヘミシングが放送されていて
自分の知らないうちに聞かされていたとしたら
幽体離脱でもして先を読むことは可能だろう

まあ、こんなSF小説のような話は誰も信じやしないのだろうけれどさ

ところで、ヘミシングの音しかり、モーター音、キーンと言う音
に混合させて、ある人間の言葉が一緒に流されていたらどうだろう?
今まで、人間の可聴域以外の音は何も感じる事は無い
と書かれていたものが、最近の書籍では、可聴域以外の音でも
何かしら音声に聞こえたり、体感する事が出来ると
書かれているものがある
これが、自分の知らないうちに寝ている間等に聞かされていたら
催眠学習、洗脳はお手の物だろうと考える

貴方が自分で考え思ったり、感じた事が
実は誰かの第3者の手により意図的に作り出されている物だと
したら、どうする?

どうもしないか

まあ、「ミイラが生き返る」とか「悪魔の声が聞こえる」
とか言う人間にならない自信があればいいけどね

ここまで書いて、11時ごろ一度投稿し
その後、文法が変な箇所や、誤字脱字を書き直していると

「オーラの泉」
で、夢を見た後に、英語や北京語が話せるようになった
なんて話をしている

本当にそういったことがったらいいですね

というか実際に、この社会の中で、誰かが人をふるいにかけていて
その人間の知らないうちに電磁波で催眠学習させられていたりして
都合のいい人間は、能力地が上がり、
都合の悪い人間は能力地を下げる
という事が出来そうだよね


スポンサーサイト
テーマ:自分ニュース - ジャンル:ニュース
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト家にいると、キーンと言う音が耳につくのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。