ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイトの不具合と、電波声 
2006.02.09.Thu / 03:35 
そういえば、前の分で書き忘れていた
インターネットを見ていたら
急にライブドアニュース画面がバグル
ライブドア


BIGLOBEでは3年ぐらい前からこうした不具合があったのだが
ライブドアまで不具合生じるとは

そうした事から、誰かにハッキング、クラッキング
されているのではなかろうかと思ってはいたが、証拠がつかめず
今に至るわけです

集団ストーカーの存在自体を否定する人間は多いけれど
こうした事をインターネット上でも、いちいちしてくる奴らは
何を考えているんだろう?
いっぺん顔を見てみたいよ

ノマ猫騒動で2ちゃんねるが渋谷かどっかで抗議デモしていた
光景がニュースで報道されましたが
其の時に顔が出た男のような顔しているんだろうなぁ
と思ってしまう

俗に言う根暗っぽいって奴さ

それで、今日も朝から電磁波音で色々と言ってくる人間がおります
床に耳を当てて寝ていると下のほうから、「ウォンウォン」
と言う何かが空気に反響しているような音がしてくる
下から聞こえてきたので、下に住んでいる創価学会員が
機械で何かを放送しているのだろうと感じたのだが
ベランダの方に身を寄せると
外からも同じ音が聞こえてくる
どうやら、外から放出される音が、床と下の階の天井の間の空間に
響いて増徴されて聞こえてくるようだ

学校の鐘の音も、スピーカーがあるほうからではなく
4号棟の踊り場辺りから反響して響いてくる

マンモス団地であるので、音を流せば多少壁に反射して
木霊したり、変に響いたりするのだろうが、
自分のいる場所を狙ってやっているような感じがするのです

音は空気の振動で伝わると言う事は、中学生ぐらいでは
もう承知のことと思いますが
そうした空気振動が音のするほうから伝わってきたりするわけです


さて、電磁波音声では何を言われているのかと言うと
「お前が嘘ばかり書くから」
「化け物」
「出て行けばよくなるよね」
と完全にこちらをさげすむ声から
「ここに書かれているのが本当に思えてきた」
「もう終わりにして」
「羽高ごめんなさい」
等等
老若男女問わず、色々人の声で聞こえてくるわけです
其の声の中には、知り合いの声も聞こえてくるんだけど」
昨日も16時ごろ
バイトの子の声で
「やったぁ」
なんて声が響いてきた
「何がヤッタァなんだろう?」
と思ったのだが、どうも自分の悪口とか出なく
本当に、この子が楽しくて言った言葉なんだなぁ
と其の後のニュアンスでなんとなく感じたり

まあそれからあっていないので、どんないいことがあったのか
知りませんけどね

家の中にいても、そうした声が何処からともかく聞こえてくるわけです
窓を閉めていてもね
外にいるのと同じように、車の音や、バイクの音
もうすぐ横を走っているような感じで聞こえてくるわけです

あと、もう一つ、今日15時ごろ、洗濯していたら
こうした声で何かを言われ、今の言葉はブログのネタになると思っていたら
「やばい」
と言われた事がある
なんて言われたかなぁ
やっぱり聞こえたら其のつど書いておかなきゃ駄目だね

思い出したら書くとしよう


スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトサイトの不具合と、電波声のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。