ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いの祭典ザ・ドリームマッチ06の電磁波 
2006.03.22.Wed / 18:30 
今日はTVつけるとお笑いの祭典ドリームマッチ06
再放送しておりました
しかも、この前ブログに書いた山口という人と天野という人の
空港のネタから

係員役の山口という人が乗客役の天野という人を色々と理由をつけて引き止めているのだが
最後には声が気に入らないといいだす始末
それで、その(声の?)電磁波の影響で休止になった航空機が出ている
なんて事を言っているのですが
電磁波音声が航空管理にそんなに関係あるとも思えませんが?
飛行機に乗ったことはあるけれど、電磁波音声が原因ならば
自分の乗った飛行機が墜落してもいいはずなわけで
何事もなく現地へつきました

組織による集団ストーカーがあるとインターネットでかかれているのを見ますが
その中に誹謗中傷を囁かれる囁き攻撃といわれるものがあります
その囁き攻撃が実のところ電磁波などの電波を使っての嫌がらせではないかと
思われているものもあり
人によってはTVから誹謗中傷が聞こえてくるという人もいる
前述の事は、団体行動の得意な日本社会において、その人間の情報を事前に内輪だけで
ながして穂対象者が通ったときに嫌味などを言うことは機械を使わなくても出来るだろうし
昔からの言われているそう言った日本人の陰性を聞いていると
やっているんじゃないかと思う
しかし、後述のものについては、その原因が主に電磁波ということだ

学生時代にアメリカの実験で、厚さ30センチのコンクリートに囲まれた
被験者に超音波の音声を流したところ聞き取れた
という実験を見た気がして
TVから放送されている誹謗中傷は、人の声を超音波に乗せて放送できるのではないか?
と思っていた
それを2ちゃんねるで書き込んだところ、
超音波で人の声を流すなんて無理と大いに馬鹿にされたが、その半年ぐらい後になって
三菱から「ここだけ」という機械が発売された

私の言っている事は、大学も出ていない科学に従順していない素人の見解で
憶測や推測にしか過ぎないのだけど
そういったことが、この機械の発売によって少しだけ現実味を帯びてきたわけです

今現在書店で購入できる超音波関係の書籍では
超音波が窓に跳ね返るので窓さえ閉めていれば大丈夫ということであるが
私が超音波を疑いだした切欠となった
アメリカの実験の模様が本当ならば
30センチぐらいの厚さのコンクリートも透過出来ると言う事になる

もう5.6年前から赤外線のレーザー盗聴というのがあるけれど
これは窓に当たった音声の振動を外から赤外線を当てることによって
家の中の音声がクリアに聞こえるという
人間の音声は窓を振動させるだけの力があるわけです
超音波は、窓に跳ね返り家の中には聞こえないというけれど窓に当たった段階で
その窓ガラスは振動するわけで、外から照射される超音波を100%防げるかどうか
素人目で疑問に思っているわけです
それでなければ、もっと単純に今の住宅には空気口はあるわけで
そうした所から超音波の進入が出来るのでは?
と考えたりもする

そんな事もあって、飛行機の中での相変わらずの囁き攻撃
これは電磁波ではなくて超音波の可能性が強いのでは?
と思ったわけです

また、飛行機の中にもTVラジオの受信が出来るわけで
機器に影響をあまり与えない程度の周波数で、放送の中に紛れ込ませることが
出来るのではないか?
と思うのです

しかし、この間書いたように、最近の芸能人の集団ストーカーを思わせるネタや
笑っていいとも等のお笑い番組で時々不意に飛び出す電波という言葉に
芸能人の間でも噂としてあるのではないかと思っているわけですが
こうした情報を聞いてか、読んでか?
電磁波が原因と考えている人が多いみたいだ
スポンサーサイト
テーマ:ネタのような本当の話 - ジャンル:お笑い
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトお笑いの祭典ザ・ドリームマッチ06の電磁波のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。