ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月28日火曜日 囁き声に八潮地域の人間の声 
2006.03.30.Thu / 22:43 
3月28日火曜日
この日は何時ものとおり、朝は子供の声が下から聞こえてくる
無線アンテナをつけているお隣の奥さんの声で
「馬鹿なくせに勘がいい」
などど言っている声が聞こえてくる
その後で、その声より小さな声で
「私じゃないのに・・・」
その他、○号棟○号棟の自治会長らが人をあげつらうような事を
言っている声がする
「こんなことあるわけないだろ」
といいながら
「ばれてるから言うこと聞かない」
等だ、さてこの人達らがやっていることなのかどうか?

電磁波音声に関しては色々と思う節がある
話をしている時に、自分の声が口の中で反響しているのが
耳からだけでなく、内側からも感じ取れるというのは普通だと思うけど
その声に、自分以外の声が入ってきていると感じることがある
自分が話している話し声に、自分とは違う音域の声
を感じ、ものすごく違和感を受け、精神的にイライラすることがある

超音波で音声を放送できる「ここだけ」という機械を試したことはないけど
どんな風だろう・・・と考える
自分の声の音の振動が、その超音波が流れている範囲に入ると
変わってしまうのではなかろうか
と思ったわけです

もともとは超音波は人間の耳に聞こえない音の振動であるので
その場にある、音の振動をゆがめて、放送するということなら
そこで話をしている人の声質をそのままに、
超音波で放送している内容に置き換えれるのではないか?
と思ったわけです

それと、機械で変換した肉声の声質を其のままに聞かせる
事もどっちも出来るのだろうか?

この両方が出来たとするなら
こんな仮説を思いつく

一方で、普段何気ない世間話をしている声を、レーザー盗聴器でも
何でも使って、本人の知らない間に機械で超音波に変換した声で流されている
しかし、この人の話し声がリアルに聞こえてくるのではなく
さらに、周波数の違う超音波で言葉を放送すると
この世間話をしているだけの声が誹謗中傷に聞こえてくる

何て言ったらいいのか・・・
24時間ダイレクトで、人の耳では聞こえない可聴域の音声を広い地
域で放送している
それが、何かのエンジン音や、ちょっとした風の音、蛍光灯から出る
ジーという、か細い音の振動に呼応して、人の声として聞こえる超音波を
放送しておく
この音声は騒音にの音に振動をゆがませ声のように聞かせるので
声質をまったく考えなくてよさそうだし
パソコン等に入力してある言葉を音声に取り込んで超音波に変換して
放送しているとするなら24時間聞かせることが出来るでしょう


また、その実験?になった対象者に対し
加害者をいかにも、自分の近辺にいる人間のように思わせるために
レーザー盗聴器などでそうした人達の普段の会話を盗み撮りし
24時間放送されている周波数の物とはまた違う、
もう少し人間の耳に肉声として聞き取りやすい周波数の
超音波で、その人達の会話をリアルタイムで放送する

さらに、そのリアルタイムで放送されている声が、
24時間ダイレクトに流れている
放送によって、話の内容が変わってしまう

加害者と思われていた人物達は実は、声を勝手に使われ放送されていて
その人達の声による会話の内容も所々、違う周波数の超音波の音声で
声質はそのままなのに、違う内容の会話に上書きされて聞かせることが出来る

もちろん本人達がこの機械を使って直接嫌がらせをしている
という可能性もあるわけだけど

こんな事が出来る技術があったらどうだろうか?

「集団ストーカーって何?」
というサイトがある
ここで3タイプほど聞き間違いの項目がある
しかも全て統合失調症として書かれている
幻聴が聞こえるというのは統合失調症という病名として
精神医学で位置付けされているけれど、こうしたサイトをいくつも見ると
本当のところの原因はわかっていないという話

こうした精神医学の面から見た科学的な根拠と
実際に今現在の科学力で、故意に幻聴を起こされることが出来るという
可能性とどちらが高いだろうか?

絶対に出来ない?そう考える人間は何故そう思うのだろうか?
いかに世間一般で言われていること、表面上の事だけを真実とみるのかわかる
私にもそうした事はあるので、それを非難するわけでないけれど
自分も井の中の蛙かと感じてしまう

ところで、超音波で肉声を放送するのは無理と、3年ぐらい前までは
世間一般で言われていた
超音波で肉声を放送できるなんて言おうものなら馬鹿にされた
それが実際に機械が発売され出来る事がわかってきた

集団ストーカーは無いと書き込む人は
三菱から発売された「ここだけ」という機械でこんな事は出来ないと書く
それも何で一概にそういってしまうのだろう?

この機械は、実用販売するために、
「世間一般でそれが悪用されない程度に作ってある物」だ

実用化され販売された物は大体が法律の規格という物枠に収まるように
作ってあるのが普通だ

しかし、現実に、無線機でも違法な物はあり、他にもDVDでもCD-Rでも
車だって少しいじればスピードが出るようになったりする
本来、表面上発表されている以上の性能をかねそろえながら、法律
に適用させる為にわざと、性能や技術を抑えていたりするものだとおもう
店頭で売られている物の中には性能を100%の半分にも満たない
程度に抑えてあるような商品だってあるかもしれない

それを考えたときに、
作ろうと思えば、工学科の大学で勉強した人間ならこの原理を使い、
もっと幅広くいろいろなことが出来るように改造することが可能だろう
と感じるわけです
しかも、改造エアガンだって何だって、作ったら人間を標的にしたくなるもんだ
実際にどうなるのかやってみたくなるのも心情だ
また、それが出来ると確固として存在したなら
それを使って人を貶めようと考えるのも普通に人間だったら思うことだ

だから、私は学者でないので証明は出来ないが、
頭を締め付けるような感じ
「キーン」という金物のような音はしないが
常に何か頭の中でそれを感じる違和感
腕などめったにしびれないような場所が丸くジーンと言う感触
や部屋のいたるところでするラップ音
そんな事を見ると、
「囁き声の原因は超音波や低周波を使っているのではないか?」
と見ている
超音波を悪用して嫌がらせをしてくる人間がいると思っている

それが、八潮団地の、隣の人間であるのか?
それともまったく人間であるのか、証拠がないので声を大にして言えないけれど
ただ一つ
この低周波の音に混じって深夜3時や4時ごろ
「何妙法蓮華経」と何処からともなく聞こえる声や
見せつけるように手を合わせてあるく子供の姿
TVなどでも同じようにやっている人間がいたことだし

そうしたのを見ると、創価学会が怪しいと思うわけだか
さて皆さんどう思われますか?


スポンサーサイト
テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト3月28日火曜日 囁き声に八潮地域の人間の声のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。