ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月24日分 夜放送していたNHK番組を見て、心を読む機械は出来るのか? 
2006.04.28.Fri / 23:53 
NHKで
人間のサイボーグ化のことが放送されていました
腕や足などの体の一部をなくした人に義足や義手は
昔からありますが、最近では日本においても、人間の電気信号を
読み取り、動かす事のできる、義足や義手を使っている人が
いるのですね
アメリカだけの話かと思っていました
しかも、アメリカ人がロボット義手をつけたと話題になったのは
数ヶ月前の話なのに、この50歳過ぎているであろう、年配女性の日本人の
使いこなしを見ていると1年以上前ぐらいから
装着しているような安定したものだった
もしかしたら、世界の表舞台にあまり出ないけど、本当は日本の技術力の方が
先ではなかったか?
と思ったわけですが・・・
そんな内容の部分から見始めました

その後に、海外において、目が見えなくなった人の話が出てくる
視覚神経のある場所にコネクタを埋め込み、メガネにつけたカメラから撮影された
映像を腰にぶら下げた30センチぐらいの大きさの機材が
脳電気信号に変換して脳に送り見えるようになると言うものまで登場した
頭の中に植え付けられたコネクタの写真です
今、ベルトで腰に設置した脳電気信号変換装置から、
ぶら下がっているコードを取り付けようとしております
脳にコネクタ


いまさらに、福祉としての脳電気信号の利用だけでなく
インターネットにおいても、その試みはされているそうです

イギリスのレディン大学、ケビンワービックという方は、「アイ・サイボーグ」
と言う著書を出しているそうです
その方の研究で、縦×横3ミリほどのチップに細いケーブルがつなげられ
そこから、脳波を解析するソフトのインストールされたパソコンに脳電気信号が送られ
そのパソコンを経由して、世界のロボットを自由に動かす事に成功したと言う事です

いまや、脳電気信号が、インターネットを通して、遠距離にある
ロボットを動かせると言う事は定説のようだ

又、ロボットを動かすと言う事だけでなく
自分の体感した事のない感覚を、ロボットから脳電気信号を利用して
体感できる
と言うものも開発されていると言う

東京大学工学部の研究施設では電極を腕にさし
ロボットの指につけられた圧力測定器に圧力をかけた感触を
人間に送ると言う研究されていると言う事です
立花隆と言う人が、その臨床実験を行っております
鍼灸針のようなものを腕に刺されています
何でも腕を通っている指先の神経部分に刺しているということ
圧力測定器からの感触をうけ
指先に変な感覚があると、喘いでおる写真です
立花実験中


針の刺されている腕の部分ではなく、指先に圧迫感があるということであります
こうした研究が世界中で、ロボット工学と脳研究両方において
されていると言う話だった

日本では、この脳インターフェイスと言う技術
川人光男という研究者が、今まで、体内に電極を埋め込まなくては出来なかった
脳は検出を、外部から脳波を測定しようと言う
試みをしているということ
川人光男意見

これは、その比較写真
両方の実験








臨床実験を行っていた立花と言う人が、川人と言う方に
脳インターフェイスの将来における研究
一体どうなっていくのか?
テレパシーによる人間のコミュニケーションの可能性は
あるのかないのか?
と言う質問をしていましたが
冗談ではなく原理的には可能と言う話であります
テレパシーを提唱


今はまだ、予算の関係などから、脳の電気信号読み取りの研究が
進まない現状をみて、今の段階ではテレパシーの存在は空想の話で終わってしまいましたが
将来的に、そうなったら面白いと言うような安易な考え方を
している事に、はら立だしさ感じる・・・
日本においては、研究資金があまり確保できないとの事でしたが
アメリカにおいては
脳波を読み取る研究に1兆円、脳からロボットへ伝達する技術研究となると
更に1兆円が国から援助されているらしいです

デューク大学、ミグエル・二コレリスという
学者は、コンピューターで作られたデータ-を
人間の脳に送れないか?
と言う研究しているようですがデューク大学と言うと、
カテゴリーの仮説「思考盗聴」の続き
でテレパシーの研究の著書の内容を
そのまま映したものを載せましたが
そこに、同じ大学でJ・B・ライン博士(1895~1980)
という方が、根気よく調査を行い、テレパシーの証拠を残している
と言う事を書いています
デューク大学

ふと、何かつながりがないかな?
と感じてしまいました
同じデューク大学であるならば
超心理学研究所をこの大学に設立したとして
有名であるはずで
脳研究に人間の心理についての研究も関わってくるのでは
ないか?
と・・・
テレパシーの存在など念頭において、これらの研究をしているのではないか?
と思ったわけですが
それ以上の事は、放送されていないので
真相はわからずじまいだ・・・



その他には、こうした技術を軍事的に利用できないかと言う研究がされていて
DAPPAという軍事関連商品を作っているアメリカ企業が、こうした研究に取り組んでいる
映像が放送されていました
これは、ネズミの脳に機械を埋め込み、自由に動かせると言うもの
ねずみにインプラント



しかし、これを見て思ったのは、この間
もう30年以上前にこの実験は成功していると、2003年日系サイエンス12月号に
掲載されているという事を書きました
世間的に知らない人は多いだろうけれど、研究者の間ではこうした実験は30年前に成功している
と知っているはずなのに
何をわざわざ
今この時代に、脳科学が飛躍的に進歩したとして放送しているのだろう?
と感じてしまった
わざと、ふた昔前ぐらいの遅れた技術を見せ付けて最先端だ
と言っているみたいに感じる
これは、何も知らない人たちに、今の科学的研究はここまでしか進んでいないんだ
と見せているみたいに思ったわけですが
本当の所、もっと研究は進められていて、民主主義の名の元に
非難されかねない所まで進んでいるのではないのかな?
と・・・
何せ、脳の中が読み取れるようになったとしたならば
人権問題に発展しかねない
それでは、国から資金など出なくなり、研究を先に進めるのは難しくなる
だからあえて、古い実験データ-をTVで放送しているのではないか?
そう感じたわけです

立花と言う解説者が、海馬と言う記憶を保存する内容を、外部で保存できたり
記憶をコントロールできる実験がされている
と言う話がありまして、この方は最初聞いたときに
「海馬と言う脳細胞が沢山集まって、人間の脳内の情報は複雑なのにそんな事は出来ない」
と思っていたようです
ところが実際にその研究施設へ行って、間近でその研究を見たことによって
出来るんだな
と思ったと言う話です

私達一般人が、ただはなしで聞いたり、書籍で読んだりした事に
「そんな事があるわけがない」
と思う事が多いわけだけど、実際の科学力は私たちが思っている以上に
進歩しているのかもしれないわけで
それを密かに一般人対象に実験は行われていないのだろうか?
と思ってしまった・・・

後、アメリカのクラブでは腕に直径3ミリのチップを埋め込み、
そこから自動的に料金を引き落とせる
と言うシステムがあるとの事です
この写真は、その時の物
腕にicチップ


便利になりますね世の中
日本の無線マニア等に、たまらなく格好の餌食になりそうですけど?
便利になる反面、それを必ず悪用する人間がいるという事を思うと
これらの技術は、自分にとって必要ないし、又、危機感のあるものに感じた
スポンサーサイト
テーマ:謎の声 - ジャンル:
COMMENT TO THIS ENTRY
--テレパシーストーカー--

ある集団から24時間テレパシーを使った悪質なストーカー被害を受けています。非常に緊急です。日本のような警察には扱えないような内容だと思うので、あてにはしていません。非常に陰湿かつ悪質なやり方です。数人の集団の中に吐き気がする程相手にしたくない人物も含まれており耐え難い嫌悪で頭がおかしくなりそうです。突如発生したのですが、少しでも知識がある方がいたら書き込みをお願いします。

- from sss -

   非公開コメント  
スポンサーサイト4月24日分 夜放送していたNHK番組を見て、心を読む機械は出来るのか?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。