ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月27日分 ヤコフ病 
2006.05.03.Wed / 19:08 
4月27日
夜、ヤコフ病について放送しておりました
アメリカ同州チェリーヒルの競馬場(閉鎖中)のレストランで食事
した、従業員、利用客の中から
27人のヤコフ病患者を出したということでした
この病気の発症確率は世界共通で年間約100万人に1人
の割合であるのに

この競馬場のあった地域からこれだけの人数の患者を出すということは
考えられないとの事で
レストランで使われた牛肉の中に狂牛病にかかった牛の肉が使われていたのではないか?
と言うことを、一般人が調べていると言う事でありました

で、狂牛病問題と言うのは、牛肉輸出問題にからみ、政治的に
あまり騒がれたくない問題のようであります

調査を行っている人は、技術など何も持たない、主婦なのですが
家の中に置いてあったデータ-が盗まれたり
街を歩いていると、怪しい男性が近づいて、見てきたりと
自分の身辺に危機感を感じていると言う事でありました

なんか、組織的ストーカーやっている連中と同じだなぁ・・・
と思ったわけです

直接殺しちゃうと、絶対的に怪しまれるし
その調査に関わった人たちが、その事から余計に騒ぎ出す危険性がある
事でしょうから、そうした事は出来ない
だから、
「貴方の気のせいでしょ?」
と思わせる程度で終わらせておく

されている人間が、いくら、見張られている
と感じても、それを、人を変えたり、毎日同じ人間でなければ
絶対的に、証明が出来る事はなく
確実に、精神的負担だけを与えられると言う行動だ

何処の国でも、都合が悪い人間にやる嫌がらせは
変わらないんだなぁ・・・
とつくづく思ったりした


スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト4月27日分 ヤコフ病のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。