ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月6日 対話と他者と言う言葉を聞くと最近、本当に吐き気がする 
2006.05.10.Wed / 02:28 
この日はお昼にパソコンいじっていると
とある会からメールが来ていたのに気がつく
私としては、ブログにかかれたコメントの人と
トラぶっていたわけですが
ある日を境に、コメントがこなくなったので
もう終わった事なのかと思っていました

それなのに・・・何やらその事についての話し合いのメール・・・

純粋にブログの書き込みについて
私だけ、この人ととらぶったのかと思っておりました
それで、この人いわく
「会の心象悪くする」という感じで注意されていたので
その事で何か問題があったのかな?
と思って行ってみると・・・
私には特に問題なかったみたい(ブログで問題がなくもなかったけれど)

今までのコメントの数々を読んでいて
会のほうでは、もめた当人がこない事をいい事に
初めて参加した人などに多分
自分の事を相当悪く言っているに違いないな・・・
とは思っていたけど、別に、いいかって考えだった
いままでのこの人の話を聞いていて疑問に思う節があったので
営利目的のような感じがしていたわけですが
ブログにもちょっと書いていたりしてあります

それをふまえて、こんな妄想していたりした
例えば、
「書かないように言われた事を書いた奴がいてね
約束守れない人がいるんだよね」
と散々悪く言えば
それを聞いた人は、
「自分はそんな人間ではないから」
と正義感をかき立てられるわけです
それで、一度そうした感情にうまく乗せられてしまい
「皆には内緒だよ」
なんて約束をした日には、話を聞いていくうちに
だんだん
「あれっ?おかしいな?」
と疑問に思う事が出てきても
「でも自分は悪口言われていた人みたいな
人間じゃないから黙っているわ」
と他の人に相談できずに餌食になる
と言う典型的なパターンが起こりうると見ていた

それで、行ってみると、なんだ・・・やっぱり
もう関わりたくないなと感じる
妄想が現実に?
さすがに、それで問題があった日には会の責任になるから
話し合いの場を設けたらしいです

今までのコメントを読んでいて、私が人格的に問題ある
と言うような書き込みまで、されております
確かに、自分はそんないい人格とはいえないけれど
あんたはどうなの?
と言う考えだった
そこまで、人のことを書いておいてどうにも・・・
本当に、こういうことをしようとする人は
物凄く人をコケにするんだな・・・
とよくわかりました

でも、案外、憎めないキャラなのか、以前、怒鳴って追い出した人と
ずいぶん対応が違ったりする
その意見に賛同して解決しようと言う人がいるのなら
それはそれでいいんじゃない?
私は遠慮いたします
と言う具合だった・・・

それにしても、その事務所に行く途中と、また、そこで話している最中
ヘリコプターの音がうるさくてたまらない
撮影しようとしたんだけど
周りがビルに囲まれていて、写したのを見たら、ビルだけ・・・
デジカメにしても、携帯のTVにしてももうちょっと反応よくならないかな・・・
こういう時に、普通のカメラって重要とか思ってしまう
日比谷公園で飛んでいたのと同じ赤と白のヘリだった
14時40分頃駅について、道に迷ってそこから20分ぐらい歩き
15時に事務所について16時にその部屋出るまでの間
ずっとヘリの音が何処からかしていた
なんだったのでしょう?
あの現象は?
今回は撮影できなかったので載せることが出来ませんが

それで、事務所を出て駅につくまでは、ヘリの気配なく
そのまま大井町まで帰る
電車の中で広告見てみたら、第三文明の広告見つける
以前、”デマ報道と戦う第3弾”
「ウソをズバッと斬る!~“創価学会へのデマ”は裁判で断罪」
と言う項目が気になって読んでみようと思っていたけど
次の号に変わってしまっていた

しかし、どんな内容なのか読んでみようと思い
大井町につくとアトレの書店に行き立ち読みしてみる
すると
「他者」
と言う言葉が沢山出てくる事に気がつく
「他者」
と言えば、コメントに沢山書き込まれていたっけ
人間って普段聞いている言葉や読んでいる書物の言葉が
不意に出るもんだ
「他者」と言う言葉使いは私としては、あんまり聞きなれないと思っていたのだが
「他者」ねぇ
2006年03月31日書き込み
3月30日木曜日、
危険映像放送って言うけど他のTV局でも画像音声でサブリミナルとか放送してるんじゃないの?
>他者の存在を理解しないようだ。キミの文章はナルシスト。読んでいて、ゲロ吐く。
>訴訟だぞ。他者を舐めるな。
>他者を舐めてるんだよ。政治的謀略で、海外では日本の公安警察のように徹底した隠蔽はしない。
>隠蔽するところが、掟に対する忠誠がないのだ。

他者が沢山・・・
第三文明読みながら
コメントの人は創価学会員の可能性が高いなと感じた

そんなことを考えながら帰路につき
家に帰って食事していると
世界遺産
05月06日(土) 20:00~20:43 スペイン
ガウディの夢~ スペイン・バルセロナ~
が放送されている
女性リポーターがサグラダ・ファミリアを水辺の対岸から眺めている時に
空にそそる塔を見て「天との対話」と感動していっておりました
「対話」か
それも、創価学会で使われる事が多いよね
最近、何処に行っても人間が創価学会に見てとれ
物凄く策略をめぐらしているように感じた
スポンサーサイト
テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト5月6日 対話と他者と言う言葉を聞くと最近、本当に吐き気がするのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。