ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月11日分 電波 アンビリーバボー 
2006.05.13.Sat / 23:06 
この日、志村ケン司会の動物番組
を見ていたのだが、ちゃんねる回すと
アンビリーバボーが放送していた
何でも、「モスキート(蚊)」といわれる
若者撃退のための機械の話をみる

アンビリーバボーの公式サイトを読むと
人間に聞こえる音はおよそ20~20,000Hz。20,000Hz以上の音は
超音波と言われ人間には聞こえない。
一方、聴力は年齢と共に衰え、年をとると耳が遠くなると言われ、
小さい音が聞き取りにくくなる。
実は聞こえる音の幅も狭くなり、同じ音量でも高周波の音ほど
年齢による低下が著しいのである。
モスキートは、20歳位までの人だけに聞こえる高い周波数の音を発生させる。
16800Hz、85dBのキーンとした不快な音だ。
85dBは法律で認められる最大音量で、健康被害が出ない程度の音で
若者だけに不快な音が聞こえているのである

と言う事であるけれど
それを作った人物は
地元のセキュリティ・コンサルタントのハワード・ステイブルトン氏
特別、音響工学研究に携わっていないとおぼしき人間が
試行錯誤で作れてしまうもんなんだね
日本に数いるアマチュア無線の方々でしたら、
秋葉でも行って部品そろえれば直ぐに作れそうだ

実際に番組でその機械を試していたけれど
私の周りで起こっている現象に近いんじゃないかな
しかも、最近超音波で肉声を放送する機械もある事だし
「モスキート(蚊)」の効果と、その技術混ぜれば
人によって、違う周波数の音声を放送し
それぞれ、聞こえ方が違うと言う事も起こりうる
事でしょう
と思ったわけです

アンビリーバボー


TV電波を通してはでは、聞こえませんご了承ください
と言う事であります

超音波は、普通のマイクでは拾えない
だから、TV電波を通しては聞こえない
と言えるけれど
超音波そのものはTV電波を通して聞こえるかどうか
は疑問だ

ずいぶん前に日記で書きましたが、
みのもんた出演のオカルト番組ありました
その番組で
「ヘミシング」の音が放送されていたわけです
この音は、超音波ではなく低周波の音だったのですが
超音波も低周波も、可聴域を越える音波であるのには
変わりなく、それが放送出来るのだったら
超音波だって放送しようと思えば出来るはず
と感じたのです

マイクを通しては放送できないけれど
直接、超音波をTV電波に変換したものを放送すれば
TVでも放送できるんじゃないの?
ってね

それに
1昔前の超音波の書籍を読むと、
 超音波と言われる広域の
 音が入っていないCDは長時間聞いていると物足りなさを感じ
 疲れを生じる
 LPはCDよりはるかに特性は落ちるが、長時間聞いていても
 疲れないこの理由は何であろうか?
 このような欠点を改良して、超音波成分を付加した
 CDステレオがあると言う
(超音波の世界 NHKブックス 51ページ)
昔のCDには超音波成分が省かれていて、
聞いていて違和感があったらしい
今販売されている物は、全て超音波成分付加されて
いると言う事であります

もし、TV放送で超音波成分が放送されていないと言うのなら
長時間見ていると、物足りなさを感じ疲れを生じるわけですが
TV放送を長時間見ていて疲れ生じましたか?
眼にはよろしくないけれど、疲れると言う人はあまりいないと思われ
そんな事からTVやラジオ放送にも
明らかに、超音波成分入っていると思うわけです

それこそ、試験放送の時の
「ピー」って音には、超音波成分入っているはず

それなのに、TV電波では超音波放送できないって
こんな技術はあるんだけれど、それ以上には
悪用は出来ない代物です
と言う事をアピールしたいだけなのでは?
と感じてしまった

まあしかし、音波、電磁波音声、振動波による攻撃はないと言う事なので
そんな機械を悪用して嫌がらせしているのはいないのでしょ?
くだらないなぁ

あと、趣味ブログで「ダヴィンチ・コード」についての
自分の解釈をかいたら
古館一郎が
「”ダヴィンチ・コード”を理解したような発言とかして・・」
と何の脈絡もなく言い出し、いっている事を聞いていると
古館一郎と言う人が、自分本人の発言を謙遜すると
言うないようだったのだが
前後の話の流れから聞いていて、突発的にだされた、このネタに
どうにも、あてつけ?
と感じた部分あり
誰がどんな解釈しようと、知ったように言おうと、そんなの勝手だろうが
と感じた

組織的ストーカー連中がTV局にももぐりこんでいて
テロップや、芸能人などに、仄めかすような事を言わせて
面白がっていると言う事はないのでしょうから
気のせいか
スポンサーサイト
テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト5月11日分 電波 アンビリーバボーのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。