ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続5月18日分 アンビリーバボー監獄実験 
2006.05.25.Thu / 01:40 
5月18日に、アンビリーバボー放送しておりまして
「実録・恐怖の監獄」と言うテーマでした
映画「es」の元になった心理臨床実験の実話であります

その、実験の内容とは、、
応募してきた70人以上から心理テストと面接で18人を選出した人間を
くじ引きにより看守役と囚人役9人ずつに分けて
スタンフォード大学構内の地下研究室で
刑務所での体験をさせるというもの
そのうちに、ごっこ遊びがリアル現実味を帯びてきて
予定されていた、2週間の実験期間が
1週間で止められたというのも

より現実的に見せるために、逮捕する所から始まり
毛じらみを消毒する作業まで行っている

実験用としての監獄の為にトイレが無く、その時だけ
監守役の人間に頼んで牢から出してもらっていたのだが
看守の方は、そのうち、囚人に対しての扱いが粗悪になり
エスカレートする
3日目には反抗的な囚人に看守はトイレ代わりにバケツを与え、
外に出ることを許さなくなった

そして実験5日目で禁じられていた暴力が現れ始め
トイレ掃除を素手とわずかなトイレットペーパーでさせたり、
看守の靴磨きも素手でさせるなどを行わせ
その挙句、看守は監獄の中を清潔にすることは許さず、
囚人がどれだけ人間としての扱いをされていないかが
伺えられます

この惨状をみた、学生は危機感を募らせ、
この実験を試みた社会心理学者の
スティーヤパン・メストロヴィッチ教授
に中止をした方がいいと
申し出たようなのだが聞き入れてもらえず
この教授も、その状況に飲まれて、惨状の悪化を賛美している傾向が
見受けられようになる

そして、リアルに再現する為に教授の指示の元
牧師を刑務所に迎え入れて、囚人の
カウンセリングを行う事までしていたのだが
ところが、これが仇になって
実験中止に追いやられてしまったという話だ
何でも、この牧師が、惨状を見て
実験関係者の遺族に連絡を取り法的手段を使って
辞めさせるように申し出たからだ

もう少し続けていたら、
本当に「es」の映画と同じようになっていたかもしれない
ちなみに映画では、自分が特権階級と勘違いした
監守役の人間に囚人ら何人か、また、実験中止を申し出た人間など
殺されております

実験終了の予定日までやっていたらどうなっていたのだろうか?
其処まで、やってたら、面白かったのに・・・と思ってしまう
というのも
軌道の研究で不観定原理という言葉があり
仮相粒子という想定をあげ、その想定した内容が事実かどうか
研究しているというはなしであります
独自に動く粒子を
「こういう動きをするのではないか?」
と想定した上で、その動きを追い
本当にその通りに動いているのか
調べるという実験との事ですが
心理学、精神分析が科学というのなら
想定した事が現実になるまで、行わなければ
科学的といえないのではないか?
とおもったわけです
映画は所詮映画で
現実に限りなく近いストーリーでも作り物だ
実際に、そこまで起こっていない以上
それは、脚本家の憶測にしか過ぎないわけで
本当にするなら、其処までやってみるべきだった
と感じてしまうわけです

でも、日本の刑務所では、水圧の高い消火用放水機で放水され死んでいる人間
いますし、そういう事から中止になった監獄実験の先を
立証しているという事が伺えられるか・・・


このVTRが終わった後、ゲストや観覧席の何人かの
「こわーい」
なんて声が聞こえてくる
しかし、そうした事に恐怖を覚えた人間だって
自分より格が下と思われる人間には
この監守らと同じことするんじゃない?
と覚めた目で見る

私に対しては、こんな事を言っている奴らも多分、
この監守と同じ事するよ
100%間違いなくね

私はリアル現実で、この”状況の力”と
”人間の本能”を見せつける実験を街中でやっていると同じだ

もちろん、自分が其処まで嫌がらせされているわけで
「こいつら奇麗事ばっかり言いやがって」
と思って、キチンとした研究機関とは全く関係なく
仕返しのつもりと、検証でこんな事しました

とりあえず、街行く人に
「やな奴を殺せよ」「やな奴殺していいんだよ}
といってみたり、「いじめについてどう思う?」
なんて聞いてみたりしたけれど、面白い反応

それで、
「やな奴殺せよ」
といった場合
それいわれて、中学生ぐらいの年の子は非常にムカツクらしく
「お前が死ね」
とかいってくる

ところが、ちょっと待って
「あんた、自分の言っている事に気がついているの?」
それは矛盾しているだろうと・・・
人を殺してはいけないといいながら
”自分の意見と会わない人間”には、”死ね”という
人間というのは、そういうものだと自分で豪語している事に
気がつかないのかな?
言い返したかったけど行ってしまいましたが

私は言っているだけだし、相手も言っているだけだ

その中で起こる、自分の理念に反する考え
に腹を立てる、
つまり、
”自分と、そりが会わない人間は
誰でも言いから排除したがる”
そういう思考が、監獄実験の現状を生み出している事に
気がつかないのかな?
が実際に人に対して言ってみたところの
反応を見ての感想だ

ところが
心理学では、”状況の力”が作用して、集団的に
暴徒するといいはる

いつまでも、状況というものの責任にしないで
人間自体に生きていく上で、そうした能力も
持っていると認めたら?
と感じてしまうわけです

それは、人間が持つ、
”自然淘汰””弱肉強食”
という本能、遺伝子的掟としてしまえばいいじゃない
ところが、人間のプライドからか
他の生物よりも知能があることを意識して
動物的感情を認めたがらない
そういう人間は、ごく一部という事で片をつけ
”くさい物に蓋”
あくまで、人間全般は基本的に
クリーンでなくてはならないようです

反論する人間はいると思いますが
同じように街中で言って実験してみたら?
どういう反応が返ってくるのか?

あと、アンビリーバボーのサイトを読んだら
その文章の末尾に
”あなたは状況の力の中で自分を見失わない自信があるだろうか。”
”監獄実験は、今も問いかけ続けているのだ”
なんて書いている

誰に問い続けているの?
真剣なんだけど、現実に合わないと思われる
人に対しての問いかけの文章
ギャップがちょっと、うけた
そんな事、興味の無い人間はこれっぽっちも
考えていないし、直ぐに忘れるよ

大体、こんなネガティブな事を
仕事に忙しいサラリーマンやOL、バイトや、遊びで楽しい学生ら
家庭を守る事に翻弄している主婦ら
今を充実している人間が話題にするわけ無いじゃん
皆明るい話の方が好きでしょうよ
それこそ、TVでわざわざそういう話題の番組作って
討論させるような場所以外
哲学者、心の解明をする人間以外(それだって怪しい)
いまどき、その場を暗くするような話なんて
珍しいと思うけどね

しかも、人間は自分がされなければ
飽きっぽく都合の悪い事は忘れやすいもんと常に
感じている
”自分がなってみないと真剣になって考えない”
それが現状だ

フジTVの前で実際にやって見せたのだから
その結果は?
でも、覚えている人はほとんどいないんだろうなぁ
なんて、思うんだけどね

4年ぐらい前には大阪、広島兵庫、福岡、長崎、
1年ぐらいでは、青森、仙台、秋田
等など
実際に、私が街中で
「やな奴を殺せ!」って言いまくっていたのを
覚えている奴どれだけいるの?
警察まで呼んだくせに
って感じ
覚えてなさそうだよね
そういう話をこっちから持ちかけて
「あー思い出した!」
ぐらいじゃないの?
実際は
”のどもと過ぎれば熱さを忘れる”
いっときだけ、そういう人間が出て、少しぐらい街で騒いでも
暫くたつと、忘れちゃう人間が多いんじゃないの
あるべき物が無くなったりと物質的影響がないと、
人間中々ね

TVで放送している事も何処まで人が覚えているのかって話

アンビリーバボーはフジTVですが
これ、企画した人は、そういう事が数年前にあったの知っていて
放送しているの?
知らないか、こんな事・・・

そんな事もありました

ところで、組織的ストーカーの連中のやっている事も
監獄実験の監守役の人間と同じだ
ってね
監守役の人間が証言していた通り
対象者を
「囚人達を自分よりも汚い劣った人間と見なしていました」
と同じように見ているのでしょうし
そう見せるために
「オウム」や「殺人者」「泥棒」
など言ってくるのでしょう

こうした事を噂で言うと、
その一言だけで、人の見る目が変わるからね
偏見というのが着くと拭い去れませんから

あとホリエモンが、逮捕されるまえに
「自分は悪い事していないのに、”悪い事をした”と
周りから言われていると、そんな気(犯罪者みたい)になってくる」
と発言しておりましたが
この、監獄実験のことといい、自分の今の状況といい
まさに、その通りであります

監獄実験において、カウンセリングした牧師が
囚人役の人と会話し、
囚人役の無力感と絶望感は初めて服役した囚人達とそっくりで、
実験とは思えないくらいだと意見を述べた。
という事から、人間追い詰められると、
犯罪者と同じようになるんだね

最近、私もこうした傾向が強くなっているわけですが・・・
なんせ、「オウム」から始まり「人殺し」
「中指立ててきたり」「親指下げたり」そういう人間が沢山

証拠の写真が無いのをいい事に相手はすき放題やってきます

ついでに、電磁波音声での攻撃があるとは誰も信じませんが
自分をさげすむような事ばかり聞こえてきます
これで24時間

世の中に貢献する?
馬鹿らしくなってくるわけです
ほんと、無気力になるかも
どうでもよくなってきたりして

解る解るその気持ち
と感じてしまった

あと、
2006年03月31日3月30日木曜日、
危険映像放送って言うけど他のTV局でも画像音声で
サブリミナルとか放送してるんじゃないの?

で沢山のコメントを書き込んでいただいた方も、
匿名で書き込むときの、豹変さ
誰が書いたか見当はついているのだが
自分が書いたといわなければ、本当に自分が書いたかどうか
解らないと思っての行動
いやー、不思議ですね

ついでに、この方、
3月27日分、キミは何を寝言みたいなこと書いているのかね? 
あなたに電話しても通じないから、何時から何時までの間、
掛けたらいいのか、このHPで記載して下さい。人に頭をぶん殴られなければ、
他者の存在を理解しないようだ。キミの文章はナルシスト。
読んでいて、ゲロ吐く。
「物質的に残さなければ、法律は動かないのであります」。
これはどういう意味かね? 殺人事件で何の決定的物的証拠がなくても、
犯人の自白で有罪になるケースがあるだろう。
(1)有名な帝銀事件がそうじゃないのか? 
(2)日本の過去、冤罪事件の多くは、決定的物的証拠がなくて、
犯人とされた者の自白で、有罪になっているのではないのか?
(3)キミに名誉毀損、誹謗中傷により苦痛を味わったから慰謝料支払えと訴え、
これを証する決定的物証がなかったとする。
キミはこれに対して潔く、自分がHPに記載したと認めたとする。
判決はキミに支払い命令が出されないのかね?

この事に関して、そういうのであれば、
私は、そちらの対応に任せます
弁護士の判断に委ねます
という返事かいております

ここまで書いていて、
他の人には訴訟する気はないと言っていたというから
驚きだ

しかも、私は法律に詳しくないのでなんとも言えないのですが
強制的な自白って証拠にならなかったんじゃ・・・?

そういう言葉を読んでいて、こいつ組織的ストーカーの一人で
電磁波音声したり、社会的に人を使って嫌がらせする事で
対象者を追い詰め、自白させたがっているんじゃないの?
って感じ
組織的ストーカーの狙いはこれなわけ?
ってね

警察官でも、それが本当の犯人かどうか関係なく
逮捕すれば自分の業績になるわけで
真実よりもそういう、利益優先の社会を垣間見た気分だ

自白させれば、そういう組織から、感謝される
とでも思ってやっているのか?

違ったらお前どう責任取るつもり?
とは思うが、個人的に言っても、そういう事はないで
終わってしまうのがオチだ

個人の命よりも社会に捨て駒は沢山いる
ぐらいな考えなのでしょう

私の方もここまで悪く言われていたり
こそこそ、隠れて裏で何かをしている気配を感じると、
本当に犯罪が起こった時は冷たく見ているわけです

人を犯罪者扱いしておいて
こういう事件が起こるわけ?
ザマ―ミロってね

組織的ストーカーをやっている人間が
私に対して思っているの同様
私も係わり合いの無い人間がそうなろうと知ったこっちゃない
わけであります

それで、秋田で河川でしたいと発見された
児童のニュースがよくやっております
見ていて創価学会員ぽいと感じてしまった
そんな事を思っていたら、溺れ死んだ
というニュースから殺人に切り替わり
警察が躍起になって調べている
その前の子の時は調べなかったのに、なんででしょう?

創価学会信者が死んだ時だけ動く警察か?

創価学会が騒いだ時だけ対応する警察官ってどうなの?
なんて、死んだ子が学会員かどうかも
わからない状態でそんな事思ってしまった
しかし、創価学会が絡んでいるかいないかを
抜きにしても、この対応の差には如何せん
1人の命が天秤に掛けられていると感じたわけです

だから、
”命は尊い”
なんて奇麗事は現実的じゃなくてだいっ嫌いなわけです
この言葉ほど、嘘臭い物は無い
そういう事を
「当然だ!」
なんて言う人間には、
「絶対!?」って言い返したくなる
「お前絶対に、人間の能力値を比べて天秤にかけてないんだな?」
「”こいつに死んでもらっては困るけど、こいつはどうでもいいか”
なんて言う目では絶対に見ていないんだな?」
とね


・・・・それで、こういう事を書くから嫌がらせされるんだって?
そう?
でも、現実見てどうなの?
それで、奇麗事を言っている割に、やっている事どうなの?



スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト続5月18日分 アンビリーバボー監獄実験のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。