ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月21日分 サタニック・パニックと宗教 
2006.05.27.Sat / 22:33 
この日は、何処にも行かず
前の日に購入した週間新潮と週間文春
を読んでみる
週間新潮の方はいつもの通り政治と創価学会の事を書いております
政教分離といっても、皆創価学会と公明党が
同一と知っていて黙っているのだから
別に書かなくてもいんじゃない?
と思って読んでみる

しかし、池田大作という人よりも、政治的に、繋がりがあるのは
秋谷という会長の方のようだ

この間、派閥があるのかな?
なんて書いたが、あっても、無くても
50歳以上になって、他の寺に
”教義が違う”
と、何百回と
悪戯電話して逮捕されたのも要るわけで
信者らは何かしら、洗脳されていて、都合の悪い人間は
排除するという心構えは何言っても直らない事でしょう
今の、社会、教育において、どこか、創価学会の
思うが侭になっているように感じるこの現状
私だけがそう思っているわけじゃないと思うけど
今の所、本当に危機感を持つ人間は、
生贄になった人間のみかな

根本的な問題を隠すために作られる、大した事の無い問題
その大した事の無い問題に、世間一般が色々と右往左往して
振り回されている感がある
それで、本当に生活に関わる法改正などマスコミは言わない
「PSE」の問題なんていい例で、一般人の気がつかないところで
もう何年も前から(2001年施行)そんなこと決められている
マスコミも、ぎりぎりの所までわざと騒がなかったような
感があるし・・・一部の特権階級の連中に
牛耳られてる気配を物凄く感じたわけです
私は個人的に政治でも、自民も(民主の一部派閥も)TV業界も手玉に取り、
こんな事出来るのは創価学会と思ってますが
さてどうでしょうか?

「PSE」だけならいいけどね、
他にもそういうのが色々と在ったりして
それらの生贄になる人間はこれから先にどれぐらい出ることでしょう?
本当に危機感持った奴がどうにかするんじゃない?
別に好きにさせておけば?
と思ってしまう

ところで
電磁波音声攻撃、公安警察、警視庁などの執拗な尾行、
の嫌がらせがあり
国家がらみではないかという話が出ております
何でも、人体実験など行う際は
一般人を使うわけで無作為にそういた事をしているのではないかという話があります
うらで、フリーメーソンが絡んでいるなんて話もある
日本では、UFOの連れ去られインプラントを埋め込まれた
なんて話はありませんが
(に見せたアメリカ軍による催眠暗示や洗脳の人体実験だったりして)
20年以上前は、誰も信じなかった
北朝鮮拉致の話も現実であった事がわかり
何が起こるか解らない世の中であります

さて、国家的(国家を利用した?)
な、可聴域以外の音声を使った国民洗脳実験が
あるのでしょうか?
また、その効果を調べるために、どれだけ、
無意識に人間を動かす事が出来るか
対象者を作り、嫌がらせを差し向けるとかね

それにプラスして、直接、可聴域以外の音声が作用しなくても
この間アンビリーバボーを見て書いた日記の通り
”状況の力”なる物で
人間はどんな風にもなりかねませんから
「デビルマン」という漫画ありますが、アニメでは消されていますが
悲惨な終わりかたしております
悪魔に洗脳された人間が、暴徒と化し、主人公が世話になっていた
一家を皆殺しにするという結末
こういう事は、漫画だけで、現実起こらないと思いきや
世の中不思議な物で
ナイジェリアで”ペニス・パニック発生”
(”サタニック・パニック”の一つ)
なんてものがあり


まあ、つまらない事で、人間は暴徒と化す事があるんだなぁ

”人間の善悪の基準”や、
”他の生き物と違い理性がある”と豪語する様に
非常に疑問があるわけです

そういうのは、宗教やっている人間には絶対無いのかというと
大してかわりはしないだろう
と常に思っております
大体、2年ぐらい前に自殺したポール牧というタレントは
デビュー前に僧侶の修行をした事があるそうですが、その時に
いじめに遭ったそうです
仏に仕えるという人間でさえ、上下関係や、気が合う人間かどうかの
判断基準で、行動しているわけです
宗教とは一体?
と考えてしまうわけです

というわけで、私としては、宗派という概念の無い
お稲荷さんに、よく手を合わせているのだが
週間文集の、”黒鉄漫画研究所”という連載漫画
で、お稲荷さんに懺悔している女性の話があり、
「宗旨違うやろ?」
なんて書かれている

こういう漫画を書く際には
お稲荷さん以外にも色々と在るだろうに・・・
と思ってしまった
これを選んでくるってのが、自分の趣旨とあっていて
ストーカー連中が私がそういうのに手を合わせるのでも
見て噂して、それを聞いた漫画家が書いたのかしら?
なんて、思ってしまった

この漫画との違いは私は懺悔なんてしてないってことだけど
私が手を合わせて拝んでいるのみて、他の人はどう思っていたんだろうね
私が何を祈っているかは内緒にしておこう


それで、週刊新潮といえば
この間にも創価学会関連の記事と
鳥のオウムの記事を繋げて掲載したりして
なにやら、あてつけでやっている気配感じたりするが
編集部の人間がこのことを知っているのかどうかは
本人達のみぞ知るってとこだ


あと、サザンのメンバーで大森という人が逮捕されたんだって?
しかも、麻薬のバイヤー?
元ドリカムの人といい、その前には、サイコルシェイムって
ドラクエもどきのバンドのボーカルも捕まっているし

ここから色々と芸能界に浸透していたりして・・・?
芸能界は創価学会信者もおおいんでしょ?

スポンサーサイト
テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト5月21日分 サタニック・パニックと宗教のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。