ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月23日 騒音おばさんになるのなら、手段選ばずで、こんな方法もいいんじゃない? 
2006.05.30.Tue / 02:10 
5月22日ライブドアニュース
「英国版“騒音おばさん”!?に迷惑禁止令」
なんて見つける

読むと
”同容疑者はこれまで再三にわたり、レイプや略奪行為や
 地元の村を中傷するような合唱曲を大きな音で演奏”
”また、他人が普通に話しかけたような場合でも、
 容疑者は中傷されたかのように受け止め、攻撃的になるので、
 周りの人々に様々な迷惑をかけてきたそうだ。”

それでもって
そこで止めときゃよかったのに
”隣人の所有財産を破壊し、地元公道に動物死骸や犬の糞などを
 ばら撒き道路を閉鎖させたとして18日、
 同国の反社会的行動禁止命令が下された。”

とありました

日本とイギリスというと、島国であるという共通点も
さることながら
皇室のつながりも在ります
そこへきて、奈良の騒音おばさんと同じ事をする
人まで現れるとは、面白いですね

しかも、
”レイプや略奪行為や
 地元の村を中傷するような合唱曲を大きな音で演奏”
とは、
私の場合は大きな演奏ではない物の
似たような自作の歌を書いて歌った事があります
何処の国でも、そういう事する奴いるんだなぁ・・・
とつくづく感じました
他の人はどう思ったでしょうか?
こんな事する奴、そんなにいないって
そう、思った方がいたら

こんな面白い話があります

電磁波音声による攻撃、組織的ストーカーや嫌がらせでは
思考盗聴されていると感じる人がいるみたいだ
けれど、心を読んで第三者に伝えるという技術は、
今の科学では出来ないという話であります

けれどイギリスというと
20世紀中ごろにテレパシーの科学的証拠は実証済みである
とオックスフォード大学の動物学名誉教授アイスター・ハーディー卿
は英国学術協会に報告したという話があります

そんな事から
テレパシーで第三者が、そういう事をするようにでも
仕向けられた可能性があるのではないか?
なんて書いてみたくなる

なんせ、歌マップに自分と繋がりのある行動する人間が国を超えて現れると
他の国でも、同じような事をされている人間がいるのではないか?
と思ってしまうわけです

後このおばさん
”また、他人が普通に話しかけたような場合でも、
 容疑者は中傷されたかのように受け止め、攻撃的になるので、
 周りの人々に様々な迷惑をかけてきたそうだ。”
という事でありますが
幻聴でも聞えたのか?
ただの被害妄想なのか?

私としては、2メートルぐらい離れると、人の言っていることが
聞き取りにくくなり、何言っているのかさっぱり解らなくなります
しかも、こうした声の中にどうしても誹謗中傷
が聞えてくるわけです
なんか、耳の中に常に膜が張っているような感じもありながら
時には、「キ―ン」という音もしてくることもあり
幾ら幻聴でも、耳の中がまく張ったような感じや
エレベーターに乗って高度がかわった時のような
耳の中の違和感がな場所関係なく起こる訳ないだろう
と思っていたわけです

だから、電磁波や超音波が関係しているのかな?
とね

しかも、音や電気の周波数は
年齢や、個人によって全く感じ方が違うという事であり
同じ血を分けた家族でも、聞える人と聞えない人に
分かれてしまうという話
低周波では低周波公害でこうした事がネックになって
家族から理解されず解決に結びつきにくいという話であります
超音波ではどうかと思ったのですが
それもおんなじで5月に放送したアンビリーバボーでは
その特性を生かした、若者撃退機器
「モスキート」と言う物が紹介されていました
何でも
モスキートは、20歳位までの人だけに聞こえる高い周波数の音を発生させる。
16800Hz、85dBのキーンとした不快な音だ。85dBは法律で認められる最大音量で、
健康被害が出ない程度の音で若者だけに不快な音が聞こえているのである。
このモスキート、価格は622ユーロ(約8万円)で商品化され警察も購入済みという。

このイギリス騒音おばさんがこうした
電磁波や超音波音声攻撃(例として指向性音響システム「ここだけ」に似た機器)
がされていたとしたら
そうなってもしょうがなかったんじゃないかと
感じるわけです

腹立ちますからね
私も電磁波音声で誹謗中傷が聞えているのでは?
と感じても
隣で歩いている人間の話し声に
自分に対しての罵倒など入っているのを感じると
嫌悪感でてきますし

このおばさんの気持ち解る解る
と思ってしまった

しかも、自分に対して悪く言っているように聞えても、
証拠が取れないと
人に言っても無駄で、精神科を勧めてくる輩ばかり
もちろん、周りは心配して
いっているのだろうけれど(?)
そういうの全て策略に見えてくる(実際策略だったりして
回りは皆敵だって感じるわけです

で、こうした事をしたら、ますます相手の思う壺
こういう時は大人しくしているか、自分も同じ事を
やってみるかって話になる

私の場合、ばれないようにやっていても
何故だか、証拠取ろうと撮影しようとすれば
周りが大人しくなったり
するし、もう6年前から、消防車などうろうろしているので
出来ませんけどね
それで、1号棟の自治会の役員らに見つかって
怒られた事在るし

まあ、思考盗聴とか、見張られていなければ
わざわざ、騒いで見せないで

三菱から発売された”ここだけ”や「モスキート」を購入して
改造し試してみればいいのでは
今の所、そうした嫌がらせは出来ないと
いう事なので、証拠が取られる事もなく
24時間騒音を出しつづける事が出来るでしょうから
金銭的に余裕があって、やり返したいという人間は
この方法どうぞ
私は、そういうことでお金使うのもったいないと思っているので
しませんけどね
(お金があって、邪魔されなければ
してみたいという気持ちはあるものの)
機械音痴だし

ところで
先ほど、電磁波や超音波は、年齢、個人によっても
差があるという事だが
しかし、どこかの脳のスイッチを切り替える事で
何かしら影響が出来るのではないか?
と感じているわけです
それとも、スイッチではなく、多分こうした物を照射された時に
多分何かしらの違和感を感じている人間は多いはずと
思うわけです
偏頭痛、眠気、だるさ、脳内の感触がなくなったような感じ
など
ところが、一瞬で終わってしまうために
体調が悪かったのだろうと忘れてしまう
その違和感を継続的に覚えておいてもらうようにするには
どうしたらいいのか

それに現実問題、
それらの周波数を計測して、科学的裏付け証拠を取り
そうした主犯を捕まえる事よりも(主犯なんて無理だろう)
電磁波音声機械を使って、同じように真似する事の方が
ずいぶん楽なんじゃない?
と感じる今日この頃
(思考盗聴は無理と思うが)
やっぱり、自分も機械かって、人にやってみるしかないかな?
でも、お金ない・・・
しかも、それだけの知識をつむのも大変だな
この騒音おばさんと一緒になって
”悪用の会”
でもマジ作ってみようか
やってみたいです、
しかし資金不足で、今実際にやっている
元祖”悪用の会”にはかないませんか

私はオウム信者とさんざん陰口叩かれたので
試しにアーレフには指向性音響システムのサイトの入ったCDもって
「上祐って人に渡してください」
って行った事あるけど
見たのかな?このCD
もう少しあったかくなったら、白装束もからかいに行こう
あと、トシのいる開発セミナーも面白そうだ

誰か一緒にやらない?
この技術での嫌がらせ
そうすれば、本当に出来るかどうかもわかるし
計測するより、実際に出来るかどうか解って
手っ取り早いしね

統合失調症とか言われている貴方
やってみたいと思わない?
スポンサーサイト
テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト5月23日 騒音おばさんになるのなら、手段選ばずで、こんな方法もいいんじゃない?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。