ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月2日の、ガンダム再放送と 6月3日エンタの神様について 
2006.06.10.Sat / 04:10 
6月3日の事を書く前に
6月2日で気になった事をもう一つ

金曜日は、18時30分から
東京MXでガンダムの再放送しております
この日の放送はスレッガー中位が亡くなる話でしたが
以前見たときと終わり方が違う気がした

今回、戦いが終わって
帰艦したアムロがミライさんにその状況説明でも
しているかのシーンが目に映る
ホワイトベースコックピット内で
左アムロ、右ミライさん2人が向き合って横向きで
いる映像だった
この場面を見たときに、なんとも後付けで入れられた
映像のような違和感を感じる
こんなだったっけ?
スレッガ―中尉死んだ後の話って?

昔、見たときは
戦いが終わった後、直ぐに
ミライさんが宇宙服を着た状態でうつむいて
通路を通っているシーンになり
その後、エレベーターに乗り込んだのだけど
その時に壁に頭ぶつけ
(無重力状態なので急には止まれません)
その反動で顔を上げた時に大泣きしている
シーンがあり
しかも、その後、直ぐにブライトもアップに近い状態で
画面に出てきて
「私だって、悔しいんだ?」
(それとも「どうする事も出来なかったんだ!」
 だったっけかな?いまいち台詞が思い出せないけれど
 そのような事を言っていた記憶が)
と言いながら大泣きしていて、
そのシーンの後で、戦争の状況の
語りが入り、エンディングと思っていたのだが

ずいぶん違うんだな
と感じてしまった
私の記憶違い?

しかも、その少し前には
中立コロニー内でアムロとその父親が
再会すると言う話があるのだけど
これも、なんか違うと感じた

ホワイトベースが中立コロニーから脱出する時に
待ち伏せているジオン軍と戦いになるのですが
その状況を、中立コロニーのカメラマンらがTVで中継していたわけです
酸素欠乏症で、ボケの入ってしまったアムロの父親
は、その番組を見て大騒ぎをしている
そこまでは一緒だった
けれど、その後、戦局の結果に満足したアムロの父親は
ガンダムと息子を称えながら外に出てわめきちらし
(しかも遠くで「うるせー」と男の人が言っているのもあったような・・・)
その拍子で、階段から転げ落ち
死亡?気絶?
偉大な父親も、こうなると形無しと言う事であろうか・・・
そんなエピソードが入っていると思ったのだが
それがなかった・・・

私は、このシーンで酸素欠乏症の症状と、痴呆症患者の症状が
重なって見えてしまって、もうろくしたくないな
と感じた記憶があるのですが

ガンダムマニアの皆さん
私の記憶違いでしょうか?
むぅ
私の記憶違いでなかったとしたら
サブリミナルか他の映像かが入っていた事になるのだろうけれど
それでも、見ていた人が満足すれば例え別映像が
挿入されてたにしても、それはそれでありか
あえて消したのかな?
この2つどこか間抜けすぎて?

それで、思い出したのが
ラピュタのエンディングが2つあると言う噂
それって
噂でなくて、本当にエンディングが2つあるんじゃないの?

しかし、その噂の再放送をビデオに撮っておいた
と言う人がいて
違うエンディングではなかったという話があるのだけど
サブリミナル映像が挿入されていたんじゃないの?
ビデオの録画スピードが、高速で点滅して映し出される
別映像のスピードに追いつかず
映っていなかっただけだったりして・・・
と感じる今日この頃

昔、麻原の顔が挿入されていたなんて事があったけれど
あれぐらいのスピードは、サブリミナルでも効果があんまりないらしい
超スローモーション撮影機で撮影するぐらいしないと
映らない速さの点滅映像のものが、本当の所のサブリミナル
って言うなんて書いてあるサイトがあったので、いつか参考までに
載せておこう


それで、この日は土曜日
6月1日にライブドアブログが不具合を起こしたと言う事で
その分を書き込んだ所
それでもやっぱり、再構成のときにエラーが多い
前々から、ライブドアブログでは、自分はエラーが多いと感じているのだけど
他の人はどうなのだろう?

そんな事が気になりながらも
いつもと変わらないような事を書き込みながら
TVをつけたら
「エンタの神様」
が放送している
見ていると小梅太夫と言う人がでてきて
わけのわからない事を一人で話し
その挙句、最後に何か叫んでいる
この人面白いんだろうか?

以前、同じ番組で同じ人が似たようなネタで
機械仕掛けのロボットのように話をしだして
止まらない自分に対して
「こんな私をたすけて~」
と最後に突然言い出したものをやっていました
話の内容的にはどうでもいい事だったのだけど
最後の叫びが自分の聞える幻聴と同じだったので
ちょっと驚いて記憶している

自分は組織的ストーカーの被害にあっていると感じている
ものですが、このブログでは以前から
標的になった人間を利用して
TVで話題つくりをしているのではないか?
と言う事や
TV、ラジオ業界関係者も混じって、全国的に
可聴域以外の音声を使い嫌がらせを行っているんじゃないのか?
と感じ、その結果、イトーヨーカ堂の刺殺事件など
あったのでは?
と言う事も書いています

この小梅太夫と言う人間の喋りを聞いていると
明らかに、こうした声による嫌がらせを知っていて
意識してやっているように感じた

自分が言っているんじゃないかって?
私の幻聴が
組織的に行われている、可聴域以外での音声攻撃ではないか
と感じるも、誰も当てにならないのをわかっているから
親にでさえ「助けて」なんて、ここ何年か言ってない
仕返ししたくて、騒音おばさんのように
文句たらたら言ったり、暴言はいたりは
しているけれど

そんな事から、
自分が普段口にしない内容よりも
幻聴として聞える内容の方がTVで使われているのを見ると
この人も、私と同じ幻聴?が聞えているのかな?
なんて感じてしまう

それで、そういう事を、芸能人らが全て知っていて
お笑いのネタとして使っている気配を感じ
組織的ストーカーによるTV放送でのあてつけ
ではないかと感じたりする
私の自意識過剰か?

芸能人が本当の所を知っているの稼動なのか知らないですけれど
可聴域をこえる周波数に肉声を乗せて放送できる
機械は実際に発売されております
そうした機器での嫌がらせは行われていないと言う考えの
人が多いですが、
理論的に、その人間だけに、嫌がらせの音声を浴びせ掛けると言う事
が出来なくなさそうです

そんな事から幻聴として聞える事が
第三者の話題になっていると感じると
これは幻聴なのだろうか?ってね
さて
私が聞える幻聴と小梅太夫のお笑いのネタはただの偶然だったのか?
それとも、幻聴ではなく
この人も誰かが意図的に放送しているものが聞えて
お笑いのアイディアに取り込んだのか?
さて?どっちでしょう?

本人に確認したいのは山々だけど
こんな事を聞いた日には、なんて言うだろう?

あと、偶然と言えば
去年、ねぶたを見に青森行ったのですが
猫ヒロシと安田サーカス団が
「ラッセーラー」
の掛け声ネタがどっちが先に使ったかなんていって
喧嘩するという事がおこる
これ9月下旬頃の話
こんな芸なら、もっと昔にあってもよかったんじゃない?
と感じ
何で今なの?
と大いに疑問に思ったが

こんな事からも”エンタの神様”を見ていると策略立てたように
自分の事がネタにされているな
と思う事が沢山ある

組織的ストーカーによる嫌がらせがTV業界内で
行われていて、対象者を精神的に不安になるように
仕向けたり
映像サブリミナル、音声サブリミナル、
可聴域以外の音声で、見ている人を洗脳したり
都合のいいように、情報操作したり
そんな事がマスメディアを使い行われていたりして

嘘か本当か?
ラピュタのエンディングの2つあると言う噂や
アニメ、ポケットモンスター見て失神騒動
「悪魔の声が聞える」
事件等など見ていると、どうなのでしょう?

最近では、トリックの再放送が2からで
何で1からじゃないの?
と言う疑問を持っている人もいるようですし
再放送の変な入り組み方や、放送分
ホームページに掲載されないなどなど
よーく見てみると奇妙な事が沢山あったりする

そうした不思議さを調べていくと、色々な策略が隠されていて
世間一般が操作されているのを垣間見えるかも?
なんてね

少し前にアンビリーバボーという番組で、高周波を使った
若者撃退機器の紹介をしていたので
電波、奇妙繋がりで、
私が青森に行った時におりました清水圭の写真でも
載せておきますか

旅は道連れになってし猫ら!

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト6月2日の、ガンダム再放送と 6月3日エンタの神様についてのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。