ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月4日分 浅草橋のお祭りと八潮の女子高生に対して独り言 
2006.06.10.Sat / 23:56 
この日は浅草橋へ行ってみる
須藤神社と、蔵前神社のお祭りで
それに便乗して駅近くの八幡様でも
露天出しておりました

主体の2つの神社は少し離れているし
近くを通る道路も交通量があるので
露天が途切れ途切れ
元々数は少なかったが
たいした規模ではなかった


何人かは必ずいつもどおり、手を抑えたり
ドリルでものをあけるような仕草をして
人差し指を立てて頭につけていたりする
頭をかいているときって
対外手首が下に行くと思おうのだが
あからさまに頭を指差していると言う行動をとる

組織的ストーカーの被害の報告では
思考盗聴と言って、心を読まれているんじゃないか?
と言う報告があります
私も、それを感じている人間の一人でありますが
現実問題科学でそこまで出来るのか?
ときかれると、学者でないので何ともいえません
そんな事は出来るわけがないという人間が多いと思うし
それが普通でなくてはいけないと思っておりますが
脳科学の事をやっている番組を見たときに
テレパシーは理論的に出来ると言う事でありました
科学者が理論上できることは大抵それを言った時点で
試作品など作ってみて
試している可能性が高いと考えています
一般人を使って極秘裏に行われてた人体実験だって
今までの歴史を見るとちょくちょく顔を覗かせます
そうした事を考えた時に、さて?どうなのかな?
なんて思ってしまう

しかも、老若男女まじってやってくる人間がいるのを見ると
心を読む機械の噂を知っている奴がしっていて
噂はあるけれど、その機械を信じていない人間が
嫌がらせとして見せつけるようにわざとやっているように見える
噂だけならいいですけれど?
せいぜい、嫌がらせしてなって最近はそんな感じ
でも、こんな事で祭りは面白くありません

手を合わせて祈るのは、もちろん
自分と同じ現象が他の人にも感染しないかな
と言う事ばかり
自分と同じ人生を歩めとは言わないけど
この現象を他に人も共有して当然だろうと言う考え
だって元々、心を読まれると言う事は自然現象の中でありえない
事であり、それが人為的に行われていたとしたら
対等ではないわけです
対等な立場にたったときに、私を嘲り笑っていた人間が
同じように笑っていられる状況になるのか?ならないか
こうした現象をお前も味わってみろ
と思っているわけです
それを味わって、どういう人生になるのかは
その人の力量次第ですし

ああ、あと、24時間聞える幻聴?も対でね

皆に感染しないかな・・・ナムゥ

まあ、途中自殺する人間の方が圧倒的に多いと思われますが
貴方は何処まで我慢できるかな?
ってね

私がこうなったのは、「自分のせいだ」といわれています
本当に、私自身だけに原因があるのか?
もし違った場合、それが跳ね返っていくのは
もちろん他人
しかも、そうなった時に、
「何も悪い事をしていないのに、何で自分が」
なんて泣き言を言わせないための、このブログでありまして
しっかり覚えておいてほしいものです

実践的に組織的ストーカーとして動いている奴らも
どこからか微かに響いてくる忘れやすい電磁波音声を聞いているだけ
ならともかく
体と脳を実際に動かしハッキングとかしているんだから、
忘れはしない事でしょう
貴方が、苦しい状況に立たされたときに
ぜひ思い出してください

そんな事を祈ってきた浅草橋でのお祭り
帰りは、買い物がてら、大江戸腺に乗り戸越銀座により
街を見て、いく

途中、上のほうから何か響いていたように感じたので
いつもの通り、こっちから語りかけ見るが

こそっと言ったこの声が何メートル先まで聞えているんだろう?
って感じ

私の声は結構響くんだよね
この間、かいたけど、お経となえている後ろで
こそっと
「生臭坊主死ね」
って言ったら1人ビクって反応したし
他の坊さんはそんな反応なかったのにさ
聞える人間は聞えるけど、聞えないのは聞えない?

何人私の語りに感化されていくのか?
それだけが今の楽しみかな
だから、それに類似した事件のニュース見ると楽しくてたまらない
自分がやっているわけじゃないんだけどね
私の言っている事を、誰かが集音マイクかなんかで
拾って可聴域以外の音声で放送してない?
って事
思考盗聴も考えたけど、それは、現実問題
無理と言う人が多いので
考えられる原因はそんなとこかな
でも、それだったら出来るでしょ?実際に

しかし、戸越銀座の商店街歩く人に、この間の
坊さんみたいに強烈な反応する奴がいなくて
残念
つまらない結果となってしまった・・・

帰りは大井町で買い物してバスに乗ったが
このブログをかき始めて
でもかきたくてかかなかった事がある
それは
車のライトを上向きにして走る車の存在
証拠写真がないとこういうのは書いても信憑性が沸かないでしょ
どうにかしてうまい事撮影できないかな
と思っていた

ちなみに、この手法の事を
ブライティング(Brighting)と言うらしい
AGSASサイトからの引用です
私は気のせいと思っていたので、気にとめていなかったのだが
検索して調べてみると
少なくとも2004年から掲示板で書いている人がいたみたい
でも物凄く気になりだしたのは
遅番で帰りが遅くなった時に
大森駅でのタクシーのライトの状態や走っている車のライト
が、自分が前を通った時に急に
目が痛いぐらい明るくしてきたり
ライトを片方しかつけていなかったりと
まあ不思議には思っていた

車は基本的に運転しないんだけど
2003年ごろスクーターに乗っていたことがあったのだが
その時からまぶしいなと感じる事があったかも

この人たちが、掲示板や、ホームページで書いたから
真似をしてやってきているのか?
書き込まれる前からそうした現象があるのかは到底解りませんが
そんな事を言ったら自分のこのブログも同じに見えてしまうか
だからこそ、写真と言う映像として残しておかないと
意味がなかったりする
それで、バスの運転手横に自然と場所が取れたので
携帯電話のカメラでちょっと撮影して見る
すると、仙台坂で高校生が3人乗ってくる
それでも気にとめなかったのだが
自分の後ろに来た高校生がなにやら、後ろをいじってきている気配
さわさわ
気になったのだが、まあ普通にしていたので
そのままにしていた

その後青物横丁で結構、人が乗り込んできて
場所を移動したのだが
その後携帯電話をいじっていたら
後ろでさわさわしてきた女子高生が、他の2人に何か言っている
やっぱりさっきのわざとやったのか?
以前にも書きましたが、創価学会員は、私がやっていることを
ことごとく邪魔してくるのです
その邪魔の仕方と一緒なんだよね
この女子高生・・・

しかも、携帯で運転席から見える道路を写していたからって
別にどうって事はないでしょ
そういう事を言ってくる

後の2人は私を見ても何も感じなかったらしく
その女子高生が言い出したら
「きもーい」
とか大騒ぎ
だから、知らない人間と、知っていて嫌がらせをして来る人間の
2種類と
その知っている人間の噂に惑わされて嫌がらせをしている人間
また、本当の所を知りながら、怖くて逆らえない人間の
4種類がいるわけです


「創価学会の嫌がらせかい?」
って言ったら、陰口を言い出したほうは何も言わなくなっちゃったから
多分、そうだね
他の子は、
「一人ごとと言ってる」
とかうわって顔して言ってきたけど

このおんなぁ
何も言わなければ、こいつら何も知らずに済んだのに
と一瞬かなり頭きたが
落ち着いて考えると高校生の噂は案外速いので
そこから、どんな風に噂が流れていくのか
ちょっと様子見では面白いかもと思ったりする

でも、ムカムカが多少あったので、知らなかった2人は
どうでもいいとして
この子だけ写真とって乗せておこう
と思って撮影する
計算ずくで舌出しながら、ぶれるように顔をそむけました
こんな事をして来る人間は、出かければ6人に1人ぐらいは
見かけるときあるからなれているけどさ
前々から書いていますが
女子高生


ブレて多少顔がわからなくなっていますが
この写真とは似つかないぐらい容姿はよかったですよ
取りあえずね

パフォーマンスとして面白かったでしょうか?
この女子高生にとっては

人間ってのは
案外、こういう事は記憶に残る物だし
ついでに、そこから、電磁波音声や組織的ストーカー
思考盗聴などの糸をたどってもらいたいものです

なんて噂しているのか知らないですけど
どうなる事やら
噂だけが絶対的な真実だと思っているの?
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト6月4日分 浅草橋のお祭りと八潮の女子高生に対して独り言のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。