ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心を読めたらどうなるでしょう? 
2005.08.21.Sun / 17:54 
さて、心や思考を読まれたらどうなると思いますか?
この世界に生命体として生まれてきた物に全く同じ物はないのです
植物でさえも
脳という器官を持って生まれてきたら、さらにそうした事は如実に現れます
ペットとして飼っている動物を見ればお解かりとおもいますが
野生動物でさえも、全く同じ思考のものはいないでしょうね
そして、生き物は、全部、自分本位なものです
自分が、痛く、苦しい事は、嫌であるし、自分が生活するための
領域を守るために、同種の相手でも殺してしまう事はあることです
それは脳の中で考えられ、それを、その瞬間に考えている脳はそこにある一つだけです
脳が違う時点で痛みや苦しみという感情のその本質は
それを持つ個体だけなのです
人間にも当てはまる事でしょう

その、”自分本位さ”を人間に当てはめるとどうでしょう?
例えば、仲のいい友達がいるとします
その友達という相手の子に、全く不平や不満を持たない人っているのでしょうか?
小さい話、友達の能力とかファッションで
どんなに言葉では「すごい」とか「かわいい」なんて言っていても
「俺の方が上手い」とか「私だったら、こうするし」「もうちょっとどうにかならないのかしら?」
とかね
友達がしてくれた事に対して「ありがとう」なんて言っていても
「余計な事をしてさ」「本当はこうしてほしかったのに」
「でも、せっかく、やってくれて文句言うの悪いし、っていうか
それ言ったら、仲悪くなるの嫌だし」
なんてね
思った事は幾らでもあるでしょう?
家族だって、血が繋がっていても脳が違うのだから考える事だって違いますよ
多少、長年暮らしてきたという環境下で、心通じ合う事はあっても
やっぱり、似てはいるけど考え方は違うものです

”とても人がいい”といわれる人間だって、
心の中では相手に対する
愚痴や不平不満が沢山
渦を巻いているかも知れません

苦楽を共にした相手といっても絶対的に合間見えない部分がお互いにあるものです
どんなに親密な相手に対しても、人間は多かれ少なかれ損得勘定しているし利害関係で成り立っているものです

そんな腹の内を全て読めれ相手に伝わっていたらどうなると思いますか?

私は「サトラレ」という映画を見たことありませんが、ロードショウ中に
涙を流している感動場面をCMで見ました
それ見て、「絶対にそんな事はないし」と思ったものです

何故そう思ったのか?
誰でも、自分が苦しい時、嫌な時、自分と意見が違う時は
どんなに親密な相手に対してだって不平不満の心が芽生えるものです
そんな感情が芽生えるのは普通の事だと思います

けれど、口に出して言っていないのに、
”相手がそんな事を思っている”
と解ったら皆さんどうしますか?
どう思いますか?
「嫌な奴」
その一言を相手に言いたくならないですか?

だから、本来、サトラレ君の周りの人間は全て
「こいつ本当は嫌な奴の癖に」
と思っているはずなのです
映画ではどうだったのでしょう?
どうせ奇麗事しか口に出していないことでしょう
だから、感動作品になる事は
”有得ないのです。”
映画を見たら、台詞を話している下に
人間の汚い、いえいえ、正直な本音を書き込みたくなりそうです。

そして、誰でも思う事でも、聞かれてしまったり解ってしまうと
敬遠したくなるものです
サトラレ君を穏やかな目で見つめる人間なんて、この世界には皆無に等しいのです
皆つややかな目で見ることでしょう
それが現実

それ以外にも実生活において、暗証番号、知識、大手企業に入っていた日には
大手会社の内部情報、これからの戦略も全て筒抜けです
それらをライバル社が利用する事でしょう

サトラレ君はお医者のようですが、そうした立場を利用したがる、詐欺師や
たかる連中ばかり集まるでしょうね
サトラレ君が受験していた時、利用すれば、難攻不落といわれるぐらい難しい医大だって
受かった事でしょう

もっと能力がある人の心や思考を読めたなら
彼が一生懸命研究して作り上げた成果、知的財産を聞き耳立てて聞いていて
「本人がどうなろうと知ったこっちゃない」
とばかり、おいしい汁をすするろうと、その功績を自分の物にするために
利用する人間ばかり出てくるでしょうね

人間と野生動物とは違うといっても、弱肉強食で弱い物は淘汰される仕組みは
この社会の中にもあるのです
”心や思考が読まれる”という事は、
猛獣が狩ろうとした草食動物に気付かれ逃げられるのと同じです
群れでいるなら追い出される事でしょう
その猛獣はどうなるのか?
食べていけず飢え死にするだけで
後はハイエナかハゲタカの餌食になっていくだけです
全く同じではないですか

だから、心や思考を読まれている人間に対して
自分は関わりたいと離れていく人間か、
儲けを狙って近づいて利用するか
全人類の考えは、どちらか2つに分かれることでしょうし
相手はどんな気持ちなのか
そういった相手を思いやる事は絶対にしない事でしょう

映画でサトラレは自殺したのでしょうか?
現実問題、サトラレがこの世界にいたならば、それらの理由で
愛とか、尊びの精神は、その相手に絶対に適用されない事です
心や思考を読まれ、皆に解ってしまったら
実生活なんて思うようにいかなくなるのが実態です
だから、本来彼は死んでも仕方のない人間なのに、どうなのでしょうか?

誰もが、そんな疎ましい事に巻き込まれたくないと思うものです
どんなに、奇麗事を語る人間でも、聡明であっても、
神や仏に仕える人間であっても同じことです
面倒くさい、今の常識では考えられない事に関わりあいたくないのです
命が大事なんて言葉は、そんな人間達に当てはめられないのです
人間はそんなものです

だから、電磁波被害者の会で言われる思考盗聴が本当にあるのなら
解決はしたくないのです

ただ気が付いていない人間がいるのです
ぜひ気が付いて聞いてほしいのです
聞こえるようになったら、聞かれるようになる可能性があることを
そして、そうなってほしいのです
そうならないと、その人間がどんな気持ちでいたかは言葉としてわかっても
精神的負担という感情はわからないのですから
言葉の詰まる思いや胸の苦しさは言葉で表現できても、同じ目に遭わなければどうなるか、どんなものなのか解らないのですから
同じ目にあわせたいのです

前の彼氏が
「自分は心や思考を読まれても、何も考えていないから大丈夫」
なんて言っていましたが、本当に大丈夫なのかどうか試してみたいものですね
試してみてくださいよ
この技術を本当に持っている連中がいるのなら
沢山の人間を巻き込んでくださいよ



スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト心を読めたらどうなるでしょう?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。