ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月12日 畠山鈴香容疑者と私 
2006.07.23.Sun / 23:30 
だいぶ前からワイドショーを賑あわせている
秋田の事件でありますが
畠山鈴香容疑者でありますが
心理学者や、精神分析の権威のある人の話だと
演技性人格障害とか境界性人格障害何て言葉が飛び交っております
ま・・・私も同じように言われるんだろうね
ところで組織的ストーカーの被害において
勘違いなどで書き込んでいる可能性のある部分も否定はしないけど
でも写真を載せていて、それが演技かな?
とね思ったりするわけですが

結局のところこうした被害は、写真、ビデオ、録音
等の証拠がなくては上記のような言われ方をされてしまうわけです
だからと言って、証拠を取ろうと、むやみに動くと
加害者の思う壺で
実際のところ、撮影していたりすると、
「気持ちわるいー」
なんて言われてしまうわけです

ちょうどその時に撮影していたのは
何かと言うと
組織的ストーカーの被害の一環で、
車のライトをハイビームにしてわざと明るく照らし
運転手の目をくらます嫌がらせが、掲示板や、その関連サイトに
書かれていたわけです
AGSAサイトでも書かれていたかな?
私もそれは気になっていたので
バス乗っている時に携帯で、その様子を撮影しようと
写していただけなんだけど
必ず過剰反応してくる人間がいる
この時に言ってきたのは女子高校生なんだけど
なんか裏を知っていそうだったから
撮影したのを別の日記で載せえていますけど

それで、ばれないように高価な機械を買ってやろうにも資金的に苦しいし
一度探偵の会社に、誹謗中傷が言われていると言う事で
人がどんな事を話しているのか録音してほしいと頼んだところ
そういう依頼はプライバシーに引っかかるのでできないと言うところばかり
Gエントリサーチ
と言うところと、東京探偵社
の2社にお願いしたけれど、東京探偵社の方は何も書類なく終わってしまったし
Gエントリサーチの方は写真を数枚・・・
これぐらいなら自分で取れるって物ばっかりだった
30万返してほしいよな
もう、5年前の事になるけど

で、聞いたところ誹謗中傷はないという話だ
そしゃあそうだろう、そんな安直に聞いて回って素直に答える人間が
いるのか!?
と思ったりした・・・
という事で、それからは誰にも頼らず自分で証拠を取ろうとしておりますが
個人では限界だ

そんなわけで、だいぶ昔から、証拠を取る事よりも
周りの人間を巻き込んだ方がいいのではないか?
という考え
はっきり言って、そっちの方が楽ですし

知らない人間に言わせると
自分がそんな事をされる筋合いはないのに何で?
と思うのだろうけれど
それは、こっちも一緒である
だから道連れがほしくてたまらない

私が、演技性人格障害なのかどうかは
本人もなってみればわかる事だし
手っ取り早いでしょ?

という事で、組織的ストーカーの被害にはもう一つ
電磁波や可聴域以外の音声での嫌がらせの
情報もネット上少しだけあります
で証拠を取るのに、何百万もする機械が
必要らしいので
一般人では無理
肉声を可聴域以外のものに変換させて放送するものが
140万円
可聴域以外の音をだけを放送するものは8万程度
その他違法無線などは数十万の機械があふれているわけです
検査をする機械が庶民の手に入りにくい金額なのに
こうした有害な電磁波や電波を出す機械は安価だ
と言うわけで、
証拠を取る事よりも
対抗して
無線や、超音波の機械で精神的にダメージを与えられるものなのか?
やったほうが早くない?
ってのが正直な考えだったりする


資金があれば、こうした技術をまったく知らない人間や
信じていない人間を同じようにしてやりたいものだ

八潮団地は沢山死角があるし
300メートル範囲ではとりあえず電磁波は届くらいいので
家から目で見える範囲の家は全てターゲットにできるんだけどね
でもそれは、お金と技術があればの話


スポンサーサイト
テーマ:自己表現 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト7月12日 畠山鈴香容疑者と私のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。