ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月9日 トリビアの泉 
2006.08.16.Wed / 22:44 
水曜日と言えば
フジTVで
”トルビアの泉”
プロデューサー
 宮道治朗
AP坪井貴史
演出 木村 剛 塩谷 亮
制作協力 日本テレワーク コラボレーション
制作 フジテレビバラエティ制作センター

が放送されていますが
ずいぶん昔から
裏の音声で
色々なアニメキャラの
音声を放送しております

組織的ストーカー被害の中には
TVからの誹謗中傷が聞えるという事があり
私だけかと思ったら
他にも同じ被害を訴える人がいたので
TVの2重音声など使って
放送しているのではないか?
と書いた事があります

TVのゴースト現象の中で
チャンネルを変えたら
白いバックに
「人権を殺す」
と一瞬見え
どんな番組かと思って
続きを見ていたら
「特命係長只野仁」
だった
それで、どうも脅迫されている人がいて
脅迫状が画面全体にアップになっているシーンを
見たらしいのだけど
その脅迫状の文章も
女の人を殺す
と言う内容だった

で・・・
その回を放送して何日かしてから
”2ちゃんねる”
で、その番組の事がかかれており
「ノイズが酷かった、音声が所々切れた」
と言う書き込みを見つける

それを読んで
自分の見間違いではなく
TV映像に影響があるようなことが、
何かしらあったのではないか?
と感じ気になっていたわけです

そして音声が途切れる
という事も
TVから聞える誹謗中傷は
TV放送の音声を所々切り替えて
誹謗中傷などに聞えるように
しているのではないか?
と思ったわけです

けれど、所々を区切って
そんなに都合よく誹謗中傷を
音声に紛れ込ませると言うのは
元々、何を話すのかを知っていないと
出来ない事だと考え
収録を編集する段階でそうした事をしているのではないか?
と思い
スタッフもこうした事に絡んでいると見たわけです

そして
ずいぶん前に
そんな事を書き込んだ後に
「出没!アド街ック天国」
と言う番組の終わりに
「ステレオ~右右~」
といって、おもしろがっているスタッフが
映り
そういう事からも、色々なTV局に
組織的ストーカーを実行している奴とつながりのある
人間が入り込んで、そうした施設を好き勝手に使い
嫌がらせしているんだろう
と感じた

そして、人間ってのは
一度そういうのをおもしろがってやりだすと
エスカレートする一方だし
皆巻き込まれたくなくて知らん顔していたら
それこそ余計、図に乗ってやるのだろうから
知っているスタッフがいてもただの傍観者
暗黙の了解の状態になっているのではないか
と思ってあります

しかし、証拠が無いのでここに書いているのは
私のだたの憶測、推測でしかなく
それでも、
「数打てば当たる」
では無いけど、稀に、当たっている部分もあると思われ
しかし、そういう事も全て、
「勘違い」や「気のせい」
にしたい輩もおり
そんな事から、このブログに書き込んで
いくつか、外れている憶測や推測を
TVで実証しているように感じた

スポンサーサイト
テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト8月9日 トリビアの泉のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。