ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月19日 麻布十番祭りのバザー会場で 
2006.08.26.Sat / 03:42 
この日も、
麻布十番祭りへ
前日行った時には既に終わっていたのだけど
テレビ朝日の広場で
盆踊りをしていたようなので
今度はそれを見に行く事にする

今回も都営バスの一日乗車券を買って
乗り継ぎで行ったのだけど
1人で出かけると
バスを待っている時に
必ずパトカーを見るのはもちろんの事
バスに乗ってからも
後を付けているのではないか?
と思うように良く見かける
2006.8.19 八潮団地内パトカー
2006.8.19 ジャスコ横でパトカー









209.8.19 品川六本木ヒルズ行きバス停前







そんな事で、パトカーや消防車が通ると
写真をとりたくなるのだが
よく
シャッターチャンスを逃し
車の陰になって取れていない事が多い
そんなわけで
写真を載せていない日記が沢山あるが
今回はあまり、そういう事が無かった

ところで、品川駅からでている
六本木ヒルズ行きの
都営バスを待っているときに
通りすがり(?)
のパトカーを撮影したのだが
その時に上下に伸びる
薄紫色の光のすじが画面に入る事に気が付く
最初は、木漏れ日の影響か?
と思ったのだけど
バスが目の前を通ると
その筋が、その動きに、あわせたように
後をおって動いていく
この現象は今回だけでなく

以前、「墨田川花火大会」についての事を
日記で書いた事が合ったが
その時も蛍光灯の光の上に上下に走る
薄紫の筋が入り
携帯で同じような角度で液晶を
覗いてもそうした物は
映りこまないのに
不思議に思ったわけです

電磁波が、デジカメに影響しているんだろうか?
と感じ気になって仕方ない

それで、その筋を撮影しておこうと
録画ボタンを押すが
隅田川花火大会のときは
映ったのに、今回は映らない
仕方ないのでデジカメの液晶の画面を
携帯のカメラで取ったのだが
それでも、手で持ってやっているので
ぶれて解像度が悪く綺麗に取れていない
2006.8.19 紫の光のすじ 携帯で撮影
2006.8.19 紫の光のすじ 携帯で撮影







しかも
そんな事をしていたら
バス停で待っていた外人らに変な顔で
見られる
当たり前か・・・

最近、
「後で違う場所でやってみよう」
何て思っていると
同じような現象が起こらない時があるので
そういう気になる現象が
起こる時は
人の目を気にしない事を心がけている
まあ、それでも人間ですから
少し弱気な時は、控えめにしたりして
行動する時があったりするのですが
そんな時は必ず、後で、
「あの時に撮影して置けばよかった」
と後悔することが起こるので
まあ、気にしないように・・・

そんな、こんなでありますが
15時前に麻布十番に無事ついたわけです
バスを降りて
今回はバザール会場に行ってみる事にする
途中人工池があり、その上を通ったが
池の中を覗くと
誰が捨てたのか、金魚が泳いでいたりする
白黒赤の模様が入った、ペットショップで買うと
少し高そうな奴だった
このまま、ここで死んでしまうのも
もったいないと思ったので
係りの人に言ってみたりする
若い男性だったが、自然な対応・・・
創価臭がする人間は、私が、これ位のことを言うと
最初から小ばかにしたような態度を取るのだが
大した事でもなかったのに
「見つけたら、すくっておきます」
と丁寧で爽やかな応対してくれた

噂とか知っている人間だと
私に対しての態度が急変するんだけど
この人は知らなかったみたいだ

というのも
ここから、余談になりますが
2003年日本シリーズの阪神vsダイエー戦
で甲子園に行った事があります
もちろん、このブログの趣旨どおり
検証のためですが
その時に、フジTV前と同じように
「やな奴殺せ」
と大騒ぎした事あります
(この事についての理由は
カテゴリー”はじめに”で書いています)

それで私を保護した警察官がいるのですが
次の日に道頓堀の周辺で警護をしている所を
偶然見つけ私の方から声をかけたわけです
ところが
こっちを見向きもせず無視・・・
前を一点凝視している
前日に保護した時は、親切だったんだけど
1日たってのこの豹変振り・・・
いくらなんでも覚えているだろう・・・
その、30分後ぐらい
いなくなって、その後、見かけなくなった
阪神戦の騒ぎで、兵庫から応援に来ていた
警察官なんだけどさ
そんな事で知らない警察官もいる事に気が付く

関わりたくないという態度だった
そんな事で、知らない時は丁寧に応対するのに
そういう事を知ると、顔合わさないように
して来るわけです

あと、この時に不思議なもんで
マスコミの荷物置いている近くでウロウロしていた
もちろん、そうした検証をするのには
うってつけの証人だ
それでビルの壁によっかかって立っていたら
真上から大量の
胡椒が落ちてきて
大騒ぎになるという
変な事件まで起こっていたりする
本当に自分の上に落ちてきたんだよね・・・
それで男2人捕まっているんだけど
供述はどんなこと言っていたのか
わからずじまい
みんな、荷物をそのまま、無造作に
広げていたんだけど
ノートパソコン使っていたのがいて
パソコンのキーボードの
スキマに入り込んで泣き入っているのもいた
カメラも、レンズをそのまま置いていたから
どうなったか解らないな
それまでのことを思って
ちょっとザマ-ミロと思ってしまった
2003.10.30 日本シリーズコショウ事件






関西の地元ニュース番組では少し
この事件放送していたみたいだけど
その、放送している間のカメラマンの真後ろに
自分立って様子見ていたりした

私としては、自分が大阪にいるの煙たがって
やったのか?
と感じ
こいつら組織的ストーカーの工作員じゃないのか?
って今でも思っている
何処探しても犯人の顔写真と
名前載っていないんだよね・・・

人が変な反応するといえば
秋葉周辺のお店の店員のなかに、
何時間後かにもう一度行くと、無視はしないけれど
かなり引き気味な対応になったりする時がある

つくづく
どんな噂が流れているんだろう?
と思っているわけです

そんなわけで
余談が長くなってしまいましたが
そういう事が何度もあり

もう5年ぐらい前から
自分の事を知っている人間は
冷たくなるんだな
と感じております

ところで、このバザール会場は15時から
始まるという事で
まだ、お店が開いていなかった
そんな中、暑すぎて飲み物ほしくなり
お店を探して、飲み物購入する
その後戻ると
お店が始まったらしく、人が行列作っていた
かなりの人だったので
座って、
いつものごとく、殺人幇助の歌を歌って
様子を見てみる

それで、先ほどの金魚が泳いでいた場所に
戻ると
2人の男の子が池の中を覗いていて
その後ろで父親が見ている
「金魚ですか?」
と声をかけると
こっちを見ないで、父親が
「ええ」
なんて、楽しそうに返事してくる
ところが振り向いて私を見た瞬間
怪訝そうな顔しだす
私はというと、面識ない人間だ
「捕まえて持っていっても大丈夫じゃないですか?
ここにいても死ぬだけだろうし」
なんて冗談で言ったら
何も切り替えしなく
つんけんして行ってしまった・・・
普通だと
「捕まえられないでしょ」
とかなにかしら反応がかえってくるかと思ったのに
苦笑いもせずに
「ムスッ」として行ってしまった辺り・・・
男の子の上のこの方は私の顔知っているような気配を
感じたし
さて、自分の顔写真とかネットで
流れているのかな?
今、パスワード入れないと見れないサイトとかもあるから
そういう所で?
と感じたりした
それを本当にやっていたとしても
証拠が無いと言えないから無理だけどね

5年ぐらい前に、八潮団地で撮影していた時は
道路端を撮影したいただけなのに
「肖像権の侵害があるの知っているの?
法律もっと勉強しなさい」
と怒られてテープを確認された事が
何度か合った
4号棟の前で撮影していた時に
歩いてきた50歳ぐらいの女性に注意され
確認したら歩いている姿が少し映っていて
消した事も合った・・・
自分らがされると、警察まで呼んで大騒ぎするのに
自分らがする分にはいいと思っているから
性質が悪い

嫌がらせって、やっぱり
家族全体でやっているんだね
子供がそんな事をするわけが無いなんて
甘く見ていられないな
親に、小さい頃から調教されているみたい
に感じた

そんな事があった後
自分が座っていると
席を取るかのように
無理やり入ってくる人などいたりして
相手も面白がって、そういう事をしてきている気配感じる
私の方も、他人の汗臭い匂いとか嫌だから
どいちゃったりするけど

そんなこんなで、バザール会場にいて様子を見ていたが
あまり音楽が流れていないせいか
特殊な音波の影響なかったようで
それどころか、噂を聞きつけて(?)
わざわざ寄ってきてせきとり
して来る人がいたので
他の所にいくことにする

スポンサーサイト
テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト8月19日 麻布十番祭りのバザー会場でのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。