ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月10日 都営バス一日乗車券を使い渋谷へ行く 
2006.09.13.Wed / 00:52 
この日は、都営バスの一日乗車券を購入し
ヒルズ経由で渋谷に向かう

いつものとおりパトカーが走っている
魚藍坂の近くに差し掛かると
神輿を担いだグループがいて
都営バスを見てくるが
何人かただ、とおりすぎる車を見ている
と言う感じではなく
どうも、バスのエンジン音に呼応して聞える
子供のような機械的な声が聞えているのでは?
と感じる反応の人がいた

前々から、バスに乗って、外を見ていると
2人組で歩いている人のうち、一人が、驚いたように、
バスの先頭の方を見たりする人がいる
私は後ろの方に座っていたので
声は聞えないが
前面のドアの横の部分はたしか、スピーカーがあったな・・・
と思い、違法電波が、電源を切っている
オーディオ機器に反応して何か聞えているのか?
と感じた
(スーパーjチャンネルで、検証していました)
けれど、昔からの都営バスの運転手が、対向の車に
変なジャスチャ-をして来るのを見て
何かの合図か?
と思い、嫌がらせとしてやっている可能性が高いと
思っているので
バス自体に何かを仕掛けているのかもしれない
とも思ったりする

他にも
急に口をモソモソしながら通り過ぎる人がいる
本来は聞えない声なのに、それが聞えていて
その話し声に、言い返している
と言うような仕草に見えた
芸能人でも何人か同じ事をしている人はおりますが
聞えないはずの声と話しでもしているんじゃなかろうか?
と感じる事がある

ちなみにこうした現象で有名なのは
1980年の新宿バス放火事件の犯人も幻聴を
匂わす事を言っていて
その他、未成年者が起こした福岡バスジャック事件も
イトーヨーカー堂の刺殺事件でも
犯人は、
「殺せと聞えた」
と同じ供述を言っているようだ

表向き普通であっても、本当の所
予想以上の沢山の人が、他の人には聞えないはずの音声
が聞えているのでは?
と感じた
しかし、それがテクノロジーによる嫌がらせの可能性もあるのに
それに気がつかないで
精神科に行っても結局、直ることなく
年間3万人いる自殺者の中には、そういう人も多いのではないか?
と思ったりした
これだけ多いと、その統計をきちんと取る行政機関もなく
表向きな数値だけしか、目に触れないけれど
内情は、もっと、違う結果になるものでは?
と考える


余談が長くなったが
バスの中で、そんな事を思っていた

その後、六本木ヒルズに着き
そこから、すぐに渋谷行きバスに乗り継ごうと思ったのだけど
折角来たので、20分ぐらいウロウロしてみる
TV朝日横の広場にオープンカフェができていて
そこと
元々あった、小さい、カフェのお店
にはさまれた、とおりを通っていると
1人の店員に睨まれる
私はこの人と面識ないのだが気になった

特にとりわけ目新しい物もなかったので
渋谷に行く事にする
つくと休日とあってさすがに人が多い
人とおりのある中で、めがね掛けたおっさんが
明らかにこっちに携帯を向けている気配
それで、こっちもカメラをむけると
逃げるようにして去っていく
逃げたから多分やましい事をやっている人間だろう
と感じる

センター街の池上通りを通っていると
「AI」の宣伝カーが通り過ぎる
この間の
ミュージックステーションに出ていた人だ

ミュージックステーション放送日に
新宿にいたのだけど
そのと時に有線などの音楽に混ざって、
「新人に挨拶されなかった」
等の嘆きが聞えてきた
その話を聞いて内容的に、ミュージックステーション
関係者が言っていると感じ
「AI」
と言う人に、そいう事をされた人がいるんだろうか?
と思っていた
しかし、TV局関係者に知り合いはいないので
答えは出るわけでなく
そんな時に、気になっていた人間の宣伝カーを見かけると
「その答えあたってます」
「その通りです」
と言われているような気がしてならなかった

渋谷にくれば宣伝カーは沢山走っているので
偶然と見かけるという言う事はあるのだろうから
そういう必然性はない事とは思いますが
写真を遠巻きからとったりしてみる

スピリチュアルを行ってTVにも出演している
江原と言う人は
「世の中は偶然ではなく必然」
という言葉を言っているようですが
私の場合、色々と関連付けた事があっても
他人から
「そんな事もあるでしょう」
「考えすぎ」
といわれて偶然としてしか見て取られないので
「必然」
と言う言葉に疑問をもったりする
そんな事で、嫌がらせ的な意図が入った策略でも必然でもなく
ただの偶然でしょうが
運転手の顔つき見ていてもなんだか
宣伝カーが気になったわけです

その後ハンズに行って買い物をする
店員の何人か、やっぱり、
私を意識する人間がいるらしく
それでも、このブログに書き込まれるので
なにやら、言いたかったり、中指立てたり
して喧嘩を売りたいのは山々だけど
我慢をしていると言う表情の人がいた

そう感じても、聞いても本当の所は言わないだろうし
証拠がなければ気のせいや自意識過剰で
終わってしまうので
考えるだけ無駄なのだけど
本人は私が書いていることが本当か間違っているのかは
知っている事であるので
忘れてしまわないように
書いておこう
(本人が読んでいなければ意味がないけれど)

そんな気配を感じ
ハンズの外へ出て
とかく街を歩いていると
通りすがりに、誹謗中傷を囁いてくる人間もいて
いい加減うざい
その後
イタリアントマトで一服したりしたが
何処からか誹謗中傷が聞えて来るのはいつものとおり
何かあるわけもなく
帰路についた
スポンサーサイト
テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト9月10日 都営バス一日乗車券を使い渋谷へ行くのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。