ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月24日 その2 東海道宿場祭りとフジtvのスーパーニュース 
2006.09.27.Wed / 22:55 
(組織的(集団)ストーカーについてのことですので
カテゴリー”はじめに”を読んでから日記をお読みください)

この日、出かけるとサイレンの付けていないパトカー
2台とすれ違う
東海道の宿場祭りと言うものをやっていたので
見に行く

囁かれるのはいつもの事ながら
私のはいているブーツを見て嫌な顔する人もいる
スクーターのブレーキ折られて、部品が届くまでの間に
我慢して乗っていて、雨の中走っていたら
こけて、その時に傷がついているのを、
ほっておいて履いているので
気になったのだろうか?
スタンドたてのスプリングも切られて引きずって走っていたり
色々あった
このブーツはいているのか知らない人にとっては
「きれいなの履けば良いのに」
ぐらいしか思わないんだろうけど
インパクトはあるでしょう
少し歩いて回って
品川神社に階段を登るのも面倒だったので
お参りせず

露天のある道沿いに戻って途中喫茶店で一服したりして
歩いていた
ジャスコによって買い物して又歩いて帰る

この日は行く時だけ、都営バスを使い
後はずっと歩きだった
八潮団地内に入ったばかりの時は、
いつも部屋で響いているような
「キンキン音」
「エコーがかかったような人の声}
「リアルに耳元で響くような声」
はしていなかったのに
しばらく歩いていたら
急に頭に圧迫感を受ける感じがして
その後、これらの音声がしだす

八潮団地内はベランダに何か仕掛けられていても
下から望む事は出来ないし
ベランダの内を撮影したら
盗撮(実際はベランダまでなら盗撮にはならないが)
とかいわれかねない

仮に、機械のようなものが映っていたとしても
それが本当に、特殊音波を発する機械なのかどうか
確かめるすべはない
それこそ、どこかのスパイのように
壁伝にベランダにもぐりこんで調べる事が出来るなら
別だけど

2000年代に、証拠を取ろうとして
人がいるのを知っていてコープなどもぐりこんだら
住居侵入とかで注意されたし
(逮捕されても、おかしくなかったんだけど注意で済みまして・・・
 水戸黄門に出てくる忍者や映画では、
 それで、証拠取りはうまくいきますが
 現実はうまくはいかないので、どんなに証拠をほしくても
 入らないが賢明です)

それ以上に、壁伝いにベランダにもぐりこむのはちょっと
勇気がいるのでできないし
機械を持っている人がいたとしても証明できはしないだろう


あと、この日帰ってきて、ニュースを見ていると
フジtvの番組の 
「スーパーニュース」

”トレンド王”
というコーナーで
”マトリョミン”
という電子楽器が紹介されていた

この楽器、電子楽器「テルミン」をロシア人形のマトリョーシカ
のなかに入れたもの
で名前を掛け合わせて
”マトリョミン”
と名づけたそうです

この、
「テルミン」
と言う電子楽器の事は、ここのサイトでも、
「人知を超える超能力の世界」
という題の日記に書いているし
リンクに入れてもありますが

この「テルミン」を始めて知ったきっかけは
日本文芸社(にちぶんMOOK)から
2006年1月に出版された
「人知を超える超能力の世界」
と言う雑誌においてであります

元々超能力などは信じていないのだけど
表紙に、
「スカラー波」
の生みの親、
(白装束の信者ではないが電波関係は一応チェックしている)
”ニコラ・テスラ”
が表紙に飾られていたから購入してしまったのだけど
”ニコラ・テスラ”
の生涯が書かれている40ページに
”レフ・テルミン”
の生涯も掲載されている

さて、この人はどういう人物かと言うと
この雑誌によれば
アメリカでの活動中に旧ソ連国家保安委員会
KGBと言うらしいのだけど
その職員に拉致され強制的に収容され
保安技術の開発に従事させられたとありました

旧ソ連というと、この雑誌の中では
1980年代に
”ニコラ・ステラ”
の秘密論文を元に粒子兵器の開発など手がけているという
どうにも、電磁波関連の研究実験を行っていた
”ニコラ・テスラ”
は発明王エジソンと時を同じくして、今の電磁波の基盤の
発明を残しておきながら
世界に破壊をもたらす兵器を開発した等として
闇に葬られてしまったようだ

2006年「ムー」の108ページには
「縦波の電子エネルギーがスカラー波」
等かかれた科学的根拠が掲載されている

日本文芸者(にちぶんMOOK)
から出版された
「人知を超える超能力の世界も」
「ムー」
もオカルト雑誌だけに
科学的根拠が薄い雑誌と
言われてしまう辺りだけど

実際に
「テルミン」
と言う機械があるのは事実なわけで
あながち嘘を掻いているとも言いにくい
と私は感じている

余りにも、
電磁波を使った実験は
人間の生活を脅かすものになりかねなく
また、それを真実として書いた日には
自分の標的にされかねない

だからあえて
「オカルト」
という科学的根拠が薄いと思わせられる部類の中で
しか、書くことが出来ない

という事が裏にあるのではないか?
と感じてしまった・・・

人を貶めるような科学実験は
「オカルト」
と言う
人間が信用しない、偽りの話とともに
かろうじて、真相が書かれているし
その中でしか、存在を許されなくなっている
のではないか?
と思ったわけです

ところで、、このブログにリンクで
”テルミン”
を載せれば
TVで放送される事になるのは予見はしていた

結局マスメディアは、話題になれば
何でもいいと思っているから
そこに、仮に特殊な音波による攻撃など
合ったとしても
自分が被害にあわなければなんとも思っていないし
逆に、そういうものがあれば、極秘裏に
やってみる人間ばかりだろうと思っているから

日記に書いていないけれど
そんな事だと思っていたから
多分、ネタにされるだろう
という感じだ

しかし・・・それを放送したのが「フジTV」とはね

私が東京湾花火大会のときに
「首を切る事件がありますよ」
とフジTVの警備員に言ってきた
ということを日記に書きました
その後、母親の首をさす未遂事件があったけれど

TVによる
特殊音音波やサブリミナル映像
での人間の洗脳は本当にあるかな?

(この日記は3日ほど遅れて書いていますが
この日記を書いた9月27日にも病院で首を切られて
殺害された事件がニュースで放送されていました)
スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト9月24日 その2 東海道宿場祭りとフジtvのスーパーニュースのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。