ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月25日 本探し 
2006.09.30.Sat / 00:46 
この日の日記を書く前に
前日書いた、巨人阪神戦は、最初から延長がなかったみたいだ

今まで、30分延長は当たり前で、うざかったのに
いくら巨人に優勝はないとしても
阪神は期待かかっているわけで
ファンは東京にもいると思うから視聴率は取れると思うんだけど
日本tvは巨人が負けていると放送したくないらしい?
(本当にそれだけか?)

ということで、本題ですが
この日は秋葉原へ行く
windowsのパソコンの調子が悪いので
何かいい方法無いかと考えると
秋葉原に行ってしまっている辺り

ノートンアンチウィルスを入れているが
いかんせん、表示の不具合など出てくる
どうもネットサイトのスクリプトエラーが多いようだ

いつもの通りダイビル下の喫茶店で、人の歩く様子を
見たりするが、寒いので帰ることにする
大井町の古本屋を見ると
なにやら「電車男」や「秋葉原」と描かれた本を見つける
ちょっと取ってみると
「裏ブブカ」
と言う怪しい雑誌だった
新耳袋の特集があったので購入してしまった
他にも
「マインドコントロールの拡張」
と言う書籍と
ラジオライフに何かヒントがあるかと思って
購入する

その後、歩いて帰り
ジャスコによって書籍を立ち読み
「日系サイエンス」
が目にとまる
やけに、薄く陳腐なものになっていると感じる
ちょっと立ち読みしたら
面白い事がかかれていた
何でも、盗撮マニアが横行しているこの中で
デジタルカメラで撮影しようとすると
遠くから、撮影を出来なくさせる
そういう機械が登場するかもしれない
と言うような内容だった

以前からデジタルカメラで撮影しようとすると
急にボタンが押せなくなったり
メニュー設定の切り替えが出来なくなったり
映したら、画面全体真っ白
とか、変な光が沢山入るような現象が起こっていた

この雑誌を読んで
「やっぱり」
と思う
もうすでにデジカメの機能を外部から干渉する機械が
出来ていたとは、私のデジカメの不調も多分こうした事が
原因だろうと考える

他にも色々な電磁波関係の書籍を立ち読みしたが
なんとなく
馬鹿らしく思えてくる
なんていっても素人なので、そういう素人が
関係資料を読んだところで、信じる人間なんていやしないわけです
それを考えると、こうした書籍を買うのも
馬鹿らしく思え
何も買わないで帰ることにする


そんな事で帰ると、もう21時過ぎ
教入試た本に目を通してみる
「裏ブブカ」と言う雑誌では
「電車男」

「猟奇的な彼女」
と言う話のパクリであるというらしいです
ノンフィクションだと思われていたこの話は
実は
「2ちゃんねる」
が作り出した虚構の世界だとか書かれている

なんか、このままで行くと、
「組織的ストーカー」
も虚構で終わってしまいそうな勢い
また、2ちゃんねる掲示板には
組織的ストーカーを題材にした小説を書きたいなんて
いっている人間がいるから、余計だ

他にも、組織的(集団)ストーカーは
インターネットで騒いでいるから
そういう話に感化され洗脳されて、そう思っているだけ
と言われるに違いない
(実際にそんな事も書き込みされたし)

けれど、私としては
”2ちゃんねる”など見る前から
10年ぐらい前から、人の動きに何か、訝しげなものを思う時があり
雑踏の中で、人間味や精神的なものが
組織ばっている人がいるような気配を感じていた

パソコンを使うようになったのは
1999年からで
ストーカーと引いたら
集団ストーカーが検索され
”2ちゃんねる”
の創価学会公明党板の
”ストーカーがあるって本当ですよ”
を見つけたという事でありまして
そんな事から
ネットなど見る前から、組織的ストーカーを
感じていたのだから
インターネットの情報による思い込み
と言うわけでもないのだが
どうにも、こうした事をかくと
影響されるから
という理由で嫌がる人がいる

けれど
これだけ、インターネットが普及しているといわれていても
自分が興味をもたなければ
ネットの検索に当たるわけもなく
組織的ストーカーや集団ストーカー
電磁波被害など
自分から見る人は、そんなにいないわけで

ネットで騒いでいるからそう思い
その被害にあっているという妄想を抱くようになる
という可能性は少ないと思ったわけです
逆に
もしかしたら、組織的ストーカー、集団ストーカー
は計画なのかもしれない
もとより興味のない人間が検索して見つける可能性は
乏しいわけで
基本的に
そういうものに興味を持っている人間が読んでいる
にしかすぎない
それを考えると
書かれている内容を真似して、同じ事をしようとする
人間が現れている
そっちの可能性の方が大きいのではないか?
と感じる今日この頃だ


あと、古本屋で見つけた
「マインドコントロールの拡張」
という名の、第三書館から1995年の5月に出版された本
を読んでみる

10年前から、誹謗中傷が言われるようになって
2000年ごろから、電磁波関係の事を疑いだしました

そのいきさつは、以前何かのtv番組か雑誌で
コンクリートの部屋の中に被験者を座らせて
超音波に変換した肉声を流すとその人に聞こえる
と言うものを見たような気がしたからだった

しかし、その関係の資料が出てこなかったので
気のせいだったのか?
とも思っていた

ところが
この書籍に軽く目を通したら
「フレイの実験」
というものが図解とともにかかれていた
私が見た映像に似ているとおもった

これではニューヨーク州の
コーネル大学のアレン・フレイ氏により
1961年に行われた内容が書かれていた

マイクロ波の聴覚効果についての実験が書かれていた
マイクロ波をパルス波の状態で照射すると人間は音が感じるというものだった
また、それは、被験者の頭の中
もしくは頭の後ろあるいは頭のすぐ上から聞こえるというもので
その音は被験者の主観的な評価でしかあらわす方法がないという事のようで
それでも、70から80デシベル程度という普通の会話以上の音を
感じていたという事が書かれていた

被験者の話から評価できないということは
これらの音声が機器で録音できない
ということになる

そんな事から
人の声が途切れ途切れに聞こえるようになったり
人の会話の間に別の話し声が混ざるような事が起こっている
人が他にもいるとしても
統合失調症といわれておしまいだろう

また電磁波の音が聞こえると感じる辺りは
こめかみより、のやや後ろの部分であると図解で描かれている
もし、音声が聞こえていなくても
最近、耳の上の部分にだるさを感じる
という人がいたら
電磁波の影響を受けている可能性も考えた方が良いかもしれない

スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト9月25日 本探しのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。