ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月6日 ポケットモンスターって実験だったのか? 
2006.10.09.Mon / 01:50 
少し前に購入した
マインドコントロールの拡張
第三書館
を読み進めていくうちに
面白い項目を見つける
”ストロボ兵器”
と言う項目だ

 これは電磁波ではなく光を点滅させて
 脳波に影響を与えようとするもので
 光パルス兵器ということも出来る
 その代表的なものにイギリスのセキュリティ会社が開発した
 ヴァルキリ(Valkyrie)と言う名前のものがある
 と言う名前の装置がある
 これは、警察などの治安部隊にも採用されているものだ
 一秒間に光が点滅する回数、つまりその周波数を製造会社は秘密にしているが
 脳波のベーター波のリズムにあわせると言われ
 15から25ヘルツ辺りの周波数が使用されているらしい
 この装置の効果は短い時間の照射でもすぐに表れ
 照射された人間は気分が悪くなり、強く酔っ払った
 時と似たような状態になったり、人によってはテンカンの発作症状も
 起こるという
 ただ、兵器としての欠点はその効果の信憑性が完全とはいえず
 人によって効果がまちまちだと言う点である
 この装置を紹介した英国で出版されている
 「インターナショナル・ディフェレンス・レビュー」誌
 のロンドン事務所では実際に、この装置を製造会社側から
 借り受けて実験を試みている
 雑誌社のある事務所は、この点滅する光を浴びたほんの
 2,3秒後に強い吐き気を催し、トイレに駆け込んだという
 しかし、別の会社員の場合は30秒もの間、光をじっと
 見つめていたもののなんの効果も表れなかった
 それだけに効果の違いがあるわけだ
 このようなストロボ兵器は、この製品の他にも、まだ作られており
 やはり吐き気、めまい、錯乱状態などを作る事が出来ると言われている。
 別の装置では、効果をあげるために、光に色をつける試みもされていると言う
 やはり、イギリスにあるその会社によれば
 赤色がもっとも効果的だという。
 さらに、光だけではなく音を合わせて効果をさらにあげる努力
 もされている
 また、低レーザー光線を使った実験も現在進行中である。

という事らしい
白黒の写真が載っていて
男の人が直径10センチから20センチぐらいの
懐中電灯のようなものを持っている

どうやらこれで、光を点滅させると言う事らしい

光の点滅と言えば
「ポケットモンスター」
で問題になり
その後も
TBSで光点滅の危険映像が
取りざたされております

それで、ずいぶん昔の日記に、
その事について
サブリミナル効果の一種ではないのか?
と憶測として書いていますが
憶測ではなく、実際にそうした兵器を
イギリスが開発していたと言うから驚きだ

ところで
「マインドコントロールの拡張」
と言う本は
オウムによる、サブリミナル映像が取りざたされた少し後の
1995年に第一版が発行されております
あれだけ、サブリミナル映像や洗脳
マインドコントロールが話題になった時代に
関係者が、目を通していないとは考えにくいと思われるし
また、TV業界関係者のなかに、
海外のメディアにも精通している人は
いるのだろうから、
「インターナショナル・ディフェレンス・レビュー」誌
のロンドン事務所が
ストロボ兵器実験をしていたら
噂ぐらいは知っていてもおかしくないと思い

ライト状のストロボ兵器で出来るのならば
TV画面で光の点滅を行った場合
同じ結果になるのではないか?
と、
業界関係者が
知っていて実験したのではないのか?

という考えをしてしまう

TVで放送される”光点滅”は
”光テンカン”の症状を子供が出しているし
気分を悪くした子もいる
この本に書かれている通りの症状だ
という事は
大きなライトによる、
光の点滅だけでなく
TV映像から流れる光の点滅でも影響が出る事が
解ったわけです

実験は成功だったのだろうと
感じてしまう

そういう風に取れてしまうTV業界でありまして

ポケットモンスターの事件以来
アニメをつけると上や下のほうに
「部屋を明るくして離れて見てください」
という、但し書きが表示される
けれど、光の点滅が意図的に入っているとすれば
部屋を明るくしても、離れて見ていても
影響が出る人間には影響が出るのではないのか?
と思い
この但し書きに何の意味があるのか
と考えてしまう

なんだか、建前上だけなのだろうという具合に
取れてしまう


ところで、光点滅だけでなく
サブリミナル映像と言うのも
TVを見ている人間の潜在意識に介入するものでありますが
ずっとい昔からアニメでは
戦闘物では発射されたミサイルの中に
飲料水の缶が紛れ込まされていたり
コメディ物ではキャラクターが
何かに打ち付けたり物が当たった瞬間など
色々なキャラクターを紛れ込ませたりと
予想つかないものが挿入されている
と言う面白みを
製作者がマニア受けする事をねらって
面白がって入れてたという事があるようであります
ところが、最近のTVを見ていると、
視聴者を
「びっくりさせよう」
とか
「面白がらせてやろう」
という、ちょっとした悪戯心からではなく
「自分たちの地位を確立するために」
という、雰囲気で
最初から、洗脳を考えてやっているような
そういう意図が見え隠れする時がある

一時期、心理学者が、
「ゲーム脳」とか「切れる子供」
とかいって、ゲームや漫画のせいにしていたけど
それよりも、TV番組における、こういう状態が健全なのか?
それは、原因に入らないのか?
と私としては思ってしまうのだけど
それについては議論せず・・・

危機感とか感じないのかな?
と思ってしまうし
他の人は何とも感じないのか?
と不思議だ

でも、そんな事を行っても
結局、アニメを見るのは子供なので
私が、そう感じても、見ている他の人が
そう思わなければ別に問題はないのだろうし

光点滅が仮に放送されていたとしても
それによって、脳波に影響があったとしても
人によって効果はまちまちなので
自分が被害にあわなければ、特に
他人の子供がどうなろうと知った
事ではないからいい事なので、そっとしておこう

ところで
04.03.16(火)
「SMAP×SMAP」でサブリミナル映像が流れたのでは?
と週刊現代が報道したことに対して関西テレビが反論する
という事もあったらしい
CMの切り換え時に別のCMの画像が瞬間的に挿入されたことがサブリミナルではないか?
ということらしいのだけど
最近のTVを見ていて、時々こうした状態は起こっている
まるで素人がやっているような感じがした事もあった
これが、TV局スタッフの技術力の問題ではなく
わざと、意図的に計算されて行われているのではないか
と、これも勘ぐってしまったりするが

被害妄想といわれておしまいなんだろうな

それに、工学など専攻していてストロボ効果があること知っていて
やっていた奴にとっては
私が、こんな事を書いても、
「今更」
って感じだろうな
ストロボ兵器とか言って1981年にはあったとの事なので
知識無いって怖いね
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック
COMMENT TO THIS ENTRY
----

ストロボの効果って他にもありそうですよね。
周波数や強さによったり、光子の量によっても違ったりね。
多分、ホログラフィーなどにも関連してくるのでしょう。

そういえば、行った先々例えば電車やトイレの電気が変に点滅しているようなときがありますが、それも何かやられていると思っていましたが、関係を調べてみたいと思います。

- from kota -

   非公開コメント  
スポンサーサイト10月6日 ポケットモンスターって実験だったのか?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。