ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月7日 目黒で奇声を上げ両耳ふさぐ子 
2006.10.10.Tue / 20:30 
この日は、目黒の祭りに行ってみる
すると、神社の周りにほんのちょっとだけ
露天が出ている程度

以前から、特殊音波や、電磁波マイクロ波などで
肉声を放送する嫌がらせがあり
第三者が機械を使って流しているのは勿論
ストーカーの対象者の話し声などを
遠くから、集音し、放送できるのではないのか?
と思っています
それで、
そういう声が、特殊な音源から放送されるだけに
普通に聞こえるのではなく
雑音の中の音の音域と、
特殊音源から放送される声や音の音域が同じであると
所々、雑音や、話し声の中に
別の声として、リアルに聞こえてくるのではないのか?
と書いています

それで、祭りなどにぎわっている場所だと
雑音が大きい分、そういう音が、他の人にも
聞こえるのではないのか?
と考え、祭りなどあるというと、ちょっと
言って様子を見ていたりする

以前は、直接人に言ったりしてきたのだけど
最近では、あまり人がいないところに行き
そこから、殺人幇助や、自殺幇助の語りや
歌を歌って、人に影響があるのか
観察していると言う具合であります

しかし、目黒の祭りも、小規模で
御輿を担いでいたりしたが
つまらなく感じ

アトレの書店などで、面白いサイエンス雑誌など無いか
見てみる
ところが、あまり良いものが無かったので
外に出て、マックで一服
でも、バス代出して折角きたのに
ただで帰るのもつまらなく

新しく出来た、ビルの駐車場脇で
ちょっと、様子見に自殺幇助や、殺人幇助
など歌ってみる事にする

結構人通りがあり、なんだかそういう事をいいずらい

人が通る時は、止めるのだけど
なんだか、やりにくい

すると、白人男性が、4歳ぐらいの女の子
をつれて目の前を通り過ぎた

見た目、ハーフっぽい
この白人男性の子供のようだ

私の目の前を通り過ぎた時は
何ともなかったのだけど
2車線ある道路を渡り、ずいぶん、歩いていった
場所で、その子が急に
「キャー」
と奇声を上げて、両手で耳を押さえたり
頭を振っている

その子を連れている男性は、何も聞こえていないと言う感じで
振り返りもせずに、そのまま歩いていった

以前から、ちょくちょくこういう事がある

子供が、頭を振ったり明らかに駄々をこねるような仕草を
しているので私の幻聴ではないと思うのだけど
それだけの奇声を上げているのに
親の方は、何も感じないといった具合で歩いていく事がある

そういう様子を見ていて
こんな憶測をしてしまう
人間、精神的、肉体的に疲れていたり
考え事などしている時は
人に話しかけられていても、聞こえないと言う時がある
他にも、聞こえているのだけど
こもった様な声に聞こえ、無意識に何でか聞き流しているとか
そういう事があったりする

もし、特殊音波などに脳を疲労させるようなものが
含まれているとしたら
人の耳に音声として感じていなくても、何かしら
脳に影響があり、
同じような状態になっているのではないだろうか?
と考えてしまうわけです

音で、人間の意識を、そういうトランス状態に出来るのは
言われていし、それが、特殊な音波ならなおさら
催眠術にかかったのと同じような状態になるのではないのか?
と思うわけです

また特殊音波は年齢によって聞こえかたが
違うので、
子供には、耳につくうるさい音に聞こえ
親には、何も聞こえていないのだけど
眠気が襲ってきたり、ボートしたりするという
影響があるのではないのか?

こうした人たちの様子を見て思ったわけです

それで、今回だけでなく
4号棟の納涼祭でも、耳をふさいでいた人はいたし
他にも、ずっと前から、街を歩いていると
そういう人は見かけたわけで

私の周り、何メートルかは知らないが
どうやら、影響がある人がいるのは間違いなさそうだ

写真や、録画していなかったのが残念だけど

将来、この子に何かしら影響があることを願っておこう


そんなわけで、たいした事のなかった目黒の祭りでした


所で、この日、
イグノーベル賞で、
高周波を使った10代前後の若者だけに聞こえる
「モスキート」
という音波を出す技術が受賞したらしい
また、それを利用した携帯電話もあるというのだから
驚きだ
これから先、授業中に携帯のベルが鳴っても
教師に怒られないから便利になる
スポンサーサイト
テーマ:日記ですが何か? - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト10月7日 目黒で奇声を上げ両耳ふさぐ子のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。