ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月1日 八潮北保育園 
2006.11.04.Sat / 00:46 
この日も子供の声がやけに煩い

最近、子供にわざと言わせているのか
うなり声のようなものを大きな声で
発狂したように言う子が多い

そういう叫びの後
しっとりとした女性の声で
「最近子供たちがおかしい」
と言う声が頭の中に響いてくる
普通に話しているような話し声も
同じ部屋の中で話しているように聞こえてくる

叫び声はともかく
普通に話しているような声が窓を閉めていても
聞こえてくるので
誰かが、集音マイクで拾った音声を
特殊音波や電磁波で放送しているように感じる

また、最近隣に住む同級生の人の声で
「自分のうちも子供の声がやけに大きく
聞こえてくるんだけどそうなのかな」
といっている声
その後、聞き覚えの無い女性の声で
「そんな事あるわけ無いでしょ、考えすぎ」

等聞こえてくる時がある
この同級生にはブログを教えていないのだけど
少し前まで
「八潮団地」
でgoogle検索すればいくつか出てきたので
もしかしたら、見つけて読んでいて
知っているのかもしれないと思った

とりあえず
アメリカでは
聞こえない音声による
メッセージの送信などの技術が
特許で出されているようでありますが

その機械が本当にあるのか、
現物の写真も無いし
SF映画さながらの話なだけに
周囲の人に相談してみても
「考えすぎ」
と言う形で話が終わってしまっているようだ

やっぱり、人間は自分が体験してみないと
だめなようだ

そういう事から、私も無茶して仙台などで
「電磁波による嫌がらせがありますよ」
何て言って回った事があるが
どれだけの人が、気にしているかは解らない
それどころか
私が言っていた事も忘れてしまっている可能性大きいし

他にも、自分が思った事などの類似事件が起こることから
大阪まで行って、梅田駅辺りや、甲子園球場辺りで
(あれだけ携帯で写真撮っていたのだからそこにいた人間忘れてはいまい)
首を切る真似して
「やな奴殺せよ」
と言いふらした事ある
そのかいあってか(?)
長崎で本当に首切る事件が起こったのだけど
そういう符合するところまで皆考えもせずに
私がただ精神的におかしい人
ぐらいで終わってしまう可能盛大

また、今年の、東京湾花火大会で
フジTVの警備員に
「また首切り事件起こりますよ」
といってきたけれど
それも逆に、一人に言ったんじゃ証人としては
信憑性ないし
花火大会便乗して、このときも警官呼ばれるぐらい
大騒ぎすればよかったと後悔

その後に
母親の首を切る殺人未遂事件や、
入院中の家族を首切る殺人事件が起こったけれど
こういう事に符合しているなんて誰も思っていないんだろうと
感じている

電磁波や、特殊音波による、音声の嫌がらせや
マインドコントロール
が現実にあると思うんだけど
こうした偶然と思える事件をどう
偶然では無いように見せ付けるにはどうしたらいいのか
また、警官に保護されて
色々と煩いのも嫌だし、どうしようか悩み中
スポンサーサイト
テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト11月1日 八潮北保育園のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。