ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月4日 花園神社酉の市 
2006.11.06.Mon / 19:18 
この日は秋葉原でロボットの展示イベントをするということで
行ってみたがホームから見ていると人が少ないので
そのまま新宿へ行く

アルタ向かいの広場に行くと
いつもの通り、人が極端に少なくなる
しばらく様子見でその辺りをウロウロする
それでも、多少人の流があるので
その流れに沿って歩いて歌舞伎町へ

アルタ横の果物屋から
歌舞伎町の入り口まで緩やかな坂になっていて
通りを見下ろせられるのだけど
歌舞伎町入り口辺りには人がいるようだ
ところが行ってみると
やっぱり急に人がいなくなる

組織的(集団)ストーカーの手段の一つに
電磁波や特殊音波による声の放送の
嫌がらせがあり
誰が放送しているのか第三者による意図的な
音声放送もさることながら
ターゲットの話し声を集音マイクで拾い
放送していると言う事を
書いています

その影響なのかどうか
最近、私の周りでは人がいなくなると言う事が
日常茶飯事に行われる

しかし電磁波や特殊音波での音声放送は
モスキートという超音波を使った機械の影響を見ても
聞こえる人と聞こえない人の差がある
ようなので、どれだけの人が聞こえているのかは
予想つかず
それでも、電磁波や特殊音波による音が聞こえないと言う人でも
高周波関連や超音波の世界などの書物で書かれた
内容を読むと
人によっては内耳や、聴覚をつかさどる牛耳などに
違和感を感じさせたり、軽く痛みを伴ったりするようだ

そうした事を感じている人がいるのか
私の周りを歩いている人の中には
耳を気にしだして触りだす人などが
多く見られるようになり
やっぱり、多少なりとも影響があるのではないかと
感じている

そんな事から、私の周りに人がいなくなると考えているが
組織的(集団)ストーカーを行っている人間が
創価学会とにらんでいるのだけれども
もしそうならば
噂を知っている人同士で
携帯電話などで情報を取り合って
わざと避ける嫌がらせも可能と思い
今のところどちらともいえない状態だ

そうしたわけで、一周してきて
また
さくらや向かいの通りにできた
今度はオープンカフェで一服して様子を見てみることにする
ABC-MARTで客寄せしている声が明らかに
「分裂症」
など言っているように聞こえるのだけれど
他の人にも聞こえているんだろうか
しかも、ここにいると20代半ばぐらいの
男が私ほうにカメラを向けて来るのもいる
どうやら写真を撮っているようだけれど
取ったものを見て首をかしげている
どうにも
組織的(集団)ストーカーらが流している噂を信じている人間が
多いらしく
私が言っているとでも思っているんだろうか
他にも目の前を通り過ぎた人の中で、何か聞こえたような
動作をする人がいる、私に目を向けて口をふさいでいるのを
確認すると怪訝そうな顔してくる

他にも男3人と女1人でテーブルについているのが
いて、女が私のほうをデジカメでとって、
その男と同じように首をかしげている
そのグループのうち一人の男が、きょろきょろしだし
真上を見て首を傾げたりしている
この人たちにも何か聞こえたのだろうか?
それでなければ
無線マニアみたいな人間の間だけではなく
今風の、クラブに行っているような人間の間でも
噂が流れているようだ

私が席について程なく
ABC-MARTあたり人が少なくなる
そして、このお店脇の地下街に行く階段横から
靖国通りまでテーブルが並べられた
オープンカフェでありますが
何故か、靖国通り側にあるもう1店舗の店の前にまで
人がいなくなる
いくら噂が流れているとしても
ここまで人がいなくなるとなると、どうにも
顔を知っていて避けている
ともいえず、不思議な現象だ

その後寒くなってきたので
新宿東口周辺
歌舞伎町近辺をウロウロしてみる事にする
もし、特殊な集音マイクで私の周辺の音を拾えるのならば
歌舞伎町周辺のやくざ等の会話も拾って放送するかもしれない
そういう事を考えて、やくざでさえも巻き込まれると
思うと面白いので、
わざと、やくざがいそうな怪しいところとかもウロウロしてみる

そんな怪しいところを通って市役所通りに出る
そこから靖国とおりに出て歩いていると
屋台が出ている
その屋台沿いを歩いていたら
花園神社の酉の市がやっていた
ちょっとしたジンクスがあるので、お参りして見る事にする
並んでいると、ヘリコプターが上空ウロウロしている
それに前にいた中年の男が
変なところで写真を撮ってくる
なんだか私を取りたがっているように見えた
その奥さんと娘は首かしげて訝しげだ
どうにも、奥さんとその娘は、だんなのそうした行動を
不思議がっている様子
そういう行動をみていたら
いままで、組織的(集団)ストーカーは家族全体でやって
いるのかと思ったら、家族の中にも知らない人がいるのかと
ふと思う
家族でも、夫婦のそれぞれの人間関係なんて
お互い熟知していない事は多いだろうから
ストーカーをする組織にストレス発散や面白がって入っていたら
家族にばれないようにやっているのだろうと感じる
ものすごく、自己満足でやっているように見えた

その後、その敷地内にある小さなお宮もお参りする
芸能関係のお宮もあり
芸能人らが沢山電磁波、特殊音波に巻き込まれるように
願掛けしてみる

花園神社のみこしを見ていたら
雷電神社と書かれた神輿を見つける
と言うわけで、係員の人に聞いてみたところ
元々別物だったのが合祀してここに祭られているのだけれど
今でも小さなお宮が残っていると言う話だ
雷電神社なんて名前から面白いので
行ってみることにする
少し道に迷って雷電神社へ
この間の秋葉原の時のように
歌舞伎町一体に落雷しますようになんて願掛けする
ついでに電磁波に巻き込まれる人間が大量にでる事も願ってしまう
神様なんて信じてはいないが、それで本当に起こったら
面白いしザマーミロと言うものだ

酉の市に便乗して、そんな願掛けしてみたりする

その後、紀伊国屋へ行ってみる
雑誌を少し立ち読みする
日系サイエンスを読んでいると

アメリカ軍の行っている実験は
トンデモ話で
その中に頭の中に人の声を聞かせる
という実験も含まれていた
アメリカ軍は、科学者らが認めていない変な研究をして
軍事費を使い込んでいると言う話らしい

今まで、
電磁波パルスによる脳波の研究や
脳の中にチップを埋め込みコントロールする技術など
心を読むころが出来るようになるのか?
など載せてあったのに
手のひらを返したかのように感じた
電磁波によるフレイの実験で
聞こえないはずの音が聞こえるなど言われていたのに
この実験はなんだったんだ?
と思ってしまう
だったら、こんな実験のデーターを詳しく書いた書籍自体
廃盤にすればいいのに紛らわしい
と思ってしまう

とりあえず、頭の中に人の声を放送する
技術は無いといいたいらしかった

それにしても、自分の周りでは
本人には、それが聞こえない声と言う認識は内容で
私は何も聞こえていなかったのに
急に「むっ」とした顔で後ろを振り返えるひとがいる
どうやら、その人の後ろの方から何か
聞こえたらしいのだけれど

私の経験上、あまりにもリアルな声だから
それが、他の人に聞こえていない声
と思いもよらない

後ろを振り返った人も多分
人間が発している声としてしか認識していないと思われ
水面下で
隠れ、電磁波、特殊音波の音声被害にあっている人が
多いだろうし、その事は
世間的に言えば
統合失調症患者としか言われないわけで
それも増えていると言うことにもなるわけだ


明らかに、人が言っているのとは違う話し声が聞こえている
人がいると思われ、そういう人たちが将来
私と同じようになる事を願ってやまない

そういうわけで、待ち行く人のこんな様子が気になった
新宿だった
スポンサーサイト
テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト11月4日 花園神社酉の市のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。