ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月11日 たけしの日本教育白書2006 
2006.11.13.Mon / 01:43 
この日は、天気悪かったので出かけずに
6時から放送していた
”たけしの日本教育白書2006”
を6時40からチラッと見てみる

はっきり言って
こういう番組で、どれだけ問題定義をしても
解決できないことですし
再現VTRや証言を聞いたり見たりしても
自分の血圧上がるばかりで良い事ないので
しょうがないと思っていたはいたものの
話のネタとして、少しみて見た

ちょうど
学級崩壊について現職教職員の証言が放送されている
最近の子供はちょっとした事でも
「セクハラで訴えてやる」
とか
「お前くびだ」
何て言い出すらしい

これ見て思ったんだけれど
「何を今更、こんなの問題にしているの?」
って感じだった
そんなの、少なくとも2000年代から感じていましたけれど?
ってね


このブログは、組織的(集団)ストーカーについて
書いていますが
1996年ごろから「オウム」や「人殺し」と言われるようになり、
1999年に実家に帰ってきてさらにひどくなった
これらの誹謗中傷の証拠を取るべく、
4号棟の前でハンディカムを持って撮影していたところ
40ぐらいの人から、
「肖像権の侵害だ」
といって、撮影していたものを消したことがあり
(この人の言っていることは間違いで
 本当のところ、撮影しただけでは肖像権にならず
 公表した場合に肖像権が発生するという話だ)
他にもコープの前で
撮影していたところ
2号棟に住む人間に文句を言われ
ちょっとした騒ぎになった

注意をしてきた2号棟の人間は創価学会員
コープの前は公共の場なのに
ものすごく注意を受ける
(オウムもカメラもって撮影していたとは知らず、
 同じ事をしていたからなのか知らんが)
公共の場所で撮影していても、
警察官を呼ばれるほど煩く言われるとは思いもよらず
びっくりする


そんな事から、創価学会信者は、
”法律にとてもこだわっている”
と感じた
それで、子供にも、法律を教えているみたいで
盾にして言って来る事を教えているなという
気配を2000年の終わりごろからずっと感じていた

ブログを書き出す去年の8月頃まで
”2ちゃんねる”
「創価学会、公明党板」
「ストーカーするって本当ですよ」
の方で、
”子供の中に組織的(集団)ストーカーの嫌がらせと同じ行動をしてくるのがいる”
と書いています
ブログのカテゴリー”小説”の中の日記でも実録として書いていると思いますが

小学生から3,4歳ぐらいの子のなかにまで
「拝むような仕草をする」
「中指立てる」
「親指下げる」
「”オウム”や”人殺し””逮捕”など言って来る」
「”選挙妨害”など子供らしからぬ事を言い出す」
という行動をする子供がいて
親が教えて、やらせているんじゃないのか?
と書いています
”2ちゃんねる”
の方の返事には
「子供が、そんな事をするはずがない」
「気のせい、被害妄想」
等かかれました

カメラを向けると止めるので
証拠も中々取れず
証拠がないから
「気のせい」
といわれてしまうと、何の根拠もなくなってしまうわけです
(証拠がないのに霞ヶ関の弁護士会や相談所行っても無駄だよ
あと法務省の無料相談行ったときにも保健所を紹介されたしw)

ところが
「教育白書」
の再現VTRを見ていると
同じような事を、やってる子供が多い
と感じた

しかも、出演者の中に
「幼稚園の頃からおかしくなってます」
なんていいだすのがいて
「やっぱりな」
と思う

”八潮北保育園”という題の
の日記の中に書いていますが
「最近の子供はおかしい」
という声がしたなど書いていますが
まさに、教育白書で問題視されているとおりじゃないのか
と感じた

それで、こうした事って
創価学会の子供がやっている可能性が高いように
と感じた

とにも、かくにも
組織的(集団)ストーカーの攻撃の対象者が言われている様な
状況にまでなってないからいいじゃんなぁ
例えば
「何月何日何曜日にそんなこと言ったの?」
「証拠あるの?」
から始まり
「それは、先生の勘違いだよ」
だとか
「気のせい」
「被害妄想でしょ」
「精神病院に行ったほうがいいんじゃない?」
と、そこまで言われるのよりは
だいぶ、マシだろ
って思った
(そのうち言って来る子供が出ると思うけれどwいい世の中だw)

教職員の中に休職者は3000人ほどいるというけれど
創価学会信者じゃない人だけだったりして
まあ、いいんじゃない?
創価学会員の教職員に任せておけば
仕事は別にあるだろ?
って感じだ

あと、他にも
給食費払わない親がいると言う事もあるらしく
そちらも問題視されていましたが
これだって創価学会員の割合が多いんだろうと感じる
それで、
払わない創価学会員相手に
創価学会信者でもない人間に
「取立て」
という嫌な仕事させておいて
給食費が払われなかったら
創価学会員の上司に
「何やっているんだ」
って怒られている仕組みが出来ているのでは
と見ていて思う

つまりは、社会的、暗黙の構図のなかに
創価学会員の都合の悪い事は
信者でない人間の責任にして、自分たちだけうまい汁だけすすれる
ような仕組みが出来ているのではないのかと
康考えたわけです


真実は知りませんが
どっちにしたって
世間一般がそうなるように作った社会なんだから
「巻かれるものには巻かれろ」
の言葉どおり
文句言えないだろう普通に
と思ってしまう

それで
TV局も、そういう裏を知っている癖に
わざわざ、問題視して奇麗事言わなくていいんじゃない?
何でこんな問題定義の番組やったの?
って思ってしまった

創価学会以外は淘汰される運命だったりして・・・

ところで
人を馬鹿にしているように書きやがって
と思う人がいるかもしれませんが

このブログで人を馬鹿にしたような事かいたって
社会的に対して、そんな対して影響ないと思われ
このブログを批判しても、社会的問題は
何も改善されないのであしからず

本当に社会的に悪い影響を起こしているのは
社会の中枢の人間でしょ
見誤っては困ります

コメントで非難する分にはストレス発散でいいかもしれないけれどね
でも、そんな事しても問題は何一つ解決できないですよ?



 あと、嘘ばっかりとか言われてしまうので
 余談として、ちょっとこんな事もあったと
 付け足しておこう
 コープの前での事があった後
 2000年の12月20日前後に
 生協内部で働く人達が沢山集まって忘年会をしていた
 誹謗中傷の証拠がほしくて
 こっそり入って撮影していたら見つかって
 警察官を呼ばれた事あり
 これは、確かに法律に触れてしまう事なので
 何にも言い返せないが
 それ以前の公道で撮影していた時に
 注意される覚えはないと感じる
 あと、忘年会には
 他にも10人以上いたのに他の人達はさっさと帰っているのに
 何故だか、
 その当時の1号等の会長がものすごく煩く言ってきて
(今もやっているのだが)
 引き止められる
 その時に残ったのは2号棟の自治会会長と
 接骨院の院長の3人で警察官が来るのを待つ事になった
 本人たちは否定しているのだけれど、この3人は創価学会員
 という話がある
 警察官が来た後に
 理由を話したところ
 親を呼ばれて、2時間ほどで家に帰されたのだけれど
 帰り際、1号棟会長が警察官に耳打ちしていて
 何か、裏があるんじゃないかと、ものすごく気になった
 誹謗中傷についての裏があるのか知らないが
 12月の、この一件で来た警察官1人が、
 1月に交番勤務から私服警官になっている
  (夜歩いていたら不振なワゴンがあったので
 覗いたらその警官いて、車上荒しを見張っていたという事だった
 その時に、そんな事を言ってたわけです)
 何か手柄でも立てたのかって感じだ
 まさか、私の一件で出世したわけじゃないだろうな
 拘置されなかったが、逮捕歴とかついていたりして
 まさか、警察官も一緒になって
 組織的(集団)ストーカーに加担しているという事はないよな
 
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト11月11日 たけしの日本教育白書2006のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。