ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月13日 山口たつみ先生って誰の事だろ? 
2006.11.15.Wed / 22:46 
この日は徹夜して
朝おきていると
5時30分頃に
「山口たつみ先生もばればれ」
という女性の声が聞こえてくる

以前、麻布十番祭りの事を書いた日記がありますが
その中に、盆踊りをしているときの
アナウンスの女性の声にかぶって
小学生の時のM先生と中学生の時の数学教師でM
先生の声がすると書きました

この教育者らが電磁波や特殊音波で話を放送する機械を持っていなかった場合
そんな昔からの教育者の声が盗聴されて
こうした特殊な機械で放送されている可能性があり

ちなみに冒頭に書いた
”山口たつみ先生”
は自分に見覚えがなかったりする
また、本当にいる人物なのか、どうかも解らない
そんなわけで人を特定できないわけだし
特定できなければ、個人情報に当たらないので、そのまま書いてみた

中学生の時に、社会科の教師で同じ苗字の先生がいたが
名前がこの名前なのかどうかは覚えていない

もしかしたら、八潮団地内の現役の教師の中に
そういう名前の教師がるのだろうか?
それにしても、そんな話をしてきた女性の声にも
見覚えがなく
誰の事なんだろう?
という感じだ

このブログをよんで、思い当たるという人物はいるんだろうか?
気になるところだ

ところで、最近、もっと面白い事があることがわかった
10時ごろだっただろうか
ベランダ側の部屋にいるときは、子供の声が煩く
頭の中に響くように聞こえてくるのだけれど
逆位置にある玄関の方向に行くと
八潮北小学校のアナウンスで聞いたことある声が
複数響いてくる

なんか授業をやっているようだったのだが、同じ声で
「やめてくれ~」
なんて嘆きも聞こえる

もしかしたら、この学校の教師ら何人か
巻き込まれているのか?
と感じ、面白く思った

ところで、こうした音声については
特殊機械のほかにもテレパシー?
なんて感じてしまう事がある
ありえないかもしれないが、
軍事極秘プロジェクトでは電磁波、マイクロ波などを使った
音声送信の実験研究がされていた
特に、冷戦時代は、ロシアもアメリカもこうした実験を行っていて
マインドコントロール、洗脳による、民衆の操作を試みていたという
アメリカでは特にスターゲイト計画というものがあり
テレパシー実験などしていたということだ

そんな事から、聞こえるはずもない声の内容が
現実と類似していた場合やっぱりそうした事はあるんだろうか?
と感じてしまう

ただ、私は、仮にそうしたことが本当にあったとしても
被害をなくそうなんて思ってはいない

なぜなら、同じ目に合わないとこういうことが本当と感じないからだ

そんなわけで
この学校の教師ら始め他にも、世界中の人間の中に
たくさん同じ目に合っていたのならば幸いだと感じる


後、先週金曜日だったか
やけに外から子供の声が響いていた時があった
しかもいつも聞こえる保育園児のような声質ではなく
明らかに小学生の声質だ
しかし、10時過ぎに表で騒ぐ小学生もいないだろうと
外を見てみると

学校の屋上で演劇の練習
「雪女」
といっている声が、京浜運河の方から何故だか
その声にかぶって、
「ひきょうもの」
と聞こえる
ベランダに出たから、何言っていたのか解ったけれど
家の中にずっといたら、さっぱり、何言っているのかわからなかっただろう

ちなみにハンディカムで撮影したところ
「ブーン」
という音声が入る
一度、録音を止めて、スイッチを入れ替え撮影したところ
校庭で演劇の練習している子の声ではなく
真下で、立ち話していた中年のおばさんの声が入っていた

なんだか、八潮団地の外からそういう音声を放送しているのか?
と感じる

高速道路の騒音軽減のために、逆位相音という音波干渉を起こし
互いに打消し合うことによって、伝搬騒音を聞こえなくさせる
という試みもしているという話を聞いたことがあるから

京浜運河をはしっている高速道路
から音を発しているんだろうか


あと、これを書着込んでいる最中
22時37分に、周りに匂いを発するものがないのに
桃だろうか?
青りんごかも
で、アメでなくガムか?
何か甘いにおいがする

以前から相だったのだけれど
深夜12時過ぎると、ラーメンの香りがしたり
コーヒーの味がしたりすることがあった

電磁波やマイクロ波による嫌がらせを
海外では
エレクトロニックハラスメント
(カタカナじゃ検索して出てきませんけれど)
といわれているらしいのだけれど
被害の中には
電磁波によって、脳内の細胞に送られる電気信号
を狂わせ、聴覚、嗅覚、視覚、味覚
等に変化を与える事が出来るのではないのか?
といわれています

今のところ、幻覚はないのだが
不意に、何もないところから、味がしたり
におったりするのはどうにも

しかも、普段食べたことない
かなりおいしい料理の味
がしてきた事があって
これは得といったら特なのか?
スポンサーサイト
テーマ:つぶやき - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト11月13日 山口たつみ先生って誰の事だろ?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。