ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月21日 川崎へ 
2006.11.24.Fri / 00:05 
この日は川崎へ
なんて事はなく、ウィンドショッピングに行く
最初ビックカメラに行ったのだけれど
ヨドバシヘ見に行く事にする
商品を見ていると
なんだか、20代の警備員の男性が
顔赤くしてウロウロしていたが

何かやらしい話が
電磁波や、特殊音波で聞こえたのだろうか?
(その理由は、カテゴリー”はじめに”で書いていますが
 とりあえず、そういう物を使って私の周りで放送している人間がいて
 自分だけに聞こえるかと思ったら、周囲何メートルかの人間にも
 聞こえているんじゃないのか?って話)
と感じてしまった

他の店員は何ともなかったのだけれど
この警備員の行動だけ気になったが
この日は
とりあえず小型ラジオを購入して
その後
マッサージ等して帰路に着いた

その帰り、キヨスクを眺めていると
どこかのスポーツ紙に
「宇宙人の解剖はやらせだった」
(ちょっと題は違うと思うが)
そんな、見出しを見つけ気になった

今まで、宇宙人による誘拐や、体内に金属を
インプラントされた人がいるという話があるが
宇宙人の話自体が、
アメリカ軍が極秘に行っている
洗脳、催眠、人間操作、体内チップ埋め込み
等の人体実験を隠蔽するためのものではないのか?
(こんな事を行っていると公になれば、
 アメリカの存亡に傷がつくから)
と思っていただけに
考えてしまう
(日本はアメリカの精神的奴隷なだけに、一般人使って実験しても
国も何もいわなそうだ?それとも創価学会辺りが協力して
資金援助の見返りに、日本洗脳実験しているとか?)



それで、この日、
例のごとく、例の放送作家のブログを読むと・・・
ラジオに、やけにこだわっている書き込みを見つけ
気になったが
元々、自分のラジオ番組を持っている方なので
話のネタとして出てくるのは当たり前だし
ただの偶然か・・・

それにしても
>ラジオの現状を
>もっと知りたい。

>思考停止

等の言葉を見て関連付けてしまうなんていうと
これは、ますます何か言われかねない状況だな

”IT社会の日本を救う”
という内容の、この放送作家の日記に
アダルトサイトのトラックバック55個送りつけた奴って
このブログに貼り付けてくる人間と
同一人物だったりして?

それで、この日、
例のごとく、例の放送作家のブログを読むと・・・
ラジオに、やけにこだわっている書き込みを見つけ
気になったが
元々、自分のラジオ番組を持っている方なので
話のネタとして出てくるのは当たり前だし
ただの偶然か・・・

それにしても
>ラジオの現状を
>もっと知りたい。

>思考停止

等の言葉を見て関連付けてしまうなんていうと
これは、ますます何か言われかねない状況だな

”IT社会の日本を救う”
という内容の、この放送作家の日記に
アダルトサイトのトラックバック55個送りつけた奴って
このブログに貼り付けてくる人間と
同一人物だったりして?

あと、この方、
マイケル・ジャクソン
に会いたがっておりました
そのことが書かれた日記を読んでしばらくして、マイケルが
クリスマスに日本に来日するって話をワイドショーでやっていた

それと
11月22日分に書くにはちょっと面倒なので
21日分のこちらに書いておきますが
22日にはお昼、TVにマイケルが舞台に立っている姿が映し出されていまして
ビクッとして後ろを振り向いたような仕草が気になりました

まさかとは思うけれど
マイケル・ジャクソン
も、予想しなかったところから不意に声が聞こえたりする時が
あるんじゃなかろうか?
なんて、感じたりした
まあ、何事もなかったら
「聞き間違い」
出終わってしまい
忙しさにかまけて忘れてしまう事は必至だろうと感じる

今後その現象が続くか続かないかは
本人の意識しだいか?

そういう点では
トム・クルーズも
何だか、怪しいところあるけれどね
スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト11月21日 川崎へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。