ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月9日 八潮北で餅つき大会 
2006.12.14.Thu / 20:35 
この日は、10時頃からゴン、ゴンっと
下から突き上げるような音がする
外を見ると、八潮北小学校内で餅つきをしているようだった

しかし、その音の振動波が、こんなにも感じるのだろうか?
と他の人の家はどうなのか?
気になるところだ

以前から、組織的(集団)ストーカーの嫌がらせの中には
誹謗中傷を言いふらしたり、中指をたてたり、親指を下げたり
舌を出してくる等の、目に見える嫌がらせ行為
と、
それに平行して、テクノロジーによる嫌がらせがあるのではないのか?
と書いています
テクノロジーを使った嫌がらせとは何かというと
電磁波(フレイ効果、磁場パルス等)や特殊音波(超音波、低周波、高周波等)
を使って、人工的に、幻聴を起こさせるというものであります
また、これらは、音声として聞こえなくても
身体的、精神的影響があると思われ、洗脳や、マインドコントロールに
使用されているのでは?
という事であります

自分の家では、常に、「キーン」という音や「ウィーン」
という音が聞こえ、また、そういう音が後頭部に重くのしかかってくる感じを
受けています

しかも、「キーン」と言う音がしなくても、こうした音声と思われる
圧迫感があり
ちょっとした金属音や、「ドン」という振動波がくると
頭突き抜けるような感じや、体全体に、振動をして感じるような
そういう事があります

あと、毎年の事ながら、ハロゲンヒーターをつけていると
そういう音波に反応しているかのように
「ジーン」「ビーン」という音が一定のテンポを刻みながら聞こえる事等あり
(その時によって、リズムが変わる)
テクノロジーによる攻撃をされていると感じる訳です

そんな訳で、窓を閉めていても、外にいる時と変わらないぐらい
雑音など聞こえ、とても気になるところだ

もう5年ほど前から、八潮北小学校の、放送等
エコーがかけられて放送していたり
そういう事があって、この学校関係者らも、こうした技術を知っていて
使っているのではないのか?
と思うところあり

そんな訳で、からかいがてら、八潮北小学校、餅つき大会
に顔を出してみる事にする

すると、参加者父兄の中には、自分の事等全く知らないで、にこやか
に対応してくる人が何人かいる

そんな中、コープ横の公園で顔見知りになった子がいたので
声をかけると、バツが悪そうにしている
一緒に来ていた子らは、私の事を全く知らないようだ
色々試して、案外噂が広まっているのかと思ったら
私の事は、触れてはいけない、事になっているらしい
そんな時、アナウンスが入る
「地震が来ました、津波にご注意ください」
このアナウンスを聞いて、
他の子が
「地震だって」
と騒ぎだす
文章最後の「津波にご注意ください」
というのが何とも、わざと放送したような感じがあって
本当に地震があったのか、疑わしく感じる

しかし、その時にいた子ら、何人かが
騒いでいたから、放送があったのは聞こえていたのは確実だ
もしかして、電磁波や、特殊音波で放送した場合
どれぐらい聞こえるのか実験したんじゃないのか?
と思った

そのあと、一服しながら様子を見てしばらくしたあと体育館内
を見ると
4号棟の祭りで、
「写真写されたんですけど」
と話しかけてきた、八潮中学校の生徒が5人程の友達を連れて
来ている
この子にはブログも教えていたので、ブログを読んだか
話しかけてみると、この子らもバツが悪そうな顔をする
「ブログ見た?写真載っているから」
(多少ぶれて個人を断定するまでにはいっていない
写真なので肖像権の問題はな写真です)
といったら
その内の一人が、
「何?この人に写されちゃったの?」
と大笑い
だけれど、他の子らが、笑っていない事に気がつき
急に笑いを止めて訝しげ
どうやら、私の事は、本当に自分の信用できる友達(創価学会)
にしか、話していないようだった

少し余談になりますが
私の子供時代にも、自分が知らないところで、触れてはいけないような話
があるように感じる事があり
「何だろう?」
と思う事がしばしばあった
今、一人だけ話が、解からないでいる子が、まさにその時と同じ立場に立っている
そんな様子を見て
組織的(集団)ストーカーは創価学会が行っているのが
濃いと考えられ、信者同士の中で行われる情報交換、噂を広めるのは速急に
行われて、嫌がらせをする原動力にしているのだけれど
そういう事は、信者以外に知られたくないので
それ以外の人には口裏を合わせて、ごまかしているのでは?
と感じあた

他にも、何人か話しかけ
3、4人で歩いていた小学生に噂の有無がないか
聞いていた時の事
1年生か2年生ぐらいの男の子が、横を通り過ぎ
こっちを見て、うすら笑っている
しかも、何でも知っているという顔だ
言葉で、どう表現したらいいのか、わからないが
表面上は、いい子のように見えるけれど裏では腹黒さを持っている
という感じがした
創価学会員独特の、口を合わせて、何かをする
という雰囲気が、もう既に小学生の頃から、教わっていて
染み付いている子がいるんじゃないのか?
と感じた

餅つき大会の様子を見ていると
教職員の中にも父兄の中にも
組織的(集団)ストーカーを知っていて、実際にやっているだろうと
思える人がいて、学校の施設を利用して(放送室)嫌がらせをしている
事を隠していると思われる節があり
何とも、教育者らの間でもそういう事をしている人がいるのならば
太刀打ちできないと感じた
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト12月9日 八潮北で餅つき大会のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。