ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月12日 八潮北小学校の不思議な声かけ 
2006.12.19.Tue / 00:11 
朝の挨拶の子供の声がうるさい
朝の、声かけは、毎日行っているのかと思ったら
不定期のようで、2週間づつけてやっているかと思えば
突然、一週間あけたりしている
なんでか、気になって八潮北小学校の祭りの席で
副校長先生に聞いた所、不定期で行っているのは認めたが
その理由は言わなかった
その時の、気分によってやっているんだろうか?

挨拶の声かけが不定期とは、何だが、学校行事にまで、
嫌がらせとか、持ち込んでいるような気がしてならない

いじめ関係の掲示板の中には、
「宗教の違いで、担任に虐められた」
という書き込みをみつけた
そこの掲示板は、会員制なので、2ちゃんえるとかと違い
事実の可能性が高い
ここには創価学会と断定できる言葉では書かれていなかったが
他宗教を毛嫌いする傾向が強いし、現実に他の宗派に嫌がらせの電話をしたりして
逮捕された、年配の男性信者等いたり、
別れた彼女の電話の通信記録を盗み見て嫌がらせを行った人間等いる事から、
自分達の都合の悪い人間を、隠れて攻撃するのが得意なようで
こうした事を言い出す教師も、そこの信者のように感じた
他にも茅ヶ崎の市立中学校で創価学会の歌を歌わせた教師がいて
自分たちの入っている宗教を、学校行事に取り入れて宣伝し、
洗脳しているようで気味が悪く感じた
また、この問題が、暗黙の了解の様に、教育界で罰則がなかったという
法律では国や公共の教育機関の学校に限って、特定の宗教の布教活動は
してはいけないというけれど
私立中学校だって、創価学会が運営しているわけでもなく
他の宗教をやっている子だって通っているはずだ
そこで、特定の宗教の歌を歌わせたのに罰則がないというのもおかしな話だ
そうした事をみていると、教育界全体で
仕返しが怖いので教育界にたずさわる少人数の創価学会信者には
逆らえないという考えがある様に思った

そういう事から
もし「創価学会」が組織的ストーカーを行っていた場合、
標的者が住む地域では色々と、嫌がらせしていそうだ
ちなみに、私が、地域で問題行動を起こす前の
(証拠を取るために、ウロウロしたり)
1999年代から、学校アナウンスでも
「オウム」だとか「人殺し」と聞こえてきたので、気になっていた
すると、アナウンスに突然エコーがかかったり、急に放送の音を下げたり
「プツッ」という音と共に切れたりと不穏な動きがあった
しかも、この時の校長先生が大島に飛ばされたりしているという事だ
(嘘か本当か、2001年度についた校長の話だが)

そんな事で、朝の声かけの行事が、不定期というのが
(雨が降っていても行っている時があるし、晴れていても
やっていない時がある)
何だか、証拠を取られる事を警戒して行っているような気配を感じた

もう一つ気になるのが
証拠取ろうとハンディカムもってカーテンあけると
建物の影に隠れる子とかいるんだよね
絶対に何か噂があると思うんだけれど
学校関係者は知らないという

最近テープ代がもったいないから写してないけれどさ
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト12月12日 八潮北小学校の不思議な声かけのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。