ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月14日 タオス・ハム現象って知ってる? 
2006.12.21.Thu / 00:00 
今日は出かけなかったので、家の中で気になる事を書いてみる

ここ、何週間かで、ちょっと気がついた事がある
もう2、3ヶ月前から、あさ、8時30分になると
プツッと音と主に
下から空洞に音が響く時と同じ
「ウォーン」
という音がしてくるのに気がついていた
聞いていると、それまでの間聞こえていた
「ウォンウォン」
という一定のリズムを保って響いている、低周波音とは違い
すーと、一定の音域で、音感楽器の低い音のようなものが遠くから流れてきていると
言う感じを受けていた

こういう、音声の嫌がらせが、創価学会によるものだと思っている私でありますが
下から響いてきていたように聞こえたので
下の階の人間がやっているのかと思っていた
勿論下の階の人間は創価学会

ところが、ここ、何週間かで、どうも、ベランダの外の方から、
その音と一緒に「ジーン」と響いてくるような感じがして
下の階から聞こえると思われるのは
もしかしたら、全く別の場所から、低周波の振動音が照射されていて
壁に当たり、その階ごとの、配管等が通っている空間に響いて
聞こえてくるのかもしれないと思った

しかし、畳に、寝転んでいると、下から聞こえてくる、低周波音が
大きいので、下の人間がやっているかもしれないという
疑いは拭いきれないでいる

あと、やっぱり、夜になると、左耳だけ
空気抵抗を感じ
「ぽこぽこ」
という音と、内耳ないに振動する感触が表れる
もう少し詳しく書くと、内耳全体がそうなる訳でなく
内耳全体に膜が張ったような感じになった後、(エレベーターに乗っていてなるときありますが)
耳の中の下の方で
「ポコポコ」
という振動が始まる訳です
特に、親のいびきがひどい時は、その音に連動して更にひどくなり、寝付けない

右耳は何ともなく左耳だけというのが何とも言えない

「ムー」という雑誌の10月号で、アメリカのニューメキシコ州
タオス・ハムという土地で電磁波によると思われる
怪音現象が起こっているという事が書かれていた
しかも、わたしと同じ様に左側に影響が受ける人が多いという話だ

なんで左側だけに影響するのか?
までは書かれていなかったけれど
低周波と思える「ウォーン」「ブーン」「ポコポコ」という振動は
やっぱり電磁波なのかな?

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト12月14日 タオス・ハム現象って知ってる?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。