ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月20日 電磁波や特殊音波に対する考え 
2006.12.26.Tue / 00:23 
何だか、ずいぶん、やる気がなく、これをやったら、効率が良くなると思われる
事も、ほとんど手を付けていない

いいよね、幻聴聞こえない人って
もう、2、3メートル離れると、人の話の所々に別の声が重なって
そっちが大きく聞こえる事がある
他は申し分なく聞こえるのに、所々、変な声が聞こえてきて
何言っているのか理解できない

けれど、音声自体が聞こえない
というものでないので、難聴ではなく、話している言葉が
全く違うものに聞こえてしまうという困難さは
これ、経験してみないと解らない事だ

皆、マイクロ波幻聴や、電磁波のフレイ効果で同じ目にあえばいいのに
と思ってしまう

ところで、私の聞こえている現象が、ただの幻聴か、それとも
実際にテクノロジーによる嫌がらせを受けているのか
を考えた時に
自分の経験上
私の近くを通っている人間の中に、どうやら、私が聞こえるのと同じ様に
駅構内アナウンスや、エスカレーターの放送内容が違う内容に
聞こえるという人がいるようで、上を向いたり、怪訝そうな顔をする時がある
他にも、私の横を、少し離れて歩いていた人が、何か聞こえたらしく
振り向いて首を傾げる人など、見かける事がある
また、大音響も流れていないのに、耳を押さえて通り過ぎる人も何度か
見た事がある
勿論、同一人物ではなく、別の人間だ

そんな事から、ただの幻聴ではなく、明らかに、
電磁波や特殊音声の嫌がらせをされていて、そういう事があるとは知らない
人らにも聞こえているのではないのか?
と思ってしまう訳です

また、電磁波では、どうだか知らないけれど
超音波や低周波の書籍に目を通すと、個人によって聞こえる、聞こえないの
差があるようだ
そんな事から、様々な周波数で、音声を放送されていた場合
私が聞こえる声と、他の人が聞こえている声は全く違うものであったり
私には聞こえなかったのに、他の人には聞こえたり
そういう現象が起こるのではないか
とも思っている

電磁波や、特殊音波の嫌がらせなの音声で
「別人みたい」とか
「これ本当に本人?」
というような話し声が聞こえてくるが
なんて言ったって、書かれている事であれば、言った言ってない
の押し問答にならなくていいから楽だ

このブログを読んで、私とか岩下人の中に
そう思った人が本当にいたとしたら
巻き込まれている可能性があるから気をつけた方がいいだろう

ちなみに、もう一つ
最近では、電磁波や特殊音波による嫌がらせは
「オウム」
がやっているという事になっているようだ
けれど、数年前に資金繰りに困っているような内容の
ニュースを見て、金ないのか?
この集団?
と思った

さすがに、電磁波や特殊音波の嫌がらせするのだったら
組織が経済的に豊かでないと出来ない事だろうと考える
なんて言ったって
指向性音響システムの「ここだけ」
という機械は140万円
他の機材なんてかって、そろえようとしたら、どれだけかかる事か
そんな事から、
本来、そういう用途を考えている組織のものを使うって考えた方が
自然だ
「ここだけ」という機械は元々防災のために開発されたものであるから
(騒音があっても、避難を呼びかける事がよく届くということで)
地域自治会関連などの、防災サイレンにも、使われているかもしれない
普段、そんなの使わないで、しまってあるだけだったら
それを使って悪用する
なんて事できそうだ


ついでに、この機械はどういうものか知らない人が多いと思うので
書いておきますが

三菱と、JR東海が20年も前から、超音波によって音声を放送できないだろうか?
という共同開発をしていたそうです
それで、出来たのがこの機械
2003年の5月に発売しております
そこ翌年の暮れ辺りで、JRが、九州の方で、試験的にこの機械を導入する
経緯が書かれているサイトがありました

ついでに、2002年頃、超音波による音声放送を
2ちゃんねるに書き込んだ所
出来る訳がない
とバカにされてしまいました
この時まで、超音波系の書籍読んでも
超音波を変換して音声が放送できると書かれているものはなく
漠然と
「可聴域以外の音声が人間の耳に影響するかもしれない」
と、こう書かれてあるものだけでした
(私が立ち読みしたものは)

それが、今となっては、それが可能になり
そういう事を見ていると、常識にとらわれて
電磁波や特殊音波の嫌がらせを、馬鹿にして笑わっている状況下の中
実際問題、見えない所でどうなのか?
私としては、今までの経験上、それなりの予想がありますが
ここでは書いておくのやめておこう
スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト12月20日 電磁波や特殊音波に対する考えのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。