ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月2日 浅草寺 
2007.01.07.Sun / 01:10 
この日の日記に入る前に
気になっていて書きそびれた事がある
12月31の11時30分頃フジテレビ前から
ゆりかもめに乗ったのだけれど
乗ってすぐに車両を移動しようと、次の車両にまたいだ瞬間
そこの席に座っていた人が急に足を出して来て
一瞬引っかかりそうになる

まあ、偶然なら良いけれど
意図的だったら、自分に対する誹謗中傷の噂が相当
流れているという事になる

そんな事があった

続いて、1月2日目
前日、京浜急行での事があったので
もう一度、京急のってみる事にする
で、トイレに入ると、今度は清掃員のおばさんが
入って来た
「トイレ汚しちゃったなぁ」
なんて、念じていたら、この偶然
思考盗聴は科学的にないというけれど、
心が読まれているみたいに感じた

もし、本当に思考盗聴があった場合、皆、その機械の所在とか
知っていて、嫌がらせしてくるのだろうから良いけどさ
「サトラレ」という映画もある事だし、業界関係者ら
皆知っているようだから、他の人は安心という訳だ

そんな事があったが、気にせず、浅草寺へまた行ってみる
歩行者天国になっている
雷門から浅草橋に抜ける、大通りの、中央分離帯には
植え込みがしてあり、イルミネーションが飾られている
そこの、コンクリートに腰を下ろしてipotで音楽を聞きながら
様子を見てみる事にする
勿論、ボリュームは最大
騒音もあるので2車線道路先の、歩道を歩いている人には
雑音の様に「ジャカジャカ」音しか聞こえないと思われるのだが
やけに、耳を気にして歩いている人がいる

まれに、街中でダンスの練習等する時にラジカセの
音量を上げている人がいるが
それだって、他の人の耳にそこまで負担になるような事はない
しかも、こちらはipotでイヤホンをつけて聞いているから
音量最大でも大した事ないはず

それなのに、子供の中にも、指で耳に栓をしたりするものいる
こうした行動を見ていると
自分の聴いている曲が思考盗聴されて
電磁波や特殊音波で放送されていて
影響しているのではないのか?
と思ってしまう

大音響で聞いている分だけ、電磁波のフレイ効果などで、頭に直接
響いて聞こえていたとしたら、精神的にも負担がかかるだろう
とおもうのだが
本当に、そうした音声が聞こえているのかどうか
誰も本当の事は言わないので、真相は解らず

しかし、思考盗聴は科学的に、ないという事なので
ipotの音量を最大にしてきいていると、
2車線またいだ先の歩道にまで
聞こえるという事にしておこう

そんな事で
歩行者天国が終わる17時まで、そこにいて様子を見ていた
その間、警備員がウロウロしている
まあ、何時もの事だ

その後、参拝者の列に入って、音量を半分にして聞いていた
音量半分なら聞こえないはずなのだが聞こえているようだ
わざと、音量を最大にしたりして、面白がって様子を見てみる
あと、何時もの通り、イヤホンを外してみたりする
イヤホンを外した方が音が漏れると思うのだが
逆に、周りの人には何も聞こえなくなるらしい
一番音楽の山で音が高い部分で外したりしているのだが、
そうした反応をする

その後、境内周辺等ウロウロ
浅草寺の東側にある、交番付近で、音量最大にして音楽を聴いて様子を見てみたが
影響がないらしい?
思考盗聴は、ないのだろうか?
交番にいた警官にも
「太鼓のような音とか響いて聞こえませんか?」
と聞いたら
聞こえないという

やはり、思考盗聴ではなく、、基本的に特殊なマイクロフォン等で
拾った音を、電磁波や特殊音波で放送している可能性の方が高いのだろうか?

耳を気にしている人も、音楽が聞こえたというのではなく
電磁波や特殊音波の影響で
私の周りにくると
耳に膜を張った感じや、圧迫感、
内耳の鈍痛等の症状が出るだけなのかもしれないと
思った

そんなこんなの、浅草寺だ

追記
21時、大井町に着くと、消防車がウロウロしている
私に取っては何時もの事だが
他の人はどうなんだろうね?
写真では、右端に車体の後ろが少しだけ
2007,1,2 21,03 消防車


スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト1月2日 浅草寺のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。