ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月7日 新宿 渋谷 
2007.01.10.Wed / 23:36 
このブログは、組織的(集団)ストーカー関するブログで
その、行為の中には
実際に人間が標的に対して嫌がらせするというものは、勿論
その他にも、証拠が取られない様に
ハイテク機器を使った、電磁波、特殊音波による嫌がらせ
行為もあり
その嫌がらせについての経験を書いていると言うものです
また、こうした被害報告の中には
トンデモ話として、”思考盗聴”なる
心の中の言葉を、そうした機器で抽出して放送する
技術があるともいわれ、
私の身の回りで実際に、心が読まれていないと起こりえないような
偶然が多く、そうした事があると信じています
また、基本的に人の心を読むという事は、
生活をする上で、その立場を危うくしかねない事であります
そうした事が本当に行われていた場合
そうした技術者らに対して、何かしら報復したいのですが
今の所、科学的に実証する事が出来ない事でありまして
打つ手がない状態であります
しかし、それを逆手に取って仕返せないものかと
わざと社会に害になるような音楽を聴いたり
念じたりしております

そして、これらの技術を持って、出来る組織はというと
昔から、嫌がらせ行為が問題視されている、創価学会と考えています
それに、それだけではなく、組織力を見ても
世界各国で大学を運営し、技術力のある人間は多いだろうし
資金的、行政に対する影響力もある事から
可能ではないか?
と思っています
また、MKウルトラと言われる催眠術、洗脳、思考盗聴
に関わる、インプラント技術など、CIAが一般人を対象にして
行っていたという話がありますが
戦後、2代目会長の戸田と言う人と、親密だった
岸元首相は、CIAともつながりがあったという話があり
ますます、怪しい所です

そうした事で、どんな了見で私が実験対象者になったのか
解らないが
随分前、掃除していた時に、
昭和43年代の創価学会の雑誌が家から出て来た
親に聞いても、何も言わないが、脱会者らに嫌がらせするという話で
有名な創価学会であります
もしかしたら親の時代に、そうした事があったんじゃないのか?
と感じています
(去年の日記にその雑誌の写真も載せていますが)

それで、果たして、本当に私の周りで
電磁波や特殊音波の嫌がらせがあるのか
もし、本当にあった場合、私の周囲にいる人間にも
何かしら影響があると見ています
また、ストーカー連中は噂を、どこまで広めているのか
私に対しての「オウム」や「人殺し」
それに類似する誹謗中傷はあるのか、
そんな事を試す為に
この日は、渋谷、新宿へ
新宿で降りるのも何だったので
駅構内のBECK'Sで一服しながら、歩いている人の様子を見ていた
思考盗聴があるとしたら、
今聴いている音楽が、アナウンスや騒音にまぎれて聞こえているはず

この時は筋肉少女帯の
「レティクル座妄想」「砂の果実」
を基本的に聞いてみる
音量は半分だ
すると、がラス越しに
歩いている人の何人か、急に暗くなった感じて通り過ぎる人がいる
お店の中も急に人が少なくなる
しかも、私が立っていた場所の、すぐ近くに
ガラス越しに立っていた女性が涙目でこっち見てくる

一応音量半分にしてあるし、イヤホンつけているし
しかも、ガラス越しだから、仮に、音量を最大にして
聞いていたとしても、そこまで聞こえているわけはないと思うのだけれど
なんでか、涙目
そんなに、泣きそうになる歌なのかなぁ?
「砂の果実」
って、思ったが
そんな事よりも、問題なのは聞こえていたのかな?
この曲?
という話だ
店の外まで出て行って、「音漏れていました?」
なんて聞くのもアホらしいので、そのままにしておいたけれど
やっぱり、気になってこっちを見てくる

そんな事があった後、コーヒーも読み終わり
そこに居続けてもおかしいので
店の外でて、駅構内を少し散策したあと、渋谷で降りてみた
私が渋谷の駅ついたばかりの時は混雑していたのに
駅から出ると、予想以上に人が少ない

それに、渋谷交番の上から放送される音声に
別の女性の話し声が混ざっている
しかし、元々の音声の方が音が大きいので
何か言っているのが聞こえてくるが
言葉として聞き取れないでいた
まあ、多分に、何時もの通り
「オウム」「アサハラ」「人殺し」「泥棒」
等の言葉が入った誹謗中傷なのだろうけれど

他の人にはどう聞こえたのだろうか?

そうした様子を見ながら
スクランブル交差点で少しジッとして見る
その後、スクランブル交差点をわたるが
ヘチコプターが一台、飛んでいくのが見え、携帯で取ってみる
以前渋谷に来た時に、駅の上空を何度も旋回して飛んでいた
ヘリコプターがあったが同じタイプの奴のようだ
どんな意図があって、こういう事をしているのか知らないけれど
ご苦労な事である

そんな事を気にしながら、交差点をわたりきり
ツタヤの前にある喫煙所で一服しながら様子を見ていると
人の往来が少なくなるような感じを受ける

私の噂を知っていて避けているのか?
(噂はないという事なのだが)
それとも超音波の機械であるモスキート等の効果によって
耳や聴覚部分を司る部分の脳
(耳の少し上からこめかみ辺りか、脳の真後ろ等)
に違和感を感じて、スクランブル交差点を避けるように
歩きたくなるのか?
どっちか解らないが、私が歩くとその周辺に人がいなくなるという事は
確かのようだ
109のビル周辺も人がいたのに、急に人がいなくなる

そんなこんなで、渋谷周辺を歩き回り、かなり寒くなって来たし
その影響でか、人の極端に少なくなったようなので
私も、早めに帰る事にした
スポンサーサイト
テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト1月7日 新宿 渋谷のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。