ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月22日 リカバリーCDにウィルスって考えられる? 
2007.01.25.Thu / 23:47 
この日は,
もう少し使い勝手のいい
ペイント、リサイズソフトがないかネットで探していた
すると
それら、フリーソフトを作成している人の
ホームページに行きついたのだが
読んで、こんな事もあるもんだ
と思ってしまう

そのサイトの、トップページは
突然、お詫びから始まり
読んでいくと
フリーソフト、および、ホームページに
ウィルスが入っていたという事でありました
けれど謝罪はしているものの
本人は納得してなさげ
というのも
パソコンに付属している
リカバリーCDにウィルスが入っていた
という事でありまして
自分は悪くないと言いたげ

そりゃ、そうだろうな
これには、すこし驚いた

なんて言ったって
企業から配布されているCDであります
皆絶対安全と思っているはず
そんなものに、最初から、ウィルスが入っている
なんて当然考えられないからだ

このサイトの管理人本人は
企業に話を付けて、パソコンを交換してもらい
決着はついたそうでありますが
その間、配布したフリーソフトに入っていたウィルス
から感染してしまった人は、どうしよう?
という事でありました
企業に賠償してもらえるんじゃないの?
それも
法律的には、どうだか、よくわからないけど

私としてはフリーソフトは危険という認識のもと
行うのが普通と考えているわけですが
それでも、苦情とか、沢山あった気配だ

ところでリカバリーCDの中にウィルスが
入っている
なんて、信用しない人が多そうだ
けれど
随分前にIPOTにもウィルスが入っていたと言う事があり
リカバリーCD以外に
普通に販売されているソフト自体にも、
もしかしたら、入っているんじゃないだろうか?
と心配になってくる

それに、随分昔に
それら、CDにウィスルが入っているのを疑いたくなる様な事が
自分のパソコンで起こっている
どんな事かというと
windows2000 新規インストールしたあと
ログアウトする時に、鉄柵のような模様が出てくる等の
不具合が合ったりした
質問箱で聞くと、システム不安定になっているのだそうだ
未だに原因解らず
しかもOEM版だから
そう言うものを聞く時に、有償になってしまうので
聞くに聞けなかったりした
osはやはり、製品版を買っておくべきだと痛烈に感じた一瞬
そんな事が合った
ケーブルも、抜いてインストールしたし
もしかしたら、CDにウィルスが入っているんじゃないのか?
と一瞬疑ったが
「まさか、そんな事はないだろう」
と考えない様にしていた

ところが
その時に思っていた不安が
現実のものとして、書かれているのを見ると
気になって仕方ない
しかし、CDの中にウィルスが入っているかどうかなんて
フォルダ内部の.dll.exeの仕組みとか英語が解らないので調べ様がない
単純に、ウィルスソフトで検索して解ったのだろうか?

このサイトの管理人も
原因がリカバリーCDにあるとまで書いたのだったら
どうやって調べたのか、その経緯や
その企業の名前も書いてくれれば良かったのに
と思うし
もの凄く気になる

しかし
何だが、企業に、個人情報収集の為にわざと
ウィルス入れている内部犯いるんじゃないのか?
と思ってしまう
(ありそう)

しかも
それらが意図的でなくても、不祥事を隠す体質なので
本当は、CDからの感染ルートの可能性もあるのに
全部ウィニーのせいにしていたりしてね
なんて思ってしまった
ウィニーは、企業の不正を隠す為に
都合いい存在だったとかね

それで、まかりなりにも
まさか、そうした工場で仕事をしている
組織的(集団)ストーカーらがやった

なんて事はない(?)か?

他の人たちは、私以上にパソコンに詳しいのだろうし
頭がいいのだから
安心だと思いますけれど
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト1月22日 リカバリーCDにウィルスって考えられる?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。