ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月1日 ”5時に夢中”と”クリームシチューに催眠術” 
2007.02.03.Sat / 23:48 
このブログは組織的(集団)ストーカー
に関するブログでありますが

その経緯は今まで何度も書いている通り
テレビで放送されている内容と
自分が以前から思っていた事等
話題になったり、
事件や、事故が起こるという偶然が多く
こちらの心の中を読まれていると思いたくなる様な
現象が、10年位前からあります
(その詳細は、カテゴリー”はじめに”で少し書いていますが)

それらを起こしているのが、
組織的(集団)ストーカーらであり
人の家を監視して情報を収集したり
盗聴したりする事によって、会話を拾い
その話をテレビ業界関係者らに話しての
そこから企画のアイディアとして使われているよう
に思っています
(もしくはテレビ、ラジオ局には十分な機材がそろっているし
 関係者は機械に強いだろうから
 それ自体が行っている可能性もある)

「5時に夢中」
を少し見ると
いつも通りのコーナーやっている
前々回に見た時に
トイレに行って戻ってくると
「頻尿はさすがにないですけどね」
なんて言っていっているのを聞いて
こちらの家の中の様子を知っていっているかの様に
感じたと、ブログの方で書いておりますが
今回は
「私、頻尿がある」
といっている
前々回では
自分にはないと言っていたと思ったのだが
何だか話が食い違う事に気になったりする

ほかにも
パンツに染み付けたりとか
そういう卑猥な話をしている

さすかに、ウンチはないけれど
おなかの状態が悪いのはずっと思っている事だし
丁度、生理中でありまして、つけていても
漏れてしまう事もあるから
そう言う事に
かこつけていっている様に感じたりした
しかし、そう言う事は家のなかでも
口に出していないのにやな感じだ

他にも岩井志摩子という人が
一瞬、両手あわせたりして、
気になってしまう
(両手を合わせる嫌がらせについては
 以前から書いていますが)
本当は電磁波や特殊音波の音声が聞こえているのに
自分も巻き込まれるのが嫌で黙っている
様な風にもとれたが、
もし、同じ現象に巻き込まれていたとしたら
「統合失調症」
と言われるのを恐れて
本当の事は絶対に言わないだろうし
真相は、本人のみぞ知るという感じだ

あと、この日は、
21時から
「クリームシチューの上田に催眠術をかけたら
 150万円」
という番組がやっていた

何だか、この番組を見ていると
やらせっぽく感じてしまう

特に、催眠術にかかったタレントを使い
頭部で瓦をわるシーンが合った
催眠術にかかっていると痛くないのだそうだ
けれど
こうした物は飴で作られている可能性があると
見てしまう
実際にドラマの暴力シーンで使われる
ビール瓶や、花瓶などは、飴で作られている
そんな事から、すり替えるのは簡単だろうと見てしまった
他にも演技っぽい
そこまでするのだったら
試しに、食用ゴキブリでも食べさせてみればいいのに
下手物料理とか
と感じてしまう
催眠術にかかっていれば抵抗なく食せるはず

ところで、催眠術関係の番組は
特番では、時々やっていたにすぎなかった
ところが、最近の回数の多さから
このブログに書いた事が影響している様に思った

この番組も、催眠術の認識を惑わす為の
物なのか?
と感じてしまう

ところで
催眠術というと、CIAは軍事目的の為に
研究されていたという話があります
1949年の
ハンガリー事件における公開政治裁判
における、被告人ヨーゼフ枢機卿が淡々と自分の罪を
告白する様子は、まるで
「未知なる力」
が催眠術ではないかとアメリカは疑い
このことから、アメリカのおける催眠術をつかった
マインドコントロールの研究が本格化し
CIAのマインドコントロール研究である
ブルーバード計画が極秘のうちに開始されたと言う事だ

また、この計画が進められたのには
旧ソ連で行われていた研究の資料を
入手した事にもあるようだ
この実験では
ある人間に催眠術をつかって罪悪感を植え付ける
そうする事により、その人間に自分が犯してもいない
犯罪行為、または非道徳的行為の告白
事実に基づかない告白をさせる事が出来る
そしてこれと同様に植え付けられた「犯罪」の記憶
についての研究が1923年に発表されており
ハンガリー事件後
CIAからレポートの委託を受けて
アメリカのランドコンポレーションが作成した
ランド・レポートも入手した事からという話だ

本格的に催眠術の研究が進められたのは
こうした資料からによるものという話でありますが
戦時中からアイディアとしてあり
日本の真珠湾攻撃のすぐ後に
アメリカの、コールゲート大学の心理学部の
ジョージ・エスタブルックス博士はワシントンにある陸軍省を
訪問し催眠術の軍事的応用面における潜在的危険性に
警鐘を鳴らした
と言う事があるそうです

しかし、そんな警鐘は聞き届けられる事はなく
戦後まもなく陸軍では
ベルナード・C・ジンデス博士が催眠下での
記憶実験をという催眠術応用実験を行っている
陸軍兵士に催眠術状態において
ハムレットのテープを7回聞かせた所
一文字一句間違う事はなかった
しかし、催眠状態からさめると
ハムレットの全文を思い出す事はもとより
催眠術をかけられていたと言う事すら
覚えていなかったという事であります

そう言う実験が行われていたと言う事であるのに
催眠術は危険視される事なく
エンターティメント
として、扱われている現状に違和感を感じる

「クリームシチューの上田に催眠術をかけたら
150万円」
という、この番組では
上田という人が中々、催眠術にかからない
催眠術にかかっている人も演技に見えたりする

見ている人も、それを本当に真に受けたりは
しなそうな内容だ

しかし、マインドコントロールの書物を
いくつか読むと
催眠術に関して研究の詳細が載っている事から
催眠術において人間をコントロール出来ると
言う事実はあるわけで

催眠術の効果は本当にある
けれど
それを軍事目的に使い人を操っているとするなら
人権団体から反発を買う
また、民主主義にも反する
だから、そうした事を
エンターティナーとして放送する事で
その実績を、うさんくさく感じさせる様にする

しかし、その裏で、こうした番組を使い
無意識のうちに視聴者に催眠暗示を掛ける
実験も行っている
のではないのか?
と感じてしまう

しかし、催眠術の実験をしていたCIAが
日本人を対象にそうした実験や情報操作を
行う必要性があるのか?
という事に鳴ってしまう

けれど、GHQの支配下においてCIAは
日本の権力者と繋がりを持ち
創価学会戸田二代目会長とも関係がありそうだ
(今まで何度も書いて来ているので
 その詳細は省くとして)
この技術を使えば、簡単に
人を操る事出来るわけで好都合なわけで
マインドコントロールの技術があるとするなら
信者獲得の為に連携して行ってないとも
言えなくないと思っている

そんな事から
もう、本当は一般人の無意識の内に
かなり浸食されているのかも知れない?
と感じた

また、大学生の学力低下が言われている今日、
催眠術を使い、答えを記憶させると言う事も出来そうだ
何年か前に
予備校が事前に入手した答案用紙から
解答を教えていたという
事件がある事から、
それに催眠術をくわえればいいだけの話であるし
やろうと思えば出来なくもないと考えてしまう

しかも、催眠術であるので答えを教えた事自体を
記憶から取り除く事が出来る

誰にもバレずに出来そうだ
しかし、そうした事で、試験に受かっても
元々は実力がないので、いずれボロをだす
そんな事が、色々と起こっている様な気がしてならない

スポンサーサイト
テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト2月1日 ”5時に夢中”と”クリームシチューに催眠術”のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。