ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月8日 CIAと政治家と創価学会は、お友達? 
2007.02.12.Mon / 01:19 
前日帰りに
コンビニで雑誌を少しだけ立ち読みをしたところ
政界の裏話が取りざたされていた
阿部政権と彗光塾や
ヒューザー小嶋とか沖縄で死んだ野口氏との
関係が系図で書かれていたが
ふと思う
ヒューザー小嶋って耐震偽造問題で
公明党との関わりを仄めかす
発言をしていたはずなのに
そうした事は載っていない
他にも、小沢一郎についての非難等も
書かれていた

私の記憶に間違いがなければ
小沢一郎と言えば
1995年前後
自由党時代に公明党との関係があったはずで
(この頃、政党分離が多すぎて解り難く違うかもしれませんが)
どの政党にも、創価学会ありと常々思ってしまう

けれど、創価学会絡みの事は
一つもない事から、週刊誌で情報操作が
行われている様に感じた

ネットでは
創価学会の企業がスポンサーとして出版社に
多大な印刷料を出しているという話があるので
それが本当ならば
そうした絡みで書けない事が沢山ありそうだ

しかも
最近きがついたのだが、
新宿のアルタのスクリーンでは
フジテレビの番組コマーシャルが放送されていますが
その中で、創価学会を宣伝する物を見たし
神奈川テレビでも
創価学会の提供と書かれているものをみて
マスメディアは、創価学会に
相当、牛耳られているように見受けられた

そう言う状況を見ていると
「ワイルドパームス」
という1994年のアメリカのドラマを思い出す
内容的には面白くないSF話でありますが
マスメディアを使って情報操作を行う
巨大宗教組織の存在と
それに伴う、
秘密裏に行われる殺人事件という内容は
今に通じる物だと考えてしまう
また、その宗教組織が、仏教にこだわっている
話をする事から
この頃から、創価学会が世界を牛耳るという
状態があって
そこから、発想をうけて、作られた物に感じてしまう
それで、ドラマの中では
悪の根源は破れるわけだけれど
現実問題、そんな事はありもせず
結局、誰が犠牲になっても
「死人に口無し」
とばかりになる現状はなくならないと考えてしまう

私としては。
そういう冷めた目で見てしまう、今の世の中でありまして
政治的な問題でも、なんでも
「巻かれる物には巻かれろ」
「郷にいらずば郷に従え」
という位に、そう言う状況を知っていて皆従っている
のだから、何を雑誌で問題として
取り上げて書いているんだろうと思ってしまう

ところで、政界と言えば
去年
週刊新潮で
正力松太郎
という方が取り上げられておりました
この方、戦後GHQ支配下のなかCIAと関係があったという話
であります
雑誌では鳩山代表の祖父の代に設立された内閣と
その繋がりに重点を置かれかかれていましたが
この正力という方
その後発足した岸内閣でも、政治に、その場を置き
公安警察を統治する役職に就いております
また、岸信介元首相は
戸田2代目創価学会会長と親密だったと言われておりまして
そんな事から
戦後の日本において
CIAと財界人、その周りの権力者が、
裏で相当手を取り合って
戦後政界に進出した人間の2世3世という
一部の特権階級の物になる様に
作られているという、雰囲気を受けてしまう


ついでに、阿部首相の祖父は岸信介元首相と言う事で
ありまして
彗光塾どころか、創価学会とも
繋がっていたとなれば
週刊誌では阿部内閣について色々と問題視する
内容が書かれている物の
本気で書いているのかは、ちょっと疑問だ

 (それとも、阿部内閣が創価学会を裏切らない様に
 週刊誌を使って攻撃しているのか
 それとも、使えないと踏んで邪険にしているのか?)


ところで、話は少し変わりますが
CIAといえば、1950年から
電磁波や、特殊音波(超音波、低周波)
光点滅、催眠術による、マインドコントロール、洗脳
の研究実験を行っていたという話があり
兵士を対象に行われていた人体実験が
一般人の間でも行われている可能性があると言う事であります
アメリカでは、宇宙人による連れ去り事件と
それに伴う体内に金属片を埋め込まれるという話が
話題になる時があるますが
それについて、軍が行っている催眠術、洗脳
体内にチップの埋め込んでの人体操縦
の人体実験、研究の一環を隠蔽する為に
宇宙人説を広くアピールしている
という話があります
アポロ11号月面着陸に疑問を持つ声もあるようで
NASAもそうした研究実験に関わっている可能性が
ある様に感じてしまう

先月のムーという雑誌で、軍とNASAの共同で
宇宙人にテレパシーを送る実験、研究について
書かれていたのですが
私は
宇宙人にテレパシーが送れるかどうかと言う事よりも
NASAと軍は研究や開発面で繋がっていた
という事に目がいってしまった
私たち、一般人の知らないところで
繋がりのない様に見える研究員、学者らが、
裏で手を取り、何を行っているのか
解らないという怖さを感じた

そんな事から
世界で起こる戦争も、事件事故も
そうした人達の手でコントロールされて
いる様に見えてくる
 (戦争を起こせば鉄鋼、軍事産業が潤う
  電磁波や特殊音波の攻撃で精神的に痛めつければ
  精神分析、心理学の権威が上がる
  事件や、事故が多くなれば、わざわざ、話題を作る為に
  努力しなくても特番が組め、視聴率が上がる
  凶悪事件が起これば、警察の権威が保てる
  人員削減しなくてもいい
  特殊音波で騒音を起こせば、それを調べる為の
  新しいビジネスが出来る
  つまり、悪い事をわざと起こさせれば、それを防護する為の
  企業が成り立っていけるという仕組み
  等など)

もしかしたら
団塊世代に作られた日本は
実のところ、CIAのマインドコントロールや洗脳に
よって作られた様な気がしてしまう

一部の特権階級の物になる様に
作られていると感じるのはそうした事からだ
スポンサーサイト
テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト2月8日 CIAと政治家と創価学会は、お友達?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。