ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月11日 その2 ジャスコに東国原知事 
2007.02.16.Fri / 00:15 
書き忘れていた事が一つある
八潮団地と言えば
近くに品川シーサイドがあり
ジャスコがあります
11日に東国原宮崎知事が
宮崎物産品をアピールする為にやって来たと言う事だ

車に乗ればフジテレビまで10位という
立地条件もあっての事なのだろうけれど
少し気になった

一週間程前に横浜へ行ったときの事
最寄り駅の大井町で
高知県のキャンペーンがやっていて
特産の野菜を使ったジュースを振りまいていた
それで、頂いたのに、こんな事を言うのもなんだが、
実のところ、あまりおいしくなく
「鰹が有名ならそっちを試食したかったね」
なんて愚痴をこぼしていた
そのついでから
ノロウィルスに話が進み
消費者離れが進んでいるから
牡蠣業者が池袋で、牡蠣の試食を行った事を
例えに取って
「宮崎もすればいいのにね」
「鳥食べたいね」
なんて事を話していた
また他にも
鳥インフルエンザについて
「他にも沢山養鶏業者ガルのに、
 こんな一極集中的なわけがない
 誰かが実験、研究の為に
 意図的に撒いているんじゃないのか?」
とか
「東国原という人が知事なってから、ひどくなっているから
気に入らない人間の工作だったりするかも?
もしそうなら
東穀原という人はただの、ツナギだね」
なんて話をしていた

また、親は創価学会に対する話を嫌がるので
しなかったが
心の中では
それに付随して、こんな事を思っていた
私としては創価学会員は、どこの地域に行っても
そう言ういいポストを常に狙っている
と感じている
今は、鳥インフルエンザが流行りだしたから
東国原という人に座を譲ったのか
それとも、その座を蹴落とす為に、一極集中して
鳥インフルエンザを巻いたのか
のどっちかだろうと思って見ている
結局の所、お笑いの出で舐められているのは明白で
何時まで、それに耐えられるかが勝負になりそう
頑固そうではあるけれど、追いつめられると気が小さく
なりそうな一面もある様に見受けられ
要領のいい、人の良さそうな顔をして内面腹黒い
不祥事を行っている連中に引き込まれるか
いい様に使われてしまいそうな気配をかんじる
(別れた奥さんのテレビで見ていても
 自分たちの浮気とか不倫とか家族の内部の事なら
 我慢出来るが、最終的に人様に迷惑をかける様な
 事態になりそうな予感があり、そうした考えで
 別れたと思われ)
頭よくても人を動かすのは何たいていの事じゃないし
利害関係もあり駆け引きが上手くないと出来ないと思われ
顔つき見ていると駆け引き下手そうだし
要領悪そうだし
かといって言いなりになれば、舐められるだろうし
大丈夫なの?
この人?
と思った
筑紫哲也という方が、立候補しなかったのも
そう言う難しさを知っているからこそと思われ

自分の力量知らないな?
など、失礼きわまりない事を散々言ったり
思ったりしていた


ところで
以前から、家の中の会話が盗聴されて
電磁波や特殊音波という証拠のとれない音声で
広範囲に放送されている気配を感じています
そんな事から
そう言う会話が聞こえていたのかな?
なんて思ったりした

しかしまさか、宮崎にいる当の本人に聞こえるはずもないと思われ
しかも、忙しい最中、スケジュールだって
随分前から立てているんだろうから
ただの偶然(?)だろうけれど
このタイミングにもしかしたら聞いているのかな?
と思ってしまった

ところで自分の親は、来る事を
知っていたみたいだけれど
予定時間が過ぎてから話しだし、
大森からジャスコ行きの無料バス出ていたが
結局行かず
家族で話していた様に
鶏肉の試食とかやっていたんだろうか?
なんて思ってしまった

そんな事があった
スポンサーサイト
テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト2月11日 その2 ジャスコに東国原知事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。