ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月2日 その2 声無き声の人達 
2007.03.05.Mon / 00:07 
ところで、このブログは
3日程遅れて書いています
3月1日の23時過ぎに2月27日の分の
日記を書き込みました
2月27日分の日記の内容は
テクノロジー犯罪被害者の会から
送られて来た書類の中に
Iさん殺害に関わる事件が載っておりました

けれど、今まで、被害者ネットワークとは別の
私事で、
他の顔見知りの訃報について
本当かどうか分からない話をされたり
実際にそうした事実がなかったり
しているので
いまいち、人が信用出来ず
そんな事から
今回、この事件についても
有無を埼玉警察庁本部の情報センターに
調べにいった事を書いています
しかし、その日は、結局、真相は解らず、
そのまま、うやむやにして話を終わらせていました

ところで、2月27日分の日記を書いた
3月1日には、日記を書く前に
もう一度調べにいって
この事件の事実確認はしていたのですが
2月27日分として書いているので
その日までに知り得ていた内容や
それに、ついての考えにとどめ
本当に起こった事件である事を知っていたのに
書き込みませんでした

すると、3月2日
朝から、若い男性の声で
「やっぱりテクノロジー犯罪被害者ネットワーク
は嘘だったんだ」
若い女性の声で
「やっぱりね」
と聞こえてくる

話の感じから
2月25日に
テクノロジー犯罪被害者ネットワークの
会合があって
その時に、Iさんの事件について
内輪で話を聞いた人がいるらしく
からかい半分(工作員?)で参加したと思われる人が
その話を信じていなくて
私のブログを読んで
「その事件はなかった」
と確信したと言う様な内容でした

その時点で
埼玉新聞に、事件が載っていたのを確認している
私ですので
幻聴として、そう言うのが聞こえるのも、おかしな話であり
しかも、25日に、会合に参加していない私が、この時に
Iさんの事件について
話が出たか、どうかなんて解るはずもなく、
それに、事件が事件だけに、この会の責任者の口から
大々的に、そんな話をするかどうかも疑問を持っているのだけど、
こうした話し声が聞こえてくる

会合の時にどんな話をしたかは知りませんが
参加した人だったら、事の真相は知っているはずなので
かいてみた

他にも、
女性のしっとりとした涙声で
「これは本当なのよ」
と言う声も聞こえてくる
会参加者の中の、1さんと
親しかった人の声なのだろうか?

あと
27日分としてかいた日記には、詳しい情報は書かず
「Iさんが殺害された」
と言う所で話を止めておきました

その事に着いても、同じ日に(3月2日)
「マジこえー」
と言う若い男性の声や
「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク、やばくね?」
「ここまで、する事ないのに」
「ここまでされるの?」
という、複数の声が聞こえてくる
話の感じから
「殺害」
と言う言葉に反応しているとみられる
声が聞こえて来た

この被害者ネットワークは
組織的(集団)ストーカーについての被害も扱っているので
そうした情報を掲示板等を読んで事前に知っている人が
このグログを読み
Iさんが
それらの人間に殺されたと思ったらしい
実際は、声の被害のなかったIさんが電磁波や特殊音波による
声の被害を訴えだし、その事で、旦那さんと
口論になり、そう言う事件に至ってしまったと言う事
なのだけれど
そうした事とは知らなく
ブログから情報を得て判断していると
思われる人の声も聞こえる事から
会話を盗聴されて(思考盗聴も?)証拠のとれない
電磁波や特殊音波で放送されているのだが
認識していない人が
ブログを読んでいる人の中に結構、いるのではないのか?
と思った

スポンサーサイト
テーマ:謎は謎なんだからしょうがない - ジャンル:
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト3月2日 その2 声無き声の人達のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。