ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月27日 大森と大井町 
2007.03.31.Sat / 01:12 
この日は、両親に連れられて14時頃
出かける
大森に行く予定だったので
京急バスにのり、つくまでの間
少しだけ
「創価学会員から僻まれると潰されるから
 天理教の加護ちゃんも潰されたんじゃない?」
という話をしていた
大森につき、14時20分頃駅改札口前の通路を通り過ぎて
不二屋前の横断歩道を歩いていた所
50がらみの男性が
顔を引きつらせて通り過ぎる
直感で、思考盗聴とか電波音声とかを
知っている様に感じた

腹話術という噂は相変わらずあるようで
私の口元を見ていく人も多い

人の誹謗中傷を囁きながら通り過ぎたり
する嫌がらせをしているのは
創価学会とみていますが
この辺りは池田大作氏の生地とあって
余計に、歩く人の目線が厳しい人が多い雰囲気を感じる
この辺りを歩いていて、イトーヨーカ堂が無くなってから
空気がよどんでいる様な暗い雰囲気があると思ったいたが
こうした人の流れを見て更に、そう感じる

そんな大森でしたが、用事が済み、
今度は大井町にでる
こっちでは、何人か、私の顔を見て怪訝そうにする人が
いるものの、大森に比べて、やや少なく感じ
精神的に安心する
この差は何だろう?
つくづく考えてしまう

ところで
バスに乗って、芸能界の話題を話していた所
女の子の声で、(辻と言う人に似ていたが)
「やめてよ、言わないで」
「なんで、そこまで解っているのに」
と言う声が聞こえて来ました
芸能人が私が話していた事を聞いていて
反応しているんだろうか?
と思ったのだけれど
はたして、どうなのか?
こんな事を書くと、電波音声を信じていない人から
自意識過剰とか言われかねませんが
自分では、直接本人に聞けないので、こういう事で
確認するしかないと言う形です
このブログを読まれる確率も少ないですが
この内容が現実か、どうかの判断は本人のみぞ知る
と言う感じです

あと、以前の仕事場が大森駅近くにありますが
18時頃、○田さんに似た声で
「大森きたんだったら、店よっていけ(買っていけ)」
という声が聞こえました
お店の前は通っていないので
私が大森に来たかどうかは、知る由もないと思うのだが
知っているらしい
これも、わざわざ聞きにいくのも、ためらいがあり
それを聞いた所で、気持ち悪がって
本当の事を言わないだろうし
事実確認をしないでそっとしておこうと考えました

自分としては、こうした声が聞こえてくるのは
幻聴でも良いと思っているのだけれど、
もし、そうした事実が本当にあって隠していたとするならば
結局の所、隠した所で
巻き込まれているのには変わらないので
人の会話を盗聴し、証拠の取れない
電磁波や特殊音波で放送する嫌がらせ被害の
救済を望んでいるわけではない私としては
それなら、それで言いと言う感じだ

それに、本人がよんだ時に、どう思うのか?
それで、事実だった場合どうするのかは
私じゃどうにも出来ない事だし
スポンサーサイト
テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト3月27日 大森と大井町のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。