ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月1日 上野アメ横、御徒町 
2007.04.04.Wed / 23:18 
この日は、母親と出かける
福祉センター前の駐車場を通った所
女性の声で
「やな奴」
と言う声が聞こえてくる
丁度その時に、喪服姿の女性が2人
自分たちの横を通り過ぎようとしていたのだけど
その内の一人が、訝しい顔をして
私が声が聞こえた方を後ろを振り返って見ている

私だけではなく、この女性も聞こえた様なのだが
母親には聞こえなかったらしい

声がする方を見ると
丘の上で花見をしている人達がいる
叫び声を上げれば聞こえるだろうけれど
普通に隣で話しかけられた様な声だったので
そうした声が、この距離で聞こえるのか
ちょっと疑問だった
そうした事を良いながら歩いていた所
通りすがりの主婦が、電波声を知っているかの様な
反応をする

ところでテクノロジー犯罪被害者ネットワークに
行って初めて知ったのだけれど
テレコムエンジニアリングセンターと言うものが近くにあり
電磁波を遮断する施設が一般人でも使える様に
なっている
(料金はかなりお高めですが)
そうした施設があると言う事は
多少なりとも、
電磁波の実験研究も行われているのではないのか?
と感じ(定かではないけれど)
これだけ近くにあれば
地域自治会の役員なら色々と詳しく知っていそうで
やはり、電磁波や特殊音波を使った
音声放送によって、意図的に幻聴を起こさせる嫌がらせ
を地域ぐるみで行っていると思えてならない

そう言う事が合ったが
いちいち気にしていてもしょうがないので
とりあえず、気晴らしに上野へ
駅改札口に行くと、行列ができており
遠巻きに見える駅の外には沢山の人がいた
ところが、改札口を出ると、今まで
隙間がない位に人がいたのに
嘘の様に少なくなった

こうした事は昔からあるが
こういう時に楽だ
特に、人ごみが嫌いな母親と一緒だったので
なおの事、歩きやすかった

しかし、桜並木がある通りまでくると
さすがに、混雑している
カメラマン等も来ていて、人を写していた

ところで、この時、上空をヘリコプターが
飛んでいたのだが、少し高度が低い
去年アメ横にいた時に、継ぎ目が見える程の高度で
飛んでいたヘリコプターを見たことがあり
ヘリコプターで人を監視している様に
感じた事がある
さすがに、その時よりも、高度を高く飛んでいたが
それでも、ちょっと高度が低いんじゃないのか?
と思ったら、急に高度を上げる

サクラが満開の上野なので
カメラマンを乗せて上空から写しているのだろうと
思ったが
「高度が低いんじゃないのか?」
と思って見ていたら、高度を上げたので
そう言う行動が気になった
写真に撮ろうと思ったが
サクラの影になって見えなくなってしまった

その後上野公園の不忍池周辺を散策する
サクラの木がなく、露店が出ている通りがあり
そこにいたら、同じ色のヘリコプターが飛んできて
真上に暫くとどまっている
サクラが多い所を写せば良いのに
と感じてしまう

忍ばずの池を一周し
アメ横に言ってみる事にした
アメ横のガード下の店の綱なる通りを歩いていると
背広姿の一人の男性とすれ違い
「異常者」
と言われる
電波声か、幻聴だろうと思って気にしていなかったら
その時に近くにいた女性店員が
ビックリした顔をして
その男性が歩いて行った方と、私を
きょろきょろ見ている

どうやら、実際にそう言う事を
通りすがりに言っていたようだ
こうした事が
組織的(集団)ストーカーの被害で言われる
「囁き攻撃」
と言われるものだ

もし、IPレコーダーを持っていても
多分、録音出来なかっただろう

その後、ちょっと休憩し
アメ横に出る
忍ばすの池からアメ横に出た時には
歩き難い程、人がいたが
喫茶店から出てくると
普通の日に歩いている様な感じを受ける程
人が少なくなる

今までの経験で
人が少なくなる時には
大抵、頭に響く様な女性の声で
「この人危ないから」
「オウムが通ります気をつけて下さい」
と聞こえてくるのだが
この時には、そう言う声が感じられず
今回は、可聴域以外のそうした声で
周辺の人間に言い聞かせるのではなく
先ほど、囁き攻撃してきた人間が
噂を広めたのではないのか?
と感じた

そうした様子が気になりながら、
この日は、
何も買わず御徒町に出て
駅近くのビルでトイレにいき、
そのまま帰路についた
スポンサーサイト
テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト4月1日 上野アメ横、御徒町のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。