ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月1日 電磁波シールドの体験が1000円と言うのは魅力的だったけれど  
2007.06.03.Sun / 23:24 
この日は用事があって、父親とでかけ、
品川の方で、食事取る 
その後、分かれて、何時もの通り 
電波声の影響がものなのか、
品川駅周辺で様子を見てみる事にしました  

品川駅東口の、広場には、エスカレーターがあり 
その広場を囲む様に、植え込みが合って 
そこのベンチに腰掛けて様子を見てみた 
猥褻な声が聞こえてくると、1階のエスカレーター
付近を通り過ぎる、サラリーマンの何人かが 
顔を赤くしている様な感じだが 
はたして聞こえているものなのか
気になるところです 

なんにしても、電磁波や特殊音波で一定の人に 
声を聞かせる技術があり、
意図的に幻聴と似た症状を起こさせたり 
洗脳、マインドコンロトールが出来る可能性がある 
と言ったところで、専門家でないので 
「そう言う技術は無いし出来ない」
と言われてしまえば反論出来ない事です 
けれど、
今迄の経験で、電波や音波の技術を使って
嫌がらせをおこなっている人間がいるという 
気配を確実に感じでしまう  
しかも、そうした嫌がらせがあると知っていて 
わざと、”幻聴”と言う事で済まそうと言う気配もあり、 
そう言う事ならば、
テクノロジーの被害をなくす活動するより 
それを逆手に取って同じ目に遭う人間を増やす事に
興味を持っていると言う次第です 

そんなわけで、街で人を観察して、
電磁波や特殊音波が聞こえている気配の人を見ると
嬉しくなってしまう 
今後も、この人達の周辺で、私が体験しているのと
同じ現象が長く続く事を願うばかりだ 

ところで、
テクノロジー犯罪被害者ネットワークで
電磁波シールドという、電磁波をシャットアウトする部屋に
入れる体験が1000円で出来ると言う事で、
申込書が届いていました 
(以前、八潮パークタウン南にある
 テレコムエンジニアセンターでの
 電磁波シールド体験もあったのだけれど、
 一人頭6万と言う事でした)
こうした事が、1000円で体験出来ると言うのは 
魅力的だったのだけれど 
その中に入った事によって 
今聞こえている幻聴が聞こえなくなったとしても 
日常的には解決しないし、 
私としては、被害をなくすのではなく、
私が受けている、嫌がらせに他の人も巻き込みたいと
思っているので申し込みしませんでした 
(締め切り、5月31日まででした)

そこに行けば、今迄の現象とは違う発見が
あったかもしれないけれど、
それで、素人がいくら発言しても無駄と思うからですが 
私が、そう思う、理由の一つに
低周波公害について書かれた書籍を読んでの事です 

低周波公害が証明されないと言う 
やきもきした思いからなのか、その著者は、
水俣病の公害問題を引き合いに出して書いていました 
なんでも、その当時、熊本大学の研究者らが、
工場からの有機水銀が原因と発言していたのに 
国の権威ある科学者らは、
田舎大学と言ってバカにして聞かなかったという話です 
もし、その時点で、工場の排水を止めていれば 
被害は、100人に満たなかったのではないのか?
と言う事でした 
そう言う事から、その時代の現状の中で 
常識として言われている科学データーとは
全く違う意見や、内容を発言した場合、
大学の研究者でも、バカにされてしまうのだから 
素人が、
電磁波や、特殊音波の音声放送の嫌がらせを
受けている 
なんて言っても全く相手にされなそうです 
(しかも、それに加えて大学に行っていないと言うのも 
 余計に相手にされないはず)

はたして、テクノロジーによる犯罪の
立証は出来るのかどうか、
どっちにしても打つ手なしと言う気配なので 
現状維持しておこうと思っている 
スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト6月1日 電磁波シールドの体験が1000円と言うのは魅力的だったけれど のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。