ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四国犬が児童に噛み付く事件2件 
2007.07.27.Fri / 15:56 
24日に香川県の高松市と高瀬氏で
四国犬が児童に噛み付くという事件が 
起こりました 
時間帯も、午前6時代と共通点がある 
この事件 
本当にただの事件なのでしょうか?

以前から、このブログでは 
組織的、集団ストーカーをする組織があり 
いくつもある手段の一つに、
電磁波や超音波や低周波という特殊音波を使った 
嫌がらせも行われていると書いています 

自分の家では、
「キーン」「シュー」「ブーン」
という耳障りでもあり、頭に重くのしかかるような 
音がしていてこうした攻撃を受けていると
思っています 
また、電磁波による、フレイ効果(実験)では 
電磁波も音として認識できるという事でありまして 
それら、電波に変換した音声を
CIAが軍事的に実験、研究していたという話があります 
そして、それが人体的に使われたという例として
ジョンレノン暗殺事件があげられ、
MKウルトラ(ブルーバードプロジェクトなるものがある)
という名で有名のようです 
暗殺された理由として、胆略的に書くと
軍事大国としてその存在をアピールしている
アメリカにおいて、平和活動というのは、
政治的に目の上のたんこぶ的存在だったようです 

また、こうした電波声は時として 
催眠暗示のような効果も促せるということで 
1940年代に警告を発している学者もいたようです 

さて、そんなことが起こりうる電波声、電波サウンド 
でありますが 
本来そうした電波に敏感なのは動物のほうで 
以前にも書きましたが、
イギリスのアスコット競馬場において 
双眼鏡に超音波銃を仕込こみ 
競走馬に照射し馬を転倒させるという八百長があったと
いうことでありますし 
超音波による害獣駆除機械も有名であります 

今回の事件の四国犬においても
そういうことから   
超音波を使った犬笛等で 
誘導されたのではないのか?
と感じてしまいました 
大体、同じ日同じような時間帯でしかも 
同じ県内で同じ事件が起こる確率は 
どれぐらいなのか
そうしたことを考えると、ただの偶然だろうか?
と思ってしまうところです 

後もうひとつ 
数日前に、水道メーターを見に来た職員がいました 
玄関のドアを開けていたので 
廊下を歩いていく様子が見えたのですが 
その時に、左耳を気にしならが歩いていきました 
左耳の怪音現象、不快感に
ついては一つ前の日記に書いたので 
書きませんが、こういう人を見ると、
私のように音声として聞こえていなくても、 
耳に変調をきたすような電波が流れているのではないのか? 
と思ってしまうところです  

ところで、ハイテク機器を使った嫌がらせを
行っている組織は 
日本の企業や政治、司法を裏で牛耳っていて
海外との交流を謳い文句に各国首脳人とも 
親密な、(特にアメリカにも信者が多い)
創価学会と見ています
以前住んでいた八潮団地では創価学会信者が 
かなり多かったのですが 

選挙カーのスピーカー放送の音声に 
こだまするように
卑猥な声に聞こえてくるときがあります 
また、八潮団地内の数人の人の話し声が 
重なって聞こえてくるときがあります 

そこに住んでいた時に隣の創価学会員は 
アマチュア無線を持っていたのですが 
八潮団地内の聞き覚えのない人が
ブログを読んだらしく、不安になって、
創価学会の、
その人に盗聴器を探してもらっているようでした 
他にも、私がいないかと
あたりを伺っているようです 
また、反対のお隣さんは 
私の高校が書かれていたのを読んで 
私が書いていると認識したようです 
それで、電波声による被害が本当にあるものなのか 
実際に怖くなってきているような感じでした 
また、
ここ2ヶ月近く八潮に行っていないのにもかかわらず  
「あの人がいた」
という高校生風の女性の話し声がしてきました 
どうにも、私を八潮で見かけたと
言いふらしているようです 
何か自分たちに都合が悪くなると 
そういう噂を言いふらすようです 


ほかにも、本日、道路を歩いていると 
顔が認識できないような距離から 
小学生が自転車に乗って
「クソばば~!」と叫んでいました 
しばらく歩いていくと、顔が認識できるほどの
近くの駐輪場に自転車を止めたのですが 
そこでも、私のほうを見て
「クソばば~」と叫んでいました 

私のほうが顔を認識できないような距離で 
相手が分かるという現状を見ると 
ある一定の間隔で 
私が歩いているという情報を電波声で放送していて 
それが聞こえて反応したのではないのか?
と思ってしまいましたが 
なにぶん、創価学会の巨大な人とのつながりで 
私の顔写真とかも、会員制のサイトやパスワードをつけて
ネットなどで流している可能性もあるので 
そういうことから知ったのか?
とも思ってしまうところです 
創価学会の子供は、親によく調教されているものだと 
痛感するしだいでした 

ところで、
電磁波や、超音波、低周波をはじめとする 
特殊音波に関して 
私は専門家でないので詳しく解りません 
あくまで、関連書籍を読み 
自分の体験と重なったので書いているまでです 

詳しく知りたいというのであれば
マインドジャスティスとか
テクノロジー犯罪被害者ネットワーク
という会があります
私はテクノロジー犯罪被害者ネットワークに
何度か足を運んだことあります 
そんなわけで、ホームページを拝見すると  
7月29日には、東京で定例会が行われ 
8月6日には、フォーラムが開催される 
ということでした 

何度も足を運んでみても 
解決の糸口がないようだし 
私としては、解決するよりも 
逆手にとって同じ被害者を生み出す事が
できればいいという考えになったので、
(とりあえず同じ目にあえば 
 どれだけ不快か解るでしょうから)
今は会には参加していませんが 
興味がある人は行って見てはいかがでしょうか?

ところで、私がまだ会に参加していた時に
知り合った人の中には
これに便乗して、
儲け話をたくらんでいる人もいるようで 
私が書いた内容を真似してやろうと
いう話し声が聞こえてきますが 
そんな事をしても根本的解決に 
ならないのであしからず 

あと、テレビを見ていて 
聞こえてきた話し声と、テロップが違うと 
感じる人がいたら 
聞き間違いばかりではなく、
電波声の可能性もあると示唆しておきます 
スポンサーサイト
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト四国犬が児童に噛み付く事件2件のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。