ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿ビックカメラで注意されちゃった  
2007.07.30.Mon / 17:32 
集団、組織的ストーカーによる 
色々な手段の嫌がらせを受けています 
その中では、
人を監視し、その内容を 
電磁波や特殊音波に変換した
録音できない、証拠の取れない音声として 
放送するというものがあると見ています 

そうしたわけで 
何かしら影響があるかと思って 
電気店に行くと 
女性の裸婦像を描いていたりします 

引っ越してから日記を書き込む
回数が減り、そのつど更新していませんが
数週間前に秋葉原のヨドバシで 
児童にわいせつする人間がでるかもと
試しに、海辺で遊んでいるというコンセプトの  
少女のパンツ姿の絵を描いてみたりしました 
すると、警察官が小学生のスカートの中を
盗撮する事件が起こりました 
この警察官が、私が書いた絵を見た可能性は少なく 
それによる影響は考えられにくいので  
こうした偶然をみていると 
私の描いている絵の内容を
電波声で放送している輩がおり、
その影響ではないのか?
と思ってしまうところです 

そういうわけで、土曜日 
新宿ビックカメラにいき 
同じように女性の裸婦像を
描いてみたりしました 
すると、店員に
「不快な思いをされるお客様がいるので 
 女性の裸婦像はご遠慮ください」
なんて言われる 

このビックカメラ 
タブレットの配置が換わったりして 
よほど裸婦像が描かれるのが気に
入らなかったらしく、知っていて 
「しめた」
とばかりに言い寄ってきた勘がありました 
とはいっても、 
ただの女性の裸婦像であるし 
町を歩けば、女性の裸の彫刻だって 
あったりします 
そういうわけで、それを言ってみると 
言い返せなくなって 
「不快に思うお客様がいるので」
と繰り返してきました 

こういう事を注意して  
迷惑防止条例などで逮捕されたら 
表現の自由とかなくなるわけだし 
池袋にある、裸で大股広げた彫刻も 
取り外さなくてはいけなくなる 
美術の教科書にも、もってのほかになるし  
番組でヨーロッパの裸の彫刻を放送するときや 
ダヴィンチの人体解体図絵を放送するにもの
股間にモザイクが入れなくては 
いけなくなったりする  
もっともらしく、勝ち誇ったように 
注意してきたけれど 
そういう事をわかっているのかな?
と思ってしまう 
ところで、
こうした注意をしてくるのが好きなのは 
創価学会なので、信者でしょうか?

とりあえず、女性の裸婦像を描かないように 
注意されたので 
今度は、男性の裸婦雑に兆戦といったところだ 

今後、このビックカメラでの様子が楽しみであります 

あとこの日、
隅田川の花火大会に行きました 
花火大会が終わり 
帰りに、警察官が 
「蔵前方面はあちらになります」
というスピカーの音声に 
「蔵前オウムはあそこです」
と警察官の声とは別に 
50前後と思しき低くて重みのある男性の声で 
割って入ってきました 
私は、その両方が聞こえ 
また電波声が 
と思っていたのですが 
近く歩いていた女性2人が、その放送が流れた 
瞬間に
「ビクッ」
と顔を引きつらせ始めました 

様子を見ていると 
私のように、もともとの警察官の放送ではなく 
低くいて重みのある男の声だけが聞こえていたように
見受けられ、電波声が聞こえてるんじゃないのか?
と思ってしまったしだいです 

しかし、こっちは
オウムではないとどれだけ書いても 
言ってみても 
ハイテク機器を使った嫌がらせをしてくる連中は 
執拗にそうしたことを言ってくるので 
何の意図があるのか、本当に知りたいところでありますが 


私が思うに 
スピカという雑誌で 
公安警察、公安調査庁について書いている
雑誌がありました 
それによると、公安警察と違い公安調査庁は 
捜査権がないので、弱みのある人間を雇って 
2万で情報を収集したり、
使い走りにしているそうです 
”2ちゃんねる”と言う掲示板の
集団、組織的ストーカーのスレッドで 
数年前にこうした書き込みがあり 
「まさか」
とは思っていましたが 
本当にあるとはびっくりでした 

それで、この公安について 
この雑誌にはかかれてませんが
1990年代に経費削減でその権威を消失しかけた
事があるということです  
丁度その時に都合よく 
オウムの事件が起こり、公安は潰される事無く 
その権威を無事に残せたと言う
事があるそうです 

そういう絡みで 
公安が公安としてその威信を保つためには 
「オウム」と言う存在はなくてはならないもので 
いまだに、麻原の実景が確定せずに 
そのまま放置されているのは、そうした裏があるようです 

そんなわけで、考えようによっては 
この公安調査庁に
「オウム」ではない人間も「オウム」
として売り込めば情報量として2万が手に入るわけです 
しかも、自分のその情報が正しいとされないと 
詐欺に当たるわけで 
必ず、ターゲットになった人には 
犯罪を引き起こさせなくては情報屋としての 
自分の面子が保てなくなるわけで 
そういう事から、どんな手を使っても
執拗に言ってくるのだろうと感じたしだいですが 
真相はいかがなものでしょうか?
スポンサーサイト
テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト新宿ビックカメラで注意されちゃった のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。