ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜崎あゆみ”突発性難聴” 
2008.01.12.Sat / 01:10 
浜崎あゆみの突発性難聴が話題ですが 

「2時チャオ」
を見ていたら 
この話をしていました 
何でも、この難聴 
片方の耳だけに症状が出る事が多く 
最初は蝉の鳴く様な耳鳴りが始まり  
徐々に症状が悪化して 
最終的には、水中で音を聞く様な 
こもった声に聞こえる様になっていくのだそうだ 
そして発病するのは 
女性のみで40代前後が多いらしく
その原因は 
ウィルス性、ストレス性、更年期障害説
等がいわれているらしいのだけれど
本当の原因は解らないようだ 
(20代で症状がでた浜崎あゆみは珍しいらしい)
病状の回復についても  
発病から一ヶ月以上経過すると治らないと 
言われているのに 
中には一ヶ月以上たち、治る見込みがないと 
言われている人でも 
職場を辞めた事で症状が消えた例もあるらしく 
何だか、よくわからない病気のようだ 

それで、原因不明の病気については 
何でもストレスが原因 
としておけば良いと言う雰囲気を垣間み  
(ウィルスも)
電波が身体的に与える影響もあるのでは?
と思っている私に取っては  
なんだか気に食わない 

本当にこれだけが原因なの?
と思ってしまう  

ところで、この番組を見ていて 
ふと思った 
その、症状って浜崎あゆみだけなんだろうか?
よく見ると  
他のアーティストも耳に同じ様な物を 
つけている人がいる 
去年の 
クリスマスにラルクのライブを放送していたのだけど 
見ていると  
ハイドも耳にイヤホンをつけていたし 
(浜崎あゆみの場合、イヤホンではなく 
 音を遮る為の耳栓だと”2時チャオ”で言っていた)
歌を聴いていると 
こんなに音痴だったっけ?
と言う歌いっぷり 
他にも、大晦日、紅白歌合戦で 
ミスチル、??田來美、他にも何人か 
イヤホンをつけている事が気になっていた 

これらイヤホンつけている人は全員、
難聴が原因?
(で音程を外す?)
なのだろうか?

ところで、こうした事をよく目につく様になったのは 
2年程前から
(2005年にブログを書き始めて少ししてから) 
アーチィストのみならず 
サスペンス番組を見ていた時に 
女優が黄色い耳栓していたのを見たこともある 
(メモしていなかったので、詳しい番組名は 
 解らないが)

以前から、
電磁波や、マイクロ波、低周波や超音波等の 
特殊な音波、電波が脳波に
影響して起こす作用があり 
それを使った嫌がらせがあると感じている私は 
こうした状態を見ると 
「電波の影響があるのではないのか?」
と感じて見てしまう 

そして
電磁波や低周波、超音波等の電波による耳の異常 
(難聴、幻聴、耳鳴り)
について
2006年10月号の
「ムー」
と言う雑誌の
”地震を予知する身体”
と言う記事の内容も関係しているのではないか?
と感じている 
(そればかりじゃないと思うけれど)

アメリカ西海岸に住む、スーザンと言う女性が 
5年程前から時たま、奇妙な偏頭痛、
「キーキー」と言う耳鳴り激しい内耳痛に
襲われる様になった
そして奇妙な事に、暫くすると近くで大きな地震や
噴火が発生し、その後けろりと治ってしまうのだそうだ 
(略)
アメリカオレゴン州マニングの民間地震波動研究機関 
(テラ・リサーチ)
を率いるエレクトロニクス科学技術者、ラリー・A・パーク
がまとめた最新のレポート 
「地震、その暴かれた禁断の秘密」
によると、大地震や火山活動に先立つこのような特異な 
症状に悩む”異常感覚者”(センシティブ)
たちが、じつは結構たくさんいるらしい 

アースシグナルという地底からの
電磁波を敏感に感じる人達についてのくだりから 
はじまった、この話の中盤には、
”未確認のスカラー波”
(スカラー波は白装束の妄想の産物ではなく
 ニコラ・ステラと言う研究者が研究していた電磁波です
 発見当初はテスラー波と言われていたそうです)
によると思われる 
”タオス・ハム現象”
(ブーンブーンという震動音(ハミング)
 と言う意味のハムを語尾につけたのだそうだ)
という 
”環境騒音公害”事件が起きた事も掲載されていました 

なんでも 
1990年代初め、ニューメキシコ州の 
タオスと言う地域の住民が 
「正体不明の怪音現象がしょっちゅう聞こえる」
と騒ぎだし 
政府や軍当局まで巻き込む騒動になり 
その為に有名になったらしいのだけれど 
実のところ、80年代後半から 
同じ州内のアルバカーキ、サンタフェ、ベレン等でも 
住民の一部が同じ被害を訴えていたらしい 

ディーゼルトラックが遠方でアイドリングする様な音 
あるいは高出力スピーカーでベースの音をしつこくならす様な 
超低周波の脈動性(みゃくどう性)重低音で 
被害者は一様に耳鳴りや、頭痛、急性疲労を訴え 
まれには、鼻血や息切れめまい、嘔吐感 
麻痺や歩行困難、不安症や不眠症まで様々な症状を 
呈すると言う
しかしながら、その割に、
聞こえる人と聞こえない人がいるらしく 
タオスと周辺地域、8000人のうち 
161人と言う、全体の2パーセントにとどまり 
年齢別で20歳以下はほとんどなく、
30代から50代に集中していたという 
そのため、当初は、集団幻聴やヒストリー説で
否定される事が多かったこの現象 
結局、未解決で、原因解らず 
その後、同じ被害を訴える様になったのは 
アメリカ国内にとどまらず、カナダ、オーストラリア 
イギリス等に広まっていると言う 

ところで、タオス・ハムの現象は 
個人によって様々で 
怪音が一方の耳だけに聞こえたり 
途中で反対側の耳に移動したり 
あるいは耳よりも、頭の中(特に何故か左側)
で聞こえたという証言の他に 
聴覚障害者が、
怪音をきいたという事も起こっているらしい 

日本では電磁波は脳波に影響がない
のが常識ですが 
アメリカ研究者の中には 
電磁波が脳波に影響を及ぼすのではないか?
と警鐘を促している人もいて 
(テラリサーチの研究者とともに活動するアマチュア研究家が 
 ”スカラー波放射器 スカラービーマー”というコイルを巻いた 
 簡単な装置を組み立てる途中で
「脳内にブンブンと言う怪音」が聞こえ 
 昏睡状態になった 
 作動実験を5分続けただけで装置に触れた手と胸が1時間も 
 完全に無感覚状態になった
 等の現象がおこっているという)
浜崎あゆみという人の 
難聴という病状がこれらに関係しているのでは?
と思ってしまう  
(タオス・ハムの怪音が、左側に影響があるというのも 
 気になるところで) 
 

ところで 
このブログを書き始める少し前から 
違法な電波による、
トラブルが一定周期おきにおこっている   
(千葉の方の航空局の無線が使えなくなったり 
 去年の終わり頃には、Dr.ヘリの無線が使えなくなったり
こうした現象をおこす違法電波は 
九州から北海道まで届くと言うし 
コンクリート作りの建物内にある 
オーディオが誤作動する事もあるらしい 
そんな強い電波を始め 
他にも沢山の電波が空気中に交錯して飛び交い 
しかも 
電化製品から大量の電磁波を放出している生活の中 
 (一つの電波を体に受けて無害でも  
  色々な周波数の電波が重なると影響が出てきそうだし) 
はたして、人間の脳波に影響が出ないものなのか?
ちょっと疑問に感じてしまうのは私だけだろうか?
皆さんは、どう思いますか?

それで、それらに影響を受けて、浜崎あゆみ以外の 
アーティストにも、少し影響しているのではないのか?
と思ってみてしまうのは、ただの、気にしすぎ?
考え過ぎ?

あと、こんな事書くと自意識過剰と言われそうですが 
盗聴した会話を、電磁波や超音波(モスキート)等 
録音出来ない音波や電波で
広範囲に放送する嫌がらせがあると書いているサイトがあります 
証明出来ないから統合失調症、幻聴と言われて 
いるのだけれど 
2001年の地雷ゼロ運動と言う番組を見ていたら 
芸能人がこっちの会話を聞いている様な 
うごきをした 
電波で放送されている音声が聞こえていたのではないか?
といまでも気になるところだ 
その前年に、浜崎あゆみが難聴と診断されたのも
なにか得体の知れない電波が関係しているのかな?
と強く感じてしまう 
スポンサーサイト
テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース
COMMENT TO THIS ENTRY
----

「ケータイで脳腫瘍」を読むと電波塔や携帯電話の長時間使用も無関係ではないのではと思ってしまいました。

- from lemon -

--国際ボランティアと30代,40代の転職--

国際ボランティアは、世界中で困っている人のために、ボランティアとして開発や教育などを援助する http://bind.rcrane4law.com/

- from  -

--小説・エッセイ--

小説・エッセイを探すなら http://www.bigwatersrealty.com/200162/101266/

- from  -

--フィットネス・トレーニング--

フィットネス・トレーニングを探すなら http://www.pigottop.com/101070/200170/

- from  -

   非公開コメント  
スポンサーサイト浜崎あゆみ”突発性難聴”のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。